神様!!!オレに黒ギャルの彼女をありがとう!!!
画像はイメージです
30代に突入した独身の会社員、彼女も居なくて寂しい毎日でした。

仕事の帰り道、自販機で缶コーヒー買ってた時の事。
寒い1月の外を裸足で歩いてる黒ギャルがいた。

よく近所で見かける子で、いつも“黒いなー遊んでんだろうな”と思ってた。

「君、裸足で何やってんの?」

「は?誰あんた?関係ないっしょ」

「まあ、そうだけど寒いでしょそれ」

「なに?ナンパ?アタシ彼氏いんだけど」

「君、確か◯◯アパートの105号室さん所の娘さんでしょ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「げっ。何でアンタ知ってんの?」

「いや、オレも◯◯アパートだし、たまに君の事見かけたし」

「ふーん。っていうか彼氏と喧嘩してさ、車から下ろされたマジ最悪さみーし」

ホットパンツっていうべきなのか、そんな格好で素足なら寒いに決まってる。
って言うか酷い彼氏だな・・・。

「その格好じゃ寒いだろうな」

「おじさん家に帰んの?」

「うん、乗って行くかい?」

「まじ!?乗る乗る、死ぬかと思った!」

・・・って感じで車に乗っけて、ついでにコーヒー奢ってやって、ジャケット足に掛けてやって暖房かけて家に送った。

「ありがと、おじさん!マジで助かった!」って感じで、その日はそのまま別れた。

それがキッカケで、その子が近所で見かけると話し掛けるようになってきた。

改めて自己紹介して、名前は加奈子と判明。
母子家庭で、高校は中退。
今はバイトしつつ・・・が黒ギャルの毎日らしい。
彼氏はバイト先の大学生。
ああいう喧嘩はよくあるし、殴られたりする事もあるらしい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「酷いな、暴力振るうのか?」

「まあ、あたしも蹴り返したりするけどね!」と全く凹んでいない。

「そんな男となんで付き合ってんの?」

「好きだからに決まってんじゃーんw」

「あっそう・・・」

強いけど・・・お馬鹿だなぁ・・・と思ってた。

休日、近所のファミレスで飯を食ってコーヒー飲んでノンビリしてたら、加奈子が友達数人とワイワイやりながら店に入ってきた。
男女合わせて7人くらい。
とにかくやかましい。

加奈子も気がついてないみたいだったので、会計を済ませて店を出ようとしたら「あっタケちゃん!」と見つかった。

「よう、またな」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

グループの中からコッチに元気よく手を振る加奈子に手で軽く挨拶して店を出た。
車のエンジンを掛けようとしてたら加奈子が車に乗ってきた。

「どうしたの?」

追いかけてきた加奈子を不思議に思って聞く。

「タケちゃん酷くない?普通呼んだら来るでしょ?」

「いや、オレは犬かよ。それになんか友達と楽しそうだったし」

「タケちゃんも混ざれば良いじゃん」

「いやいやいや・・・オレもう30だぞ。10代のグループに当然の様に混ざったら痛いだろ」

「なんで?」

「なんでって・・・そんなナチュラルに聞かれても困るんだが」

これがノリか・・・解らん!

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


車から降りない加奈子。

「オレ、家に帰るんだけど」

降りるように促したつもりだった。

「えーどっか行こうよ」

そうきたか・・・。

「友達の所に行かなくていいのか?」

「オールで遊んで解散する所だったんだよね」

「眠いんじゃないの?」

「いいからいいから!カラオケ行こうよ!」って感じでカラオケに・・・。

でも加奈子、着くなりソファーで爆睡。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

起こしちゃ悪いなって感じで結局一曲も歌わないまま終了。

(休日に金使って・・・何やってんだろオレ・・・)

時間が来たので加奈子を起こす。

「お腹空かね?」

寝てたのに、一言もそれについてのコメントなし。

「うどんでいい?」

「うどんスキスキ!」という感じでうどん屋に。

オレの金なのに天ぷら乗せたやつ頼みやがった。

「ちょー美味い」

「よかったな・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ね、まじ美味いよ、タケちゃんも食べてみな」

そう言いながら食べかけのエビ天をオレの口元に。

「ば、自分の分だろ。自分で食えよ」

「恥ずかしがんなよ」

「そんなんじゃねぇ!」

「良いからさ美味いし、ほら!」と勝手にオレの器の中にその食いかけのエビを突っ込む。

「・・・」

仕方なく食べるオレ。

「ね、美味いしょ?」

「あぁ・・・そうだな・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

(疲れた・・・)

やっと家に付いてそこでお別れかと思ったら、オレの後を普通に付いてくる。

「加奈の部屋はあっちだろ」

「えーもっと遊ぼうよ!どうせタケちゃん暇でしょ」

「・・・」

「あたしの家も誰も居ないしさ、つまんないんだよね」

「オレの家に来ても面白い物はないぞ」

「別に良いし。タケちゃんにそういうの期待して無いし」

なら何故来る!!

結局、加奈子を家に上げた。
トイレを使いTVを勝手に点け、その前に足を崩して座りくつろぎ始める。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

オレと話をするでもなく、ただノンビリ人の家に居座るだけという加奈子に困惑するオレ。

つーか、男の部屋に上がり込んでどういう神経してるんだ今の子は・・・分かんねぇ!!

「お茶飲むか?」

「えーお茶?」

「要らないなら別に良いんだぞ」

「まー貰っとくかな!」

「何様だ・・・」と言いつつ黒ギャルと二人で茶を飲む。

何だこの図は!
という感じで数時間経つも一向に帰る様子無し・・・。
仕舞いにはそのままTVの前でクッション抱いたまま寝る加奈子。

(無防備すぎる・・・コイツ大丈夫か?)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

・・・と思いつつも、とりあえず部屋に暖房入れて毛布かけてやる。

(寝顔は年並みに可愛いのにな・・・)

こんな事が数回あって、どこかで見かけると車に乗せてやったり、そのままカラオケ行ったりしてたんだけど、ある時部屋で2人で茶を飲んでTV見てたら加奈子が聞いてきた。

「ねえ、タケちゃん」

「ん?」

「タケちゃんってホモ?」

「ぶっ!!」

唐突な質問で茶を吹いた。

「なんでだよ!」

「だって加奈子の事、襲ってこないじゃん」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「はぁ?!」

「普通襲うっしょ?」

「普通って、どの業界の普通だよ?!」

「えーだって、女の子と部屋に2人っきりだよ?」

「お、お前そんなつもりだったのか?!」

「当たり前じゃん!つーか付き合ってるでしょ、あたし達」

「えぇぇぇぇぇぇっ!?」

「タケちゃん・・・もしかして童貞君?」

「どっどっど、童貞ちゃうわ!!」

(そんなに経験は無いけど・・・ぶっちゃけ半分はプロだけど童貞じゃないわ!!)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「つーか付き合ってるつもり全然なかったわ・・・第一、加奈は彼氏いるだろ」

「そんなんそっこー別れたに決まってるじゃん、あたし結構一途だし」

「付き合うなんて一言も言って無いだろオレ・・・」

「そんな改まって断って付き合うとかキモイでしょ」

分からん!!分からんぞ!!
オレが変なのか!!
神はそう言っているのか?!
大丈夫かそんなんで!

「オレは今年30だぞ!」

「私は今年19w11歳違いだね!!かっこよくね?」っていうか計算できたんだね(ハート)。

でもカッコいいかどうかは意見が分かれるところです。

「そもそも何で?何でオレなん?!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「えータケちゃん優しいし、同じ年の男より良いよ」

「そ、そりゃお前、女をぶん殴る男よりマシなのは当たり前だろ・・・」

「タケちゃんさ、加奈子みたいな女はタイプじゃないわけ?」

「そ、そりゃお前・・・」

茶髪だし・・・黒ギャルだし・・・いつも肌露出してるし・・・エロだしビッチぽいし・・・平気でシモネタ言うし・・・ワガママだし・・・若いし・・・結構オッパイあるし・・・。

「全然おっけいかな・・・」

正直変なコダワリは目の前のリアル彼女という現実にアッサリ飛んで行きましたとさ。

「じゃ良いじゃん!付き合おうよ!ね?」

「うん・・・」って感じで押し切られて付き合う事に。

「じゃあアタシ今日は帰るね!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「お、おう・・・」

(あれ・・・何もなしか・・・)

現金なもんで急に彼女だと思うと色々と期待してしまったオレはガッカリする。

「じゃあねw」と玄関先で加奈子の方からキスしてくる。

「おやすみー」

「・・・おう・・・」

加奈子が出て行って玄関の扉が閉まる・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

いいね!!!

その瞬間にテンション上がって飛び跳ね転げまわるオレ。

神様!!!オレに黒ギャルの彼女をありがとう!!!

この際黒い事は大した問題じゃなかった。

「はい!その件は後日!はい!ありがとうございます!!」

「今日は張り切ってるな!なんか良い事あったか?」

「いや、そうか?そう見えるか?」

「な、なんかうぜーなお前・・・」

彼女がいるというだけで毎日楽しい仕事も楽しい。
なんだこのテンション!!
そこへ加奈子からのメール。

「今日も遊びに行くよー」という件名。

よしよし!来い来い!とテンション上がる。
中身を開くと・・・。

『今日大丈夫な日だよ!(以下意味不明のデコメ)』

「・・・」

えっ?!なに?!大丈夫な日!!?
ちょっそれ、なに?!
もしかして最近流行のエルシャダイ?!
そんな装備で大丈夫な日?!

・・・って感じで、もう訳の分からないテンションで仕事をこなし、半ばフワフワしながら家に帰る。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


加奈子に「帰った」ってメールすると、あと1時間くらいでバイト終わるらしい。

「迎えに行こうか?」ってメールしたら、「早く会いたいよ」だって、何この可愛さ。

オレの残りの寿命大丈夫かな?
この幸福の副作用が心配です。

「タケちゃん!」

バイト終わりの加奈子をバイト先で車に乗せる。

「おーお疲れさん」

内心のハッピーぶりを隠すようにちょっと渋めに決めようとするオレ。

「タケちゃんコンビニ寄ってよ」

「おう」

ゴムもついでに買う必要あるよな・・・と思っていた。

このオレがコンビニ内を黒ギャルと腕を組みながら歩く事になるとは・・・。
店に着いても加奈子は買い物籠にお酒や摘み、弁当やお茶ばかり放り込む。

「あ、あのさ・・・加奈・・・」

「ん?なに?」

「あの・・・ご・・・ゴムは?」

「むっつりエッチだね~タケちゃん!」

すみません・・・でもむっちりエッチってなに?

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「大丈夫な日だって言ったじゃん」

「えっ?!」

つまり生って事ですか?!
装備すらいらないのですか?!
そんな装備どころではない!!
オレは今日、真の意味でフルフロンタル!!
イーノックを越える!!

「でも、一応買っておく?」

「うん」(即答)

「キャハハウケル!」って事で購入、オレは挿入・・・チェケラー。

オレは可笑しくなっていた。
家に帰って2人でTVを見て、その合間に適当にチューしてそしたらムラムラしてきた。

「シャワー先に入りなよ」

「一緒・・・に入ろうよ」

「タケちゃんって意外と親父でドエロだねw」と言うと豪快に脱ぎだす。

ちょ!豪快に脱ぎ過ぎ!!
形の良いおっぱいが!!
ちちぶりーんなってる!!

「加奈、スタイルいいね・・・」

さすが黒ギャルと言うべきか・・・。

「でしょw」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

肌は黒いけど、染みも無くて綺麗だし、ウエストも締まってて、でもムチムチしてる・・・エロイ・・・。
しかもパイパンじゃないですか!加奈ちゃん!!
いつの間にオレのニーズを!!

「タケちゃんもいつまでもジロジロ見てないで脱いで入ろうよ」

「おう・・・」

やべぇ・・・加奈の裸を見てもうマックスになってるんだけど・・・恥ずかしい・・・。

「ほら!恥ずかしがってないで!!寒いんだから!」

「はい・・・」

「あーもう勃ってんじゃんw」

「やっw見ないでw」

ばっさばっさとオレの服を脱がす加奈子。

「ほらさっさと入るよ!」

「加奈子さん男らしいwwあいたっ」

ケツつねられた。

「タケちゃん肌白すぎ」

「加奈が黒すぎるんだろ」

真面目な社会人なんてこんなもんだ。

「でも結構ガッシリしてんね」

「まあ、体力は必要だからね」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「キスしてよ」

「うん・・・」

舌を絡めてキスする・・・加奈子超上手い・・・。
オレとキスしながら手でオレのチンコをしごいて来る。
やべぇ・・・気持ち良い・・・。
オレは加奈子を抱きしめて、加奈子の体の感触を感じる。
程よく引き締まっていて、ゴムマリみたいな胸だ。
張りがある・・・さすが若い・・・プリンプリンだ。

「タケちゃん髪洗ってあげるよ」

「おう」

加奈子に髪を洗ってもらう。
細い指で意外と丁寧に洗ってくれる。

「気持ちいい?」

「うん」

オッパイの先が背中にチョンチョン当たるのが気持ち良いです。
お風呂から上がってイヨイヨベッドイン!

「タケちゃん電気・・・」

いつものテンションと打って変わって大人しい加奈子。

「うん・・・」

電気を消して抱き合う。
滑々で張りのある肌が気持ちいい。
キスを何度も繰り返して、加奈子の眼がウルウルしてくる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「加奈子可愛いね」

「タケちゃん好き」

加奈子のパイパンまんこはもう濡れ濡れで、遊んでるイメージの割りに肌は白いくせに中は綺麗なピンク色だった。

「あっ!あっ!」

嫌な匂いもしない・・・少し酸味があるけど舐めれば舐めるほど奥からトクトク出てくる。

(やば・・・いつまでも舐められる・・・)

このポジショニングで暮らしても良い!とかバカな事を考えている間に加奈子はスッカリ準備OKに。

「タケちゃん・・・しよう・・・」

凄く切ない顔で訴える加奈子にキュンと来た。

「いくよ加奈子」

「きてタケちゃん・・・」

久しぶりに挿入だった。

「あっ・・・んっ!!」

凄い温けええ!!
しかも凄い締め付け!!
メッチャ気持ち良い!!ヤバイ!!!

「やばい・・・出そうかも・・・」

「いいよ・・・あっ・・・出して良いよ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

マジ?!でも早すぎるよね!
頑張る!!オレ頑張るから!!
神は言っている!!!
ここで以下略!!

・・・と言っても結局3分くらいで発射。

でもチンコは硬いままだったので、そのまま抜かずの4回!

「加奈子の体・・・凄い気持ちいい・・・」

「タケちゃんのチンコも気持ちよかったよw」

まだまだ余裕の加奈子・・・。
くそう・・・いつかその顔ヘロヘロにしちゃる・・・。

「でも加奈子は何でオレと付き合おうと思ったの?」

「うーん優しかったからかな・・・アタシお父さん居ないし」

「タケちゃん口うるさくしないで黙って聞いてくれるし、お父さんみたいに優しく色々してくれたし・・・」

「ふーん・・・加奈子ってファザコン?」

「かもね。小さい頃はお父さん欲しかったし」

オレは加奈子を抱き締める。

「オレはお前の事殴ったりとかしないよ。大事にするよ」

「うん!そう思ったから好きになったんだし、あたし一途だからね。浮気したら怒るかんね」

「浮気なんかしないよ・・・」

「本当?」

「本当だよ」

「だからさ・・・もう一回していい?」

「ぷっwエロ親父!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 神様!!!オレに黒ギャルの彼女をありがとう!!!

若妻を酔わせてホテルで中出し
画像はイメージです
俺42歳
若妻26歳
俺は普通のおっさん
若妻は結構、上玉。

可愛いけど綺麗?
YOUみたいな感じ。
あんな老けてないけど。

若い男共はPerfumeのかしゆかに似てるって言ってるな。

一昨年の10月、割と有名な会社の男と結婚。

若妻との出会いは一昨年の12月くらいかな。

結婚とほぼ同時によその営業所から移ってきた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}



その時は可愛いなぁ、とか思ってただけ。

まぁ、独り身なんで、オカズにはしたけどw

営業所は同じだけど、部署は違う(俺が経理で、若妻は事務)ので、仕事の話とか気楽に話が出来た。

とゆーか、会社ではそんなキャラで通ってる職場の同僚とかともよく飲みに行った。
そこでは、仕事より共働きが大変とか、そういう話が多かったなそのうち、飲み会とかの時に突っ込んだ話とかもしてくるようになった。

営業所移ってきて、大変だったんだと思う。

仕事が辛いとか言って泣いたりね。

一応親身に相談に乗ってやった。

家に帰って泣き顔で抜いたこともあったけど、まぁ、真面目にw

まぁ、オカズにすることもあったが、その子だけ特別って訳じゃない。

職場には他にも若い子が結構居て、自分で言うのも何だが一応慕われてるのでw

でも、その子を特別視するようになったのは、飲み会でのとある些細な話その飲み会の話は血液型の話な。

職場の血液型の話になった。

まぁ、飲み会である些細な話。
若い女共は盛り上がってたけど、おとこは、ふ~んみたいな感じで聞き流してた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

因みに若妻はAB型であり、俺はO型。
そして、若妻の旦那もO型であることが分かった。

血液型の前に、若妻が旦那も自分も忙しいし、新婚なのでしばらく子供は作らないみたいなことを話してたんだ。

それで、なんとなく、思いついてしまった。

『俺と若妻が子供作ってもバレねーな』ってw

そんなこと思い出すと、もう妄想が止まらなくなってしまった。

家に帰って速攻で抜きまくった。
なんかスイッチが入ったんだろうな。

それから、若妻専門で抜きまくるようになった。

Perfumeの歌にも詳しくなったw

で、若妻専門で抜きまくって2週間くらいすると、若妻と話したりするだけで勃起してしまうようになった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

中学生かよ、って情けなくなったが、なるもんは仕方ない。

これはやべーなと思いつつ、もう、本気で若妻を狙うことにした。

狙うことにしたのは、去年の3月初めくらいだから、一年以上前だな。

旦那とはかなり仲良さそうなので、いきなりは無理だと思った。

外堀からじわじわ埋めていくようにしようと思った飲み会をまずは積極的にするようになった。

これは職場の人も含めて数人で。
若い男や上司も入れてな。

会社の花見とかBBQとかの幹事とかも積極的にやったな。

若い男どもには若干、疎まれたがw

そして、徐々に飲み会や会合の人数を減らしていった。

若妻にがっつく感じではなくて、満遍なく話したつもり。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


とにかく欲しいのは『この人は大丈夫』って信用だったからで、そのうち、3~4人でも飲みに行くようになり、ようやく2人でも行けるようになった。

初めて2人で食事に行ったのは8月くらいだから4ヶ月くらい準備に費やしたな。

2人で行けるようになっても、すぐには食わなかった。

何回も仕事や家族の話とかを相談されたりして。

本当に信用できる職場の先輩を演じきれたと思う。

とゆーか、自分の執念に正直怖くなった時もあった。

若妻は九州の人間らしくて、よく酒飲むが、羽目を外しすぎることも有る。

普段は大人しい感じだが、酔うと気持ちが大きくなって、大胆になったりする。

べろべろになって、翌日記憶ないとかも何回か。

飲み会の時は酔わないように抑制してるけど、そのリミッターを外すのが俺の作戦そのためには信用第一で行動した。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


色々やったが、これもうまくいった。
エロくないので端折るが。

複数の飲み会の時も俺と2人きりでタクシーで家に送ることもあった。

職場の人間にも信用感を得るようにしたんだな一番初めのチャンスは去年の11月くらいに到来。

複数の飲み会で、みんなべろべろに酔って、若妻も酩酊。

気持ち悪いって言うので、トイレに連れて行った。

若い男共が『俺が連れて行きます』って言ったが、『お前らなんかするだろw』って、俺が連れて行った。

で、トイレで若妻とはじめてのディープキスをした。

狭い個室で抱きしめて、若妻の口を貪った。

若妻の口からカクテルか梅酒の甘い味がしたのが、エロかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

死ぬほど勃起した。
ズボン越しに触らせたこのまま食うか、持ち帰ろうかと思ったけど、何とかこらえた。

口紅が口についたので拭って、席に戻って『いやー、若妻さん、相当飲んでるよ、もう帰ろうか』

って何気ない顔で、言ってやった。

その日は何もなくみんなで帰りました。

で、まぁ、そういうことの繰り返しだ。
1ヶ月くらいは。

べろべろに酔ってお何もしないことも有った。

家まで送って、旦那さんに感謝されたこともあったな。

『いやー、こちらこそ、いつも遅くまで連れまわしてすみません』

とか言っておいた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

内心では、お前みたいなエリート坊ちゃんの大事な美人嫁を、いつか思う存分食ってやるからな、と思ってたりしたそして、一ヶ月が経ち、、昨年末。

機は熟したと思った俺は、若妻を食うことにした普段どおり、2人で飲みをセッティングした。

普段どおりの仕事とかプライベートの相談や、取りとめもない話をしつつ、ピッチを上げていった。

俺も弱くないが、若妻も相当なので強い酒やカクテルを飲ませるようにした。
何とか、酩酊。

一軒目、酩酊してもう一軒連れて行った。
そこでも、飲ませる。

吐いたけど、飲ませた。

ダメ押しでもう一軒連れて行って、決行することにした。
深夜1:00くらい一応、会話をかい摘んで書く。
こんなに理路整然としてないが

俺:若妻さん、もう終電ないね

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

若妻:はい。

俺:タクシーで帰る?

若妻:はい。

俺:ちょっと休んでく?

若妻:はい~

俺:ホテルとか2人で行っちゃう?w

若妻:え~、何もしないでくださいよぉ

俺:いやするでしょ、普通w

若妻:え~、もう。俺さん、優しくしてねwなんてw

若妻をタクシーに乗せて、とりあえず、若妻の家の方へ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

少し話をして、若妻就寝。

タクシーの運ちゃんに、行き先変更を伝達歓楽街の入り口で下車。
肩抱えて若妻を歩かせるが意識なし。

値段とか考えずに、一番近かったホテルへ直行。

で、部屋に連れ込んで、もう我慢できなかったので、ベッドに押し倒してディープキスしまくった。

11月の時みたいに酒の味がして更に興奮。

若妻の服を全部脱がせた。

若妻は貧乳だが、スタイルは凄く良い。
モデルみたいな感じ?

意識は全くなし。

散々、舐め回してやろうと妄想してたが、もう我慢できなくなって、俺も服脱いだガチガチの息子を若妻の入り口にくっつけた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

でも、濡れてないので、入らない。

非処女はゆるゆるって言うのは嘘なので。

濡れてなきゃ、入りません。

自分の唾を掌に吐いて、若妻の入り口に塗った。

若妻の口に指突っ込んでかき混ぜて、唾液を自分のムスコに塗った再チャレンジ。
亀頭の先だけ入った。

ゆっくりやってたけど、意を決してぐっと押し込んだ。
亀頭だけは入った。

若妻は意識なし。
眉間にしわ寄せてるのがエロかったゆっくりゆっくり入っていった。

痛そうだけど、若妻は意識無し。

『あ・・・う・・・』みたいな感じ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


根元まで入って『あ~』と自然に声が出た。
温泉に入った時みたいな感じかな。

若妻と身体を密着させて挿入してたので、若妻のぬくもりが半端じゃなく良かった。
あと、若妻の匂いとかも。

表情も眉間にしわ寄せてて、限りなくそそった。

精子が出そうだったが、若妻にしがみついてディープキスしまくって何とかこらえた5分くらいそれを続けて、なんとか収まった。

お互いキスしまくってたので、はぁはぁ言ってた。

若妻意識戻るかと思ったけど、意識無しなのがちょっと残念。

若妻の中も濡れて来て、動かせそうだったピストンを始めた濡れない状態で入れると擦り具合が気持ちよくてすぐ逝ってしまう。

これは癖になる。
マメ知識なでも、すぐに出そうになる。
オナ禁してたからだろうけど。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


もう、一回出した方がいいなと思って出すことにした。

2~3回荒めにピストンするとすぐに達した。

キンタマの中のもの全部飛び出そうだった。
チンポ溶けるかと思った。

『あ~』と、おっさんの甲高い声がホテルの部屋に響きましたw

で、思う存分射精。

人生で一番の射精だったな。

相当出たはずだけど、若妻の中に全部吸い込まれていきましたw

因みにさっき書いたが、元妻と子供が全然出来ずで、元妻は再婚相手と子供を作ったので種無しと思ってた。

もしかしたら、そうかも知れんけど。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

だから、中出しに躊躇なしでした。

で、一発目は終了。

しばらく繋がったまま余韻を楽しんで、キスしまくってると若妻の中で勃起してきた。

二回戦開始今度は少し余裕があったので、色々楽しんだ。

貧乳の乳首舐め回したり、唾液を飲ませたり。

でも、一番エロかったのは恋人SEXみたいに指絡ませてディープキスしながら、ピストンだな。

二回戦は余裕があったので他にも言葉責めとかしてやった。

若妻の名を仮に『ゆか』とする。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

キモイので飛ばしてもらってもOK

『ゆか、どうだ俺のチンポは?旦那のより良いだろ?w』

(普段は若妻の苗字をさん付けで呼んで、自分も職場では僕と言ってる)

『不倫SEXはどうだ、ゆか?ずっとお前を狙ってたんだぜ』

『ゆかの中にたっぷり出してやるからな、俺の精子』

で、そのうち達して、二回目は『ゆか!俺の子供を妊娠しろ!』

って言って射精した。

それで二回目も終了した。

しばらく休憩して、再開を何度か繰り返した。

全部中出し。

おっさんなので、そんなに回数多くはなかったが。

で、そのうち疲れて寝た。

あ、因みに次の日は土曜日でした。

『キャ』って叫び声で起きた。

若妻が相当狼狽してた。
そりゃそうだな。
自分は裸で、おっさんも裸で横で寝てたら。

おれは、何気ない感じで『起きたね』って言った。

相当狼狽してたが、普通に『昨日はありがとう』とかそういうピロートーク?をしてやった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


すぐに察して、若妻の顔が青ざめてた。
二日酔いも有るかも知れんが。

俺はごく普通に抱き寄せようとしたが、ちょっと、抵抗された。

で、逆切れ気味に『昨日は若妻さんが誘ってきたんじゃないか!』という趣旨の事を大きめの声で言った。
数分間、説教みたいな感じでそしたら、呆然とした顔でシャワーを浴びに行った。

途中から俺も入って、さも、当然という感じでシャワールームでセックスした。

で、その日は終了。

それから週に1・2回中出しSEXしてた。

酔わせずに、飲み会の後はさも当然といった感じで、ホテルに連れて行った。

最近は食事というよりSEXがメインになってた。

そういうのが3ヶ月続いて、先週末、SEX終わった後に若妻が涙目で、『妊娠したみたい。多分、俺さんの子です』

って言って来た。

まぁ、そんな感じ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 若妻を酔わせてホテルで中出し

アナル性感に目覚めさせてくれた初めての彼女・ユキ
画像はイメージです
ある日、僕がアナルの快感に目覚めた時の事を話します。

当時22歳だった僕は、付き合って1年のユキという19歳の彼女がいました。
かなりの美人タイプだったので絶対に彼氏がいると思ってましたが、無口で人見知りが激しい彼女は誰とも付き合った事がなく、お互い童貞と処女だったので、最初の何回かはやり方が分からず、初めてエッチするまで、今では考えられませんが3ヶ月もかかりました。

ちなみに、思考錯誤して出来た初挿入でしたが、体位は騎乗位でした(笑)

その時、ユキはあまり気持ち良くなかったらしく、僕のチンポより僕の指の方がいいと言ってましたが、しばらくすると女の快感が分かってきたようで、控え目ながら喘ぎ声も出すように。
それから正常位、そしてバック、立ちバックと色々こなすようになりました。

ユキは細身でおっぱいはBカップと小さかったんですが、ウエストが細い割にお尻が大きくて、バックでした時なんてそのお尻の肉の柔らかさに感動したもんです。
僕はその影響で、お尻フェチになりましたから(笑)

あれは、初セックスから1年ぐらい経った時でしょうか?
いつも行っていたラブホでの事です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

その夜は、シックスナインをしてユキのアソコを舐めた後の流れで、ユキのアナルを初めて舐めてみました。

ユキは恥ずかしそうにしてましたが、嫌がりもせず5分くらい舐めさせてくれました。
美人で見た目クールなユキのアナルを舐めているというだけで、僕はかなり興奮しました。
その時は、ユキが気持ちいいのかどうか分からなかったんですが、舐め終わった瞬間、驚きの言葉が。

「私も舐める~」と目をウルウルさせて僕に言ってきたのです。

意外な一言に僕はたじろぎましたが、彼女は、もうやる気満々でした(^^;

僕がお尻を突き出した感じでユキに四つん這いにされたのですが、余りにも恥ずかしかった僕は、ユキに下になってもらって男女逆シックスナインの形にしました。
上になった僕は、すかさずユキのビチャビチャになったアソコを先に舐めて先手を取りましたが、すぐにユキが負けじと垂れ下がった僕のタマタマを、口に含んで舌でチロチロしてきました。
それから、まるで熱々のタコ焼きを頬張るみたいにタマタマを口に入れたり出したりして、優しく転がすんです。

これだけで僕は、かなり興奮したのですが、ユキの狙いはタマタマでなく、あくまでも僕のアナル。

すぐに物足りなくなったのか、次の瞬間、ユキの熱い舌先が僕のアナルをペロ~ッ。
あまりの気持ち良さに僕は思わず「あ~っ」と、声を漏らしてしまいました。
アナルを舐められるのが、こんなに気持ちいいなんて驚きでした!

僕の声を聞いたユキは、「気持ちいいの~?」と嬉しそうに、今度は舌先ではなく舌全体で僕のアナルをベロ~ッと舐め上げてきました。

体をよじって快感に打ちひしがれる僕。

ユキの舌のヌルヌルした感触が、僕をアナルに目覚めさせてくれました。
それを見て彼女のSっ気が目覚めたのか、舌を高速で動かしたり、アナルのシワに沿って平行に舌を動かしてレロレロしたり、時には僕のアナルに唇を重ねてきて、ディープキスのようにチュパチュパされながら舌を僕のアナルに絡めたり突き立てたりしてきました。

ユキは色々とバリエーションを変えて、僕の反応を試してました。
中でも気持ち良かったのが、舌で竿からタマタマを舐めてから蟻の戸渡りまで舌を這わして、一気にアナルを舐め上げる連続技でした。
僕は完全に、Mになってしまい「あっ~あっ~んっ」と、か細い声を上げていました(笑)
結局、20分ぐらいはアナルを攻められていたと思います(^^;

この時のエッチは、お互い新たな快感を知り、かなり燃えました。
最後にバックで僕が果てた時は、ユキの愛液は白く泡立ってました。

「あ~ん、泡立ってる」と言った嬉しそうなユキの顔が未だに忘れられません。

ユキとは結局4年付き合って、その後別れてしまいましたが、キスやセックスの気持ち良さと、僕にアナルの快感を教えてくれたので感謝しています。

その後は、アナルを舐めるのも舐められるのも大好きになった僕ですので、アナル舐めが出来ない子とは、長くやっていけなくなりました(笑)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 アナル性感に目覚めさせてくれた初めての彼女・ユキ

彼も私も裸になりそのままお風呂へ
画像はイメージです
去年の夏。
彼に急に家においでよと誘われ、行きました。
最初はテレビを見ながら2人でごはんを食べました。
ごはんを食べ終わって彼が洗い物をしてくれてて、私は机の上においてあった雑誌を眺めてました。

そしたら、彼が、「なにしてんの?」って言いながら後ろから抱きついてきました。
急だったのでびっくりして「ちょっと・・・」って言ったら、「なんで?こんなにここが硬くなっちゃってるよ?」と言いながら私の手をカレの方へもっていかれました。
そのまま、彼は私のおっぱいを舐めたりして、「こんな濡らしちゃって・・・」と言われながらそのままかき回されました。
私もカレのを手で動かしたり、口に入れたり。

そうするうちに、彼も私も裸になりそのままお風呂へ。
シャワーを浴びながら、フェラをしてあげました。

「気持ちいいよー、もっと奥まで口にいれてごらん?」といわれながら・・・。
袋を口に入れたり、裏を舐めたり、カリをペロペロしてみたり・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「あー、イキそう・・・」と彼が言うので、「簡単にいっちゃイヤだよう」と言い、オフロから上がり、そのままベッドへ。

部屋の明かりは真っ暗で、ベッドの枕もとに薄暗く明かりがついてました。

「これじゃ、明るいよ・・・」と言うと、「顔みたいから」と言われ、そのままキスされました。

「さっき、洗ったばっかなのにこんなにグチョグチョだよ」なんて言われながらそのまましばらくクリを触られて・・・。

「あ・・・いっちゃいそうだよ」って言うと、「いっていいんだよ?それとも一緒がいい?」と言われ、もっと濡れてしまいました。

「じゃあ、いれちゃうね」といわれそのまま彼が覆い被さってきました。

「あん、ダメ・・・」と言うと、「じゃあ、抜いちゃう?いや?」と言われ「抜かないで」と答えました。
その時に彼が、「これ、お前のHな愛液だよ」と言いながら、指を舐めて・・・。
そのしぐさがよけい感じてしまいました。
彼が、どんどん腰を振ってきて、私も敏感になってしまい、「こんなに腰振っちゃって、Hだなあ」と言いながら、私の体を横向きに。
カレも、さらに激しくピストンしてきます。
あまりに気持ちよすぎて声が大きくでちゃうくらい。

「もう・・・もう、ダメ、いっちゃう」と言い、本当にピクンピクンしてしまい、いっちゃいました。

「もういっちゃったの?さっき、あんなにいじっちゃったから、敏感になっちゃった?」と言いながらも、まだピストンしてきます。

「じゃあ、バックしたいな」と言われ、そのままバックへ。
喘ぎっぱなしで、彼が「エッチな子だなあ」と言いながら、どんどん突いてきます。

「もう壊れちゃうよぅ・・・」と言うと、「もう、イクから・・・」と言われ、そのまま中へ・・・。
ドクンドクンと波打つように・・・。

「お前、エロ過ぎだよ。イクっていったら、ジワーってまた濡れちゃって・・・」と言われてしまいました。
そのままベッドに横になりキスをしました。

なんか、書いててムラムラしてきちゃいました。
濡れてるし・・・。
物足りないというか、つまらなかったかな?
でも、最後まで読んでくれてありがとうございました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 彼も私も裸になりそのままお風呂へ

あのさ、もしかしてなんだけどさ・・・、男?
画像はイメージです
あれは3ヶ月くらい前の話になる。

俺は某地方都市へ出張中だったんだ。
地方都市とは言っても結構栄えてて、駅前の繁華街や所謂“風俗街”みたいなのもある。

ちょっと大き目の都市な出張中なんで仕事や夜の酒の付き合いなんかが結構忙しくて、気がついたら俺は一週間ほどナチュラルオナ禁状態になってたわけ。
んで、さすがに出張一週間目ともなるとある程度夜の付き合いなんかも落ち着いて、その日は同僚と飯ついでに軽くビールを一杯引っ掛けた程度だったんだ。
そうなると今度は性欲のほうが気になってくる。
泊まってるのは駅前の、ロビーと客室が離れてるようなちょっと大きいシティホテル。
となると性欲が溜まってて酒がちょっと入って気分もよく、手っ取り早く性欲処理できる方法って言ったら言わずもがな大体想像つくよな?

そう、デリヘルだ。

もうそう思い立ったら後は早い。
さっそく持ち込んだノートPCでBBSPINKを開いてその地域で評判のいいデリヘルを吟味したよ。
俺の琴線に触れたのは110分2万の店だ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

評判だと嬢の質が高くてサービスもそこそこいいらしい。
さっそく電話してデリバリーをお願いしましたよ。

ちなみにオーダーは「ロリ系でスレンダーで性格が良くて25歳くらいまでの子」って頼んだ。

ぶっちゃけネットに載ってる写真は加工されてるし、いっそギャンブル気分でもいいや的な。
店員の愛想は良くて、「ちょうどお客様のご要望に答えられる女の子がいますよ!15分くらいで伺いますのでお待ちくださいね!」と電話が終わった。
もうこの時点で俺のチンコはフルボッキ状態でキンタマが軽く痛いくらいパンパンになってた。

しばらくすると15分きっかりで部屋の扉がノックされた。
俺は興奮のあまり「オヒョッヒョー」みたいな声を出してドア開けたね。
立ってたのは本当に要望通りの小柄ロリ系の貧乳美女だった。
さっそく部屋に上がってもらって、嬢に何分コースにしますか?って聞かれた。
もちろんこんな可愛い子なら、と最初の予定を繰り上げて130分23000円コースを頼んだよ。
そっからはもう他愛のない話を15分くらいしてたかな。
俺の出身地とか使ってる香水とか好きなお酒とかの話してたかな。
まぁこの時点で俺のチンコはすでに半立ち状態だったし。
ある程度話したところで嬢と一緒にお風呂へ行った。

俺「風呂狭いからシャワーでいいー?」

嬢「いいですよー、あ、先にちょっと行っててください」

こんな会話して俺は意気揚々とバスルームに向かったんだ。
バスタブの中でシャワーの湯温調整して嬢を待ってたんだがなかなか来ない。
んで、俺はシャワールームから顔を出して「どーしたの?マダー?」って声をかけたんだ。
そしたらその嬢がなんか椅子に座ってマンコを弄ってたんだよ。
俺は“???”ってなったんだが・・・。

嬢「あ、今いくねー」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


すぐに立ち上がって風呂に来たんで俺も別段深く考えずにそのまま嬢と一緒にシャワー浴びて、イソジンでうがいして体拭いて、先にベッドで待ってるぜ!ってな感じで先に布団に潜り込んだんだ。

しばらくしてバスタオルを巻いた嬢が風呂から出てきた。

嬢「ねぇ、電気消してもいい?」

俺「えー、見えないとつまんないじゃん」

嬢「でも・・・恥ずかしいよぉ」

結局電気はメインの電気消して、ベッド脇の小さいランプならOKって事で話がついた。
まぁ俺は明るいほうが良いんだけど、ロリ顔で甘えた声出されたら言うこと聞かないわけにゃいかんよね。

んで、二人でベッドに寝転んでお互いに触りあったり首筋舐めあったりしてイチャイチャしてた。
嬢はおっぱい触ったりするたびに「ふぇぇぇぇらめぇ」みたいなわざとらしい声を出してた。
気がつくといつの間にか主導権は嬢に取られてた。
さすがプロだと思った。

くまなく全身リップされた後、おもむろにチンコを咥えてフェラされた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

相当溜まってた俺は嬢のテクニックも相まってすぐにいきそうになったんだ。
でもあんまり早く一発目出しちゃうと賢者モードでその後gdgdになるのはわかってたんで・・・。

俺「ちょっと攻守交替しない?俺このままだとすぐいきそうだわwww」

嬢「んふふー、2回すればいいじゃんー♪」

ジュパジュパ・・・。

俺の提案は即効却下された。

でもまぁ確かに時間は結構あるし2、3発しても良いかと思って好きにさせた。
いきそうな俺を気遣ってか、嬢はある程度優しい舌使いでチロチロ攻めてくるようになった。
ある程度フェラされたところで、嬢が俺の上に跨ってきた。
素股すんのかな?って思ったらチンコの先っちょがニュルンベルグっとマンコの中に入った感触がした。

俺「え、え?本番すんの?www」

嬢「うん、いやぁ?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺「いや、んなことないけどwwピル飲んでるの?wwゴムつけていい?www」

嬢「ピル飲んでないけど中出しでもいいよぉ。ゴムつけるなら私持ってるから出すね!」

まぁ病気は怖いしな。
というか避妊ガン無視の風俗嬢とか聞いたことねぇよ。
そんな疑問を感じる間もなく、嬢は手早く自分のハンドバッグからゴムを取り出して俺の息子に装着した。
そのまま騎乗位でズコズコにゅぷにゅぷしてたんだが・・・。

嬢「おふえぇぇぇぇおっきいよおおおおおおおお」

嬢「おちんぽきもちいいでしゅううあううううう」

嬢「らめらめらめええええいっちゃゆおおおおおお」

トンでもないでかい声であえぎやがる。
隣の部屋の人に壁ドンされた。

あまりに演技っぽいので笑えてチンコが萎えてきた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺「笑えてできないwww頼むから普通にしてくれww」って嬢にお願いした。

嬢「演技じゃないよぉ・・・」

そう言いながらも普通な感じにあえぐようにしてくれた。
あんまりな嬢の演技に俺もちょっとモチベーションが下がってたんで、嬢が足を少し止めた隙に俺も体を起こして、座位→正常位にちょっと無理やり持ち込んだ。

嬢「お兄さん強引だよぉ・・・優しくしてね?」

俺「オーケー牧場wwww」

こんなノリでしばらくえっさーほいさーと腰を振ってたんだ。
ちょうどこのあたりで俺はやっとこさ違和感に気づくことになる。
外見や“くぱぁ”した状態はほぼマンコだけど、ある程度マンコを見慣れてるやつなら違和感を感じると思う。
俺もちょっと年を感じてくるせいか、ある程度腰を振ってると息が上がってきた。
そこでちょっと腰休めを兼ねて一旦腰の動きを止めて、チンコを入れたままクリトリスを愛撫することにした。
暗くてよく見えなかったんだが、大体の位置にあたりをつけて親指の腹でなぞるように撫でてみた。

俺「あれ・・・ない?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

嬢「ふぇぇぇ?」

俺「あれ?んあ?」

この時点で普通の人なら疑問を感じて嬢に問いただすなりしてたんだと思う。
ただこのときの俺は一週間分の精子を如何に気持ちよく吐き出すかだけを考えていて、そのまま何かを誤魔化すように腰を振り始めてあえぐ嬢を前に理性は飛んでた。
結局そのまま嬢に“だいしゅきホールド”まで持ち込まれてあえなく昇天した。

まぁ一発抜くとどんな男でも賢者モードに突入して理性が復活するよな。
俺は嬢のマンコ(?)にチンコを入れたまま、色んな“???”が頭に浮かんだ。
とりあえず確かめるようにチンコを引き抜き、ハァハァ息してる嬢のマンコを触ってみた。
感触はマンコだ、間違いない。

だけど違和感が二つ。

1.愛液が明らかに粘つきがなんか普通と違う、あきらかに少し乾いてきたローションの感覚。
2.クリトリスがどこを触ってもない。

まぁ1に関してはプレイ前にローション仕込む嬢もいるんでさほど不思議じゃないんだが・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は少し冷静になって嬢に問いただした。
この時点じゃ俺もまさか・・・って気持ちはあった。

俺「あのさ、もしかしてなんだけどさ・・・、男?」

嬢は否定したよ、もちろん否定した。
デリヘルで女を呼んだつもりがニューハーフとか店の信頼問題にもなるわ。

俺「ちょっと電気点けるな?」

嬢「ふぇ?いやだよぉ・・・」

問答無用で電気を点けて、嬢の足をちょっと乱暴に開いた。

そこにはアワビじゃなくて細長い甘食みたいな、ちょっと不自然な形をした物体があった。
普通のマンコはさ、なんかこうぐにゃんにゃんしてるじゃん?
だけど人工マンコはこう、シュパッっとパンに包丁で縦線を入れたような形?というのかなぁ。
ちょっと疑いだした時に喉仏見てみたんだけど見当たらないし、それでずっと女か男かで悩んでた。

俺「あのさ・・・手術したの・・・?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


嬢「・・・」

俺「いや、さすがにこれ見たらわかるよ・・・」

嬢「・・・ごめんなさぃ、ごめん」

嬢は白状した。

数年前に性転換手術を受けた。
元々性同一性障害(?)みたいな感じで女性ホルモンが多くて女っぽかった。
お兄さん(俺な)がかなり好みのタイプで、本番までしたくなっちゃった。
いつもは部屋暗くしてなんとか誤魔化してる。
・・・みたいな話をした。
まぁもっと手術した経緯とか人体改造の方法とか色々聞いたんだけど長くなるんではしょる。

んでな、まぁ疑問も解けると色々と俺も考えるわけだよ。
ここで店に苦情を入れて女と料金をとっとと返還させる手もある。
だけど、どう見ても女にしか見えない顔、乳、尻を見てると俺もまたムラムラしてきちゃったんだよ。
肌もスベスベで触っててきもちいいんだ。
このまま帰すよりもこの新人類で色々なプレイをしてみたくなってしまったんだ。
この後、結局嬢と2回本番して更に延長30分払ってアナルまでプレイした。
ほんとはアナルはオプション5000円らしいが無料にしてくれた。
つーか俺はアナル童貞をここで喪失した。

帰り際に嬢は俺の頬にキスして、「本当に楽しかったよぉ、ありがとう、ありがとうね」って、何に対してのお礼なのかは判らんがずっとお礼を言ってた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 あのさ、もしかしてなんだけどさ・・・、男?

クラブに行ったら痴漢の手がスカートの中に
画像はイメージです
友達のお兄さんのイベントがあって、クラブに行きました。

あんまりお酒は強くないのに、ノリノリのお兄さんにテキーラをご馳走になって、仕方なく一気するはめに。
私はそれだけでぽけ~っとしちゃって、遠くで踊る友達を眺めながら、ソファに座りました。

どのくらい時間が経ったか分からないけど、気付けばフロアも人でいっぱいになっていて、私の左隣りには知らない男の人が体育座りみたいな感じで、ソファの背にもたれてました。

気のせいか私に寄り掛かってきてる気がして、ちょっと右にずれました。
熱気で暑くなってきたのと、何か裸足になりたくなって、私もミュールを脱いで体育座りをしました。

その途端、左隣りからスッと手がスカートに伸びてきました。

私はめちゃくちゃビックリして、左を向けませんでした。
顔を見ちゃいけない気がして・・・固まってました。

手はスカートの中に入ってきて、太ももの内側を撫でてきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

その撫で方があまりにも気持ちよくって、ぴったり閉じてた太ももを緩めちゃいました。
男は太ももから徐々に指をずらして触ってきました。
こんなに人がいるところで、知らない人に触られてるんだって考えちゃうと、余計体が熱くて・・・。
もぅ、パンツの上から線を引くように何度もなぞられて、くっきりと線が出来てるのを感じました。

彼氏と別れてから2ヶ月、エッチをしてなかった私は、めちゃくちゃ感じちゃって、顔にエロい表情を出さないようにするだけで大変でした。

(こんなのイヤ、ダメ・・・)

そう思う程濡れてきて、パンツがヌルヌルしてるような感じでした。

男は線をなぞるのをやめると、今度はクリちゃんを擦り始めて・・・。
またそれが超気持ち良くて・・・。

(もぅどうにでもして!)って気分になりそうなところで、友達の呼ぶ声が・・・。

男はサッと手を引っ込めて立ち上がると、人混みの中に消えちゃいました・・・。

(ちょっと残念・・・)なんて思っちゃった私・・・。

今度は1人で同じ場所に行ってみようかな、なんて考えちゃってます。
危ないかな?バカですよねー(笑)

でもでも・・・めちゃくちゃ、気持ち良くて。
痴漢であんなに感じちゃうなんて・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 クラブに行ったら痴漢の手がスカートの中に

気がついたら看護婦さんに咥えられてた
画像はイメージです
昔、屋台村みたいな鉄板焼き屋や洋風居酒屋の集合したお店がアパートの目の前にあったので、仕事帰りに週2くらいそこで飲んでた。

ある夜、いつものようにそこに行くと初めて見る子が2人飲んでた。
1つ席を空けて座って飲み物を注文すると、25歳と20歳の看護婦さんで、時々飲みに来てくれるとマスターが紹介してくれた。

疲れてたので、こんばんはと愛想笑いで挨拶だけして、軽く食べたら帰ろうと思っていたら、20歳の子が隣の空けた席に移動してきて・・・。

「裕子(仮名)です。おにいさんかっこいいね。うちら夜勤明けで明日も休みじゃけぇ飲みに来たんよ」

・・・と、声を掛けてきた。

疲れて声を掛けられたくなかったし、面白いことも思い浮かばなかったので、「裕子ちゃんも可愛いね」とだけ答えて、出された飲み物に口をつけて目線を切った。
けれど、何を話したかあまり覚えてないけど、「彼女いるんですか?」とか延々と話しかけられた。
早く帰りたかったけど、話しかけられて長くなって1時間半くらい経った頃・・・。

「うちばっかり話し掛けてテンション上がって馬鹿みたい」と、裕子ちゃんが拗ね始めた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


バツが悪くて帰ろうとマスターに声をかけたら・・・。

「じゅんちゃん(俺)ちょっと待てや、今日もうお客さん来そうもないけぇカラオケ行こうや。ほれ、裕子ちゃんも行くで」

・・・と、4人でカラオケに行くことになった。

カラオケで飲みながら適当に他の3人が歌うのを聞いてたら、マスターが1時間程で帰って行った。
俺も帰りたかったけど、なんとなく帰れる雰囲気じゃなくなって、付き合うハメになって、最初に予約してた2時間が過ぎ、終了時間を知らせるコールが鳴った時、裕子ちゃんが3時間延長した。
それとターキーのロックを4つ頼んだ。

25歳の仁美ちゃん(仮名)も「えーーー3時間も!!」と言いながら、テンション高くて楽しそうだった。

注文してたロックが来たら、裕子ちゃんが「乾杯しなおし、一気ね」と言いながら俺に1つ、残り2つを1つにまとめたのに自分のも半分くらい足してグラス一杯になったのを仁美ちゃんに渡して乾杯をした。
仁美ちゃんは人の良さそうなブサで、律義にそれを一気した。

その後もストレートやロックで何杯か注文して飲んでるうちに、まず仁美ちゃんが潰れて椅子に頭をもたれかけて寝始めた。
俺も朦朧として意識がどのくらいなかったのかわからないけど、なんか下半身に違和感を感じて薄目で下を見ると、裕子ちゃんが俺のをフェラしてた。
裕子ちゃんは俺の意識が若干戻ったのに気づいて、唾でヌルヌルになった俺のを手で扱きながら「凄く硬いよ、本当はうちとエッチしたかったんでしょ」と耳元で囁いた。

そうしてまだ朦朧としてる俺の上に跨って、スカートの中に手を入れて下着をずらして自分の中に俺を導くと、ヌルヌルっと生温かいのを感じながら俺のナニが滑り込んでいくのを感じた。

なんだかよくわからんが、俺の上では裕子ちゃんが自分で動いている。
向かいの椅子には仁美ちゃんが酔い潰れて寝ている。
そんな状況が頭の中でグルグルしているうちに俺の頭は快楽だけになった。

抜かずに裕子ちゃんを下にすると俺は正常位で無心で腰を振り続けた。
だんだん裕子ちゃんの呼吸が荒くなって声が漏れ始めたので、脱いだスーツの上着の肩口を口に噛ませてギュッと抱き締めて腰を振り続けると、普段は酔うとなかなかイケないのに、10分くらいでイッて裕子ちゃんの中にぶちまけた。
それでも興奮が収まらず、勃起したままだったのでそのまま30~40分は突き続けた。

結局時間終了のコールでノーフィニッシュ。
仁美ちゃんをタクシーで送り届けて、仁美ちゃんが寝てる横でもう1回、俺のアパートに帰って昼まで寝て、夕方までに2回中出しセックスした。
それから俺が勤めてた会社を退職するまで、半年くらいセフレの関係が続いた。

あれから9年、俺も結婚して1児の父、何人かと付き合ったけど、未だにカラオケでの1回目の射精を超える射精感を味わったことがない。
射精した瞬間、閉じてた尿道が一気に緩んで、ビュッって瞬間的にじゃなく“ドクドクドクッ”と、いつもより継続的に出た感じがして、溜まってたものが全部出たような錯覚に囚われた。
うーん、“ドバァーーーーーッ”ってほうが合ってるかな?

時々、沢山出たなと思うことはあっても“ビュッ、ビュビュビュッ”って感じで断続的なんだが、その時は体の力がスコーンと抜けてるにも関わらず自然と出た気がする。
イク前に入ってた力が抜けて、射精と同時に体がゾクゾクッとして軽く痙攣した。

実際その頃サルで、1日7回打ったこともあったけど、その時は4回目で空打ちになってナニがかなり痛かった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 気がついたら看護婦さんに咥えられてた

私の中の修羅

DVされる子ってこれでもか、これでもかってくらいよくまたDVする男を見つけてくる。

私(21)
友子(21)
友男(21)
先輩(23)
大学時代、クラスが同じだった6人ほどで飲みメインのグループつくってよく遊んでた。
私は入学後すぐに彼氏をつくったものの、2年して、諸事情により別れている。
友子は入学してすぐにネット友達だった男と付き合いはじめ、よくノロケ話をきいていたものの、たまに彼氏がいるのに、飲み仲間の男の子たちに彼女ができるのは嫌、私が一番じゃなきゃ、というトンデモ発言があったり、
とにかく、あたしってモテるの!アピールがあったものの、飲み仲間らしく、飲める人間は重宝されてそういうアバウトな部分はみんな寛大だった。
先輩は入学当初から彼氏がいたっていうのに私にひたすらアプローチ。「俺の方が君を幸せにできる!」「寝言は寝て言え!」
の応酬の繰り返しで2年かわしつづけた。
でも、周りには面倒くさいので黙っていた。
友子はネット彼氏に次第にDVをふるわれるようになり、最後、髪の毛をきられ、別れを告げたら「別れるなら金を寄越せ」とまで言われて別れていた。
それが大体20歳ごろ。
で、大学三年になる直前くらいに、友子が飲み仲間のひとり、友男との交際をスタート。
友男は今まで彼女がいたことがなく、友子がハツカノ。
「私、セックス依存症なの」と公道で打ち明けてくれたこともある友子なので、友男はすぐに彼女にめろめろ。
まぁ、微笑ましく見守っていた。

問題は大学三年に私が彼氏と別れたあたりから。
ききつけた先輩からのアプローチが悪化。
正直、絶対この人は無理、と思っていたけど、ある日、ゼミ飲みのときに先輩に、
「友子ちゃんが、君が処女だって言いふらしてるよ」
と言われた。たしかに彼氏とはしたくなくて、それが別れた直接原因。
で、ぽろっと、「私、したことないから」
とたしかに友子に言ったことがあった。
でも、他人、しかも男にそんなことを言いふらすなんて、とショック。

同じ頃から、どうも友男がおかしい、という話を仲間からきくようになる。
授業の欠席が多い。友子にべったり。なんか、目つきがおかしい。
ある日、女だけで飲んでいたら、友子が、「友男に暴力を振るわれている」と告白。なんか最近常軌を逸している、と。
なんのことだと詳しくきくと、セックスのときに噛むのがそもそもの発端だったらしい。
で、だんだんエスカレートすると、「授業にいかないでくれ」「一緒にいよう」「なんでどこかへ行こうとするんだ」「僕が悪いっていうのか?」
振り切って駅へ行こうとする彼女を追いかけて、駅前の公道で「僕が悪かった!、!」と土下座するのを「やめて!やめて!」と逃げようとしたら腕をつかまれてしめつけられ、「はなして!」と鞄で殴り返したこともあったらしい。
ある日も口論の末、「じゃあ頭を冷やせばいいんだろ!?」と服を着たまま風呂場で水をひっかぶり出したとか。
そこにいた女子、絶句。

でも、どうやら話をきいていると、友男の行動にも友子の性癖が関係しているらしかった。

友子は前述のとおり、「愛され体質」。そしてセックス依存症。挙句、両親が離婚して母親が水商売。
「初恋の人はお母さんの恋人」とか、平気でblogに書くような子だった。(ちなみに、容貌はぽっちゃりで、巨乳。いつもキャミソールワンピだったけど、けっこう服装にはだらしがなく、ちょっと…と大概の人はひいていた)
そんな友子は友男が帰省中には、飲み会の途中で(みんな友子と友男が付き合っているのを知っている)
「これからデート、うふ」とか公言して中座したり、「◯◯くんもかっこういいから、好き!」とか言ったり。
公言されても、友男に伝えるなんてできないから、無理矢理みんな彼女の共犯。

そんな友子の部屋に終電を逃して泊まったとき、自慢げに、
「私ちゃん、先輩に言い寄られてるでしょ?でも、私、先輩とこの前寝ちゃった。寂しかったんだって。2回w」

……目ん玉飛び出るAAを貼りたい……。
その直前に私は別の先輩から、「あいつ(先輩)は君がほんとうに好きなのに、なんで答えてやらないんだ!」と説教までされてウンザリしていたばっかり。
それに加えてこの友子の発言…。
ああ、私が処女なの言いふらしたのもベッドでですね、友子ちゃんw

なんか脳内でぷっつりと今までなんだかんだと耐えていたものが切れた感じ。

たいへんよくわかりました。いえ、もう、DVされちゃうほど愛されてる私に、ひとつの部屋にいたら襲わずにはいられないほど魅力的な私に、「先輩はあなたを好きだとか言いながら私と寝てるのよふふん」って言い方。

そのすぐあと、先輩と学食でごはんを食べながら、すっごーい笑顔で、「友子ちゃん、どうでした?」と訊きました。
一気に先輩が真っ青に。
「だれからきいたの?」
「友子ちゃんですよ。あの子が話さないと思ってるんですか?あー、先輩は、私だけって言っていたのに、やっぱり口先だけなんですね。まぁ、私は別に良いですけど、友男くんとの交際中にヤったのばれたら、まじでころされるんじゃないですか?」
「と、友男には黙ってよ!」
「じゃあもう私に好きとか言うな、ウスラボケ」
で、友男に電話。なぜならそのころいい感じになっていた男の子がいたのに、自分が浮気されまくりでノイローゼ気味の友男が、
「お前らのせいだ、お前らが友子をとめないからだ、お前らがry」なんてメールをひきりなしに送信してくるようになったので、かたをつけたくて。(今までは友子にかなり非があったので黙っていた)
「友男くん?あのさ、友子ちゃんと付き合ってたいんだよね」
「愛してる!結婚したい!(友子は全く考えていない)」
「じゃあさぁ、もう私のこと放っておいてくれないかなー?っていうか、友子が浮気する女なのは、もう付き合い長いんだからわかってるよね?それを付き合ってるんだから、自己責任だよ」
これ以上面倒を起こす(飲み会中暴れ出したり、変なわめき声まであげるようになっていたので、休学すれすれだった彼をとめる意味もこめて)なら、一番ききたくないこと(先輩と友男はすごい仲がよかった)話すよ、と一応念を押した。

友子はそのまま泳がせました。
案の定、浮気の多さに目が冷めた友男が別れを切り出して終了。
おかげで私は先輩と友子の浮気は隠し通しています。
が、友男は別れたのになぜか今も友子の言いなり状態ポジション。
当の友子は大学を卒業して25もすぎると、セックス依存症が災いして、絶えなかった彼氏もここ数年いない模様。
なのに、先日の飲み会ではあつい「ガールズトーク」を話したおして、「寝ることと付き合うことって別だからねー。寝たからってつき合えると思わないで欲しい」とのたまいました。

それを笑いながらきいている飲み仲間に、そろそろ幻滅しそうですが、果たして私が狭量なのか、仲間の常識がないのか、悩むところです。

あまりにDVのオンパレードだったので、載せたのは一部ですが、彼女を見ていると、「狂うほど愛されている悪女の私」に酔っているようにしか思えませんでしたorz

たいしたことのない修羅場ですみません。私の中での修羅は処女を言いふらされていたことですw

あ、ちなみに友子の特徴としては、基本的に最終的に友子がふられてるってことですね。
最初のDV彼氏も、彼女の髪とかきっておきながら実はほかの女と現在進行形で浮気中(むしろそっちが本命だった様子)
友男も現実に気づいて別れ話。
なのに不思議なことに彼女の中では「私が嫌になって別れてあげたの」

これはあまり巻き込まれていないからいいけど(ほかにもDV彼氏に依存している友達に半年くらい悩まされたことがある…)私はどうもDVに二回以上ひっかかる人には同情できません。

[紹介元] エロ体験談 私の中の修羅

別れた夫に似てきた息子と
画像はイメージです
私は36歳になるシングルマザーで、この歳で17歳の息子がいます。
息子は現在高校3年生です。

私が高校3年生の時、7歳年上の彼氏が出来ました。

わずか5回程度のHの末、付き合って半年後の3学期に彼氏の子を妊娠しました。
私はまだ17歳だったし、百貨店への就職が決まっていたけど、好きな人の赤ちゃんを堕胎する気になれませんでした。
私は社会人だった彼氏に結婚を迫り、妊娠したまま高校を卒業して、すぐ入籍しました。

私との関係がただの遊びだったと気付いたのは、結婚してからでした。
結婚する前から他に彼女がいて、しかもそちらが本命だったみたいで、私はその彼女から男を奪った悪女扱いをされました。
旦那も彼女との付き合いを止めてくれませんでした。
妊娠して婚前から性交出来なくなってた私など、もはや興味の対象ではなかったのでしょう。

新婚4ヶ月で私は耐えきれなくなり、離婚しました。
既に妊娠6ヶ月過ぎだったので中絶は出来ず、その年の10月に、私は18歳7ヶ月で息子を産み、シングルマザーになりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

育児休暇の後、仕事に復帰してからは息子を育てる事だけが生き甲斐でした。
恋愛もHも元旦那としか経験が無かった私は、男選びの失敗から恋愛が怖くなり、気が付いたら三十路になっていました。
でも歳よりずっと若く見られていたし、スタイルやルックスにも自信があって、今が女盛りだという自負がありました。

私が31歳の頃の春、息子は12歳の中学1年生でした。
私の唯一の性体験相手だった、あの元旦那に顔立ちがそっくりで、思わず惚れてしまいそうな風貌に、恋のような感覚を覚えていました。
そんな感覚は、いつの間にか本物の恋愛感情に発展していました。
息子を身篭って以来、長年ご無沙汰だった愛の営みへの憧れに、再び火が点いてしまった。

そんな時、私は偶然息子の裸を見てしまいました。
私が入浴しようと脱衣場に入った時でした。
まだ息子は入浴中だと知らず、私が下着を脱ぎかけた時、息子がお風呂場から出てきました。
私は既にショーツ1枚しか着ておらず、乳房が丸出し。
息子は当然、何も着ていない姿です。
息子のペニスは、すぐ硬く立ち上がりました。
まだ皮が剥けて間もない頃だったのか、先端は綺麗なサーモンピンク色でしたが、まだ子供だと思っていたのに、大きさも形も、思いのほか立派なものでした。
愛しい息子が私の姿を見て発情したのかと思うと、嬉しさで感情を抑えきれなくなってしまいました。

「何よオチンチン立てちゃって。ママに見せなさい」

私は笑いながらそう言って、唖然と立ち尽くす息子のペニスを手に取りました。
硬くて、凄く熱くて・・・。
生意気にも、私の手に収まりきらない大きさでした。
私は本能的に、しゃがんでペニスをしごいてました。
息子は気持ちよさそうに唸って、すぐに射精しました。
そんなに早く射精するとは思ってなかったから、しゃがんだまま撒き散らされた精液を顔や腕や上半身に浴びました。
その精液は熱くて量も多く、勢いもビックリするくらいで、機関銃を乱射するような迫力でした。

「正直に言いなさい。ヒロ、射精は初めて?」と聞くと、息子は無言で頷きました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は愛する息子の初射精を自らの手で導いた事を、嬉しく思ってしまいました。

「じゃあ当然オナニーも、まだよね?今のが射精なの。もう中学生なんだから、自分で出来るようにしなきゃダメ。今度から今みたく自分でしてみて。それがオナニー。これはヒロが覚えなきゃいけない事なの。恥ずかしがる事じゃないのよ、分かった?」

そう言うと、息子は頷いてました。

「ヒロにはちょっと早いけど・・・良いわ。今日はママが、特別に気持ちいい事を教えてあげるから。男の子でしょ?こんな立派なモノ持ってるんだから、将来のためにも、しっかり覚えなきゃダメよ」

女の子は学校の性教育で色々教わります。
でも息子はそんな教育を学校で受けていないと思います。
だったら親である私が、家庭教育で性を教えるしかない。

教育方針は、その家庭それぞれのものがあって良いはず。

性の実習、実践教育こそ我が家の教育方針なの。
これは教育的指導なのよ。
実技が伴ってこそ、本物の教育。
学校が教えられない事は、母親である私が教えてあげる。

10数年間セックスレスだった私は、実はずっと性欲が飢えていて、それが一気に目覚めた感じでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は、そんな“教育”という言い訳をして、近親相姦という禁断の一線を超えてしまいました。

私は指で自分のアソコを触って濡らしながら、ペニスを口でしゃぶって、無理矢理に立たせました。
まだ若い思春期真っ只中の息子ですから、ペニスはすぐに立ちました。
私はショーツを脱いで全裸になって、息子にアソコを向けて四つん這いになりました。

「オチンチン、どう入れるか分かる?」と言いながら、私はアソコを指で広げました。

「ここよ。穴が分かる?ここに入れて。中で射精したら赤ちゃん出来ちゃうから、射精する前に抜くのよ」

息子は、熱いペニスを突き立ててきました。
私のウエストのくびれに手を置き、グッと引き寄せながら進んできました。

「ママ、熱くて気持ちいい!」と息子が言いました。

本能は恐ろしいもので、まだ初体験なのに、ペニスが全部膣に収まると、自らピストン運動を始めました。
4~5回くらい動かしただけで、息子が気持ちよさそうに悶え始めました。

「射精・・・!?ダメよヒロ、早くオチンチン抜きなさいっ!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

息子は奥まで入れたまま、体が固まってしまっていたようでした。
今思えば、初射精直後の男の子がいきなり生で初体験ですから、射精が早過ぎるのは無理もありません。

「あっあっあっ・・・」

リズミカルに息子は唸りながら震えて、膣の中でペニスがビクビクと脈打ってました。

息子がようやくペニスを抜いて・・・、と言うか、硬さを失ったペニスが膣の内圧で勝手に押し出された感じでした。
やはり既に射精を果たしていました。
ついさっきあんなに射精したばかりなのに、私のアソコから沢山精液が溢れました。
私はその日が安全日だった事もあり、叱りはしませんでした。
一応、その後の入浴中にシャワーで膣内を出来る範囲で洗いましたが。

愛する息子の童貞を貰った優越感がありました。
私が息子を、少年から漢に成長させてあげたんだなって。
入浴を終え、バスローブに着替えて、私は台所で家事をしてました。
久しぶりにHしたとは言え、私自身はイッてませんから、欲求不満と言うか体が満足していませんでした。
家事が片付いた時、息子が現れました。
息子は全裸でした。
何を考えているのか、すぐ分かりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「ママ、我慢出来ない」

そう言って、息子は私を押し倒し、無理矢理バスローブを脱がせました。

「ちょっとヒロッ、ダメ」

中学生にもなると、男の子の力は凄いもので、私は太刀打ち出来ませんでした。
バスローブの下は何も着ていなかったため、あっと言う間に全裸にされました。
フローリングの床に仰向けの私に乗り、キスしてきたり、巨乳とは言えない程度の乳房を揉み、口で吸って・・・。

「ママが可愛くて綺麗で、ずっと好きだったんだ」

息子のその一言で、私は再び体を許す気持ちになりました。

「ヒロ、ママもヒロが好き、大好き!」

私は、両脚を開きました。
ペニスを持ってアソコまで導くと、息子は腰を沈めてきました。
息子の初恋相手は、どうやら私だったようです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

特に、中高一貫の男子校に入学してからは、私が唯一の身近な“女”だったのでしょう。
性欲旺盛な思春期の息子にとって、19歳年上とは言え、まだ31歳だった私は、恋愛対象としてもセックスの相手としても、充分だったようです。

さっき初射精を経験したばかりで、まだ2回目のセックスだというのに、息子は正常位で1人前に性交が出来ていました。
お互いに両脚を絡め合って、抱き合って、私も一緒に腰を振りました。

「上手よヒロ、今日は大丈夫だから、いっぱい中で射精して。中で射精する時は、しっかり奥で、最後まで出し切るのよ」

明日から、自分だけで射精をしなさいと教えて、その夜は、時間も忘れて、朝まで台所で息子に好きなだけ膣内射精をさせてあげました。
私が上になったり、騎乗位や立ちバックや対面座位も、一晩のうちに一気にレクチャーしました。
息子は私と1つに繋がったまま、何回も果てました。
セックスの喜びを覚えた息子は、無我夢中で腰を躍動させていました。
ぎこちないながらも若さ溢れるダイナミックなセックスで愛の契りを交わし、その日を境に、息子と私は、愛し合う雌雄の関係になりました。

息子は翌日から毎晩のように私を求めてきました。
私はシングルマザーでしたから、ゴムのストックなどある訳もなく、危ないと感じつつも生でHをして、射精は外出しで済ませていました。
初めは射精が早く、誤って膣内射精を何度もしていた息子も、Hに馴れてくると徐々に遅漏になり、膣内で誤射する事もなくなりました。

お互いに体が馴染んできた頃、遂に生まれて初めて私は、アクメに達しました。
息子のペニスのサイズが、私と相性が良いのか分かりませんが、膣内の中間から奥のある部分に、ペニスのカリが擦れると、元旦那とのHですら味わえなかった快感が得られます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私の全身が快感で痙攣して、頭が真っ白になります。
息子の暖かく力強い包容の中で昇り詰める幸せ。
これぞ、女の幸せだと感じました。

息子のHが上手になったおかげもあります。
覚えが早く、体位のバリエーションも増えると、体位も息子の方から変えてくるようになってました。
最初は私の教育的指導だったのに、いつの間にかHの主導権は、息子に完全に掌握されていました。
息子に求められて、私もフェラチオから初めて口内射精を経験しました。
息子の分身である沢山の精子を飲むのが、私は大好きです。
息子はまさに、私を“俺の女だ”という感じで抱いてきました。

そんな夜が2ヶ月ほど続いた頃、私が妊娠している事に気付きました。
思えば、本物の夫婦も顔負けのペースで、ゴムもせずにHしていた訳ですから、懐妊は時間の問題でした。
私は夏期休暇を利用して、妊娠14週目になった頃、自宅から離れた病院で中絶しました。
本当は産みたかったし、息子の子を宿せたのが嬉しかった。
いけない母親です。

その後は、ゴムを常用しています。
ただし安全日は生で、息子が膣内で愛の種付けをしてくれます。

息子に彼女が出来たか聞くのですが、息子は「僕は浮気はしない。麻由美しか眼中にない」と言います。

最近、息子は私をママと呼ばなくなりました。
“麻由美”・・・、そう言ってくれます。
熱愛する彼氏彼女の関係ですから、私も嬉しいです。

もう長年、恋人同士と化している息子と私は、休日にデートを楽しんだりしてます。
息子が高校生になった日は、入学祝いに息子をラブホデビューさせてあげました。
今は月に1回程度、ラブホを利用しています。

そんな息子も高校3年生。
36歳の私は今が女盛り、息子はこれからが男盛りなので、禁断の熱愛はますます熱く燃えそうです。
息子のHは、攻撃的だったり焦らされたり、緩急が上手で、私は毎回何回もイキ狂わされてます。
私の顔、乳房、膣、身も心も全て、息子だけのものです。

この夏、私が歳の離れた姉さん女房という設定で、息子と軽井沢に旅行する計画を立てています。
普通の親子ほど歳が離れていないせいか、親子に見られる事はまず無く、むしろ本物の歳の差カップルに見られる事が多いです。
だから思い切って、新婚旅行中の夫婦として旅館に泊まって、夜の営みも、本物の新婚初夜のように楽しみたいです。
その時は中絶覚悟で、危険日を狙うつもりです。

息子と私の、叶わぬたった1つの夢は、息子と結婚して息子の赤ちゃんを産む事です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 別れた夫に似てきた息子と

女子大生の従姉と

大学入試からうちに下宿している女子大生に童貞を捧げたあと、もうオナニーはしないでもいいくらいセックスさせてもらいました。毎日毎日朝から晩まですっぱだかでやりまくりました。メグさんていうんだけど、気がつくと、お互いにはだかでぼくのちんちんはメグ姉の中に入ってました。でも、春休みの一ヶ月くらい彼女が郷里に帰ってしまっているあいだ快感を我慢できなくて。

 ようやく母がでかけました。で、女子大生のメグさんとセックスできなかった一ヶ月はオナニーに狂いました。
 
 今日は、久しぶりに女子大生メグさんとセックスする日です。早く帰ってこないかなあ。
 2時過ぎにメグさんが帰ってきました。メグ姉さん特性の赤ワイン入りカルピスを飲んでからシャワーを一緒に浴びました。冷静なつもりだったけどチンチンはすぐに大きくなりました。
 立ったままちょっとだけ入れてもいいって言ったのでコンドームなしで先っぽを入れました。奥まで入れたいって言いましたが、今日も中で出すのはだめで出すまでいれとくんならコンドームつけないとだめなんでメグ姉さんの部屋に行って体を好きなように触り合ってからコンドームをつけて正面向きになってメグ姉さんの足を肩に乗せるようにしながらチンチンを根本までしかっり入れるようにして動きました。

 メグ姉さんはすぐに「ああ。ああ。ああ」って気持ちよさそうに声を出したんでぼくもすぐに気持ちよくなってしまいましたが、精子を出すのを必死でガマンして動きつづけたらメグ姉さんはすごいすごいっていってエビぞりしました。
 エビぞりされた瞬間、ぼくもドクドクがはじまり精子を出しました。

 しばらく二人ともじっとしてたらチンチンが小さくなりはじめたんでメグ姉さんが先に起きてぼくのチンチンからコンドームをとって精子をみました。
 先っぽのふくらみのところに精子がありましたが、そんなにたくさんなかったんでメグさんに「オナニーしてだしちゃたんでしょお」ってからかわれました。
 
 その後、もう一度シャワー浴びてお互い裸のままぼくはメグさんのマンコを、メグさんはぼくのチンチンをなめれるように横になってなめ合いました。
 割れ目のビラビラの合わせ目のところをなめてあげると豆のようなものがとんがるみたくなってそれを口をつぼめて吸うようにしながら舌でチロチロしてあげたらメグ姉さんはまた、ああああって声を出しながらエビぞってしまいました。

 そんなこんなHなことをしているうちに気がついたら6時過ぎててリビングのほうで電話が鳴ったんであわてて服を着ながら階段をおりて出ました。電話は母からで帰りが遅くなるっていうことだったんでもう一度裸になってメグ姉さんに抱きつきました。
 チンチンはすぐに大きくなったんでまだヌルヌルしているあそこに入れようとしたら手で握られ思い切りこすり倒されてしまい、あっというまにドクドクしてしまいました。結局4回もドピュドピュしちゃった。

 精子はそんなにでませんでしたがきもちよかった。
 そんときはもうセックスしなくてもいいと思ったのにいままたセックスしたくなってきました。

 初体験させてくれたメグ姉さんは本当にセックスが好きみたいです。昨日の今日だっていうのに昼を一緒に食べたときだめもとで今日も誰もいないからセックスしようよっていったらあっさりとOKだったんでびっくりしました。
 暑かったんですけどクーラーなしで汗まみれのセックスをしようっていうことになってメグさんの部屋の床にバスタオルを敷いて裸で抱き合いました。

 69になって互いになめあったのは昨日と同じでしたけど、シャワーとかあびないでいきなりだったんで割れ目をなめるときけっこうチーズくさかったですけどかえって興奮しました。

 メグさんのあそこはすぐにヌルヌルになっていつでも入れられそうな感じになりました。すぐにメグさんが起きて、あおむけのぼくにまたがっておなかにあそこをこすりながらああ、ああって気持ちよさそうに体を動かしてたときメグさんはぼくのチンチンを握ってコンドームとかつけないままあそこに入れました。

 入れたまんまメグさんはお尻を回すみたく動きました。ぼくも抱き起こされ座った感じで抱きしめ合いました。
 メグさんが急に激しく動いたんでぼくもドクドク来そうになったんですが精子を出すのをガマンできました。そのときメグさんの耳元でコンドームつけないでいいのって聞いたら、出そうになったらいってっていうんでうなづきました。

 キスされて舌を吸われたときまたドクドク来そうになったんで肛門を締め付けて耐えました。
 メグさんが全身をふるえさせるみたく動きながら、ああ、ああ、気持ちよさそうに声を出すんでその声に興奮しました。

 メグさんがのけぞるようにエビぞりするのを必死にだきかかえました。今度、締め付けられたら精子が出ちゃうと思いそろそろ出るかもって言ったら、今日はいいわ、そのまま出してって言ってくれたんでぼくも下から突き上げるようにメグさんのなかでチンチンこすろうとしました。

 しばらくしてめぐさんがいいわいいわあっていってさらにエビぞりしたとき急にチンチンがしめつけられなくなっていくら動いてもこする感じがしなくなったんで抜けたかと思いました。
 メグさんがぐったりしたんでそのまま寝かせてつながったままぼくが上になって動きましたが、なんかメグさんの体の中が溶けちゃったっていうかなんの抵抗もなくなってあせりました。必死で動くのを止めようとするようにメグさんはぼくをきつく抱きしめていました。ほんとうにいくら動いてもこする感じがしてこないんでまるでチンチンがとれたみたいな不思議な感じがしました。

 今までに何回もセックスしてるのにこんな感じは初めてでした。怖くなってチンチンを抜こうとしましたがメグさんがお尻を抱きかかえてぬけないようにしてたんであきらめたとき、メグさんの体の中に固さが戻ってきたみたいでこする感触がしてきて一気に気持ちよくなってドクドク精子を出しました。
 ドクドクの快感は強かったけど昨日出してるんでそんなに出てないと思いましたがコンドームつけてなかったんで実際どれくらい出たかわかりません。

 一度目のセックスが終わってシャワーしてるときにメグさんの体の中が溶けたみたくなっていくら動いても精子を出せないでこまったって言ったらそんときメグさんも気持ちよすぎて意識が遠のいてたそうです。
 男は気持ちよくなるとチンチンが固くなるのに、女は反対にやらかくなるんでしょうか?
 結局、今日はその後2回チンチンを入れさせてもらってドクドクしました。後の2回ともメグさんは気持ちよさでエビぞりしましたが中が溶けたみたくなることはありませんでした。今日は不思議な体験をしました。

 おとついは、朝からチンチンが固くなっておしっこしても小さくならないでほんと困りました。

 父母が今日、父の単身赴任先に行ったあと一人だったんでオナニーしようと思ったんですけどあまりにむしむしして暑かったんで、部屋にクーラーかけてシャワー浴びてたら今日はいないはずのメグさんがいて、いっしょに浴びよおって裸で入ってきたんですけどチンチンが固くならなかった。

 で、メグさんが今日はおとなしいじゃん、とか、また一人で出しちゃったんでしょとかいいましたが、シャワー出しながら抱きしめられたのにチンチンは固くならなかったんで、メグさんはぼくにからのバスタブに横になるように言った。そのとおりにするとメグさんはシャワーをはずしてぼくにかけながらバスタブの外にしゃがむと片手でぼくのチンチンを上向きにしておさえるとそこにシャワーをあてられました。

 ちょっとくすぐったい感じがしましたがはじめのうちはどーってことないかんじだった。
 でも、シャワーをチンチンから遠ざけたり近づけたりされてるうちに気持ちよくなってきてチンチンが一気におおきくなったんでメグさんに入れたいって言ったら、シャワーをこうやって当ててて精子出すのをガマンできたらセックスOKっていうんでチンチンをこすられなければドクドクこないから精子でなくて絶対セックスできるって思った。

 ところがなんとシャワーを近づけたり遠ざけたりされてるうちになんかすっごい気持ちよくなってドクドク来そうになったんで肛門に力入れてドクドクをガマンしようとしたんですけど、かえって気持ちよさが強くなってガマンの限界を超えてドクドクがはじまって精子が飛び出しちゃった。ぼくはチンチンをメグさんの方に突き出すようにのけぞって出しました。
 シャワー当てられただけでチンチンが根本からドクドクして精子出るなんて・・・。メグさんが、あーあ出しちゃった、セックスおあずけねって言われてがっくしきましたけど、すっごい気持ちいかったんでそれでもいいかなって気になってたら、精子が出きるようにメグさんにチンチンを根本からしごかれた。

 でもチンチンが小さくなんなかったんでメグさんもバスタブの中に入ってきてぼくのチンチンを手で支えるようにしてメグさんの穴に入れてくれたんでセックスになりました。

 メグさんは両手をバスのふちにつっぱるみたくして体をふねをこぐみたく動かした。メグさんの声がなんかすっごいエッチっぽくなってぼくもまたドクドクきそうになったんでメグさんに出そうって言った。
 そしたら出してもいいわよってエッチっぽくいうんでぼくはメグさんの胴体に抱きついて体をばたばたさせてだしました。そのときメグさんもおおぉぉぉ!!って声だしてエビぞったあとぐったししたんでシャワーにそのままあたった。しばらくして二人とも意識がはっきりしてきてお互いにシャワー流しあい、からだをふきあいました。
 そのとき、さっきはすごかったねって話しました。

 裸のまま台所に行って二人でジュースを口移しで飲ませあって、飲んだあとメグさんがぼくをじっと見つめるのでぼくも見つめたらそのまま抱きしめられキスされ舌を入れられたらチンチンがおおきくなったんで、リビングの床にメグさんが寝て足をぼくの肩にのせるかたちでチンチンを入れたり四つんばいになったメグさんの後ろから入れたりシックスナインになってなめあったりして気がついたら夜になってました。

 結局今日はセックスもふくめて5回ドクドクの快感をあじわいました。チンチンをこすらなくてもシャワーあてられるだけでドクドクして精子が出るのは初体験だったし、よかった。それにしてもセックスってあきない。毎日でもしたい。日曜日もメグさんとセックスしようってやくそくしました。興奮で寝れません。

 あれだけセックスしたのにここにカキコしてたらまたチンチンが大きくなって先っぽからガマン汁がにじんでます。
 今からでもメグさんのへやにいってセックスできるじょおけんがそろってるんですけど、昼間のセックスのほうが興奮するんで今はがまんします

  明日から夏休みです。メグさんはもうとっくに夏休みですが、8月から女子大の友だちと海外旅行にいくので実家に帰らずうちにいるそうです!!
 ということは、ママのいない日の昼間は、セックスできるってこと。考えただけでチンチンが固くなります。明日もママは仕事だしきっとセックスできる。

 セックスの快感を知って4ヶ月。頭の中はセックスのことばっかしですけど、オナニーにはまったころみたく成績ががたおちすることもなくってかえって成績は上がった。精神的ゆとりっていうのかな。まわりの友だちがセックスしたがってるのを感じるとなんか優越感です。
 8月になるとメグさんがでかけてしまうので身近にセックスあいてがいなくなってちょっとガマンしなきゃなんないけど、我慢します。

 メグさんの田舎の旅館は大きいお風呂はなくて家族風呂みたいのが2カ所しかないんで、みんな道をわたってとなりの大浴場のあるホテルにいきます。帰る前の日パパとママはお酒を飲み過ぎて早く寝ました。
 ぼくはまだ眠くなかったんで玄関の広間でテレビを見てたら、ゆかた姿でメグさんが来ました。
 柱のかどから手でおいでおいでしたんで布団部屋でセックスするんだと思いました。細い廊下を歩いてるときチンチンが大きくなりパンツを押し上げたんでメグさんはすぐわかりました。

「もう大きくしてるの」って聞かれて完全に興奮してチンチンがそっくりかえりました。
 いつもの布団部屋のところに来たんで戸をあけようと立ち止まるとメグさんは首をよこにふってさらに奥へって指をさしました。廊下のつきあたりから外に出たんで「外でセックスすると蚊にさされるよ」って言ったらいきなりキスされました。
 ここでセックスするんだって思ったんでメグさんのゆかたに手をいれていつもみたくパンティーをさげようとしたら、チンチンをやさしくにぎられ「お風呂でしよう」って言った。それで離れたところの古そうな建物に行ったらそこがお風呂場でした。

 メグさんはドアのカギをかけるとぼくのゆかたを脱がしました。ぼくもメグさんのゆかたを脱がしてからしゃがんでパンティーを脱がそうとしました。うす暗かったけど小さめのパンティーから毛がはみでてるのがはっきしみえたり割れ目がちょっとぬれた感じになってたんでみとれました。
「はやく脱がして」っていわれたんで脱がそうとしたら脚をぴったしくっつけて脱がせにくくしたりしたんで早くセックスしたいって思いました。
 メグさんがすっぱだかになってからぼくのパンツを脱がせました。メグさんはビンビンになってるチンチンを手でこすってくれたからコンドームをクルクルってかぶせました。メグさんと立ったままキスしてあそこをさわりました。
 メグさんのあそこがヌルヌルしてきたんで立ったまま入れようとしたら「お風呂の中でしよう」って言ったんでそこのお風呂はけっこう大きく二人で入っても余裕でした。ちょっとぬるすぎのお風呂でしたが抱き合いました。

 ぼくが下になったときメグさんがチンチンをにぎにぎして完全に固くさせられました。そしてしらないうちにメグさんのあそこにチンチンがはまって、メグさんがふねをこぐみたく動きお風呂にお湯がばしゃばしゃあふれました。ぼくも下から突き上げるように動きました。
 だんだん気持ちよくなってきたんでいつでも精子をだせそうになってきたんでメグさんに抱きつき一気に動いてドクドクしようとしたときメグさんが首をのけぞってぐったりした。
 そのときメグさんのあそこがいつかみたく溶けた感じになってぼくのチンチンがとれちゃったみたいな変な気持ちになってドクドクして精子を出したいのに刺激がなくて出せないって感じになりました。
 しばらくそんな感じが続いてメグさんがぎゅうって抱きついてきたときまたメグさんの中が固くなって出せるじょおたいになってよかった。ママが起きてきたんで続きはまたカキコします。

[紹介元] エロ体験談 女子大生の従姉と

自宅の車庫の中で男と妻は・・・
画像はイメージです
私は45歳、妻は40歳になります。
結婚したのが35歳ですから丁度10年になり、子供は8歳と6歳になります。

妻と男の関係を私が知ったのは1年ほど前です。

私の出張が1日短くなり深夜に帰宅したときでした。

妻には別に言う必要もなく、また深夜帰宅ですから、起きててもらうのも悪いと思い、そのまま自宅へと向かいました。
私の住むところは田舎で、田んぼに囲まれた家々が点在する田舎町です。
駅からタクシーにて自宅へ向かい、自宅近くの辻で降ろしてもらいました。
家の門まで歩くていくと見なれない車が車庫の脇に停まってました。
一瞬門の脇にの身を隠すと、妻が玄関よりトレーニングウェア姿で出てくるのが見えました。
そして男も車外へ出ようとドアを開けたとき、車内灯で男の顔が見えました。
その男は近隣に住む男、50代で農家は片手間、普段は工場で働いている挨拶程度は交わす男です。
やがて妻と男は車庫の中に消えていきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は心臓が飛び出そうになりながら、車庫の横の小窓から中を覗きました。
妻は男の前にしゃがみこみ、男から差し出されたモノを咥えてました。
怒りと屈辱で殴りかかろうと思いましたが、なぜか足が動きませんでした。

(何故妻と男が?接点は?いつから?)

いろいろな思いが巡り、ただ覗きこむだけの私が居ました。

やがて男は妻を立たせると壁に手をつけさせました。
妻は腰を男のほうへ向け、懇願するように・・。
男は妻の下半身へ顔をつけ、顔を擦り付けるように舐め回しました。
妻の口元がが薄明かりの中で、半開きになってるように見えました。
男は妻のアソコを指で広げるようにし、挿入しました。
激しく腰を振る男、堪える様にたたずみ壁に手をつける妻、そして乳房を鷲掴みにし、まるで陵辱するように妻を・・・。
私は股間は股間に手をやり、おもむろに出してしごきました。
数秒で私の精液は地面に落ちましたが、まだ固くなったままでした。
男の動きが激しさを増したと思うと急に止まりました。
妻の中で果てたのです。

妻はウェアのポケットからティシュを取り出すと、アソコを押さえて男のほうを見て微笑んだ気がしました。
妻は身を整え、玄関へと戻り、男はまだ車庫の中です。
数分で妻が缶ジュースか何かを男に差し出しました。
タバコを吸いながら飲み干す男と、見ている妻・・・。
声はほとんど聞き取れません。

男は暫くすると、妻のズボンを下ろし、手で責め立てます。
妻の口が男の口で塞がれ、妻も男の手に合わせ腰を振ります。
私の前では見せた事もないような姿です。

声がほとんど聞き取れない状態見ていると、まるで夢そのもののような気がしました。

そして向かい合わせで立ったままでの行為・・・。
男の背中に廻る妻の手・・・。
男は下卑た笑い顔で妻を見ている気がします。
男と妻が車庫から出てきたのは1時間後くらいだと思います。
男の車を出す前に妻が門から外を確認、そして車が去って行きました。

私は妻が家に入っても暫く動く事が出来ませんでした。
何も聞こえない、何もないような道をただ歩く私でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 自宅の車庫の中で男と妻は・・・

16歳で父親と関係

16歳から一時期父親と肉体関係があった。
妹が生まれてすぐ母を亡くして、男手ひとつで私たちを育ててくれる父親が寂しそうで、
感謝以上に慰めたい思いが強くて私から関係を誘ったんだけど、妹に知られたのを機に父から拒否された。
私が結婚したとき妹は旦那を見て「父親の面影を重ねてる」って言われた。
体型以外父と旦那に似てるところなんてないけど、妹には軽蔑されされてる。

[紹介元] エロ体験談 16歳で父親と関係

童貞なのに女たらしだと思われてた俺の奇跡の初体験
画像はイメージです
俺は中学生の頃から「女たらし」って言われてた。
全然そんな事ないし顔もよくない。
自分でも理由がよく判らなかったけど、それがあだ名だった。


そのせいで全然彼女が出来なかった。
気になる女に勇気を出してボーリングとか映画とか誘っても、「たらしと行くと遊んでると思われるから」みたいなこと言われて敬遠された。

そんな俺の初体験は高校2年、相手は同じ予備校に通ってた女子高の子。
俺に初めて出来た彼女。
めちゃくちゃ嬉しくて、毎日電話して、毎週土日はデートして、嫌だった予備校も30分前には行くようになった。
成績は落ちたけど・・・。

で、勝負は俺の誕生日。
その日、彼女と俺の部屋でパーティをすることになった。
部屋に呼んだのは4回目か5回目だけど、その時はキスと服の上から撫でるぐらいで終わってた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は絶対決めるつもりで全てを用意した。
風呂も入って下着も新品、コンドームもティッシュも枕元に(もちろんパっと見はわからないように)。

で、彼女が来た。
市販のマフラーかなんか貰った気がするけど憶えてない。
ケーキは彼女がくれた。

「うちじゃこうやって飲むんだよね」とか大嘘こいて紅茶にウイスキー入れて飲んだ。

本当はブランデーらしいんだけど、うちにダルマしか無かったから。
彼女のコップには多めに入れた。
で、飲みながらお話、キス、お話、キスの繰り返し。

そのうち彼女の顔に赤味が差してきて、お話よりもキスが多く、それも濃厚になってきた。
舌を入れたら舌でつつき返してきた。
吐息も声混じりになってすごく色っぽい。
もうガチガチだった俺はディープキスと一緒に床に静かに押し倒した。

白いセーターをたくし上げると、黄緑の薄い色みたいなブラがあった。
後ろホックのやつで安心した。
それなら母ちゃんの見たことあるから。
後頭部に手を回して胸に呼び込むようにして体を起こしながら、背中に手を回した時に彼女が言った。

「●●は・・・初めてじゃないんでしょ?あたし初めてだから・・・優しくしてね」

俺は悟った。
俺と同じ中学校だった女が彼女の学校に居る。
何かを聞いたんだ。

「大丈夫、俺に全てを任せてればいいよ。痛くしないから」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺はバカだった。
カッコつけたつもりだったのかもしれないけど本意は忘れた。
女優のツラもマンコも画質すらも汚い裏ビデオしか見たこと無い俺が、痛くしない方法なんか知る訳ないのに。
でも彼女は、安心したって言うか意を決したように目を閉じた。

俺は片手でブラを外した。
マグレだった。
彼女が見栄張って大きいサイズ買ってたのかもしれない。
ブラが取れた時、彼女は大きなため息をついた。
すごく可愛かった。
セーターを脱がしてないから全部は取れないけど、上にずらして持ち上げた。

真っ白の肌にピンクの乳首。
本当にピンク。
子供用バファリンみたいな感じ。
パクっといった。
味はしなかった。
でも美味かった。
彼女は、「ん、んん」って、感じてるって言うより恥ずかしくて声が出てるみたいだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


もう脳みそ沸騰。
右手で揉んで、もう一方は舐めながら、いよいよ左手を足の方に持っていった。
彼女、膝ぐらいのスカートだったんだけど、そこから出た足に力が入った。
膝に膝が乗っかるようになってる。
その足に沿って構わず手をスカートの中に入れていった。
太ももの合わせのところを撫でながらまっすぐ上にあげると、布に当たった。
すごい柔らかい生地で、中身の弾力も柔らかくてすごく熱く感じた。
太ももの付け根に手刀を差し込む。
人差し指が大事な所を擦っていく。

「あ、んん・・・」

今度は本当に気持ちいいような悩ましい声が出た。
もう俺限界。
カッコなんかつけてられない。
そのまま力任せに両足をこじ開けてあそこを揉むように手の平で包むと、中指を押し込みながら回すように刺激した。
足に力が入って逆に押し付けられたりする。
熱くて柔らかくて初めての感覚。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「気持ちいい?」

俺が聞いたらキスしてきた。
俺、臨界点。
Gパンの下で折れそう。
いよいよチョモランマパンツの脇から手を差し込むと、本当に薄い毛を撫でて割れ目の端っこに指が届いた。
そのまま指でなぞる。

コリコリしたBB弾みたいのがあって、その下にギョーザの皮がある。

それを中指で捲った、っていうか動かしたら左右に分かれた。
もうそこは本当に熱くて、しかもビショビショってほどじゃないけど濡れてる。
童貞の俺でもわかった。

中指の指紋のところで小さく揉みほぐすようにしながら力を入れた。
チュッチュって音がしてお肉が指を包み始めた。
指に鼻水がついたみたいで、でもすごく滑る。

ぷちゅっ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

第2関節までスルっと入った。
彼女が、「あっ!」って言って俺の両肩を鷲掴み。
中は口の中の天井が柔らかくなったみたい。
ザラザラ凸凹で熱くてヌルヌル。
たぶん処女膜触ったんだろうけど童貞の俺には何がなんだか。
とにかく周りの壁をこそげ落とすようにゆっくり動かす。

「●●、なんか、変な感じ・・・中で、動かしてるの、わかる」

後にセンズリする時に何度も思い出した台詞。
有頂天で動かしながら最後の時のために片手でベルトを緩めてジッパー下げて、なおも右手は彼女の中。
もうセオリーもヘッタクレもなし。
上はセーターとブラズリ上げ状態、下は靴下履いたままスカート穿いたまま。
おまけに床の上。
でも、なんか違う事したら彼女が素に戻りそうな気がして脳内会議で続行決定。

彼女に入った手をゆっくり抜きながらパンツの端っこを摘んでそのまま手を下げていく。
お尻の方が引っ掛かったけど、彼女が腰を浮かして手伝ってくれた。
膝まで下りてきたパンツはブラとお揃いの色で、あそこが少しだけ染みになってる。
そのままスネまで下げると彼女の左足だけ抜いた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「いくよ・・・」

彼女は俺を見つめて、本当に小さく頷いた。
彼女の立て膝の間を、膝歩きで進む。

だけど俺には一つ大きな問題点が・・・、俺、包茎なの。
仮性だけど皮オナニーばっかしてて、亀頭触ると痛いの。
でも下がれない。
もう下がれない。

スカートをいよいよたくし上げると、本当に薄い砂鉄のような陰毛の下に、ぷっくりとしたピンクのタラコが2列。
ほぼ毛なし。
おまけに真ん中辺は光ってる。
少しほころんで皮みたいのが見える。
立て膝なのでお尻の方にはもう少し黒い所も見える。

俺を待ってる。
俺も待ってた。
限界。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


彼女に見えないように皮を剥きながら彼女の入り口まで持っていく。
ダイヤモンド級の「好きだよ」を言いながら、右手は添えながら腰を前に。
プチュチュって音がする。

「◯◯◯」

初めて彼女の名前を呼びながら、腰をぐいっと前に出した。
思ったより抵抗が無い。

「うん・・・●●が・・・来る。中に・・・」

言葉と一緒に彼女の肉がキュって反応した。
その時気付いた。

(痛ぇ・・・)

亀頭がピリピリする。
やっぱ痛いよ。
包茎だもん。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


彼女にぴっちり納まった時、マンガで見たのと同じように彼女を抱き締めた。

「◯◯◯、大好きだよ・・・ほら、俺達繋がってる」

ちなみに台詞もマンガの受け売り。
でも彼女、俺にしがみつきながら感動したような顔してる。
もう天使に見えた。

「●●、お誕生日おめでとう。痛くないから、我慢できるから大丈夫だよ」

誕生日だったのをその時思い出したよ、俺。
でもやっぱ痛い。
俺は痛い。

「いい?少し、動かすからね」

「●●の・・・好きにしていいよ」

ゆっくり動かした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

痛いから。
でも動かし始めたらどうやら彼女の中で皮が戻ったらしい。
痛くなくなった。
気持ちいい。
マジ気持ちいい。
ちょっと大きく動かす。
プチュプチュって音が少し大きくなった。
彼女も、「うん・・・ん・・・んん・・・」ってリズムにあわせて声が出てる。
黒いスカートが捲れあがった所から真っ白な肌。
その端っこにほんの少しの毛。
濡れたカーテンをまとわりつかせて出入りするキラキラ光る俺のチンポ。
もう夢に見た光景。
ニルヴァーナ!

「●●、あんまり見ないで。すごく恥ずかしい、恥ずかしいから」

その台詞がフィニッシュブロー。
猛烈に性感が高まった俺。
やばいよやばいよ、コンドームつけてないよ。
抜くっきゃねぇと一気に腰を引いた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女が、「ぁうんっ!」ってちょっと大きな声。
もう止まらない。
ビュルッビュルっ!!って感じ。
レーシングカーのタコメーター張りにびっくんびっくんしながら撒き散らした。

彼女のスカートとか足とか、あちこち精液。
一番飛んだのは髪の毛まで飛んだ。
そのあと彼女が舐めたりとかはもちろんしなかった。
処女と童貞だし。

ティッシュで拭いた。
普通に拭いた。
彼女も拭いてあげた。
あそこも拭いてあげたら両手で顔を押さえて、「いやぁ・・・」ってか細い声で言った。

俺はあと5回は出来るぐらい元気だったけど、彼女にもう一回って言えなくて、その日はそれから少し話したあと彼女は帰った。
彼女が帰り際に、「ちょっと痛いや」って照れながら笑った。
もうそれが俺の宝物。
俺も痛かったよ最初。

ありがとう素敵な思い出。
今でも会いたい。

長々ごめん。
書いてたら色々思い出しちゃったよ。
オナニーして寝る。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 童貞なのに女たらしだと思われてた俺の奇跡の初体験

ヌードモデル

数年前、私が美大の学生だった頃の話です。絵画を勉強していた私は、授業以外にもデッサンのサークルに入っていました。

男女合わせて30人程の部員がいました。毎週2回、サークルの部室兼アトリエに集まり、人物デッサン行います。

モデルを呼ぶお金も無いので、部員たちが交代でモデルになりました。

デッサンの対象はヌードデッサンです。モデルをやる人は、衣服を脱いで下着まで全て下ろして、

全裸にならなければなりません。大抵は1年生か2年生の女子がモデルをさせられました。

4人いた1年生の中では、たまたま私が最初に順番が回ってきて、初めてヌードモデルを経験しました。

当時、処女だった私は、人前で自分の裸を曝すのはこのときが生まれて初めてでした。

部員皆が見ている前で、ブラウスを脱ぎ、スカートを下ろして、ブラとショーツになりました。

この日、私は白いレース模様のブラとショーツを付けていました。

女子だけならまだしも、当然、男子部員たちにも下着姿を見られています。

私は恥ずかしさで顔が紅潮していました。次にブラを外しました。

私のピンク色の乳首があらわになりました。そして、私は意を決して、ついに最後の1枚、

ショーツのふちに手をかけてゆっくりと下ろしました。

ショーツの布が私のお尻をするりと抜けていくとき、空気が直に下半身に触れる感触に、

私の恥ずかしさは頂点に達しました。私はショーツを足元から抜き取ると直立しました。

私の黒々とした濃い目の陰毛やお尻の割れ目が皆の前にさらけだされました。

私は、みんなの視線、特に男子達の視線を痛いほど感じました。

ここで、4年生の女子の先輩がポーズを指示しました。

ポーズは、サークルで購入していた市販のポーズファイルとか

ヌードポーズ集などを参考に先輩が決めます。

ポーズ集には色々なポーズが載っていて、中には、仰向けで両脚をV字型に開いて

高く持ち上げたポーズや四つん這いでお尻を突き出したポーズなどかなり過激なポーズもありました。

ポーズ集の写真のモデルはもちろん全裸ですが、

秘部が見えるようなポーズでは、その部分はぼかして修正されていました。

男女2人で裸で組むようなポーズが載っている本もありました。

この本では、女性は全裸ですが、男性は確かブリーフをはいていたと思います。

私が最初にとったポーズは、両手を後ろに組んで直立したオーソドックスなポーズでした。

その後、体育座りのように両膝を組んで座るポーズ、ベッドの上で頭の上で手を組んで

仰向けになったポーズと続きました。

部室兼アトリエにはモデル用のベッドが置いてあり、ベッドの上でポーズを取ることもあります。

両膝を組んで座るポーズをとったときには、組んだ両脚の付け根の部分の奥に私の大陰唇の割れ目が

はっきりと見える格好になりました。私の股間に注がれる男子の視線を感じました。

ところが、その次に先輩が指示したポーズはなんと、四つん這いになることでした。

私は恥ずかしさに真っ赤になりながらベッドの上で四つん這いの格好になりました。

最初は両脚を閉じていましたが、先輩が、両膝をもっと開き頭を下げるように言いました。

そうすると、必然的にお尻が思い切り突き出されたような格好になります。

今度は、私の性器、大陰唇の割れ目ばかりかお尻の穴まで、皆の前に完全に露出される格好になりました。

私の真後ろに座っている男子からは、きっと私の肛門の皴の数まで見られていたと思います。

四つん這いのポーズのデッサンが終わると、次に男女ペアのポーズをやるので

そのままの格好でいるように言われました。すると、4年生の男子の先輩が服を脱ぎ始めました。

全裸になると先輩のペニスは既に天井を向くほど勃起していました。

さっきまで、私の裸や性器まで存分に眺めていたから無理もないと思いました。

今度のポーズは、写真集にも載っていた、四つん這いになった女性の後ろから

女性の腰に手を添えて男性が覆いかぶさるようなポーズでした。

先輩は四つん這いになった私の後ろに立つと、剥き出しになった私のお尻を掴みました。

そして、腰を私のお尻に密着させてきました。先輩の勃起したペニスが私の性器から

肛門の辺りに押し付けられました。皆がデッサンをしている間、

私たちは、その状態のまましばらくじっとしていました。

私の大陰唇には、彼氏でもない男性のペニスがぴったりと密着していました。

私は秘部に温かいペニスの感触を感じていました。次に指示されたポーズは、仰向けになった女性がM字型に股を開き、

男性が女性の両脚を抱え覆いかぶさり、2人の体全体を密着させるポーズでした。

これは、まさにセックスのときの

屈曲位の体位そのものでした。

私は仰向けになり、蛙のような恥ずかしい格好で両脚を大きく拡げなければなりませんでした。

私の股の間の秘密の部分が皆の目の前に全て曝け出されました。

私は「これは芸術のためだから」と、自分を納得させ、耐え切れないほどの恥ずかしさを必死に抑えていました。

そして、大股開きの私の両脚を、男子の先輩が下から抱えて更に持ち上げるようにして覆いかぶさってきました。

私と先輩の上半身はぴったりと密着し、私の顔の横に先輩の顔がありました。

二人の呼吸まではっきりと聞こえました。もちろん、下半身では、私の大陰唇に

先輩の熱く勃起したペニスが押し付けられ、挿入こそされていないものの

二人の性器はぴったりと密着しています。股間に目をやると、私の陰毛と先輩の陰毛が絡み合っていました。

そのままじっとしていると、時折、ペニスが脈打つ感覚が伝わってきました。

私は「私の性器に男の勃起したペニスが密着している。セックスではこれが私の膣の中に挿入さるんだ。

ペニスで膣を貫かれるのはどんな感じなんだろうという思いが頭をよぎりました。

私は、いつの間にか濡れていました。それから、1ヶ月ほど経った頃でした。

私は既に2回ヌードモデルを経験していて、この日が3回目のモデルをやる日でした。

裸になることへの抵抗は少し薄れてきましたが、恥ずかしさだけは変わりませんでした。

この日は、初めから男女ペアのポーズでした。仰向けになった女性に男性が覆いかぶさる

屈曲位のようなポーズを指示されました。私は、前回のときと同じ様に大股開きで横になり、

私の両脚を男子の先輩が抱えました。この時の男子のモデル役はサークルの部長でした。

ところが、このとき、先輩が、「このようなポーズのときに男女の性器が繋がっていないのは、ポーズとして不自然だから、性器を結合させよう」

と言いました。

突然のことに、私はどうしていいかわかりませんでした。

性器を結合させるということは、今、この場で性交をするということです。

私は自分が処女だということを皆に知られることに少し躊躇しましたが、思い切って「わたしはまだ処女なので困ります」

といいました。しかし、先輩たちに「芸術のためだから」ということで、結局説得される形になってしまいました。

私は仰向けの状態で思い切って股を開きました。皆が見ている前で、

先輩は私の両方の太腿をしっかりと押さえ、硬く勃起したペニスを私の大陰唇にあてがいました。

ペニスが大陰唇の割れ目に触れたとき、私は、「こんな太く大きいペニスが私の小さな割れ目に入るんだろうか。

彼氏でもないペニスが私の処女膜を破って膣に入ってくるんだ。私は今から処女を喪失するんだ。」

という思いがよぎりました。先輩はペニスをゆっくりと私の割れ目に押し込んでいきました。

その様子を、サークルの皆が息を飲むように見ていました。

ペニスが徐々に私の股の割れ目に食い込んでいくのを感じながら、

私は、人生で初めて自分の性器にペニスが挿入される実感をかみしめていました。

ペニスがメリメリと強引に体の中にめり込んでくるような感じでした。

ペニスの亀頭の部分が完全に膣にめり込んだとき、私は股間が裂けるような痛みを感じました。

しかし、先輩は私の両肩を押さえて、さらに深くペニスをグッと突き入れました。

そしてついに私の膣の奥までペニスが貫通しました。私は痛みに声を上げました。

自分の股の間に目をやると、先輩の太いペニスが根元まで食い込み、

私と先輩の陰毛が絡み合っているのが見えました。私は、「ついに性器が結合したんだ。処女喪失したんだ。」と思いました。

私は泣いていました。先輩が私の髪を撫でてくれました。

そして、皆がデッサンを始めると、先輩はペニスを私の股の奥まで入れたまま、じっと動かずにいました。私は目を瞑ったまま、

股の奥に感じる異物感や痛みと同時に、先輩のペニスが私の体の中でピクピクと

脈打つ感覚を感じていました。

しばらくして、デッサンが終わると、先輩はゆっくりと私の膣からペニスを引き抜き始めました。

ところが、ペニスが私の膣から抜ける直前、先輩は再びズブズブッとペニスを私の膣内に突き入れてきました。

私は、一瞬「えっ」と声をあげましたが、先輩のペニスは私の膣をピストンしてゆっくりと往復を始めました。

そして、先輩は唇を重ねてきました。先輩のペニスで貫かれながら、

私は先輩の背中を両手で強く掴んで夢中でキスをしました。私は先輩と舌を絡め、股を擦り合わせながら、

いつしか興奮していました。私は泣き声とも喘ぎ声ともわからないような声を上げていました。

後ろから見ると、私たちの結合部分の様子、先輩の勃起した太いペニスが

私の股の間の割れ目から出たり入ったりする様子が、皆から丸見えだと思います。

先輩がペニスを抜き差しする度に、私の小陰唇や膣の粘膜が先輩のペニスに絡みついて

捲れ上がっている様子を、皆は息を呑んで見ていました。

結合部分からは愛液が「クチャクチャ」と溢れる卑猥な音がして、私はこの上ない恥ずかしさを味わっていました。

私の愛液で先輩のペニスはテカテカと光っていました。

そして、先輩のペニスが私の中で一段と大きくなって、膣がさらに押し広げられるような感じがしたかと思うと、

ペニスがズズッーと突然引き抜かれました。

その直後、先輩は射精しました。先輩のペニスから大量の精子が私の下腹部、

陰毛や大陰唇のあたりに注がれました。私は初めて、男の人のペニスから放出された精子を見ました。

こうして、私の初体験は終わりました。

それから、部長だったこの先輩から毎日呼び出されて、先輩の下宿で二人きりでSEXをするようになりました。

でも、交際しているというわけではありませんでした。二人のセックスは、先輩の性欲処理の為だったような気がします。

私も、処女を捧げた男性ということもあって、なんとなくセックスを了承していたように思います。

結局、この先輩とは卒業するまでの1年間100回以上のセックスを経験しました。中出しされたことも何度かありました。

その後、私は同じサークルの2年上の他の先輩と交際するようになり、人並みにセックスを楽しむ大学時代を送りました。

彼は、私が処女喪失したときのセックスの様子を見ていましたし、部長との過去の関係にも気づいていました。

それを意識してか、激しく私の肉体を弄ぶセックスをすることが多かったと思います。

私の膣襞に刻まれた過去の男のペニスの記憶を消すかのようなSEXでした。

[紹介元] エロ体験談 ヌードモデル

妹との

3歳年下の妹を意識し始めたのは彼女が中2の頃。
妹が風呂に入っているとは知らず、脱衣所に入ったら裸の妹がびっくりして
「ちょっとぉ、何で入ってきてるの!」
と言ってタオルですぐ体を隠したが、自分にはしっかり妹の発達した体が見えた。

その時は
「何だ、入ってたのか。ゴメンゴメン」
と興味がないのを装いすぐその場から離れたその日の夜・・・初めて妹でオナニー。
その後しばらく【背徳感】を感じつつも妹をオカズにオナニーを続ける日々が続く。

妹が高3になりグラビアアイドルのように胸が大きくなった。
二人で話している時はつい胸に目がいってしまう事が多くなる。

たまに胸を見ている事を気づかれて
「何ジロジロ人の胸見てんの、気持ちわるい」
と冗談まじりで言われたが、もともと妹とは下ネタOKな関係だったので
「いや…なんかさぁ・・・お前最近本当に胸大きくなったよなぁ・・・」
と普通に言うと
「ん・・・確かに最近大きくなったんだよねー」
こんな"たまらない"会話をした。

それから数日後、父親の知人の結婚式で両親が関西に泊まりで行く事になり、
その話を聞いた時
「もしかしたら」
という考えが頭を過ぎる。

妹は大学受験をしないで、美容師の専門学校に行く事が決定していた。
毎週土日はいつも遊びに行って家にいないので
「・・・何にもないか・・・」
とすぐ現実に戻った。

朝両親を見送り、仕事も休みなので部屋でゆっくりしていると昼の3時ごろようやく妹が目を覚まし部屋から出てきた。
「おまえなぁ・・・昨日何時まで起きてたんだよ。おやじ達もう出かけたぞ」
「あっそうなんだぁ・・・今日どうしよっかなぁ?」
「どうせどっか遊びに行くんだろ・・・?金は貸さないからな」
「今日はどこもいかないよ。友達皆受験で忙しいんだってさ」

「お前だけ暇って事か・・・まぁたまには家で過ごすのもいいんじゃねぇ?じゃ、俺は適当に部屋でダラダラしてるわ」
「それならお兄ちゃん、この前アレ買ってきたんだから夜映画でも見ようよ」

アレとは先日自分が買ってきたホームシアターセットです。
「いいよ、ビデオ屋行く時声かけて」
と普通を装っていましたが・・・ぶっちゃけかなり興奮してました。

【両親はいない】 【妹は出かけない】 【二人で映画を見る】

もしかしたら・・・という気持ちがどんどん大きくなっていった。

夕方になり、晩飯買い出しがてらレンタルビデオ屋へ。
妹は前から見たがってた恋愛映画を探している、自分は別の映画が見たかったが強引に押し切られてしまった。
暇だったのでチョロっとアダルトコーナーで女子高生モノのビデオを探っていた。

いつのまにか妹が後ろにいて、
「お兄ちゃん制服マニアなの?今度私の制服貸してあげようかぁ?」
「バーカ、制服借りてどうすんだよ・・・俺が着んのか?」
「そっか・・・じゃあ私が制服着てる時はいつもムラムラしてるんだ・・」

「・・・それはそれで問題ありだろ、兄として・・」
「ふーん・・・そうなんだ」
この会話により俺のテンションは最高潮に達してしまった。

家に帰り晩飯を食べたあと、互いに風呂に入りリビングで映画を見始める。
「やっぱり暗くしないと雰囲気でないよな」
と言ってさりげなく部屋の電気を消す。

妹は最近酒の味を覚えたらしく、甘いジュースのようなカクテル系のお酒を飲んでいた。
お互いホロ酔いになってきた頃、映画で始まったラブシーン、

「・・・こういうシーンなんか気まずくならねぇ?」と俺が言うと妹が
「それはお兄ちゃんがやらしい事ばかり考えてるからでしょ。綺麗なシーンじゃない・・・」
「そんな事言って実はお前興奮してるんじゃねぇの?」

「お兄ちゃんと一緒にしないでよ・・・興奮なんかしてないって・・・!」
妹が画面から目を離さないでこっちを全く見ていないのに気付き、俺は調子に乗って喋り続けた。

「俺はバリバリ興奮してるけどね・・」

「・・・マジで?」
と妹がこっちを向いた。

アルコールが入っている事もあり、二人の間に妙な空気が流れ始めたのを感じ取った。
「マジ、マジだよ・・・確認してみる?」
「本気で言ってるの・・・?ていうかお互いかなり酔っちゃってるよね・・・」
こんな会話してるけど実はこの時俺はもう酔いが醒めていた。

妹が俺の股間をチロチロ見てるのが確認できたので触りやすいように脚を開き、妹の方に体を向けた。
「・・・・」
妹が無言でゆっくり手を伸ばしてきたので【これはヤレる!】と確信した。

「うわ・・・まじで硬くなってる・・・なんかすごい・・」
「お前が触るからすげぇ興奮してきた・・・お前のも確認させろよ」
「・・・それってやばくない?」
「やばいかもしれないけど・・・我慢できない」

強引に妹の足を開きアソコを触ると
「んっ、んっ」
とかわいい声を出した。
「お前だって興奮してんじゃん・・!」
「してないって!」

思った通りの事を言ったので
「じゃあ中も確認してやるよ」
と言って一気にパジャマのズボンの中に手を入れパンツの中を確認。
びっくりした妹は一瞬足に力を入れ閉じたので、強引に手を入れて確認してみた。
案の定濡れていた・・・それもかなり。

「んっ、んっ・・・まじやばいよ・・・ダメだって!」
と体をゆすり嫌がっているようには見えるが足は開いたまま・・・。
なにより俺のモノから手が離れてない。
それからしばらく二人とも黙ってお互いのモノをいじっていた。

俺はとうとう我慢出来なくなり、無言で妹のパンツを脱がそうとすると
「まじで!?まじでしちゃうの!?」
と聞いてきたので
「嫌?」
と聞くと
「・・・嫌じゃないけど・・・やっぱやばいよ」

と今までにないウルウルとした目で言ってきた。
「大丈夫・・・ちゃんと外に出す・・・絶対」
「そういう問題じゃないよ・・・やばいってこういうの・・・」
この言葉を聞いた時、絶対にやれると思った。

「やばくないよ、だってお前の事ずっと女として意識してたから」
自分でも訳のわからない言い訳をしたなーと思っていたら
「私もお兄ちゃんの事は男として好きかも」
と小さい声で告白してくれた。

それを聞いた俺は先にズボンとパンツを脱ぐと
妹に自分のものを見せるようにしてから、妹のパンツを脱がした。

妹は俺の顔を見ないように横を向きながらソファーに横になり、
「入れるよ」
と言うとコクッとうなずき目を閉じ覚悟を決めたようだ。

彼氏を頻繁に変え、比較的遊んでいると思っていた妹のアソコは予想以上に締まり、
少しずつ入れていくと、妹と暮らした十数年の間には一度も聞いたことのないような声が聞こえてきた。
「んんっ!んっ!んんんっ」
今までのSEXでは得られなかった快感・・・本当に尋常ではない気持ち良さだった。

妹もそうとうに感じているようだったが、我慢してあまり声を出せないようで
「俺もすごく気持ちいいからお前も我慢せずに声出していいんだぜ」
と言うと
「やだっ恥ずかしい・・・なんでお兄ちゃんと・・こんな事・・してるんだろ、あっんんっ!」
と言いながら声をしっかりと出してきた。
起き上がって俺に抱きついてきたと思ったら、座位のような形になりいきなりキスしてきた。

そのキスは今まで自分が経験したキスの中で一番長かったと思う。
二人ともよだれが垂れるのも無視し、ずっと舌を絡めつつ腰を激しく動かす。
そのキスをしている時に妹はすごく苦しそうな声を出し、抱き合ったまま腰がガクガク痙攣した。

イッたんだなと思い少し動くのをやめようとしたら、
妹のアソコがギュッギュッギュッとものすごい締め付けを始めた。

ゾクゾクッと背筋に電気が走ったと思ったら
「イクッ」
と声を出しそのまま妹の中に出してしまった。

ドクッドクッと長い射精が続き、妹も中で出るたびに
「んんっんんっ」
悶えている。

二人の繋がった所からブチュッブチュッとすごく卑猥な音がし、
その音を聞いた後
「やばい!妹に中出しなんかしてしまった・・・!」
と現実に引き戻される感じがしたと思ったら、

「・・・いっぱい出たね、お兄ちゃんのセーエキ。すごい熱い」
と妹はあまり焦っていない感じがしたので
「やばい、調子にのって中出ししちゃったけど大丈夫?」
と聞くと
「たぶん大丈夫、安全な日だと思う」
と答えた。

「すごい・・・今までで一番気持ちよかったよ・・やっぱり兄妹だから相性いいのかなぁ」
なんて事を妹が言った。
俺も同じような事を思っていた。
近親相姦というものは"一度踏み込むとやめられない"という話に納得した。

その後、猿のように何度もお互い動物のように求め合い、
一度もアソコを拭いたりせずグチョグチョになりながらリビングでずっとしていた。
後で確認したらリビングのソファーが大変な事になっていて、
焦って二人で雑巾で拭き、次の日両親が帰ってくる夜までは妹の部屋で"した"。

それ以後両親が家にいない時は必ずと言っていいほどセックスをするようになり、
二人で出かける事があっても、目的は外でのセックス。
しかしお互い彼氏彼女は普通に作り、エッチだけの関係だったので
2年もすると少しずつ回数も減っていった。

専門学校を卒業し一人暮らしを始めた妹とはたまにしか会いませんが、会った時は大抵"する"。
本当に飽きることがない妹とのセックス。
最近はアナルも覚え、両方に一回づつ出す。
さすがに危険日に中出しはなしだけど・・・。

[紹介元] エロ体験談 妹との

気持ちよすぎて泣いとるんか?
画像はイメージです
好きな女の子が大阪に住んでいる遠距離恋愛中の彼氏に久しぶりに会うために、特急に乗って行こうとしてたんだが、その特急の車内でヤクザっぽい男に、いきなり隣に座られて凄まれたんだって。
彼女怖くて通報したかったんだけど、万が一そのDQN親父に逆上されて、刃物なんかで傷つけられたら彼氏に申し訳ないと思って必死に耐えてた。

数ヶ月ぶりに会う彼氏に見せたくて着ていた春らしいふんわりしたスカートの中に、ごつごつした日に焼けた手を無造作に突っ込まれて、下着の脇から、何の思いやりもない手つきで性器をまさぐられ続けた。

でも彼女は黙って耐えてた。
乗客や車掌が気づいて、男に静止を促してくれるのを待っていた。

しかし、そんなわずかな望みは、男の怒号のような威嚇の前に消え去ってしまった。
彼女は泣きながら数十分も乱暴な指による暴行を受けた上に、男の一言でさらに地獄を見た。

「ワシもう我慢できへん、トイレでもっとええことしてやるから立てや」

そう言われ、彼女は血の気が引くのを感じた。
恐怖でひざがガクガク震え、乱暴に開かれた膣の痛みをこらえながら。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

無理やり抱えられながらトイレに連れて行かれる間にも、周囲の目は冷たかった。
スカートは捲り上げられ、下着は膝まで下ろされた状態のままお尻を抱えられていた。
誰が見ても異常なその状況に、男の荒い息遣いと、彼女のすすり泣く声だけが不自然に響いていた。
トイレの前で順番待ちしていた婦人を威嚇して追い払った男は、彼女の白いお尻を乱暴に揉みながら、トイレに彼女を押し込んだ。

そして狭いトイレの中に体を滑り込ませ、彼女を和式の便座に無理やり座らせた。
小さく嗚咽を漏らしながら顔をそむけていた彼女の前で、素早くベルトを外した男は、薄汚れた作業着のズボンを下ろすと黒々とした陰茎を取り出した。
20センチ近いその黒光りした竿は、まるで彼女を威嚇するように反り返っていた。
男は彼女の少し栗色がかった髪をなでたかと思うと、しっかりと両手で頭を掴んだ。

そして自分のいきりたった陰茎に彼女の柔らかい唇を宛てがい、強引にねじ込んだ。
一気に硬い竿を突っ込まれ、彼女はうっとえづいた。
陰茎を口から外し、咳き込んだ彼女の白い頬に、にやにやしながら陰茎を持って叩きつける。
ぱちんぱちんと、白い頬をたたく肉の音がトイレの中で無常に響いていた。

「しっかりしゃぶらんかい、ぶっ殺されたいんか」

男のドスの利いた声で、彼女は再び生命の危機を感じた。
いま殺されたら、顔に傷つけられたら一生彼氏に申し訳が立たない。
これから会いに行く彼氏に、どんなことがあっても元気を見せたい。
その一心で、彼女はその状況を乗り切ることを考えた。

涙をこらえながら、目の前に差し出された陰茎を咥えた。
この悪夢が終われば、彼氏の元に行けると信じながら。
彼女が覚悟を決めてしゃぶり始めたのをいいことに、男は彼女のフェラチオを楽しみながら、彼女のブラウスのボタンを右手で外した。

ほっそりした体に、柔らかく突出した胸を隠すようなブラジャーを見た男はさらに興奮した。
無理やりブラジャーをたくし上げると、彼女の胸を無造作に揉み始めた。
左手で彼女の頭を抱えて前後に動かしながら、右手で乳房を鷲掴みにし、乳首を摘んだり乳房全体の重みを確かめたりしながら揉みまくった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

男の陰茎は彼女の口のなかでさらに膨張し、硬さを増しているようだった。
無理やり押し込んでくるために、喉の奥を時折強く刺激し、吐きそうになる。
しかしその度に髪の毛を強くつかまれるため、彼女はその苦しさを何とか我慢していた。

「ワシもう我慢できへん。おい、立って後ろ向けや」

男のその言葉の意味を、彼女はすぐに理解した。
これから男がしようとしている行為は、さらに彼女を絶望させるものだということを。

「もう、やめてください・・・」

彼女は振り絞った声で、男を見上げながら言った。
すると男は陰茎を握り、彼女の頬に強くたたきつけた。

「おいこら、ワシの言うこときけんのか。ワシに逆らおういうんか!」

ぱちんぱちんと、何度も何度も竿で両頬を叩かれた。
屈辱的なその状況の中で彼女は、もう一度言った。

「もう許してください・・・今から彼氏に会いに行くんです」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


彼女を見下ろしていた男の、、さっきまでの無表情がおぞましい笑顔に変わった。

男は彼女の両脇に手を差し込み、彼女の体を無理やり起こした。
そして自分に背を向けるように半回転させ、背中を強く押し倒した。
彼女は便器に手をつき、お尻を突き出す格好になった。
膝まで下ろされていた下着を、男は乱暴に足で剥ぎ取った。

「そうかそうか、ほな彼氏にぶち込まれる前にワシので綺麗にほじったるわ」

そう言うと、男は自分の唾液を陰茎にたらし、亀頭の周りに塗りたくった。
そして、彼女の白いお尻を鷲掴みにすると、その柔らかさを確かめるように揉みながら、ゆっくりと薄い茂みの中に割って入っていった。
彼女は背を向けながら、硬く膨張した男の竿が性器に押し入ってくるのを、絶望的な思いで感じていた。

本当に犯されてしまった。
もう後戻りできないところまで来ている。
男の性器は彼女の中に半分ほど挿入された。
焦らすようにゆっくりと、お尻をさすったり叩いたりしながら、じわじわと犯されてゆく。

長さもさることながら、太く硬いその竿のほとんどが彼女の膣におさまった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

今までに感じたことのない、内部からの圧迫感を感じていた彼女は、すすり泣いていた。

「気持ちよすぎて泣いとるんか?そやろな、彼氏のちんぽよりワシのがずっといいはずや」

男はそんなことをぶつぶつ言いながら、醜い動きで彼女の中で前後運動し始めた。
まるで内臓を突き上げてくるかのような激しい動きに、彼女は思わず声を漏らす。
動きに合わせて、感じているかのような声が出てしまうことで、彼女は自己嫌悪に陥っていた。

しかしその声は、さらに男の欲情をそそり、ピストン運動の強さを増すことになった。
時々電車の横揺れでバランスを崩す以外には、一向に止まる気配もない男の腰。
彼女はこの悪夢の時間が早く過ぎ去ることだけを願いながら、突き上げてくる痛みに耐えた。
15分くらい同じ格好で突き上げてきた男は、彼女の肩を掴み上半身を起こしながら、後ろから胸を掴みこう言った。

「もうこれで許したる。最後や」

彼女は最後の力を振り絞るように、男に懇願した。

「お願いします、絶対に中に出さないでください・・・」

振り向いた彼女は、男と目が合った。
男は不自然なくらい微笑みながら、彼女を見ている。
ピストン運動は続けながら、胸を揉みしだきながら、にやにや笑っている。

「何言うんねん、ワシの精子は全部マンコにぶっ放すために作られてるんじゃ!」

男はさらに腰の動きを早めていく。
再び絶望的な思いに突き落とされた彼女は、もう何も言うことができなくなっていた。

「さあ、ぶっ放したる!ああっ、出る!出る!」

男は絶叫しながら再び彼女の背中を押してお尻だけをつかむと、絶頂に達した。
どくんどくんと脈打つ、大きな竿の先から、精液が放出され、彼女の奥で勢いよく果てた。
彼女が今までに感じたことのないような、おそろしい射精だった。

その後、男は彼女を再び座らせ、お掃除フェラを強制させた上で携帯で写真を撮った。
脱がしたパンティを自分のポケットに戦利品のように入れ、このことを誰かに言ったら本気で殺すと言い残しトイレを出た。
彼女は膣から溢れ出る精液をトイレットペーパーで拭き取ると、車掌に経緯を説明し、男の容姿を伝えた。

男は次の停車駅で逮捕され、彼女は保護された。
大阪駅で待っていた彼氏は笑顔で迎えてくれた。
その笑顔を見た瞬間、彼女は泣き崩れた。
鉄道警察から事情説明を受けた彼氏は、青ざめた。
その後の状況は語るに及ばないが、彼女の心の傷、体に刻まれた感触は、一生消えることはないのである。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 気持ちよすぎて泣いとるんか?

遠足

この前、水族館に遠足に行きました。幼稚園、小学生、中学生の遠足の生徒でいっぱいでした。
混んでて暗いとこがあったので友達と痴漢しました。さすがに幼稚園の子にはやりませんでしたが、
幼稚園の先生、幼稚園のお母さんのケツは触りました。タメの中学生やクラスの女子触ったら逃げたりケツを
左右に振ってうつむいて恥ずかしがってました。そういう女子はじっくり触りました。
ケツがキュッってかたくなったり、気持ちいいのか体がピクピクしてる女子がいました。
ほかの小学生、中学生も痴漢しててケツ触ってるとこがチラチラ見えてました。
50人は触りました。

[紹介元] エロ体験談 遠足

僕の母子相姦のきっかけ
画像はイメージです
僕も母と近親相姦の関係を続けている者です。
もう3年になりますが、初めて母とSEXを経験したときから、その快楽の虜になってしまい、狂ったように母の体を弄んできました。

最近、偶然このサイトを見つけて、多くの母子相姦の事例を読み進んでいくうちに、僕らと同じように世間の表には出ない母と息子の近親相姦が決して少なくないことを知り、いつしか僕の心の奥底にあった罪悪感も薄らいできました。
僕は、自分を正当化しようとは思いませんが、僕を含めて、母子相姦経験者の多くの場合、発情期の息子と、その一番身近にいる女性機能を持つ母親との間に、偶発的な何らかのきっかけが作用した時、お互いが、一線を越えてしまい、そのままズルズルと肉体の快楽が止められなくなっているのだと思います。

今日は、風が強くて、バイト先の現場が休みになったので、家でゴロゴロして、昼になってテレビを見ながら昼食をとっていたら、みのもんたさんの電話相談みたいな番組をやっていました。
あまり注意して見ていなかったのですが、大まかな相談の内容は、母子家庭のお母さんの相談で、小6の息子が携帯のHサイトにハマッて毎月の携帯料金が2万円もかかるので、Hサイトを見ないという約束で、そのかわりにエロ本を買い与えているけどどうなのか・・・と言う内容だったと思います。
そのお母さんは、息子と一緒に本屋へ行って、息子に読みたいエロ本を選ばせて、18禁のため、お母さんがレジを通して息子に渡しているとのことでした。
その番組のスタジオに居た4~5人のコメンテーターは、全員「そりゃあいいことをなさってますよ」とその母親を絶賛して褒めていましたが、僕は“この母子はきっと直に母子相姦の関係に進んでいくな”と直感しました。

なぜなら、僕の母子相姦のきっかけと同じだったからです。

それで、いつもはこのサイトをウォッチするだけでしたが、今日は僕の体験を投稿したい気持ちになりました。

僕は18歳、今年高校を卒業しました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

母は、43歳、6年前に父と離婚して、僕と二人暮らしです。

僕は高1の時、エロ本を万引きして捕まったことがあります。
その時、母が警備員に呼び出され、勤め先から駆けつけて、泣きながらお店に謝ってくれたので警察沙汰にはならずに済みました。

家に帰る道すがら、母が「なんで万引きなんかしたのよっ」と聞いてきたとき、「18禁だから買えないじゃん」と言うと、「欲しい時はお母さんが買ってあげるから、絶対に万引きなんかするんじゃないのよっ」と言われ、その足で別の大きな本屋へ寄って、僕が選んだエロ本を買ってもらいました。
その事が、母と僕の気持ちの距離をぐっと縮めることになったのは言うまでもありません。

家に帰ると、エロ本のグラビアや記事の内容に母も興味を持って見ていました。
それからは、母とオナニーの話や、性感帯の話や、大人の玩具や、セックスの話などを平気で出来るようになり、まもなく母は僕のオナニーの手伝いをしてくれるようになりました。
母がオナニーを手伝ってくれるようになって、しばらくして母はオッパイを見せてくれるようになり、徐々に、触らせてくれるようになり、それから性器を見せてくれるようになり、さらに性器に指を入れさせてくれるようになりました。
僕のちんぽを母の膣穴に挿入するようになるまでに、万引きで捕まってから1ヶ月もかかりませんでした。

初めて母に挿入した日は、母が休みの日曜日でした。
朝食の後、僕は母を部屋に呼んで、オナニーを手伝ってもらいました。
僕はパンツを脱いで母に手でしごいてもらいながら、右手は母のセーターの中のおっぱいを揉み、左手は母のスカートの中の性器を触っていました。
それから、いつものように母の手の中に射精すると・・・。

「わぁっ、たくさん出たわね」

母は硬さが衰えない僕のちんぽをティッシュで拭きながら「まだ出るの?」と聞いてきました。

「うん、まだまだ出そうだよ」

その時、僕は“母の中に出したい”と思っていました。

「・・・次は母さんの中に出したい!」
「えっ・・・」

母の手が止まり、そして僕をジッと見据えた後・・・。

「・・・誰にも言わないって約束できる?・・・母さん、それだけが心配なの・・・」
「うん!約束する!」

そして・・・。
母が自らの服を脱ぎ始めました。
セーターを脱ぎ、スカートを落として・・・、ブラジャーとパンティーを脱いでベッドに乗ってきました。
僕の股間を跨いだ母のおまんこの黒い陰毛の奥に赤黒い小陰唇が顔を出していました。

母は自分のお尻から手を回して僕のちんぽを掴み、ゆっくりと腰を落として、膣穴にちんぽをしっかりと埋没させました。
膣穴の感触もさることながら、入口の締め付けが堪らなく気持ち良くって、母が腰を上下するたびに、強い快感に襲われ、手では得られない感覚でした。
すぐに母は瞳を閉じて、呼吸荒く、鼻に掛かったような喘ぎ声で悶え始めました。
僕の体の上で全裸姿をくねらせて、喘ぎ声を上げる母の2つの乳首が勃起していました。
タプタプ揺れる乳房がシットリと汗に光って桜色に染まっていき、髪の毛を振り立てて、快感に苦悶する母の様子を見て、僕は「出る!」と声を上げると、母の膣穴に遂に精液を放出してしまいました。

その瞬間!母は微かに「だ・・・だめ・・・」という声を出して、そのまま荒い吐息を繰り返してヒクヒクと膣肉襞を痙攣させていました。
徐々に、興奮が覚めた時、その罪の意識と母の膣穴に射精した征服感が胸一杯に拡がっていきました。

その翌日から母は、これまで以上の愛情を捧げるかのように、僕の望むセックスをいっしょに試みてくれるようになりました。

以来、人には言えない秘密で、罪悪感もありますが、母とのセックスの快感から離れる事は出来なくなっています。
私にとって初めての女性が母であり、今も母以外の女性とのSEXの経験はありませんが、母が僕にしがみついて大きなヨガリ声をあげて絶頂を迎えているのを見ると、おそらく母もそう思っているに違いありません・・・。

でも、もし、僕が万引きで捕まるという、偶発的な出来事がなかったなら、僕と母が親子という一線を越えて母子相姦に走ることもなかったのではないかと思います。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 僕の母子相姦のきっかけ

ベスとの情事

多分2年前の話なんだけど
こっちの学校に通うことになってホームステイすることになったんだけど
ホームステイの家族は 32歳のお母さんとお父さん そして女の子2人だった。
初めてお母さんを見たときの印象はなんか美人な人だなって程度だったんだ。
それからその家族とはまぁまぁ仲良く過ごしていたと思うけど
俺の町はすげぇ田舎町で 本当に毎日することがなかったんだ。
まぁ そんな日はダラダラ自分の部屋で映画見たりしたり
友達と遊んでるだけだった。
僕には家事で洗濯と トイレ掃除が週に1回きまってたんだけど
日曜日に洗濯しに地下でみんなのよう服を洗濯機に入れてるときにあることに気づいたんだ。

それはお母さんの下着・・
考えてみなかったけど 多分はじめて他人の使用後の下着を見た瞬間だった・・

ちなみにお母さんは 165くらいで身長が少し高めの白人。
32歳で なんか人妻って感じで 体はムチムチしてエロかった。
髪はセミロングでそれまで意識してなかったけど結構いい女だなってそのとき思った。
下着は水色で なんかマンコの部分が結構汚れててすげー興奮した。
それから即効匂い嗅いでチンコに巻きつけて
その場でオナニーしちゃった。
今考えると誰がきてもおかしくない状況だった気がする・・

それからすぐにお母さんが性の対象になるのはそう時間がかからなかったと思う。
好きとかそんなんじゃなくて 性欲処理の相手って感じだった
3日に一回くらいパンツを盗んではそれをオナニーするのに使ってたきがする。
自分の部屋でお母さんの名前呼びながら・・w
そのとき白人のマンコは臭いなってことはわかったし、
だから余計に興奮したのかもしてない・・
いつも決まってパンツに出してそれをそのまま洗濯機に入れて洗うって方法でばれないようにしてた。

今思うとぜんぜんブラジャーには興味なかったな・・w

そんな風に毎日オナニー生活をしてるときにある事件がおこった・・

その日は金曜日でお父さんは炭鉱に夜勤の仕事に行ってた。
多分炭鉱の仕事だと思うけど あんまり知らなかった。
ともかく毎週金曜が夜勤というこの家族にとっては最悪のスケジュールだったわけだ。
俺にしてみればお父さんは関係ないからいつも気にしないでいたわけだけど
その日は違った。

朝学校に行く前にノート見たいのがキッチンに置いてあって。
今日はお父さんが夜家にいないってことと
お母さんが友達とパーティにいくから夕飯は作れないってことだけ書いてあった。
あと、 子供たちはベビーシッターに頼むって書いてあった
そんなことだったんでその日は学校終わって友達と食事をして遊んでゆっくり帰ることにしたんだ。
まぁ 言えについたのは11時ちょっと前
俺 結構酔ってたっぽいかな たしか・・

で 俺が帰ったのが11時でベビーシッターは子供を寝かせてテレビ見てた。
ベビシッターっていっても近所の女子高生でさ
まぁ おれはその子のこと前からかわいいな なんて思ってた。
でも もう11時になるからってことでお母さんは帰ってきてないけどベビーシッターの子を帰すことになった
まぁ 40ドル渡して家に帰っていったわけだけど

その子となにかあると良いな なんて心で思ってたけど 何もなかった・・w
それからどのくらいたったかわからないけど
テレビでビール飲みながらテレビ見てた。
確かあんま覚えてないけどX?File 見てたと思う。
あの怖いけど不思議なのが子供の頃から好きだったから
そんな風にみてて俺もさらに酔っていたとこに
ピンポーン
ってドアベルが鳴った。

僕は何でこんな時間にとか思って玄関まで歩いていった。
正確な時間とかはまったく覚えてないけど 12時くらいだと思う。

そしたらそこにいたのは知らない外人の女の人だった・・
なんだろ?
と思ってドアを開けてみたらグッタリしたお母さんを連れてた
一瞬で おかあさんが飲みすぎで酔ったのはわかった。
多分そのときはほとんど意識なかったと思う。
友達の話ではカクテルだかなんかを飲みすぎてこうなったとか。
それでつれてきたけど 乗っていた車とかはまだそこにおいてあるらしい
それから 僕がお母さんを運ぶことになったんだけど

すげー大変だった。

お母さんの手を肩にかけて運ぼうとしたら なんかすげー酒臭い。
多分吐たんだとおもうがそんな感じの匂いも少しして多様なきがする。
2階の寝室まで運んだんだけど 結構大変だった。
2階まで運んだ頃にはもう汗だくだった・・

やっとのことで寝室まで着いてお母さんをベットに寝かせた
おもー みたいな感じで寝かせて布団かけたらそのまま下でX?Fileの続き見ることしか考えてなかった。

で 布団を掛けようとしてたら すぐにあることに気がついた・・
なんか すげーブラが見えてる。
普段着ないのにワンピースなんて着てるから 見たい放題だった。
黄色のブラに黄色のパンツ・・
それだけで俺のオナニーのおかずには十分だった。

そんなことを考えてたら ドアを閉めて即効ズボン脱ごうとしてた・・
さすがにまずいっておもってたけど それより先に体が動いてたんだと思う。
酔ってたせいもあってそっこうチンコだしてこすり始めたと思う。
覗いてるくらいだったんだけど
ワンピたくし上げて パンツはバリバリに見えてる状態でオナってた
お母さんの脚がすげーやらしくて 真っ白
あとおなかも真っ白ですげー興奮してた。

コレは即効イケるななんておもってたら事件がおきた・・

お母さんが起きたんだよ・・
まじでガバって なにしてるの?
って感じで・・

このときにびっくりした感じは一生忘れないと思う。
うわ・・うわ・・って俺はかなりあせった
だって ある意味俺の人生おしまいだったからw・・
でもなんか お母さんは酔っているせいかかなり反応が違った・・w
エロエロモードっていうかそんな感じだったんだろうか・・
なんか自分のパンツこすってる・・
びっくりしてボーとたってたら

電気消してって言われた。

何だ それー
思ったけど心の中はすげー怯えて怒られると思ったから速攻電気消した。
部屋はあたり真っ暗で何も見えなくて・・

でもお母さんがパンツの上から自分の触ってる音だけは聞こえた・・
ズリズリって音・・
多分20秒とか 30秒くらい突っ立ったままだったと思う・・

何が起きてるかわからなくて。
あせってたと思うそしたら お母さんに
何してるの こっちに着なさいよっていわれた。

もう頭はパニックで 下半身裸のままベットのほうに行った
なんでか覚えてないけど 多分自然とベットに横になった・・
怯えていると ガシッて感じでちんこつかまれた。
まじびびったけど俺の息子は反応しまくっていた・・
そしたら ゴシゴシ・・って手コキをしだした。
ぶっちゃけ なんでっておもってたけど何か期待をしていた。

そのうちそのやらかい手に握られてしごかれているうちに
多分声が漏れてたんだと思う。

何か訳のわからないこと言われたと思ったら。
お母さんが脱ぎだした。
俺の英語はまだまだで何言ってるかわからなかったんだと思う。
そんなこんなしてるうちにお母さんが裸になったのはわかった。
多分このあたりから俺もセックスするかも なんて思ってた・・
気がついたら 多分ピンク色であろうお母さんの乳首が見えた。
窓からもれてくる明かりで少しわかったんだけど。
気がついたときには舐めてた。。
夢中で舐めてたら
あ・・あ・・ みたいな感じの声がお母さんから聞こえた。
そんな声きいたら夢中で舐めてたね・・

なんか そのときは喘ぎ声はどこも一緒だなって思った。
あと 少しずつ緊張はほどけてた。
むしろ興奮だけが俺を支配してたと思う。

そんなことしてたらまたお母さんに
ぎゅってチンコ握られて 手コキされた。
今と思えばその時点で逝っちゃわかったのが救いだと思う。

少し手コキをされてお母さんが下にもぐった
そう思ったらねっとりしたものが俺のチンコを包んだ。
お母さんがフェラしてるってすぐにわかった。
そしてすげー興奮した。
下見たらお母さんが布団の中にもぐってすげー激しく
そしてやらしく俺のチンポしゃぶってる。。
それみてすげー興奮した。
すごい勢いで吸われる・・・
まじでびびった・・ コレが白人のフェラかみたいな感じで、
すげー豪快にじゅばじゅば吸ってた・・

そんなこと考えてたら
気づいたら イクイクって感じだった。。
やめてもらおうと思ったけど
とまらないでそのままズバズバ吸い続けてて・・
俺にはどうにもできなかった。

それですげー興奮したまま そのままお母さんの口の中で・・
言った瞬間 ん!って感じの声出してた
すげー量でたな っておもってたらそのまま口はなさないでしゃぶり続けてきた・・
多分飲んだんだと思う・・

それでも俺の息子はがちがちだった・・
多分興奮しすぎてたからだとおもう。
お母さんもいっこうに口を放さない・・
しばらくして顔を抑えたらやめてくれたけど
もうこの後はセックスする。。しかなかった。
俺は入れるのか なんて淡い期待でまってたけど、、

次は クンニだった・・
でも初めてみる外人のマンコにすごく興奮してたし。
即効まんこにむしゃぶりついてた・・w

多分白人の特有のものなんだろうけどにおいが強かった・・
でもそんなの気にしないでガンガン舐めてた
舐めてたら お母さんが
あうっ あうっ
って感じで喘いでるの聞いてすげー興奮した。
でも子供にばれないかすげー怖かった。
子供は隣の部屋でねてるんだけど
そんなことして お母さんが十分濡れてるのもわかった。
クンニも落ち着いていよいよってかんじだった。

でもコンドームがないってことに気がついた。
うわー どうしようって感じでどん底って感じだった。

でもお母さんは俺の上にのってきて
そのまま
にゅるってかんじマンコに入った・・

入った瞬間に うわ?暖ったけー
ぬるぬる・・

なんておもってたらそのまま動いてきた・・
お母さんもわからないけど感じてる感じだった。
コンドームつけてないのなんて忘れて俺はただただ喘いでるしかなかった。

それから正上位になって ガンガン腰を動かした
何回か逝きそうになったけど我慢してw
まぁ お母さんはすげー喘いでる感じがした。
訳のわからない英語しゃべって。
でもひとつだけわかったことがあった。

ダン・・ ダン・・・って叫んでる。

どうやらお母さんはお父さんとしてると思ってるらしい。
なんかショック受けたと思うけれど
お母さんを寝取ってやったみたいなかんじがしてすげー興奮した。

で そろそろ逝きそうだなっておもったけど
興奮してたせいもあってガンガン動きまくった・・
耳元で Imcomingって精一杯の英語でささやいたら。
たぶん いいよ みたいな子といってたと思う。
それで いくって時になって 脚をがしってされて抜けなかった。

一晩きりだろっておもってたから 顔とかに
とかしてみたかったんだけど、、、

そのままの体勢で 中で・・
ドクドクドクtって。。

やばー っておもったけど気持ちよくて。。
お母さんも喘いでたと思った。

俺は興奮と緊張のせいでそのあとグッタリしてた。
中にだしてすげー気持ちよかったのもあったし。
お母さんをやれてすげー興奮してた。

そしたら また布団にもぐって俺のチンポをしゃぶってくる。
すげーエロいなこいつ。
なんて思ったけどそのまま動く気にも慣れなくてその後もう1発口に出したのを覚えてる。
多分飲んだとおもう。

[紹介元] エロ体験談 ベスとの情事

抵抗しなかったら次々行こう
画像はイメージです
この前同じ学部の仲のやつの誕生日会があって俺もそれに出ました。
メンバーは9人で♂4人、♀5人だった。

そのメンバーの中で付き合っているやつがいて、男を「前田」女を「ゆみか」(仮名)としておきます。

誕生日会は近所の飲み屋であってそこそこ盛り上がりました。
二次会に行こうとなってみんなカラオケがいいと言い出しました。
俺は音痴だから正直乗り気がしなかったのですが、ここで一人だけ「帰る」といったら場がしらけそうだからイヤイヤながら移動しました。


カラオケ屋に移動中、前田が何やら二人組の女子高生に話し掛けています。
俺が「知り合い?」と聞くと、前田は「俺の塾講で教えてる子」と二人のうち片方を紹介しました。
その子は正直なかなか可愛かったです。

前田はどうやら「こんな時間にうろついちゃダメだ」と先生らしく注意したようでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ゆみか(前田の彼女)の方をふとみるとちょっとふてくされてました。
女子高生が可愛かったから少しヤキモチやいたようです。
カラオケに行く途中に何人かトイレに行ったんで俺達は待っていました。

だんだんカラオケしたくない気が強くなり、「やっぱり帰るわ~」って言って帰ろうとしました。

するとゆみかも「私も帰る」といって俺の方に近づいてきました。
前田は「お前らノリ悪~」といって文句を言っていましたが、ゆみかもどうやらカラオケがあんまり好きじゃないらしく帰ることにしたらしいです。
その日は雨が軽くふっていて俺はチャリできたけど、ゆみかは歩きだったので二人のりで帰ることにしました。

帰り道二人乗りをしながら色々しゃべってゆみかの家の近くまで来たらおろして帰るつもりでした。
実は俺とゆみかはそんなに仲のいい方じゃないのでこの後やっちゃうとはまったく思いませんでした。

ゆみかは家の近くにつくと、「ちょっと私の家で飲んでかない?」と誘ってきました。

俺には彼女がいましたがその日はちょっとケンカ中で、今日は誕生日会で飲んでくるといっておいたので飲んでもいいか~と思い、ゆみかの家にあがりました。
大学生の住むアパートなので、特に何もないですがやっぱり女の子の部屋だな~と思いました。
まあ。
所々に前田のものがおいてありましたが。

前田もゆみかも酒はかなり飲む方なのでゆみかの家には買いに行かなくても酒は十分ありました。
二人で「かんぱ~い」と言いながら飲み直し、お互いのつきあいかたの話になりました。

俺は今の彼女に満足しているので楽しい話をしましたが、ゆみかの方はあまりうまくいってないようなことを言ってきました。
ちょっときまずくなったので、気分転換にゆみかの家にあったDVD(スターウォーズ)を見ました。
俺はあまり飲まずにDVDに集中していたのですが、ゆみかは一度見たので酒ばかり飲んでいてDVDはあまり見ていませんでした。

DVDが終わった頃にはゆみかは寝ていて、ちょっと困りました。
突然ゆみかの携帯が鳴ったので俺は「携帯なってるよ」とゆみかを起こしました。
ゆみかは「う~ん」と眠そうにしながらメールを見て返事をせずそのまま寝ました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


メールの内容をこっそり見ると前田からで「三次会に行くから先に寝てて」といった内容でした。

帰ろうかなと思って軽く片付けしたると、ゆみかが「◯◯君(俺)帰っちゃうの~」と酔っぱらいながら半分倒れかかるようにしてだきついてきました。

俺は「ちょ、ちょっと」といって抱きかかえるとゆみかは半分寝た顔で「寂しいから一緒に寝ようよ~」と言ってきました。

ゆみかに恋愛感情を抱いたことはなかったのですが、この一言で俺のエロモードにスイッチが入り、「はいはい、酔いすぎだよ」と言いながらゆみかをベッドに運びました。
ゆみかはもう寝ちゃった感じだったのですが、俺もベッドにねそびり軽く抱きついてみました。

とくに抵抗感もなくゆみかは寝ていました。
次に服の上から軽く胸に手をあてがい、反応が無いことを確かめて、もみもみしました。
相変わらず寝たままです。

このまま焦ってどんどんやったらレイプになったしまうと考えた俺は、「キスして起こして、抵抗しなかったら次々行こう」と計画を立て酒臭いゆみかの口にキスをしました。

最初はかるくふれる程度でしたけど、ゆみかの口がちょっと開いたスキに舌を入れました。

ゆみかは苦しそうな顔をして起きました。
俺と目が合い、ビックリしたような顔をしましたが、俺がすかさずキスをしたらゆみかも目を閉じ俺を受け入れました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ヤッタ~と思った俺は今度は合意の上でディープキスをしました。

しばらくキスした後、そっと服をたくし上げ手をうしろに回してブラのホックを外しました。
相変わらず抵抗無しです。
露わになったゆみかのおっぱいを見てそっと口にふくむと、ビクッとして軽く声を出しました。

舌と手を駆使していつも彼女にするみたいにゆみかのおっぱいを堪能しました。
彼女の方がサイズは大きいのですが、ゆみかのが色がよりピンクで乳首の形も良かったです。
前田もこのおっぱいすってんだろうな~と思うとちょっと複雑でした。

十分時間をかけた後、ゆみかのズボンを脱がせパンツの上からアソコをさわるとちょっと湿った感がありました。
俺はパンツをずらして、クリをさわると「ああん」とあえぎました。
ここからぬれるのは早かったです。
ぐちょぐちょになったところでパンツも脱がせ全裸にしました。
目の前に彼女でもない女、しかも同級生の裸があり、俺は興奮して自分の服を全部ぬぎました。

ここでふと我にかえりました。

「ゴムがないではないか!!」と。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ゆみかはそんな俺に気づいたらしく、ベッドの横にある小物入れからゴソゴソと探してゴムを取り出しました。
そう、前田のです。

ゆみかは「いっつも私がつけてあげるんだ~」とにやにやしながら、俺の固くなったチンポにゴムをつけだしました。
前田め、どんな教育をしてるんだ。

準備がととのったところで俺はチンポをあてがい一気に挿入しました。
中は適度に濡れていて、しまりもよく最高に気持ちよかったです。
俺の彼女は俺で5人目なので正直ゆるい・・・。
前田はいいな~と思いながら正常位で激しくつきました。

ゆみかの方もだんだんあえぎ声が激しくなり「あっ、あっ、もっとついて」とおねだりしてきます。
俺の彼女はバックがあまりスキではないのでせっかくだからゆみかをバックから入れようと思いました。

四つん這いになったゆみかの背後に立つと愛液で濡れてぱっくり開いたまんこが俺を呼んでいました。
もう興奮しきった俺はバックから激しくつくと、ゆみかの声も最高潮になりいつもより激しいセックスになりました。
だんだんいきそうな感じになった俺はこの機会にやりたいこと2つを実行しました。

一つは「俺と前田どっちがいい?」と聞くことでパンパンつきながら聞くと、ゆみかは「ああん、そんなこと聞かないで~」となかなか口を割りません。

俺はさらに激しくつき「ねえ、どっちか言わないともっとしてあげないよ~」といったら、「いやっ、あっ、あん、◯◯君」とようやく言ってくれました。

満足した俺は二つ目の行為を実行するため正常位にもどしたラストスパートをかけました。
もうベッドが壊れるんじゃないかと思うくらい、激しくできて、いきそうになった俺はゆみかからぬき、ゴムも素早くぬいてゆみかの顔にかけました。
いつもよりタップリでたチンポをゆみかは手でしごきながら口に含んでくれました。

俺の彼女はこれがイヤで絶対やってくれませんでした。
ゆみかは洗面所に行き、精液をはき出して口を洗っていました。
さすがに飲んではくれなかったか・・・。
しかし、満足した俺は帰ってきたゆみかと抱きつきながらベッドでしばらくいちゃいちゃしていました。

ゆみかはそのうち寝だして、あんまり長居していると前田が帰ってくるので俺はゆみかに服を着せ、窓を開けて換気をして、証拠となるものを持って帰りました。
そう、あのゴムも。
一個減ってると前田が気づかないか心配になりましたが、まあ、だいじょうぶだろうという結論を出しました。

次の日は日曜日でゆみかと顔を合わす機会もなく、彼女と仲直りした俺はデートをして、夜彼女とやりました。
浮気をした背徳感とゆみかの方が気持ちよかったせいもあり、あんまりいいセックスじゃなかったです。

月曜にゆみかや前田と顔を合わせましたが、お互い何もなかったようにふるまっているのでばれませんでした。
3ヶ月たちましたが、前田も何も言ってこないので、たぶん大丈夫だと思います。
でも俺は彼女じゃあんまり興奮しなくなり、前田とゆみかが別れて俺と付き合ってくれないかな~と思う毎日です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 抵抗しなかったら次々行こう

JKたち

取引先との懇親会も早めに終わり、ヒマついでにデリヘルを呼んだ。
まぁ可もなく不可もなくだったが、まだモヤモヤした気分の晴れない私は、出会い系で相手を探した。
近郊の陶器で有名な町の女の子からメッセージが来た。
話の早い子で、翌日の11時に会えることになった。
翌日、待ち合わせの駅に到着。
既に女の子(アキ)は到着していて、車でピックアップ。
身長167センチ、Dカップで、スタイルに関しては申し分ない。
顔は…あれ!?志田未来似だけどノーメイク!?
とりあえずホテルにチェックイン。

話を聞くとK3。学生証も確認した。
俄然、下半身にエネルギーが満ちてくるのが分かる。
首筋へのキスから始めたが、既に息が荒い。
大きく胸元の開いたバストに舌を這わすだけで、下半身をグリグリ押し付けてくる。
シャワーも浴びずに、即フェラを要求。
自分の年齢の半分にも満たないアキが、ションベンまみれの肉棒をしゃぶりまくる。
もちろん腰を浮かして、尻の穴も舐めさせる。
おいおい、さっきウンコしたばっかだよ。
準備万端になったので、いざ挿入。
「ゴムは?」
の質問に、
「ゴム付けたら、アキを生で感じられないよ」
と言えば、
「外で出してね…」
「できたら、そうするよ」

生で挿入。
入口は狭く、中は浅く、でも肉付きの良い身体のおかげで、先が入っただけで快感が走る。
経験は、先日別れた彼氏だけ。まだまだ新古品だ。
アナルを弄り、唾液を飲ませ、乳首を思いっきり噛む。
どれもがアキには感じるポイントらしい。
アキの長い脚が、俺の腰に絡みついた瞬間に射精感が。
「出すぞ…」
「えっ!?どこに…」
ドクドクと長い射精。
それに合わせてアキの肉壺も痙攣する。

しばらく余韻を楽しみ、抜いた肉棒をアキの顔の前に差し出す。
愛液と精子にまみれた肉棒を丁寧に舐め回す。
最高のセックスパートナーを見つけた。
そのまま2回戦に突入していった。

安心したのか、帰りは自宅(!!)までアキを送り、帰路についた。
さっそくアキからメールが入る。
明後日に会いたい…と。
今から下半身が熱くなっている。

アキと後輩が待ち合わせ場所に立っている。
アキは身長が167だが後輩(クミ)は普通くらいである。
この身長でバスケは辛いだろう…と、どうでもイイことを考えながら車に乗せる。

さすがに制服二人を連れてHOTELに入るのは勇気がいる。
都合よく最上階の広い部屋が空いていたので、チェックイン。
いつもと違い後輩と一緒という安心感からかアキもクミと一緒に部屋ではしゃぐ。
風呂から、冷蔵庫の中までチェックする。
手違いでバイブを購入することになるが、二人いれば使い道もあるだろう。

早速アキとクミと3人で風呂に入る。
ふざけてレズるアキとクミ。
♀だけの学校だから、こういう遊びはあるらしいが、レズるのを見てるのも楽しい。

生理前のアキはバストがパンパンに張っている。
もともとE近いバストが完全Eになっている。
ウエストは細くバストとヒップが大きいアキは疲れてても一発ヤリたくなるタイプだ。
クミは色白でバストもB?Cでメリハリの少ないロリボディ。
顔は個性の感じない可愛さで、AKBとかモー娘の後ろの方になら入れそうか。
ただし乳首の色、形が俺の好みにジャスト!
しかもアンダーヘアーが10本くらい!?で、肉壺が丸見え!!
都合のイイことにクミも生理前。
両者中出しに決定である。

横から手を伸ばし、俺も参戦。
まずはクミと熱いDキスを交わす。
執拗に小さい透きとおるようなピンクの乳首をつまみ、乳房を乱暴に握りつぶす。
片方の手は、丸見えの肉壺に指を沈める。
初体験が2ヶ月前というフレッシュな肉壺は、快感を覚え、彼氏だけでは物足りないらしい。

アキは調教の甲斐もあり肉棒と袋、尻の穴まで丹念に舐め上げる。
尻の穴の中の粘膜にアキの舌を感じながら、クミにフェラさせる。
まだまだ下手くそだが肉付きの良い頬から連想できる心地よい口の中である。
思わず俺も声が出る。
風呂のマットの上という不安定な場所で、俺の下半身に群がるK3とK2。
この風景、この快感は3Pの醍醐味である。

ドーピング済の俺の肉棒は痛いくらいにカチカチである。
最初の肉壺をクミに定め、クリトリスを肉棒でヌラヌラと擦りながら、おもむろに挿入
…と思ったら入らない。
2ヶ月前の初体験という話だが、今日で3回目らしい。
アキもフレッシュな肉壺だったが、更にフレッシュな肉壺である。

快楽優先の俺は、優しさもなく思いっきり肉棒を押し込み、痛がるクミを見下ろす。
動くたびに顔を歪めるが、構わずに突く。
肉棒を見るとうっすら血が付いてるが、気にせず突きまくる。
徐々に熱っぽい声になるクミは俺の首にしがみついてくる。
クミの尻に指を入れると肉壺が痛いほど、肉棒を締め上げる。
アキは手で袋を揉みつつ、尻の穴に夢中で舌を入れて、かき回す。
快感が最高潮に達した時にクミの耳元で「クミの中に出すから」とささやく。
「えっ!?」…この相手が素に戻る瞬間が好きだ。

ドクドクとザーメンをクミの中に注ぎこむ。
アキが袋を揉む度に、ザーメンがクミの中に注がれる。
クミが俺を押しのけようとしても無駄である。
余韻を楽しみながら肉棒を出し入れすると薄いピンクに泡立つ肉壺。
クミの口に汚れた肉棒を押し付けると明らかな嫌悪感を浮かべつつも淫乱さが目に宿る。
アキの顔も肉棒に持っていくとお構いなしに肉棒にしゃぶりつく。
二人の顔はピンクのザーメンなのか、薄化粧のルージュなのか分からないが、ピンクに染まっている。
K3とK2が女の子からメスになっていくのが表情で読み取れる。

先だってまでのアキと別れ、新しいJKとの交際を始めた。
誤解ないように言っておくと¥ではない。
ちゃんと仕事上で知り合った訳で。
名前はミノリという。
JK1の水泳部である。
ショートヘアーに153センチの小柄な体型にCカップの上向きなバストでスイマーらしい締まった小尻。
なりそめは私の店舗のアルバイトとして入ってきて、夜遅くなったミノリを送って行った時に関係が始まった。

…初日のバイト明けで多少興奮しているミノリは私の車の助手席で職場のこと、学校のこと、友人関係のこと等を話し続ける。
いまどき無垢な子なのか、その素朴さと飾らなさにミノリに興味(ヤル気)がわいてくる。
私の店のユニフォームはタイトなシャツとパンツではあるが私服と変わらないデザインなので、そのまま出退勤するバイトも多い。
最初は興味なかったミノリも、よく見るとメリハリのあるボディで、しかも香水ではない女性の香りがする。
ただ話を聞いているとヴァージンのようである。

私はヴァージンには興味はないが、うちのバイトは何故かヴァージン率が高い…私の経験上。
ヴァージンは落とすのは簡単である。
詳細は語らないがヴァージンは簡単である。

その日も車を止めてミノリの髪を撫で上げる頃には、ミノリの目は潤んでいた。
そのまま頬から耳に唇を滑らせる。
抱き寄せてキスをする。
舌が絡み合えば、もう後は中出しまで一直線!
色気のないブラの下の固さの残るバストを揉み、小指の先ほどのピンクの乳首を嘗め回す。
小豆ほどの乳首は更に固さを増し、それを甘噛みすれば小娘の口から湿った吐息がこぼれる。
パンツのジッパーを降ろすとメスの臭いが車の中に充満する。
ショーツの脇から指を差し込むとヌメった肉壺が俺の指を潤す。
更に奥まで指を入れると「痛っ」と顔を歪める。
おもむろに肉棒を握らせ「これをミノリの中に入れるよ」と三流エロビデオ並みの言葉を掛ける。

メリメリと音がするような感覚の中でミノリに挿入。
身体が小さい分、更に締め付けが強烈であるが構わず奥まで肉棒を突っ込む。
処女膜が破れる感覚を肉棒に感じた時、ミノリは涙を浮かべながらも笑顔で微笑む。
あとは快楽の赴くまま肉棒で突き上げ、フィニッシュ。
「ミノリとの初めてにはゴムなんかの邪魔者はいらないんだ」
と言えば、ミノリも納得する。
余韻を楽しみながら肉棒を抜くと鮮血が肉棒を濡らす。
「社長はモテるだろうけど気持ちの中ではミノリを一番にしてね」
とミノリは肉棒を握りながら頬擦りする。
「今日が初めてだったけど、もっと上手くなるし浮気しないでね。私の初めての人なんだから」
と話すミノリの顔は、先ほどまでの少女の顔じゃなく女の顔になっていた。

それから週に3回程ミノリがバイトに入る日は必ず待ち合わせをして、中出しを楽しんでいる。
もちろん、まだ続けて行きたいのでピルは飲ませているが。

昨日の話。
クリスマス前の休日、家族とバイクの整備をしながら過ごしていた所、ミノリからのメールが入る。
今日は会う約束もしていないし、休日にはメールしない約束であるハズ…。
メールは取りとめのない内容だった…ただセックスをしたいだけ。
寒空の中を整備の終わったバイクに跨り、家族には「仕事に行ってくる」と告げて家を出る。

待ち合わせのショッピングセンターに到着する。
ミノリを発見。
寒い中、上にコートを羽織っているとはいえ、なぜか制服姿で立っている。
最近、特に可愛くなったと真剣に思ってしまう俺にも困ったものだ。
ミノリは満面の笑みで俺の腕にしがみつく。
家から少々距離があるとは言え、周囲が気になってしまう。
早々に引き離し軽くキスをする。
隣の家族連れの視線が痛い。
「約束破ってごめんなさい。でもエッチしたくてたまらなかった」とミノリ。
まぁ出会い系でも探せば何人でも引っかかるだろうに…と思うのだが。

バイクで来た以上、場所の移動が出来ない。
さすがに仕事で出るのにタンデム用のヘルメットを持つのは怪しいし、この制服姿で寒空に走り出すのは目立ってしょうがない。
ショッピングセンター内で場所を探す。
この時期どこもかしこも人であふれているが、都合よく駐車場脇のボイラー室!?を発見。
扉も開いていたので、すかさず侵入し、早々に肉棒をミノリの唇にねじ込む。
本当に飢えていたのだろう。
初体験から3ヶ月の小娘が商売女のように涎を垂らしながら、肉棒と玉袋あげくは尻の穴まで舐め上げる。
たまらずミノリのスカートをたくし上げ下着を横にずらして生挿入。
寒空を走ってきた俺にとっては沸騰しているかのような肉壺。
バックで突き上げると、野外セックスの興奮からかミノリは1分もせずに絶頂。
まだまだ逝かない俺はJKの新鮮な肉壺を堪能し、乳首を抓りながらミノリの5回目の絶頂と共に中出し。
小尻をヒクつかせ余韻にひたるミノリから肉棒を抜くとドロッとしたザーメンがこぼれる。
教育されたミノリは、すぐさま肉棒にしゃぶりつき残ったザーメンを吸い取り、肉棒を綺麗にしていく。

「今から学校で補習があるの」
それで制服だったのか。
ミノリを最寄のバス停まで見送り、家路に着いた。

[紹介元] エロ体験談 JKたち

会社の同僚夫婦と夏の海のキャンプで
画像はイメージです
私たち夫婦(私36歳、妻35歳、子供あり。夏休みなので実家へお泊り)と、私の会社の同僚夫婦(夫39歳、妻35歳、仮名「けいこ」子供あり)で、今年の夏に海にキャンプに行った時の体験談です。

同僚の小型ボートで孤島へ向かい、バーベキューをしたり、シュノーケリングをしたり、その他・・・色々楽しんできました。

私の妻は少しポッチャリ体系で巨乳。
オレンジのビキニを着ています。
見た目は年相応でおばちゃんですが、あどけなさが残っていて大ハシャギで遊んでいます。

同僚の妻は身長は普通ですが、細身で髪が長く胸は少し小さめと言った感じ。
花柄のビキニで妻と同じくハシャイでいます。

お昼も過ぎたとこでバーベキューが始まり、マッタリとジーマとカクテルチューハイで乾杯です。
天候もよく昼からアルコールを入れればよい気分になること間違いなしです。
四人とも気分良く酔い始め話も盛り上がり宴会気分です。
この日は一泊二日のキャンプなので気兼ねなく飲めます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

テーブルを四人で囲み飲んでいたのですが、ふと同僚の妻“けいこさん”の胸元を見てみると、ビキニの胸元が少し浮き上がり、少し小さめの胸が丸見えになっています。
しかも至近距離なので、乳首もハッキリ見えます。
色は小豆色で乳首は寒さのせいか尖がっています。
みんなには気づかれないようにチラ見していましたが、良く見ると乳輪の毛穴のブツブツも少し浮いてよく見えます。
昼間から酒で気持ちが良いのと、けいこさんの胸も拝ませてもらって最高でした。

俺からしばらく飲み続け、最後に海に入ろうと妻を誘って浅瀬でチャプチャプしていると、妻が「さっきあなたけいこちゃんの胸元ばっかり見てたでしょう」と指摘を受けました。

「実はビキニが浮いてて乳首が見えてたんよ」と私が話すと、
「ヤラシイわね」

「実は今も思い出すと起ってくるよ」と妻に言うと、軽く触って確認してきます。

妻も多少酔ってるのでしょう。

「エッチしたいな」と言うと
「うん、でも出来ないから我慢して」

綺麗な夕日です。
お腹も空いてないので続きで飲み直しです。
私はけいこさんの胸元を見るために、またもや隣に座りますが、空も暗くなり陰になって見えませんでした。
そろそろキャンプの準備でワンタッチテントを張り、ガスランプを焚き、泊まりの準備です。

昼間から飲んでいたので四人とも結構酔っています。
段々と話も弾み、下ネタの話になっていきます。
けいこさん夫婦は「月にどのくらいのペースでしてんですか?」・・・など盛り上がっています。
そのうち妻がトイレと言い出して、私は「行ってきたら」と言うと「え~めんどくさいな~」と妻が言います。
トイレは船に完備してある簡易性トイレです。
一旦海に入り、ハシゴで船に乗船しないと行けません。
そこで同僚が「海ですれば?」と言い出しました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私も「男だったらみんなしてんぞ」と言うと、妻は「じゃあいいかな~」と席を立ち上がりました。
妻はガスライトが届く明かりの中で、下半身だけ浸かってしゃがんでいます。

「や~ん、恥ずかしいから中々でない」と言いながら済ませて戻ってきました。

私は妻の放尿姿を他人に見られるという思いだけで少し興奮していました。
男連中は海に入るわけでもなくそこら辺で立小便ですがけいこさんも「おしっこ」と立ち上がりました。
けいこさんは結構酔ってるみたいでフラフラとあるいて行きます。
私たちは「危ないから深いとこまで行くなよ」と声を掛けます。
けいこさんは酔っていたのでしょう。
ふくらはぎぐらい海に浸かるとビキニの下をを下ろしておしっこをしています。
こっちを向いているのであそこは海に浸かって見えませんが、チラッと日焼けしてないお尻が見えます。

みんなも酔っているので「おーい、けいこおしり丸見えだぞ~」と絡んでいます。

けいこさんのオシッコ終わって、立ってビキニを履くときには一瞬陰毛がチラッと見えました。
けいこさんが戻ってきて飲みは続き、少し寒くなってきたので、みんなTシャツを羽織りました。
女性陣はビキニの上をテントの上で乾かしています。

良く見ると二人ともノーブラではありませんか!

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私は「おお~ノ~ブラとは興奮するわ」と言うと、同僚も気づいたみたいで「ほんまですね、興奮モンですよ」二人とも白色のTシャツでポチッとなっています。
そのうちゲーム開始です。

「古今東~西」

罰ゲームはチューハイイッキです。
みんな同じぐらい飲まされ結構酔ってきました。

妻とけいこさんは、また「オシッコ」といいながら海に向かいます。
今度は濡れるのがイヤだったのか波打ち際で二人並んでお尻をこっちに向けてオシッコをしています。
その時、妻のお尻のほうが大きかったのを思い出します。

興奮した私たちは駆け寄って妻たちを「ドボンッ」と海に投げ込みました。

妻たちは「キャーキャー」騒いでいます。
全員ビシャビシャになりテーブルまで戻りました。
妻とけいこさんはノーブラだったため乳首がモロに透けて胸の形がハッキリ見えます。

同僚が「もう脱いでしまえば」と言うと、私たちの前で何のためらいもなく妻たちはTシャツを脱ぎました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


同僚は妻の胸に釘付けです。
私はもちろんけいこさんの胸に釘付けでした。
昼間のチラリとまた違った感覚で興奮しました。
妻とけいこさんは「どっちの胸が大きいかな~」と持ち上げて比べています。
そんな意味のないこと、一種の照れ隠しなんでしょうね。

妻たちはタオルを首から掛けて胸を隠して飲み始めましたが、少し動くたびに乳首が出てくるので気になって仕方がありません。
妻たちは酔っているので、そんなとお構いなしみたいです。

「そんな近くで胸を見るから大きくなってきたよ」と私が言うと、
「俺もヤバイぞ」と同僚も言います。

「男の人ってすぐエッチしたがるからダメなのよね」と、妻が言ってます。

「胸を見ただけでエッチな気分になるの?」

けいこさんは私に言います。

「そりゃーしかたないよ、二人とも胸出してるんだから~」と私。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「男の人たちも脱いだら~」と、けいこさん。

「え~変態ジャ~ン~」

・・・と言いながらも妻は同僚の方をじっと見ています。

「見せて見せて」と、けいこさん。

妻は私以外のチンコを見るのは久しぶりだと思います。
はじめに同僚が「ズルッ」と脱ぎました。
妻は恥ずかしそうにチラチラ見ていました。

私も「ズルッ」。

けいこさんは「イェ~イ」ノリノリな感じです。
もうこうなったらゲームを再開するしかありません良く分からない罰ゲームです。
負けた人はその場ででんぐり返し~。
妻が胸を出してでんぐり返しをしています。
意外とおもしろかったです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

罰ゲームはどんどんエスカレートして行き、私がけいこさんの胸を触ることに・・。
めちゃくちゃ緊張しました。
妻と同僚が見てる前で同僚の妻の胸を触っています。
今度は同僚が妻の胸を触っています。
妻は乳首が性感帯なので同僚の指がゆっくり乳首に当たるたびに「ビクッビクッ」と体が動いています。
良く見ると妻の手は同僚のチンコを上下させています。
私とけいこさんはツバを飲んで見ています。
ゲームは中断してエロモードに入っていきました。
私はその時、止めてくれと言うよりも興奮していました。
けいこさんも同じだと思います。

妻はすぐに感じだし「アッアッ」と短い声が漏れはじめました。

同僚は焦ることなく私を時々見ながらゆっくり妻の乳首を摘んだり弾いたりしています。
妻も同僚のチンコの根元を上下さしたり先っぽに円を描いたりしています。
私とけいこさんも段々と寄り添って肌が触れます。
究極に恥ずかしかったのですが、チンコを触ってきたので私もガマンが出来ず胸を鷲づかみにします。
私は自分がするよりも妻のエッチをしてるところに興奮を覚えてしまいました。

けいこさんには「しばらく見ていていいかな?」と伝えると、二人で観賞しました。

妻は「アン、アン」本格的に感じて来たようです。

同僚はビキニの上から妻のアソコを触っています。
妻は椅子に座っていますが、M字開脚のようにして感じています。
同僚は等々ビキニを脱がし足を広げます。
妻は恥ずかしいのでしょう。
自分の腕で顔を隠しています。

同僚はゆっくり妻のビラビラを広げクリトリスを剥いて、中指を激しく横に動かします。
妻は狂ったように「アッ~~~アッアッアッ」と声を響かせます。
段々と中指は陰茎の中に入りまた激しく出し入れしています。

妻は体をよがりながら「イクッイクッ」と言いながら「グチュグチュ」音を立てながら潮を吹きました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 会社の同僚夫婦と夏の海のキャンプで

トイレでの失敗

妻から先日聞いた話を投稿します。妻は32才小柄で童顔、明るく私の友人からも人気のチョイエロ女です。その妻が子供を連れて公園に行った際、しばらく子供と遊んでいるとオシッコがしたくなりトイレを探すと中々見つからず、子供も3歳のため歩くのもゆっくりで、オシッコも限界に達するところまで来た時、やっと公園の端にトイレが有りホッとし子供を連れ女子トイレへ入ろうとしたその先に、女子トイレ故障のため、男子トイレをご使用下さい!男女共同トイレに成っており、ホッとした気の緩みもあり妻のオシッコは我慢の限界に達っしており、仕方なくトイレへ向うと昔ながらのトイレで下がガラ空きで、更に一段高くなっている和式のトイレに嫌だなと思いながら子供と入りオシッコをし始めると、子供が鍵を開け外へ出て行ってしまったそうです。しかし、妻の話はここで終わらず。早く子供のところに行かないとと思い早くオシッコを終わらせようと焦っていたので、扉が空いている事を忘れていると、おっ丸見えと高校生2人が妻のオシッコとお尻をしゃがんで覗き込んでいたそうです。妻は、見ないでと言ったそうですが、振り向くとニヤニヤした学生服を着た高校生が終わるまで見まーす!と覗き見を辞めてくれなかったと話しておりました。私は妻に高校生は、しゃがみながら見てたのか?と確認する。妻は、そうだよ!オシッコが終わると逃げてった…私は、妻のアソコは毛が薄いからしっかり割れ目まで見られてると分かった。その瞬間物凄く興奮した。
オシッコを終わらせて子供を探し車へ向かう途中に高校生が2人ニャニャして見ていたそうです。顔チェックでしょうね!

[紹介元] エロ体験談 トイレでの失敗

仕事欲しさに夫にも見せたことのない痴態を晒した女史
画像はイメージです
私は某外国語大を卒業し、◯◯電工の本社に就職しました。
今は名前が変わってしまった会社です。
そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。
夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。


しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に罹ってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。
夫の実家は都心から車で2時間以上かかる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。

夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。
夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。
発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注してもらえ、私も専務などとおだてられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。

ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。
売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。
給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しかし従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に私も同意見でした。

なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。
私は義父を実の父親のように愛していました。
結婚したいと挨拶に行った時、既に両親が他界していた私に義母は露骨に嫌そうな顔をしました。
しかし義父が味方をしてくれて、私を嫁として受け入れてくれました。
その後も義父は、何かにつけ私に配慮してくれ、いつも助けてくれたのです。
そんな義父のためにも、なんとか頑張りたい。
恩返しの真似事がしたいと思いました。
この頃、工場では私の仕事はほとんど無かったため、私は少しでも助けになればと、学習塾で得意な英語を教えるアルバイトも始めました。

そんな時、あの男、木島が農機メーカーの担当者として私達の前に現れました。
木島は、常務の肝入りでコンペが開かれると知らせてきました。
そのコンペは新製品に使われる部品の鋳造業者を決めるためのもので、技術的に当社でも対応できるものでした。

私は、茶髪で軽薄そうな木島のことがどうしても信頼できませんでした。
まだかなり若いのに他人を見下したような話し方や目つきが鳥肌が立つくらい嫌でした。

しかし、それでも私達は喉から手が出るほど仕事が欲しかったのです。
だから夫に反対はせずに、その話に飛びつきました。
そして木島に助けられながら、資料やサンプルを作ってコンペに臨みました。

コンペの当日、私達は予定の2時間前から本部で待機していました。
他社のキャンセル等で、突然早まる事もあるからです。
待機中、夫がトイレに立った隙に、木島がそっと耳打ちしてきました。

「実は、常務が奥様に会いたがっております。コンペの前にご挨拶しませんか?」

以前、農機メーカーの運動会に私達下請けも参加したことがありました。
その時に私のことを知ったそうです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

常務は重田という40代の男で、現在の社長の長男であり、次期社長を約束されていました。
私は、当然、挨拶したいと申し出ました。
ところが木島は変なことを言い出しました。

「では、コンペは社長にお任せして、奥様は、これから常務に会いに行きましょう」

「え?ご挨拶は主人と一緒に伺う方が良いのではないでしょうか?それにコンペも」

木島は私の言葉を遮りました。

「常務はコンペには立ち会いません。ですが、発注先を決めるのは常務です。この意味分かりますか?」

「申し訳ございません。おっしゃる意味がよく分かりません」

「分からない人ですね。全ては奥様次第、と申しているのです」

そう言って、木島は私の全身を舐めるように見ながら、厭らしく口元を歪めました。

「な、何をおっしゃっているのですか!そういうことでしたら、これで失礼します!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「本当によろしいのですか?お宅の会社、潰れますよ」

一瞬、足が止まりかけました。
しかし、あまりにも理不尽で馬鹿にしていると思いました。

「失礼します!」

私は急いで紳士用トイレへ向かい、出てきた夫に気分が悪くなったから帰ると告げて、一人で帰宅しました。
夫はコンペで一人奮戦しましたが、当然のように私達に声が掛かることはありませんでした。
それどころか、僅かな仕事さえ回っては来なくなりました。
私がコンペをすっぽかしたからだと噂が立ち、やることがなく工場内でブラブラしている従業員達の視線が冷たく感じられました。
夫と2人で金策にも走りました。
しかし、農機メーカーから切られてしまった私達に貸してくれるような金融機関は、到底見つかるはずもありませんでした。

ある時、意気消沈しながら病室へ義父を訪ねると、夫が眠っている義父の手を握って泣いていました。
それを見た瞬間、胸をえぐられるような痛みを覚えました。
私のせいだ!と思いました。
義父の優しい笑顔や、従業員達の顔が浮かんできました。

気づいた時には、木島の名刺を掴んで、電話をしていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

木島が指示したのは、工場からそれほど離れてはいない落ち着いた旅館でした。
部屋に案内されると、木島の横にがっしりした体格の男が座っていました。
それが常務の重田でした。

重田は、私を見るなり・・。

「ほほう。確かに、これは美形だ」

そう声を漏らしました。
少し違和感を覚えました。

(運動会で私を見たのではなかったの?)

「初めまして、いつもお世話になっております。◯◯と申します。本日はお招き頂き有難うございます」

挨拶をしても、重田も木島も私を見つめているだけで無言でした。
「どうぞ」とも言って貰えず、私は突っ立ったままでした。
重田は立ったままでいる私に、いきなり告げました。

「脱ぎなさい」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


あまりにも人を馬鹿にしていると思いました。
私はキッと重田を睨みつけると、怒りに任せて帰ろうと思いました。

「木島君、この間のコンペ、『不備があった』ということでいいね?」

「はい。まだ正式には発注業者は決まっておりません」

「ある一定レベルの技術力があれば、正直、どこの業者でも構わないのだよ」

堀の深い目が、私の目をじっと見つめました。

「決めようじゃないか、今、ここで」

他人に否を言わせないような重たい声でした。

「はい」

私は返事をしていました。
私はスーツのジャケットを脱ぎ、スカートに手を掛けたとろで木島のことが気になりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


(この人はいつまで居るの?)

私は木島の方へ時々視線を送りながら、脱ぐのを躊躇っていました。

「何をしている!」

重田から重い声が掛かりました。

「き、木島さんは、いつまでそちらに?」

「何を言っている!この木島君も一緒に君を抱くんだよ」

(え?そんな・・・)

木島がニヤ~と笑いました。
鳥肌が立ちました。
発注の権限を握る常務の重田だけでなく、その子分の木島にまで私は肌を許すのか。

それでも私に拒む権限はありませんでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は2人の目の前でストリップをさせられ、全て脱ぐとテーブルの上で仰向けになりました。
真上にある電気が煌々と明るくて、思わず目を閉じました。
酷いものでした。
ベッドや布団ではなく、テーブルの上で、私は夫にさえ見せた事のない姿を二人の男に晒しました。
私の全てを一通り弄ぶと、それまでが嘘のように饒舌になりました。

木島「下請けに、えらい別嬪さんが居ると聞いてね。で、どんな女か見に行ったんだよ。どうにかしておもちゃにしてえなぁと思ってたら経営が火の車だって言うじゃん、速攻で叔父さんに報告したよ」

重田「そうだったな。木島君から聞いた当初は、それほど乗り気じゃなかったんだが、聞けば外大出だと言うじゃないか。私は◯◯大卒でね。昔は外大の才女に憧れたものだった。外大出の美女を辱められると聞いただけ興奮したよ。木島君、低学歴の田舎者には分からんだろうが、凄いことなんだぞ、外大に入るのは、この女史は凄いんだぞ」

木島「叔父さん、酷いなwでもさ高校中退の俺でも、偉い才女さんが股広げちゃってるよw」

重田「確かに」

重田はそう笑いながら、散々なぶられてジンジンする秘所に手を伸ばしました。

「もう一度、マングリを見せてもらおうか」

(そ、そんな・・・)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「どうした?さっき教えただろ。今度は自分でやるんだ」

私は屈辱で気絶しそうになりながら歯を食いしばりました。
その後も、私は二人の思いのままに体をひっくり返され、手足もお尻も何もかも広げられて、欲望に応えさせられました。
家に帰されたのは、出かけてから4時間も経った後でした。

重田はすぐに約束を果たし、工場には再び活気が戻ってきました。
皆が笑顔で汗を流している姿を見ると報われる思いでした。
私がこの工場を救ったんだと思うと胸が高鳴り幸せな気持ちになりました。

しかし、その幸せは長くは続きませんでした。
それは、私が英語の講座を終えて、一息ついてる時に起こりました。

「せ~んせ。これちょっと見て」

目の前が真っ暗になりました。
塾の教え子が持ってるポータブルプレイヤーには、私が映っていました。
あの旅館での屈辱が蘇りました。

私は俯いて耳を塞ぎながら、屈辱感で体が小刻みに震えていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「うわー凄い。アソコってこんなに開くもんなんですね」
「僕、モザイクなしは初めてかも」
「ばーか、AVと一緒にすんなw」
「これ、この先生なんだぞ、ほら!顔がアップで映った」

『若葉のオマンコ見て・・・』

「マジだw名前まで言っちゃってるw」
「自分でアソコ開いちゃって、せ~んせ、いや、若葉さ~ん、は~ずかしいぃぃw」

重田信明・・・。
まさか私が受け持っている生徒の一人があの重田常務の息子だったなんて、その時まで全く気づきませんでした。

突然、映像を見せられて呆然とする私の前で、信明はボリュームを上げました。
屈辱の声が室内に響き渡った瞬間、私は慌ててポータブルプレイヤーを奪い取ろうとしました。
しかし彼らは、「動画は何枚もコピーしてある」と言って、笑いました。

私は必死になって説得しました。
それでも信明は恥辱の動画を流したまま、講師室へ向かっての歩みを止めませんでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

同僚達の話し声が聞こえる程近くに来ると、もうどうすることもできず、とにかく説得しなければと思いました。
だから、駅前のビジネスホテルを取るよう言われた時、私は素直に従ったのです。

「じゃあ、そろそろ、リアルで見せて貰おうかw」
「待ってましたー」
「せ~んせ、お風呂のお時間でちゅよ~脱ぎ脱ぎしましょうね」

「ふざけないで!そのプレイヤーも焼いたDVDも全部渡しなさい!」

「は?何言ってんの、こいつ」
「自分の立場が分かってないの?」
「親父達には、散々やらせて俺らには無しか?」

「馬鹿なことはやめなさい!あなた達がやってることは犯罪よ!」

「ふうん。じゃあ親父たちにエッチなことさせて仕事貰うのはありなんだ?ぶっちゃけさ、兄貴にお前のこと話したの、俺だからw兄貴って呼んでるけど、木島は俺の従兄弟なんだよね。だから、全部知ってるんだぜ。お前に仕事を横取りされた会社、何だっけ?なんとか工業。あそこの奥さんは汚えババアらしいね」

「信明ぃ、じゃあさ、その会社に今から行って、これ見せてやろうぜ!」
「こんな汚いやり方で仕事奪われたんじゃ、怒るだろうね~」
「ついでに、こいつの会社にも言って、配ってこようぜ!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「やめて!やめてよ・・・」

「だよね。1回だけでいいよ。みんな!いいよな?」
「とっとと脱いで、罪を償おう!」

「駄目よ、許されないことだわ」

「は?何度も言わせんな!脱ぐか?それとも、この恥ずかしい動画ばら撒かれるか?どっちか選べって言ってんの!」
「なあ、面倒だから、こいつの家に行って、上映会やろうぜ!」
「そうだな。散々やりまくられたくせして、何言ってんだ、この人、ムカツクからばら撒いちゃおう!」

「ま、待って!本当に全部返してくれるのよね?」
「ああ、約束するよ」

「これ1回きりよ。約束して!」
「分かってる分かってる。早く脱げよ」

「あ!僕、手伝いたい」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そう言うなり、斉藤善彦が抱きすくめてきました。

「善彦、気が早いw」
「初めて見た時から、このオッパイ揉みまくりたかったんだよね」
「ばか、みんなそうだよ」

「うっ」

力任せに乳房を揉みこまれても痛みしか感じませんでした。

「もういいや、みんなで手伝ってやろうぜ!」

その声を合図に興奮した男の子達は奇声をあげて襲いかかって来ました。

「い、いやあぁぁ!」

私の切り裂く悲鳴が室内に響き渡りましたが、当然のごとく誰も助けには来ませんでした。

「やめて・・・お願い」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

男の子達は哀訴の声をあげる私の胸元を思い切りはだけると、乳房の膨らみに目を輝かせました。
彼らは濃密な女の匂いを鼻腔一杯に嗅ぎ、さらに興奮の度合いを高めていきました。
そして、自分の年齢の半分程の男の子達に陵辱されることへの怯えと、屈辱に泣く私の衣服を毟り取るように脱がせて、全裸に剥きました。

「おい!そんな態度だと、どうなるか分かるよな?」

全裸にされて羞恥で身を縮める私に低い声が囁きました。
私には、その声に逆らうことは出来ませんでした・・・。

「ひゃっほ~」

力を抜いた私の体に男の子達が群がりました。

「この体、前からやりたかったんだよ。英語の講師が東京から来た凄い美人だって兄貴に言ったらさ、『そのうちやらせてやる』だもんな。こいつなんか、童貞捨てるのは、あんたしかいない!ってオナ禁してんだぜw」
「すっげ、柔らけえ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「いい匂いするよ」

私は3人の中学生達の望むままに開かされ、好き放題に弄り回されました。
そして女体を隅から隅までを調べ尽くして、我慢できなくなった男の子達は順番に私の中に溜まりに溜まった欲望をぶつけてきました。
1周目は稚拙に思えた愛撫も、彼らが考えて工夫してくるようになってくると、次第に私の頭の中は真っ白になっていきました。
特に信明はとても女の扱いに慣れているようでした。

「そんなんじゃ先生、満足してねえぞw」

他の男の子達も自分の倍ほどの年齢の女が、自分達の技巧によって悶えるのが面白くなったらしく、互いに競い合うかの様に持てる限りの技巧を駆使しだしました。
男の子達の無尽蔵な体力と腰の骨が軋むほどの陵辱に、私の肢体は辛うじて耐えることはできました。
しかし数時間後、男の子達が最後の精を絞りきったときには、男の子達はそれぞれ五度の絶頂に達し、そして、私は一時の休みも与えられず立て続けに犯され続け、強制的に数え切れないほどの絶頂を迎えさせられ、失神していました。

「若葉ちゃん、若葉ちゃん」

朦朧とする意識の中で私の名前を呼ぶ声が聞こえました。
私は薄っすらと目を開けました。

「わ~かばちゃんw、凄い乱れようだったみたいですねw」

ぼんやりする頭に、木島の人を小馬鹿にしたような声が響きました。
私はすぐに我に返りました。
しかし起き上がろうとすると体の節々が軋みました。

「頭脳明晰な才女さんも、中学生の若い肉体は、お気に召したようですね。『イッちゃう、イッちゃう』『ああぁ、ああ、もっと、もっとぉ』・・・恥ずかしくて、カメラを持つ手が震えましたよwまあ今日はゆっくり休んでください。またそのうち楽しませてもらいます」

木島はそう言って、ぺろっと私の頬を舐めて行きました。
後に残された私は恥辱と自己嫌悪で身を掻き毟りました。

木島の言ったことは事実でした。
私は若い肉体に骨の髄まで犯されて、彼らの背中に腕を回して喘ぎ狂い、彼らに跨がって腰を振り続けました。
そしていつしか自ら狂ったように彼らを求めて、屈辱の台詞まで言わされました。
私は中学生達に、体だけでなく精神まで屈服させられたのです。

「動画は、いらないんだなw」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


何度も何度も絶頂を迎えた後で善彦にバックから突かれ、真一に胸を揉まれながら、私は答えました。

「いらないわ、あああん、いらないから、あああ、もっと、もっとぉ」

この時、お尻の穴の入り口には信明の指が当てられていました。
穴の上っ面を撫でるだけの信明に、焦らされて、私は狂いました。
先のことなど何も考えられなくなっていました。
その指を入れて欲しくて、口に出来ることは何でも言いました。

「こいつ、けつの穴が好きだって聞いてたけど、すげえな。奴隷になるって言ってみな」
「ああぁぁ、なります。奴隷になります」

「ちげーよ、『若葉は信明様の奴隷になります』って言えよw」
「ああっ、若葉は、あぁん、の、信明様のど、れいに、なります。ああぁぁ」

「すっげ、マジで言っちゃったよw」
「あぁぁっ、あああん、気持ちいい、気持ちいいよぉ」

その日、私は動画を返してもらうために中学生たちに体を開きました。
しかし、抱かれてる最中に自分で約束の動画をいらないと言ってしまったのです。
当然、返してはもらえませんでした。

工場には活気が戻り、私の事務作業も増えてきました。
しかし、それでも私は塾の講師を辞めませんでした。
辞めることはできませんでした・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 仕事欲しさに夫にも見せたことのない痴態を晒した女史

PTAの母親と。

公立の小学校の教員をしています、昨年度は5年生の担任をし、そのまま持ち上がりで
今は6年生の担任
 
性格も前向きでよいし、成績もよい、男子をクラス委員長、学級委員長に推薦し決まり
 
その母親から、妙に喜ばれ、感謝されたり
 
PTAの母親でもあり、そして、先日の平日、家に訪問する機会があり
5年生の受け持ちだったので、何度もお会いしているけど
子供は学習塾、旦那さんは 勿論 仕事
そうなんです、ぼくと、妙に 化粧をし香水をプンと付けた色っぽい服の母親との二人
で、話をすることになり
 
その色っぽい服は、純白のミニスカートに肌が透き通るような黒のパンスト
下着の赤ブラジャーが透けて見えるようなオーバーブラウスなんです。
 
二人掛けソファーに並んで座り、テーブルにはジュース
純白ミニスカートの母親、ソファーに座っていると、かなり太股の上のほうまで見え
伸ばした黒髪は赤ブラジャーが透けて見えるブラウスの胸の上に重なり、やたらとセクシーなんです
 
そんな気はなくても、色気 セクシーに思えて感じてくるし
受け持っている5年生のときから、母親には、6年生になったら学級委員長にしてもらえると、私立中学に入るにもメリットがあるようなことを言われていたし
 
もしかして、勘違いしているのか、担任との関係を結んだら、推薦とかあるとか思っているのか、話が変な方向になっていきました。
 
並んで座っているし、母親が、密着するように体を近づけてきて
・・先生 いいですよ
 
スカートの中なんて見られたら女性なら恥ずかしいし、いやなことなのに
純白ミニスカは太股ギリギリなのに膚が透けて見える黒パンストの股が見えるように足を広げてくるし
ピンク色パンティが見えて、ついパンスト腿に手が触れ 撫でてしまったら
 
ああんあ いいわあ 感じるわあ
 
そのまま、床に押し倒して、重なり キッスし 胸をブラウス上から触り、ボタンを外し ブラジャーを触り
もう だめでした、ミニスカの内側でパンスト股を撫で つるつる すべすべ
我慢できず、ミニスカの内側から黒パンストを太股に下げた ピンク色ビキニ パンティ
手を滑らせ脱毛している股
 
自分もパンツとブリーフを下げてペニスを出し、、純白ミニスカートの内側の彼女のビキニも下げて、色っぽい声と顔
 
ああっぁ あああぁぁ いいわあ ああぁぁ
 
吸い込まれていく オマンコの中は 気持ちいいい
 
ああっぁ ああっぁぁ ああっぁあぁ いいわあ ああっぁ
 
の声がエロぽい
 
オマンコに突っ込んだまま、ブラジャーの紐を下げて 乳首を吸ったり 撫でたり
 
ああっぁ ああっぁ いやあぁ ああっぁ 感じてしまうわあ ああっぁぁあ
 
一度 二度 精液がマンコ内に出てしまったら マンコがグッチャリ
 
ああっぁ いやあぁ ああっぁ 先生 いいぃわあ あ 気持ちいいい ああぁぁ
 
広がったブラウス 乳首が出ている ブラジャー 純白ミニスカ に 下着が下がった 母親のマンコを攻めていたら
10分くらいだろうか、
 
ヒヒイ ああぁ ヒヒイ 先生 いいや もう だめ イイクわああ ヒヒイ
 
って声を出すから、つい、同時に いいっちゃたか、精子液 マンコにビシュシュ ドクドク びしゅしゅ
 
ああっぁ ああっぁ いいいわあ あああっぁ
 
グッチャリした股を拭き取り 下着を直した 母親の純白ミニスカに黒パンスト下半身は やっぱり色っぽくて
 
今 液をマンコに 出したばかりだが、すぐに抱きたくなって
 
いやあ せんせい ああいや ああっぁ ミニスカ 中 弄られると ああいや パンスト 弄られると ああいや 湿っているわあ
 
いいや ああいや 滴れてきて ああいや ビキニ 内側 ああいや
 
続けてしていると、険しい 嫌がる 顔と声
 
たまらない 女性の 嫌がる 雰囲気
 
もう一度 床に押し倒して ブラウス 広げ ミニスカの 内側から下着を下げると
 
ああいやああぃや いやん ああいや あああっぁ
 
嫌がって 苦しんで 険しい雰囲気の 声と顔 たまらない
 
純白ミニスカのまま、」下向きにしては、バックからピストン
ヒヒヒイ の 興奮していそうな 嫌がっているような声 たまらない
あああいや 先生 ああいや 二度は ああいや あああいや!
 
液を出したばかりなので、20分は続けてマンコを攻めて
再び 液をマンコに
 
あああっぁ いや 先生 ああいや ああっぁ ヒヒヒイあああぁ いいわあ
 
ああいや イイッタ ああいや 突き上げられるわあ ああいや イイタ!
 
一度目とは違うほど、興奮度が かなり烈しい 本気で 興奮していそうな 母親
ヒヒイ 先生 待って ああいや イイタ イイクわあ 待って ああいや ああい!
 
つつき突き上げられわああ 大きいわあ ああいや あああいや イイッタア!
 
これからも、子供を よろしくお願いします、と頼まれました。
 
こちらからも、週に 一度くらい、マンコをさせてもらうことをお願いしました。
 
返答は、そうなんです。
 
独身の時に買った 純白ミニスカを履いたまま 抱かれたの 初めてだったわあ
それに続けて 二度もされて、二度目は いいっちゃった わ 恥ずかしい 烈しいかったわ
子宮が 突き上げられる快感 感覚 初めてで すごいわあ イイクしてしまったわあ。
 
噴いたらしい。
噴いて イイクしたばかりの オマンコにキッスされたのは初めてらしくて 嫌がっていたけど
純白ミニスカのまま マンコを吸われるのも、嫌いじゃないようでした。
旦那とは何年もされていないようで、攻められるような 烈しいのは 感じるようです。

[紹介元] エロ体験談 PTAの母親と。

年上のバツイチ姉さんと充実したセフレ性活
俺は今28歳、彼女は39歳。 不自然なはず。 彼女には小学5年生と中学2年生の子供がいるそうだ。 2年前に、子供を連れて離婚したと聞いている。 俺も彼女も正社員にはなれず、パートとして同じ職場で働いている。 俺が最初に彼 […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 年上のバツイチ姉さんと充実したセフレ性活

同窓会の後、子持ちの同級生とやっちまった
昨日、中学の同窓会。 中学卒業して20年近くだが、もうすぐ70になる先生に毎回説教されてる。 そんなことより、やっちまいました。 中学の時は意識してないけど、帰り道一緒だったので結構仲がよかった人。 すでに二人の小学生の […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 同窓会の後、子持ちの同級生とやっちまった

授乳期の妹にムラムラして
妹が盆で子供と帰省してきていて、夕方に3ヶ月の娘を風呂に入れていた。 俺が赤ん坊引き取りの役目だった。 俺は性欲に目覚めて以降、妹の裸や下着などをオカズにしていた。 しかし今日は役目があるため、堂々と久々の裸体を堪能でき […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 授乳期の妹にムラムラして

満員電車で痴漢に塗られた変なクリーム
毎朝、都心まで通勤していた私にとって、一番の悩みはラッシュの電車の中の痴漢でした。 まだ23歳の私は、通勤のOLスーツも色々なデザインの物を選んで着たい気持ちはあります。 でも華やかな服装がいけないのか、私は毎朝のように […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 満員電車で痴漢に塗られた変なクリーム

韓国エステでの快感が半端ないwwwwwwwwwwww
一時期、性感マッサージにはまってて、ある韓国エステに行ったら小雪似のクールビューティーに当たった。 韓国エステってガチで普通のマッサージで終わるところもあるし、回春エステ的な風俗系のマッサージもある。 正直外観からは検討 […]
[紹介元] エロ体験 抜けるえっち体験談告白 韓国エステでの快感が半端ないwwwwwwwwwwww