超進学校で人妻美人教師が罠に嵌められ輪姦

超進学校で人妻美人教師が罠に嵌められ輪姦

僕が進んだ高校は、進学校として名を馳せており、生徒たちは学業に励んでいた。しかし、その中には驚くほど高い知能を持ちながら非常にタチの悪い生徒が数人紛れ込んでいた。彼らは学校内での影響力を誇示し、教師や生徒を自在に操ろうとしていた。

高校2年の1学期、新任の先生がやってきた。渡辺美雪先生、33歳の人妻で、旦那は悪党たちが通っていた中学の教師だった。美雪先生は色白で背が高く、若々しく瑞々しさのある体つきをしていた。その存在は校内の生徒たちにとって大きな刺激となり、特に悪党たちの目には性的な対象として映った。

僕は、美雪先生に淡い恋心を抱いていた。成就することのない恋と分かっていながらも、彼女を目で追いかける日々が続いた。しかし、そんな彼女が悪党たちに狙われることになった。ある日、彼らの会話を偶然耳にしてしまった。

「新しい先生、かなりいいカラダしてるよな。あんな女をよがらせてみたいもんだ。」

僕の胸は凍りついた。彼らが美雪先生を性の対象として見ていることが、僕の心を揺るがした。

ある日、彼らは僕を利用する計画を立てた。彼らは僕を捕まえ、美術室に連れ込み、猿轡をされ、下半身をむき出しにされた。そして、「助けて」と書かれた紙を胸に貼り付けられ、目隠しをされた。

「先生を呼べ。亀田が美術室で大変だって。」

電話がかけられ、やがて美雪先生が美術室に駆けつけてきた。

「亀田くん、大丈夫?今、解いてあげるから。」

彼女が僕の股間に手を伸ばし、縄を解こうとする瞬間、悪党たちが現れた。

「先生、生徒のチンコを弄ってるところを撮影しちゃったよ。これが広まったらどうなるか、分かるよな?」

彼らは美雪先生を脅迫し、僕のちんちんをしゃぶるように命じた。彼女は恐怖に怯えながらも、彼らの要求に従うしかなかった。僕のちんちんが彼女の温かい口に包まれ、僕は耐えられないほどの快感に襲われた。

「先生、もっとちゃんとしゃぶれよ」

彼らの指示に従い、美雪先生は僕のちんちんを深く咥え、唇でしごくように動かした。彼女の瞳には恐怖と羞恥が混じり、しかしどこかに興奮の色も浮かんでいた。彼女の心の中には、清純さと同時に抑えきれないエロスが存在していた。

「ごめんなさい…でも、仕方ないの…」

彼女の言葉には屈辱と共に、一抹の快感が混じり始めていた。彼女の手が僕のちんちんをしごくたびに、その心の奥底から湧き上がる欲望が垣間見えた。美雪先生の動きが次第にスムーズになり、その唇が僕のちんちんをしごくリズムが一定してきた。

「なんで…こんなことに…でも、止められない…」

彼女の声が震えながらも、その中に潜むエロスが次第に表に出てきた。僕は彼女の口の中で射精し、彼女の顔に精液をかけた。それは、彼女が持つ清純なイメージとのギャップを際立たせる、淫靡な光景だった。

その後、美雪先生は彼らの家に連れて行かれ、何度も犯された。彼女が輪姦される光景を、僕は見せつけられた。彼女の心の奥底に潜むエロスが、彼らによって引き出され、屈辱と快感の狭間で苦しむ姿は、何とも言えない魅力を放っていた。

「お願い…もうやめて…でも、もっと…」

美雪先生の声が、次第に抗えない快感に変わっていった。彼女の体は、彼らによって何度も侵され、その度に彼女の中で抑え込んでいた欲望が解放されていった。彼女の心の中に潜むエロスが、彼らの手によってどんどん引き出され、彼女は自らの本能に抗うことができなくなっていった。

ある日、美雪先生はベッドに押し倒され、正常位で彼らに犯された。彼女の瞳には涙が浮かんでいたが、次第にその涙が快感の色に変わっていった。

「もうやめて…でも…もっと…奥まで…感じちゃう…」

彼らはその言葉に反応し、さらに激しく彼女を貫いた。彼女の体は、次第にその快感に溺れていった。

「なんで…こんなに気持ちいいの…いや…でも…止まらない…」

彼女の声が快感に震え、彼らの動きに合わせて腰を振り始めた。彼らはその様子に満足し、次は騎乗位に移行した。

美雪先生は彼らの上に跨り、腰を振りながら彼らを迎え入れた。彼女の体は汗ばんで輝き、快感に満ちた表情を浮かべていた。

「こんなこと…しちゃいけないのに…でも…止められない…」

彼女の言葉と動きは、完全に快感に支配されていた。彼女は何度も絶頂を迎え、その度に彼らの興奮を煽った。

「もっと…もっと感じたい…お願い…」

彼女の声が響き渡り、彼らの手によって彼女のエロスは完全に解放された。

美雪先生の体は、彼らによって何度も侵され、その度に彼女の中で抑え込んでいた欲望が解放されていった。彼女の心の中に潜むエロスが、彼らの手によってどんどん引き出され、彼女は自らの本能に抗うことができなくなっていった。

.ad-container {
border: 2px solid #d40076;
border-radius: 10px;
padding: 20px;
background-color: #fdf1f8;
font-family: Arial, sans-serif;
color: #333;
max-width: 600px;
margin: 20px auto;
}
.ad-container h2 {
color: #d40076;
text-align: center;
}
.ad-container a {
color: #d40076;
text-decoration: none;
font-weight: bold;
}
.ad-container .btn {
display: block;
background-color: #d40076;
color: #fff;
text-align: center;
padding: 10px 20px;
margin: 20px auto;
border-radius: 5px;
width: 80%;
font-size: 16px;
}
.ad-container .btn:hover {
background-color: #a10056;
}

この体験談で興奮したら必見!!

生徒から人気のある美人女教師「彩也香」。しかし担任のクラスに問題児を抱えており、注意しても言うことを聞いてもらえず頭を悩ませていた。そんなある日、その問題児が学校に来なくてなってしまう。彩也香は電話をかけると「話があるから来てほしい」と言われ問題児を助けたい気持ちが仇となり媚薬堕ちしていく…ザーメンが溢れる程の中出しをされ続けて完全に開発されたカラダは…。

あなたの欲望を刺激する、究極のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 超進学校で人妻美人教師が罠に嵌められ輪姦