31歳の俺が自治会のバレーボールキャプテンの49歳のスタイル抜群の人妻の美しい肉体に

31歳の俺が自治会のバレーボールキャプテンの49歳のスタイル抜群の人妻の美しい肉体に

俺は31歳の健一。嫁の実家の隣に家を建て、29歳の妻と2人の子供とともに暮らしていた。最近、町内会の自治会に加入し、さらに週に二回の男女混合バレーボール練習に参加することになった。バレーボールは高校時代の俺にとって懐かしい運動だった。

自治会のバレーボールキャプテンは49歳の人妻、川崎仁美。彼女は高校バレーボールの経験があり、その美しさと成熟した肉体でひときわ目立っていた。仁美はスレンダーで、手足が長く、小顔。まるでモデルのようなスタイルでありながら、Dカップの美乳を持ち、その優雅な姿に誰もが魅了された。

普段はジャージ姿の仁美だったが、町内会の飲み会の席で彼女の私服姿を目にした俺は、その美しさに息を飲んだ。仁美のショートボブの髪型が、ますます彼女を若々しく魅力的に見せていた。

ある夜、俺は会社の飲み会から帰る途中、タクシーの並ぶ路地で仁美に偶然出会った。彼女は友人二人を見送った後、「まだ飲みたかったの」と言い、俺を誘った。二人で飲めるお店を探して歩き回ったが、近くには見つからなかった。

「どこか静かで飲めるところはないかな?」仁美が尋ねると、俺は少し考えてから答えた。「ちょっと歩いてみましょう。」

二人はしばらく歩き回ったが、適当なお店が見つからなかった。疲れた二人がふと見上げると、ホテルのネオンが光っているのが目に入った。俺は少しためらったが、仁美は微笑みながら俺の腕を引いた。

「ここで休もうよ」と仁美が提案すると、俺はドキドキしながらもうなずいた。二人はホテルに入ると、フロントで部屋を取った。部屋に入ると、仁美は俺に向かって微笑み、俺の手を取ってベッドに誘導した。

「今日は特別な夜にしましょう」と彼女は囁き、俺に熱いキスをした。俺はそのキスに応じ、彼女の体を抱きしめた。二人はそのままベッドに倒れ込み、互いの体を貪り始めた。

仁美の体はスレンダーでありながら非常に敏感だった。俺が彼女の胸を愛撫すると、仁美は喘ぎ声をあげ、その快感に身を委ねた。俺の手がブラウスの中に滑り込むと、仁美の呼吸が荒くなり、肌がピンク色に染まっていった。彼女の乳首はすでに硬くなっており、俺がそれを指でつまむと、仁美は体を震わせた。

「健一くん、もっと…」と彼女は囁き、俺の手を自分のスカートの中に誘導した。仁美のパンティはすでに濡れており、俺の指がその湿り気を感じると、俺の欲望はさらに高まった。俺はパンティをずらし、彼女のクリトリスを指で刺激し始めた。

「ああ…健一くん…そこ…」仁美の体が反応し、腰が前後に揺れ始めた。俺は彼女の反応を楽しみながら、指の動きを速めた。

仁美は突然俺の手を止め、「ベッドに行こう」と俺を誘った。二人はすぐに服を脱ぎ捨て、裸で互いの体を貪った。俺は彼女の体を舐め回し、彼女の敏感な部分をすべて愛撫した。仁美は喘ぎ声を上げ、体を震わせ、俺の舌の動きに反応した。

俺が彼女のクリトリスを舐めると、仁美は声を上げて感じ始めた。「あぁ…健一くん…そこ…」彼女の体は激しく震え、腰がピクピクと動いた。俺は彼女の反応を楽しみながら、舌の動きを速めた。

仁美の体がさらに反応を強めると、俺は指を彼女の中に挿入した。彼女の中はとても濡れていて、俺の指がスムーズに動いた。俺は指をGスポットに当て、激しく刺激し始めた。

「いく…いく…ああ…」仁美の声が高まり、彼女の体が激しく震えた。彼女は潮を吹き、俺の指が彼女の中でさらに濡れた。

俺は彼女の体を抱きしめ、彼女の顔にキスをした。「すごく感じたね」と俺は囁いた。

仁美は息を整えながら、「もっと欲しい…健一くんの全部が欲しい…」と囁いた。

俺は彼女の言葉に応じ、ゴムを着けると、彼女の中にゆっくりと挿入した。仁美の中は温かく、俺のチンポをしっかりと包み込んだ。俺は彼女の中で動き始め、彼女の反応を楽しみながら、リズムを速めた。

「すごい…健一くんの…すごく気持ちいい…」仁美の声が甘く、俺の耳に響いた。俺は彼女の声に応じて動きを速め、彼女の体を強く抱きしめた。

「次は私の番ね」と仁美がささやくと、俺の上に跨って騎乗位になった。彼女のスレンダーで長い脚が美しく伸び、胸元が大きく揺れた。彼女の腰の動きが絶妙で、俺はその視覚と感触に圧倒された。

「見て、健一くん…」仁美が囁くと、俺は目を開けた。仁美の体がゆっくりと上下に動く様子はまるでダンスのようで、彼女の美しいスタイルが一層際立っていた。彼女の小顔が快感に歪み、俺の目をじっと見つめる。

「すごい…川崎さん…こんなに…」俺は言葉を失い、ただ彼女の動きに身を委ねた。

仁美の動きが激しくなるにつれ、俺は自分の限界が近づいているのを感じた。「仁美さん、もう…」俺が言うと、彼女は微笑みながら「出して、健一くん…私の中に…」と囁いた。

最終的に、俺は彼女の中に大量の精子を放ち、二人は一緒に絶頂に達した。仁美の体は震え、彼女は俺の上で動きを止めた。彼女の深層心理に潜むエロスが完全に解放され、俺はそのエロスに引き込まれていった。

イキ終わった後も、仁美は俺のチンポを口に含み、掃除フェラチオを行った。少し会話を交わした後も、仁美は再び俺のチンポを弄り始めた。

「こんなに淫らな人だとは思いもしなかった」と俺は思ったが、その夜の経験は俺の心に深く刻まれた。仁美の深層心理に潜むエロスが、俺の心を強く引きつけたのだった。

.ad-container {
border: 2px solid #d40076;
border-radius: 10px;
padding: 20px;
background-color: #fdf1f8;
font-family: Arial, sans-serif;
color: #333;
max-width: 600px;
margin: 20px auto;
}
.ad-container h2 {
color: #d40076;
text-align: center;
}
.ad-container a {
color: #d40076;
text-decoration: none;
font-weight: bold;
}
.ad-container .btn {
display: block;
background-color: #d40076;
color: #fff;
text-align: center;
padding: 10px 20px;
margin: 20px auto;
border-radius: 5px;
width: 80%;
font-size: 16px;
}
.ad-container .btn:hover {
background-color: #a10056;
}

この体験談で興奮したら必見!!

公認モノマネ芸人『菊市桃子』49歳のKANBi第2弾!2018年AVOP人妻熟女部門1位・総合3位受賞の美熟女と独占中出しデート!憧れの男優と浅草へ出発。景色や食事を楽しみながらも、頭の中はエッチな欲でいっぱい!ホテルに着くなり積極的にキスやハグを求め、シャワーを浴びる間もなくチンコに喰らい付く!愛液が溢れ出した陰部を指や舌で刺激され、我慢の限界になった桃子は生挿入を懇願。生チンコの温もりを感じながら、自ら腰を振り何度も絶頂に達する!膣奥深くまで多量の精子を注ぎ込まれ、念願の中出しに歓喜する。欲望まみれの49歳、本能剥き出しの濃厚中出しセックスをご堪能下さい!

あなたの欲望を刺激する、究極のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 31歳の俺が自治会のバレーボールキャプテンの49歳のスタイル抜群の人妻の美しい肉体に