高校時代の夏休み…バイト先の美しい熟女の超絶フェラ

高校時代の夏休み…バイト先の美しい熟女の超絶フェラ

高校時代の夏休み、私は父の取引先である国際観光ホテルでプール監視員のアルバイトをしていた。週末になるとホテルは宴会で賑わい、私は時折、料理を運ぶ手伝いもしていた。その日は特に大きな宴会があり、片付けが遅くまで続いた。

宴会場の片付けを手伝っていると、一人の仲居さん、佳恵さんが目に入った。彼女は背筋を伸ばし、着物の裾がひらりと揺れるたびに、その中がチラリと見えた。初めは遠くから見ていたが、近づくと彼女がノーパンであることに気づいた。その瞬間、私の心臓は激しく鼓動した。

「どうしたの?初めて見るの?」と佳恵さんは微笑んだ。私は赤面しながら「すみません、つい見てしまって…」と答えた。彼女は笑顔を崩さず、「ここではパンティを履くのは禁止だから」と言った。その言葉に安心しつつも、心の奥底で何かが疼いた。

宴会が終わり、片付けが済んだ後、私は駅に向かって歩いていると、佳恵さんが前から歩いてきた。「お疲れ様」と声をかけられ、彼女と一緒に帰ることになった。電車の中で彼女は自分のことを話してくれた。既婚者であり、8歳の息子がいるが、その日は実家に預けているという。彼女の夫は長期出張が多く、家にいないことが多いらしい。

「お詫びに何か食べて帰らない?」と誘われ、居酒屋に入ることになった。彼女は私にビールを注ぎ、「飲めるでしょ?」と促してきた。私は一杯で真っ赤になり、眠気が襲ってきた。

「家に来る?」と誘われ、そのまま彼女の家に向かった。彼女の家に着くと、佳恵さんは「ちょっと着替えてくるね」と言い、ハーフパンツとキャミソールに着替えて戻ってきた。その姿に私は息を呑んだ。薄手のキャミソールから透けて見える肌と、ハーフパンツから覗く足が、私の心に火をつけた。

「どうしたの?そんなに見つめて」と佳恵さんは微笑んだ。私は言葉を失い、ただ彼女を見つめることしかできなかった。

「もっと近くに来て」と彼女は私を手招きし、ソファに座るよう促した。私は言われるがままに近づき、彼女の隣に座った。彼女の香りが私の鼻をくすぐり、心臓が激しく鼓動した。

「緊張してるの?」と彼女は優しく問いかけ、私の手を取った。その瞬間、私は彼女の手の温もりに包まれ、全身が熱くなるのを感じた。

彼女はゆっくりと私の顔に近づき、唇を重ねた。その瞬間、私の中で何かが弾け、全身が彼女への欲望で満たされた。彼女の唇の柔らかさと温かさに、私はますます興奮した。

彼女は私のシャツのボタンを一つ一つ外しながら、唇を離さなかった。シャツが脱げると、彼女は私の胸にキスをしながら手を滑らせ、私のズボンのジッパーを下ろした。彼女の手が下腹部に触れた瞬間、私は全身が震えた。

彼女は膝をついて私の前に座り、優しく微笑みながら私を見上げた。彼女の手がゆっくりと私の下着を下ろすと、私は全身が緊張と興奮で硬直した。彼女の口元に微笑みが広がり、彼女は私の硬くなった部分を優しく触れた。

「リラックスして」と彼女は囁き、彼女の唇が私に触れた。彼女の口は温かく、彼女の舌が優しく私を舐めるたびに、私は全身が快感で震えた。彼女の動きは緩急をつけながら、時折深く喉奥まで咥え込み、そしてまたゆっくりと引き戻す。その絶妙な技術に私は完全に支配され、次第に理性を失っていった。

「あっ…佳恵さん、もう…」と声を漏らすと、彼女は唇を離し、「大丈夫、続けて」と優しく言った。彼女の手が私の根元を握りながら、唇と舌が再び動き始めた。彼女の技術はますます激しさを増し、私はもう限界に近づいていた。

「佳恵さん…もう…ダメ…」と息を荒くして言うと、彼女は再び唇を離し、「いいのよ、感じて」と囁き、私を押し倒した。

彼女は私の上に跨り、キャミソールを脱ぎ捨てた。露わになった胸の美しさに私は息を飲んだ。彼女は自分のハーフパンツをゆっくりと脱ぎ、完全に裸になった。その姿はまるで芸術品のように美しかった。

「今度はあなたの番ね」と彼女は微笑み、私の上に腰を下ろした。彼女の体温が私に伝わり、私は彼女の体の感触に完全に魅了された。彼女の肌は柔らかく、滑らかで、彼女の動きはまるでダンスを踊るように優雅だった。

私は彼女の腰を支えながら、ゆっくりと彼女の中に入っていった。彼女の温かさと締め付けが私を包み込み、私は全身で彼女を感じた。彼女の動きは次第に激しさを増し、私たちは互いの体を求め合った。

彼女の動きが激しくなるたびに、私は彼女の中で深く感じた。彼女の喘ぎ声が耳元で響き、私はますます興奮した。彼女の体が上下に揺れるたびに、私たちは一つになり、快感の波が押し寄せた。

彼女は私の胸に手をつき、腰を激しく動かし始めた。その動きに私は耐えられず、「佳恵さん、もう…」と声を上げた。

「いいのよ、一緒に感じて」と彼女は囁き、さらに動きを激しくした。私たちは互いの体を求め合い、激しい快感に包まれた。彼女の動きは次第に速さを増し、私たちは共に絶頂に達した。

その後、私たちは息を整えながら互いに寄り添い、静かな時間を過ごした。彼女は優しく私の髪を撫でながら、「あなたとの時間、本当に素敵だった」と囁いた。私は彼女の言葉に安心し、心からの幸福を感じた。

.ad-container {
border: 2px solid #d40076;
border-radius: 10px;
padding: 20px;
background-color: #fdf1f8;
font-family: Arial, sans-serif;
color: #333;
max-width: 600px;
margin: 20px auto;
}
.ad-container h2 {
color: #d40076;
text-align: center;
}
.ad-container a {
color: #d40076;
text-decoration: none;
font-weight: bold;
}
.ad-container .btn {
display: block;
background-color: #d40076;
color: #fff;
text-align: center;
padding: 10px 20px;
margin: 20px auto;
border-radius: 5px;
width: 80%;
font-size: 16px;
}
.ad-container .btn:hover {
background-color: #a10056;
}

この体験談で興奮したら必見!!

スワッピング愛好サークル主催者に持ちかけられた「寝取られ」の依頼。今回は「44」の人妻・Y葉(27歳)を旅に連れていく特別篇。一度寝取られの味を覚えた夫から、再び妻を抱いてほしい、それも旅に連れて一晩好きなようにしてくれて構わない…という特別な依頼で送り出された人妻。宿に着くなり男に襲われるが、Mな人妻の女性器はすんなり男根を受け入れ悶絶。夫に電話で実況、喘ぎまくり謝罪しながら男と同時フィニッシュ。夕食時にも挿入、酒に酔い仮眠中にも挿入され悶えまくり。翌朝、再び夫に電話で寝取られ実況し乱れる。

あなたの欲望を刺激する、究極のエロ動画はこちら!

 

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 高校時代の夏休み…バイト先の美しい熟女の超絶フェラ