出会い系で再会した高校の時の先生と…背徳感と欲望の果てに

出会い系で再会した高校の時の先生と…背徳感と欲望の果てに

僕の名前はコウジ。19歳の大学生だ。最近、思いもよらない経験をした。相手は、かつて高校で英語を教えてくれた美しい女性、久美子さん。彼女との再会は、全く予期していない場所から始まった。

ある日曜日、友人に勧められて登録した出会い系サイトで、彼女のプロフィールを見つけた。写真を見た瞬間、心臓が高鳴った。まさか彼女がここにいるとは思わなかった。彼女は僕だと気づいていない様子で、僕もそのことを言わずに会話を始めた。

最初は日常の些細なことや大学の話をしていたが、やがて話題は僕の悩みや、まだ童貞だということにまで及んだ。久美子さんは親身に話を聞き、的確なアドバイスをくれた。そんなやりとりが続く中で、次第に彼女に対する感情が再燃し始めた。

ある振り替え休日の月曜日、朝から彼女とメールをしていると、「予定ないの?私も暇だし、遊びに行く?」という誘いがあった。僕は喜んで彼女と会う約束をし、待ち合わせ場所へと向かった。

久美子さんと再会した瞬間、彼女の美しさに再び心を奪われた。清楚で美しいその姿は、写真以上に魅力的だった。昼食をごちそうになり、カラオケに行くことになった。

「実際に見てどう?おばさんでしょ?」

「そんなことないです。写真よりずっと綺麗だし…」

「ありがとう、コウジ君も写真より可愛いよ(笑)」

カラオケで並んで座り、歌い始めると、次第に盛り上がってきた。久美子さんは僕の手を握ってはしゃいだり、その手を自分の太ももに擦り付けたりしてきた。その度に、彼女の胸元から谷間がチラチラ見え、僕の心臓はバクバクと高鳴り、股間がビンビンに勃起してしまった。

久美子さんがふとした拍子に僕の股間を押さえ、「やだ、どうしたの?元気になっちゃってるじゃないの…」と言った。

「あの…久美子さんの…谷間が…見えちゃって…」

「ん?谷間だけで興奮しちゃった?」

「あ…はい…すみません…」

「そっかぁ…でもこんなところで元気になっちゃってどうするのぉ~?(笑)」

「何とか…落ち着かせます…(恥)」

久美子さんは僕の耳元で囁いた。「あのさぁ…コウジ君のこと、気に入っちゃった。だから…後でホテル行きたいな」

「えっ!?」

「だからそれまで我慢してね」

「はいっ!我慢します」

僕の心臓はバクバクしながらも、カラオケを再開した。彼女は歌いながら時々僕の股間を確認するかのように触ったり撫でたりしてきて、ますます興奮してしまった。

カラオケを出た後、僕たちはホテルへと向かった。部屋に入った時には、興奮して頭がボーッとして倒れそうだった。一緒にお風呂に入ると、久美子さんが僕の体を洗ってくれた。彼女の手の動きに合わせて、僕のオチンチンは再び勃起し、固くなっていた。

「すごいね…さっきあんなにいっぱい出したのに、もうこんなになってる…」

久美子さんは僕の前にしゃがみ込み、オチンチンをしごき始めた。「今度はフェラしてあげるね…」彼女の口の中の温かさと湿り気に、僕のオチンチンはさらに熱くなった。

「久美子さん…出ちゃう…」「いいよ、まだまだ出せるでしょ?今度は顔にかけちゃう?」

「あっ…あっ…出るぅ~」僕が腰を突き出すと、彼女の顔に精液が飛び散った。顔やオッパイに精液が付いたまま、彼女はオチンチンをしゃぶり続けた。その光景はいやらしくて、僕の興奮は収まらなかった。

「まだ固~い…ベッドでいっぱい出してあげる…」

裸のままベッドに入ると、彼女が上になってキスをしてくれた。唇がベトベトになるほど舌を絡めてキスをしながら、僕の手を彼女のオマンコに導き、指を入れさせた。彼女のオマンコはどんどん濡れてきて、オチンチンをしごく手の動きが速くなっていった。

「ここも…舐めて…」

久美子さんが反対を向いて僕の顔の上に跨がり、僕が初めて見たオマンコを舐めると、彼女も僕のオチンチンをしゃぶり始めた。

「久美子さん…そんなに舐めたら…また出ちゃうよ」

彼女はチュポンとオチンチンを離し、「ダメ…ちゃんと入れてからね」と言った。彼女が上に跨がって腰を下ろすと、オチンチンがオマンコの中に沈み込んでいった。彼女が体を上下に動かすと、温かいオマンコの中で擦られて、オチンチンが溶けそうになるぐらい気持ち良くなってきた。

「久美子さん、実は…僕…」

彼女が僕の上で激しく腰を動かしている最中、僕は意を決して告白した。「僕、高校で久美子さんに英語を教えてもらってました。」

彼女の動きが一瞬止まり、僕を見つめた。「えっ…本当に?あなたが…」

「はい、久美子さん。ずっとあなたを見てました。」

久美子さんの顔には驚きと動揺が浮かんだが、その目には同時に何かしらの興奮も見て取れた。彼女は再び腰を動かし始め、その動きはさらに激しさを増した。

「嘘…でも…こんなこと…」彼女は言葉を失いながらも、体は止まらずに動き続けた。僕の巨根が彼女の中で深く突き刺さるたびに、その背徳感が彼女の興奮をさらに煽っているようだった。

「先生…俺、もう…」僕の言葉に反応して、彼女はさらに腰を激しく振り始めた。

「いいわ…もっと感じて…私も…あなたを…もっと…」

僕の言葉がさらに彼女を興奮させたようで、久美子さんの動きは一層激しさを増した。彼女の体は汗で光り、息遣いは荒く、目には狂おしいほどの欲望が浮かんでいた。

「コウジ君、こんなに大きいなんて…感じちゃう…」彼女は自分でも驚いている様子だったが、その表情はますます淫らに変わっていった。

僕は彼女の体にしっかりとしがみつき、彼女の腰の動きに合わせて自分の腰を突き上げた。「久美子さん…俺、もっと…」

「もっと突いて…私の中で…」彼女の声が切なげに響く。僕はその声に応えるように、彼女の中で激しく動いた。

「久美子さん…すごく気持ちいい…」

「コウジ君、私も…あなたの全部を感じたい…」

彼女の腰の動きがますます激しくなり、僕たちは一体となって快楽の渦に巻き込まれていった。

僕たちは快楽の渦に巻き込まれ続け、僕の巨根が彼女の中で一層深く突き刺さるたびに、久美子さんの体はさらに反応していった。彼女の目は半分閉じられ、口元からは甘い喘ぎ声が漏れていた。

「コウジ君…あなたの全部を感じる…もっと…もっと突いて…」

僕は彼女の言葉に応えるように、腰を一層激しく動かした。彼女の体が僕の上で跳ねるたびに、僕たちの体は一つになり、欲望の深みへと落ちていった。久美子さんの中は熱くて、濡れた感触が僕の興奮をさらに高めていった。

「久美子さん…俺…もう…」

「大丈夫…中に出して…私の中に…あなたの全部を…」

その言葉に、僕の理性は完全に吹き飛んだ。僕は彼女の腰を掴み、全力で彼女の中に突き込んだ。彼女の体が震え、彼女の喘ぎ声が一層高まる。

僕は彼女の中で何度も突き上げ、ついに限界が訪れた。僕の体が震え、精液が彼女の中に溢れ出す。その瞬間、彼女も絶頂に達し、僕たちは同時に快楽の頂点に達した。

「コウジ君…すごい…」

「久美子さん…俺も…」

僕たちはしばらくそのまま動かず、互いの体を感じ合った。彼女の中にいることで、僕はこれまでにない満足感を感じていた。彼女も同様で、僕たちは言葉を交わさずにその余韻を楽しんでいた。

しばらくして、久美子さんは僕の上から降りて、僕の横に寝転がった。彼女の顔には満足そうな笑みが浮かんでいた。

「コウジ君…あなたがこんなに素敵な男性に成長しているなんて思わなかった…」

「久美子さん…俺も、あなたがこんなに美しい人だって改めて気付いたよ。」

彼女は優しく微笑み、僕の顔に手を伸ばして頬を撫でた。「あなたとこんな関係になるなんて思わなかったけど…これからもこうして会える?」

「もちろん、久美子さん。これからも…ずっと。」

僕たちはその夜、さらに深い関係を築き、禁断の愛を育んでいった。彼女の中に潜むエロスを感じるたびに、僕はますます彼女に惹かれていった。そして、再び会える日を心待ちにしている。

.ad-container {
border: 2px solid #d40076;
border-radius: 10px;
padding: 20px;
background-color: #fdf1f8;
font-family: Arial, sans-serif;
color: #333;
max-width: 600px;
margin: 20px auto;
}
.ad-container h2 {
color: #d40076;
text-align: center;
}
.ad-container a {
color: #d40076;
text-decoration: none;
font-weight: bold;
}
.ad-container .btn {
display: block;
background-color: #d40076;
color: #fff;
text-align: center;
padding: 10px 20px;
margin: 20px auto;
border-radius: 5px;
width: 80%;
font-size: 16px;
}
.ad-container .btn:hover {
background-color: #a10056;
}

この体験談で興奮したら必見!!

イジメられっ子の僕を助けてくれた担任のあやみ先生。優しくて綺麗で密かに恋心を抱いていたのだが…実は裏で童貞のクラスメイトたちをこっそり食い漁っていたとんでもない変態痴女教師だった!イジメっ子の男子生徒までもしたたかに誘惑し手懐けていたあやみ先生。もちろんSEXなんて無縁の僕もターゲットのうちの一人で…

あなたの欲望を刺激する、究極のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 出会い系で再会した高校の時の先生と…背徳感と欲望の果てに