【エッチな体験談】四十六才の母と十 六才の娘凌辱。息子の友人たちに

【エッチな体験談】四十六才の母と十 六才の娘凌辱。息子の友人たちに
a11122343002288

五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてます。

息子と娘の三人家族で、生

活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹
しく暮らしていました。

 私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十
六才の高校一年生です。

 私は医療事務の資格を持っていたので、昼間は小さな個人病院での医療事
務仕事をし、夜は料亭の仲居として働き、子供たちをどうにか育て上げてき
ました。

 しかし、この春の大学受験を息子の雄太が失敗してから、我が家に少しお
かしな風が吹き始め、どこかに空気の遮断壁のようなものが出来てきていま
した。

 予備校に通うこととなった雄太の生活態度が、それまでの素直な純真さが
どこかに消えてしまい極端な内向的で鬱的な性格になってしまったのです。

続きを読む

[紹介元] 気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~ 【エッチな体験談】四十六才の母と十 六才の娘凌辱。息子の友人たちに