職場の同僚の盗撮というスリル

職場の同僚の盗撮というスリル
画像はイメージです

例年は私と女子社員のMちゃん(28)とで担当している研修に、Mちゃんが都合で行けなくなったため、今年はAさん36歳既婚♀と昨年入社したB君24歳♂との3人で行くことになった。

私は会社では品行方正、人畜無害^^;で通っているが、実は盗撮マニアである。

以前は本屋や電車などで逆さ撮りなどもしていたが、一回捕まりかかったことがあり、それ以来はあまりリスキーな盗撮はしなくなっていた。

そんな私にとって毎年のこの研修は密かな楽しみだった。
ホテルへのチェックインは私がまとめて行って、全員に鍵を渡すのだが、Mちゃんの部屋には先に入って、置時計型の盗撮カメラをベッドが映るようにセットしてから戻って鍵を配るのだ。
バスルームを狙いたいのだがちょうどいい場所がないのでベッドを狙っているのだが残念ながら生乳や裸はゲットしたことがない。

それでもMちゃんの可愛いい下着姿は何度も盗撮させてもらっていて、活動の少なくなった私にとっては職場の同僚の盗撮というスリルとあいまって、最高の楽しみだった。

今年はMちゃんがいないかわりにAさんがいる。
まだAさんを盗撮するチャンスは一度もなかったので、私にとっては絶好のチャンスだった。
Aさんは娘さんが一人のママさんだが、背はそれほどでもないが服の上からもわかるプロポーションは均整がとれて目を引くし、なにより桐島カレン似の美人だった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

初めて会ったときから旦那が羨ましくて羨ましくてしかたがなかったほどだった。
そんな美人でありながら仕事はテキパキ、ちょっと性格的にはキツめのところもあるが旦那以外は男は眼中にないといったクールな風情もターゲットとしては生唾もの以外のなにものでもない。

夕方の研修が終わって、ホテルのレストランで夕食。
そのあと外出して一杯と誘ってみたが例年のMちゃん同様やんわりと断られて、若造のBを連れていっても面白くもなんともないので、部屋で缶ビールを寝酒に有料テレビを見てご就寝となった。
まあ楽しみは帰ってからの盗撮の再生ということ。

翌日の昼で研修を終了し、会社に戻って研修の記録のまとめ方をBに教えて、定時には仕事を終えて帰宅した。
Aさんも、滅多に外泊なんてしないから部屋でビール飲んじゃったなどとニコニコしていた。
それなら一杯くらい付き合ってくれればいいのに・・・まあ、私には盗撮があるから、それでもいいや。

さっそく部屋に帰ると、とるものもとりあえず再生してみる。
最初はAさんが夕食から戻ったところから。
私としたことがカメラのセットの仕方が甘くて、立っていると胸の辺りまでは映るのだが肝心の顔が映っていない。
まあベッドに腰掛けたり寝たりすれば顔も映るのだが。
Aさんは紺系のスーツ姿のまま、いきなりベッドに仰向けにドーンという感じで横になった。
タイトスカートの脚も開き気味で艶かしいが当然、下着までは見えない。

「ふうっ」とか言いながらしばらくそうしていたが、そのうちに立ち上がりカメラから消えた。

どうやらバスルームに行ったらしい。
今後の展開に私もドキドキしてきた。
少し残念なのはこのホテル、ビジネスのくせにバスと洗面所が独立しているのだ。
金をかけない狭いユニットバスなら、きっとベッドのところで着替えたりするシーンもあるはずでMちゃんのヌードなども拝めたかもしれないのに。

洗面所が結構広くてカゴなどもあるものだから、そこで着替えてしまう。
遠くでたぶんシャワーと思える音がしていたのがとまって、再びAさんが戻ってきた。
なんとホテルに備え付けの白いバスローブ姿だ。
Mちゃんはいつも寝巻きがわりにジャージを持ってきていたので、これは初めての展開。
ホテルのバスローブは結構短くて膝上くらいまでしかない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


Aさんは缶ビールをあけてテレビをつけ、ベッドに腰掛けた。
腰掛けると膝上丈のバスローブはいっそう短く感じられ、白くて滑らかな太股が露わになる。
腰の辺りで紐を軽くしばっただけなので、合わせ目が開き気味でもう少しでその付け根まで見えそうな感じ。
それは上半身も同様で、胸の合わせ目のあたりもだらしなく開いて、はっきりと胸の谷間がのぞいている。

私はもう画面に釘付けだった。

テレビのリモコンを操作したり、ビールを飲んだり、Aさんが動くたびにバストやアンダーヘアが見えそうな感じになる。
残念ながら決定的な場面はなく、Aさんは画面から消えると、なぜか洋服姿に着替えて戻ってきた。
そうしてぼんやりとテレビを見続けている。
それからだいぶ時間がたって、なにやら遠くで音がしてAさんが立ち上がり画面から消える。

特になんの期待もなく画面をみていると、すぐにAさんが戻ってきた。
戻ってきたのたが、戻ってきたのはAさんだけではなくてもう一人。
顔は見えないがスボンにシャツ姿なので男のようだ、一緒にベッドのところまで歩いてくるといきなり男がAさんを抱きしめた。
私はびっくりして視線が画面にはりつけになる。

Aさんはいやがるどころか、男の背中に両手をまわし自分も抱きしめているような感じ。
男の右足がスカートを引きずり込むような感じでAさんの両脚の間に差し入れられている。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

あの体勢だと男の太股のあたりにAさんの股間があたっているのかも。
男は抱きしめていた手をだんだん下げていくとAさんのたっぷりとしたお尻をスカートの上から揉んでいた。
最初は片手、そのうちにもう一方の手がおりてきて両手で双丘を鷲掴みにして量感を楽しんでいる。
そうしてしばらくAさんの尻を楽しんでから、今度はお尻のほうからスカートをたくしあげていった。

Aさんは男にされるがままで、男の胸のあたりに顔をうずめているようだ。
ついにAさんのお尻が丸出しになった。
どきっとするような、黒いレースのTバックに近いような布地の少ないセクシーなショーツだった。

まさかAさんが出張中にこんなセクシーな下着を着けていたとは。
尻側しか見えないが、たぶんあのレースの感じだと正面もスケスケで陰毛が見えそうな感じだ。
男はその黒い下着の上から尻を撫で回し、そのうちに布地の部分を引っ張って紐のようにしてふんどしのような感じにしてAさんの股間をいじめている。

あのAさんの裸のお尻が丸出しだった。
Aさんは嫌がるどころか、画面には映っていないが男にキスを求めているようだった。
その間にも男の指は尻のほうからAさんの股間を弄っていく。
最初は下着の上から、すぐに指は下着のなかへとはいっていき、たぶん直接Aさんの女の部分を弄んでいるに違いなかった。
ずいぶんゆっくりとした前戯を終えると、男はポンとAさんの尻を叩く。
Aさんはその合図に男の背中から手を放して、スカートを下ろし、ブラウスを首から抜いて上下おそろいの黒いショーツとブラだけの姿になった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

すぐに後手にブラジャーも外して上半身裸のパンティーだけの姿になる。
そのやりとりから、この二人は今日だけでなく何度となく体をあわせた仲なのが窺い知れる。
Aさんのおっぱいは残念ながらちょっと垂れ気味だった。
モデルのように颯爽とした感じのAさんのおっぱいとしてはがっかりな感じもするが、年令と子供を産んでいることからするとこんなものか。

ただ黒ずんではいなくて、普通のピンクと茶色を混ぜたような薄い色合いの乳輪と乳首をしているのが救いという感じ、ボリュームも服の上から感じるほどではなかった。
その後は今度はAさんが男を脱がす番だった。
男の足元に座りこむような感じ。
(おっぱい丸出しのAさんのその仕草はものすごく艶っぽい)

ベルトのバックルに手をかけると慣れた手つきで外し、ズボンと一緒にパンツまで引きさげるようにして躊躇なく脱がして、脇にある椅子にかけた。
すでにギンギンに勃起している男のちんこがビヨンという感じで現れる。
巨根というほどではないが、悔しいけど私のものよりはかなり大きく黒光りしている。

当たり前のようにAさんはその一物を口に咥えるとフェラチオを始めた。
赤いルージュをペニスの茎になすりつけていくようなヌメヌメっとしたスロートがいやらしい。
いつものキリッとした表情ではなくて、なんとも淫靡な雰囲気の恍惚のような牝の表情にいつの間にかAさんはかわっている。
桐島カレン似の美人が美人だいなしと言える位に頬をふくらませて男根を咥える様を私は呆然として見ていた。
たっふりとスロートをくりかえし、紅を引いた唇の端から唾液を垂れ流しながらもAさんはフェラチオに没頭している。
裏筋に舌をチロチロと這わせ、睾丸をしゃぶり、ときに黒光りした男根で頬をビンタされながらも、うっとりと男に奉仕している。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私も死ぬまでに一度でいいから、こんな美人にしてもらいたいと思うような羨ましい眺めだった。
フェラチオがひと段落すると男はいよいよベッドにAさんを押し倒していく。

画面に男の顔がはっきりと映った。

「あっ」

それはB君だった。

「くそっ、あの若造」

入社してまだ1年のB君。
いつの間に一回りも年上で人妻のAさんとこんな関係に・・・呆然としている僕の前にある画面の中で、二人はプロローグ以上の痴態を広げていった。
黒いパンティーをはぎとり、B君はAさんの垂れ気味の乳房を鷲掴みにしながら、男根をAさんのクリトリスのあたり擦りつけていく。

耳を舐め、脇の下や首筋にも舌を這わせながら、同時にピストンでクリトリスを刺激していく。
学校でたばかりの若造のくせに、心憎いばかりの余裕しゃくしゃくのテクニックでAさんを追い込んでいく。
一回り年上のAさんのほうが、B君にいいようにあしらわれているのがはっきり判った。
クリトリスをたっぷりと男根のスライドで刺激しながら決して挿入しようとしないB君に何度となく言葉責めされたのだろう。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

AさんはB君に催促されるまでもなく、恥辱のおねだりの言葉を口にした。

「お願いAのおまんこにBのちんちんを入れてください」

「全くAはいつも淫乱だなあ」

「そんなに俺のが欲しいのか」

職場でのパッとしないB君とは別人のような自信満々の態度でB君はニヤニヤしています。

「あん、意地悪」
「お願いはやくあなたの熱くて太いのをぶち込んで」

あ~あ、Aさんみたいに気品に溢れた女でもやっぱりベッドではこうなんだな。
少しがっかりした気持ちにもなりますが、それ以上に私も股間を熱くしていました。

それからのB君の攻撃は圧巻でした。
Aさんを大股開きにすると最初から叩きこむようなハードピストンでガンガン責めていきます。
子供一人通しているとはいえ、痛くないのかなとこちらが心配になるくらい。
しかし実際には相当に気持ちよいらしく、Aさんは快感にのたうちまわっていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「あん、すごい」
「もっと、もっと奥まで突いて」
「いやっ、すごい、あたってる、あたってる」
「あん、あん、あん、あん」
「すごい、死んじゃう、死んじゃう」
「あっ、あっ、いっちゃう、だめ、いっちゃう、あっ、あっ・・・」

とうとういかされてしまいました。
職場でも一際華屋かな存在のAさんが、まだ入りたての冴えないガキンチョのB君にこんなふうにイカされてるなんて、なにか世の中まちがってる。
私は羨ましくて、悔しくて、しかたがありませんでした。
A君のほうはまだ発射していないようでしたが、Aさんから黒光りして起立したままのイチモツを引き抜くと、Aさんを休ませるまもなく手マンで責めはじめました。

「あん、だめっ」

ぐちゅっ、ぐちゅっものすごく嫌らしい音がひびきます。
潮こそ吹かないものの、トロトロの熟々で太股までびっしょり、B君がかきだすようにするのでシーツもびしょびしょに濡らしているようです。

「あん、すごい溢れてる、恥ずかしいよ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

Aさんの懇願は目で2回戦を訴えているようでした。
まんぐり返しから松葉崩し、バック、騎乗位、フルコースでのやりまくりでした。
Bくんは乳首だけ親指と人差し指で摘んで引っ張ったり、尻をパンパン叩いたり狼藉しほうだいで楽しんでいました。

そうしてあのクールなAさんに「もうだめ、あなた以外とセックスしたくない」とまで言わせているのでした。

最後はAさんの「お願い飲ませて」のお願いを無視しての顔射フィニッシュでした。

Aさんは文句を言うでもなく、フェラで最後のお掃除奉仕までしてから、ティッシュで大量のザーメンを顔から拭き取り洗面所へと消えました。
盗撮された内容のあまりの意外さと、それ以上に興奮もののそれに僕は圧倒されてしまいました。
あの二人いつの間に・・今まで全く気づきませんでした。
翌日は土曜日、あの若造のBがあんな素敵なAさんと不倫しているというのに自分はと思うと悔しくてなりませんでしたが、それでも週末のあいだそれをオカズに何度自分で慰めたかわかりませんでした。

週があけて出社して、よ~く二人の様子を観察していましたが、全くかわりありません。
Aさんはテキパキと仕事をこなし、綺麗で貞淑な人妻そのもの。
B君は顔も体も別にとりたてていいところもなく十人並み、相変わらず使いっ走りの仕事をしているただの若造です。

よくオフイスラブはすぐバレルと言いますが。
二人の場合は全くそんなことはありませんでした。
僕だって、あの盗撮がなければ今でも信じられないくらいです。

そんなB君も、今年でもう4年目。
Aさんは40の声をききましたが、今でも綺麗で颯爽としています。
あれから何事もありません、Mちゃんは寿で退社しました。
ごく普通に平凡に、職場の毎日は続いていきます。

あの二人、まだ関係続いているのかな。
それは二人の様子からは全くうかがいしれないことでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 職場の同僚の盗撮というスリル