知香が起きちゃいますよ

知香が起きちゃいますよ
画像はイメージです

嫁の知香が妊娠、予定日が近づいてきたら嫁の母親(お義母さん)がうちに泊まりにきてサポートしてくれるようになった。

知香はお義母さんが若いときに産んだ子で、お義母さん自身も若く(40歳代)て美人。
お義母さんがもし知香の年齢だったらきっと知香よりも美人で可愛いと思う。

お義母さんはよく「早く孫の顔が見たいわぁ」と言っていて、知香のお腹の中の子はもう男の子だと分かっているので尚嬉しく思っている。

嫁の出産予定日の月になり、妊娠が分かって以来ずっと嫁とセックスしていない欲求不満の僕は、お義母さんとカラダの関係を持ってしまった。


お義母さんと言っても一人の女性。
その女性と同じ家、鍵のしていない隣の部屋で夜は寝ている。

嫁が体調があまり良くないと早く寝てしまった夜にお義母さんが寝ている部屋(寝室のとなりの部屋)で・・・。

お義母さんはルームライトの豆球(オレンジ灯)を点けて寝ていて辺りはよく見えていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


お義母さんに覆いかぶさるとびっくりして

「わっ!!ちょっと何!!??圭くん??」

「静かに!!知香が起きちゃいますよ!!」

「やめて!!圭くん!!何するの!!」

力づくで押さえ込み唇を奪う。

「うぐっ、うぐっ、圭くんやめてぇ・・・」

パジャマをバッと左右に引っ張ると上のボタンが飛んでお義母さんの大きなブラが見えた。
ブチ、ブチ、ブチィーとボタンを飛ばしながら引き裂くようにパジャマを脱がす。

「いやあぁぁぁーっ!!やめてぇぇー!!」

ブラを剥ぎ取り、嫌がるお義母さんの大きな胸に顔をうずめたり、乳首を愛撫する。

豆球なのでハッキリと乳輪・乳首の色は分からないが、肌との色の差は大きく、茶色めと思われる。
乳輪は大きく乳首もぷっくらとしていた。
初めて見る憧れのお義母さんの胸は最高に興奮した。

少しオッパイは垂れていてヘチマのような形のオッパイを揉むと感触は極上で柔らかくて何回も揉みまくっていた。
お義母さんのパンツに手をかけてこれも強引に破るように脱がす。

お義母さんのオマンコを愛撫し始めたころ、お義母さんはあまり抵抗しなくなってきて喘ぎ声を出し始めた。
ふっさふさの剛毛のマ◯毛を手で押しのけながらクリトリスを激しく攻め立てる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「あぁっ!!・・・いぃっ!!・・・圭くん、あっ・・・すっ、すごぉいぃ!!・・・いぃっ!!・・・あっああっ!!だめっ!!私、いっちゃうっ・・・んっくっ・・いっくう!!」

お義母さんはビクっとカラダをさせてイッてしまった。

「お義母さん、初めて会った時から好きでした」

「ありがとう。嬉しいわ。でもこんなこと良くないよ・・・」

お義母さんを四つん這いにさせて巨尻を揉む。
腰幅・尻幅も広く、お尻がとにかくデカイ。

尻肉を両側に押し拡げる。

「恥ずかしいからあんまり拡げないでぇ・・・」

お義母さんのお尻のセンターの茶色い穴に舌を這わして臭いを嗅ぐ。

その奥の臭いに興奮しながらお尻の穴のシワごと舐めまくっていた。

臭いに満足したところで正常位の体勢にもっていき挿入をこころみる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「ダメっ!!入れるのはだめっ!!」と抵抗されたが、力づくで押し込み、お義母さんの膣に深く挿入して腰を動かし始める。
柔道の縦四方固めのように体重をかけてお義母さんが逃げられないように押さえ込む。

「お義母さん、すごい締まるっ、知香のマンコよりも気持ちいい!!僕、知香を妊娠させてもうすぐ子供が産まれるけど、お義母さんのお腹にも自分の子供作りたいっ、お義母さんに僕の赤ちゃん産んでもらいたいっ!!」

「い、いやぁっ!!ダメっ!!そんなのダメに決まってるでしょ!!あなたには知香がいるでしょ!!私は知香の母親よ!!私の娘の知香を妊娠させておいて、私も妊娠させたいなんて何考えてるの!!娘と私を同時に妊娠させたいだなんて!!」

隣の部屋で今月出産予定(臨月)のお腹の大きい嫁が寝ているのに、お義母さんの肩口をギュッと押さえ込んでさらに僕は腰を激しく振り、お義母さんのオマンコが壊れるくらい突きまくる。

「お義母さんっ・・・俊子さん!!好きなんです!!オレ、俊子さんの中に出したいっ!!」

さらに腰のストロークを深く、深く押し込むように膣奥に挿入していってお義母さんの妊娠を狙う。

「いやあぁぁっ!!やめてっ!!出さないでぇっ!!デキちゃうっーデキちゃうぅー!!圭の赤ちゃんデキちゃうっ!!娘婿の赤ちゃんなんて私、産みたくないっ!!」

さらに僕は激しく腰を動かし、お義母さんのカラダが激しく揺れる。

「あっ、イクよ!!愛してる、で、出るっ!!俊子っ、俊子っ、俊子ぉっ!!」

快感がペニスに走り、嫁の妊娠中に溜まりに溜まった精液を大量にお義母さんに流し込むことに成功。
旦那さんのお義父さんに無許可で思いっきりの中出しでした。

ペニスを抜くとドバッと精液が出てきてしまったのですぐに回復したペニスをお義母さんに押し込み、バックで挿入。
バックでお義母さんの大きなオッパイを後ろから揉みながら再度、中出しして確実な妊娠を狙う。

よく考えるとお義母さんは嫁の知香を産んでいて、その母親の俊子さんを妊娠させて僕の子供を作るとすると、知香と同格のものを作るような感じがして不思議な感覚でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 知香が起きちゃいますよ