隣の美しい人妻が自慰している姿をカーテンの隙間から覗いてたら…

隣の美しい人妻が自慰している姿をカーテンの隙間から覗いてたら…

東京都内の閑静な住宅街に住む慎太郎(しんたろう)は、大学生であり、両親と一緒に2階建ての一軒家に住んでいる。家は隣家とわずか50センチしか離れておらず、日中は家に一人でいることが多い。夏の暑い日、慎太郎はベランダで涼んでいた。

ふと、ほんの小さなカーテンの隙間から隣の奥さん、美咲(みさき)が見えた。美咲はソファーに横たわり、薄いノースリーブのワンピース姿でスマホを見ていた。日差しが差し込む部屋で、彼女の肌は白く輝いていた。慎太郎はその光景に目を奪われ、じっと見つめた。

しばらくすると、美咲はスマホを置き、ゆっくりとおっぱいに手を伸ばし始めた。その指先が繊細に乳首を撫でると、彼女の表情が次第に恍惚と変わっていった。彼女の手はゆっくりと下腹部へと移動し、慎太郎は息を呑んだ。

やがて、美咲はキャミソールを脱ぎ、ブラジャーを外してパンツ一枚の姿になった。その瞬間、彼女は一瞬姿を消したが、すぐに戻ってきた。手には光沢のあるバイブが握られており、彼女はそれを自分の秘部に挿入した。

美咲の体は激しく震え、快感に打ち震えながらソファーで体をくねらせた。彼女の肌は汗で光り、バイブが彼女の中で動くたびに、粘液が糸を引いた。彼女は声を押し殺していたが、絶頂の瞬間に抑えきれず、喘ぎ声が慎太郎の耳に届いた。

その瞬間、美咲と慎太郎の目が合ってしまった。彼女の瞳には驚きと欲望が混じり合い、慎太郎はその視線に引き込まれた。美咲は微笑みを浮かべ、彼に手招きした。

「こっちに来なさい」

慎太郎は心臓がドキドキと高鳴り、隠れることもできずにその場に立ち尽くしていたが、美咲の誘惑に抗えず、彼女の元へ向かった。美咲は優雅に振る舞いながら、慎太郎に近づき、彼の手を取り引き寄せた。

「今見たことは誰にも言わないでね。その代わり、あなたの欲望を私が満たしてあげる」

美咲は慎太郎のズボンと下着を脱がし、その立派な陰茎を見て、息を呑んだ。

「まあ、なんて素晴らしいの…旦那のものとは大違いだわ」

彼女は慎太郎の陰茎を愛撫し、舌で優しく舐め回した。そして、四つん這いになり、彼に後背位での挿入を求めた。

慎太郎は美咲の後ろから挿入し、彼女の体を激しく突き動かした。美咲は快感に喘ぎ、彼の動きに合わせて腰を振った。

「もっと、もっと強く…あぁ、気持ちいい!」

慎太郎は美咲を仰向けにして正常位でさらに激しく突き、ついに二人は一緒に絶頂に達した。彼は美咲の中にたっぷりと精液を注ぎ込み、満足感に包まれた。

その後、美咲は夫が長期出張中であり、孤独と欲望に苛まれていたことを打ち明けた。

「慎太郎くん、また来てくれる?あなたの熱い愛をもっと感じたいの…」

彼女の誘惑に慎太郎は抗うことができず、二人の秘密の関係は続くこととなった。

.ad-container {
border: 2px solid #d40076;
border-radius: 10px;
padding: 20px;
background-color: #fdf1f8;
font-family: Arial, sans-serif;
color: #333;
max-width: 600px;
margin: 20px auto;
}
.ad-container h2 {
color: #d40076;
text-align: center;
}
.ad-container a {
color: #d40076;
text-decoration: none;
font-weight: bold;
}
.ad-container .btn {
display: block;
background-color: #d40076;
color: #fff;
text-align: center;
padding: 10px 20px;
margin: 20px auto;
border-radius: 5px;
width: 80%;
font-size: 16px;
}
.ad-container .btn:hover {
background-color: #a10056;
}
@media (max-width: 600px) {
.ad-container {
padding: 15px;
}
.ad-container h2 {
font-size: 18px;
}
.ad-container .btn {
width: 100%;
font-size: 14px;
padding: 10px;
}
}
@media (max-width: 400px) {
.ad-container {
padding: 10px;
}
.ad-container h2 {
font-size: 16px;
}
.ad-container .btn {
width: 100%;
font-size: 12px;
padding: 8px;
}
}

この体験談で興奮したら必見!!

忙しい一日が終わり、闇夜と静けさが戻ってくる頃、女達の甘美なプライベートタイムが訪れる。ゆったりと流れる時間の中で、彼女達は本来の女に戻っていく。風呂に入り、髪をとかし、そして、いつしか股間に指を這わせる。その姿は民家でしか味わえない官能なのだ。

あなたの欲望を刺激する、究極のエロ動画はこちら!

[紹介元] エッチな体験談 淫ぽん 隣の美しい人妻が自慰している姿をカーテンの隙間から覗いてたら…