はへっ!?……うっわあー!恥ずかし!!どうしてくれるん?

はへっ!?……うっわあー!恥ずかし!!どうしてくれるん?
画像はイメージです

中学時代、私はある人(Sとします)に恋をしました。



Sはクラスメイトで、誰かも好かれる人気者でした。



ある日、クラスの数名の男女で私のマンションで遊ぶ事になりました。



そのマンションには、私とクラスメイトの男子Mが住んでいたので、Mの家に集まる事になりした。



そして、マンションで隠れんぼをする事になりました。



鬼はS。



私はSにわざとに見つかるように隠れたのが功を奏し、すぐに私を見つけてくれました。



Sと2人っきりになり、私はSに「もうちょっとここにいよう?」



と言うと、Sはちょっと困った感じでしたが、笑顔で承諾してくれました。



恋愛の話になり、S「お前は好きなヤツとかいるん?」



私「そりゃね!(照れ笑い)」

S「ふぅん、、どんなヤツ?」



と聞かれたので、今だ!と思い、私「顔は微妙やけど、人気者で、私を1番に見つけてくれた人!」



と言っちゃいました。



S「………」



しばらく沈黙ができてしまったので、私「Sは誰なん?ってかおるん?」



S「今一緒におる子」



私「………」



S「…………どっか行く?抜け出しちゃおうぜ笑」



私は嬉しくて自分から手を繋いでしまいました。



マンションから出て、私「両思いなんよね?」



S「何か照れるな笑」



私「めっちゃ嬉しいんやけど///」



S「でも、顔は微妙は酷いわ笑」



こんな会話をしていたら、帰る時間になってしまったので、私は荷物を整理してたら、S「キス、いい?」



私「…いいよ」



彼は私の肩を寄せ、だんだん近づいてきました。



でも、Sがキスしたのはまさかの唇でなく、口角(?)だったのです。



私「場所ちゃうし!」



S「はへっ!?……うっわあー!恥ずかし!!どうしてくれるん?」



私「いや、知らんし!!!」



S「もっかい!」



アホな彼氏です笑

[紹介元] エロばな!! はへっ!?……うっわあー!恥ずかし!!どうしてくれるん?