スワッピングして淫乱になった結果、夫が大喜びしてる件

私は、熊本県に住む48才の主婦。結婚25年目。

子供2人いますが結婚しています。いまは主人と二人暮しです。結婚後は浮気等の経験なし。結婚前の男性経験は、2人。

ある夜、主人から、スワッピングの話をされたのです。私が、他の男性に抱かれている所を、「見てみたい」と。そして、私が他の男性に逝かされたらどうなるのか見たいと・・・。

主人がこういうことを言うのではないかと、少しは予想できてました。

なぜなら、主人は私の結婚前の男性体験を細かく聞いてきたり、SEXの時、他の男性にこんな事されたら、どうなる・・とか、よく口にしていました。

[紹介元] Hな体験談 スワッピングして淫乱になった結果、夫が大喜びしてる件

【画像】アニメ特有のおっぱいのためだけに作られたような制服wwwwwwww
1: 2024/02/29(木) 02:15:08.16 ID:Sc4JMhd+0GARLIC
すき

続きを読む

[紹介元] グッドルーザーズ 【画像】アニメ特有のおっぱいのためだけに作られたような制服wwwwwwww

隣室の姉
<p>三歳上の姉・朋子にまつわる話。<br />姉は強いて言うと、『仮面ライダーフォーゼ』に出ていた清水富美加似。<br />中二の秋。その日は朝から体調が悪く、ずっと熱っぽかった。いつもなら学校終わりにそのまま塾に向かうけど、電話で休むことを伝えて直帰。<br />玄関のドアを開けると、姉のローファーと見知らぬ男物のスニーカーがあり、すぐに彼氏を連れ込んでいると察した。邪魔をしてはいけないと思い、足音を立てないように階段を上がった。</p><p>「う、うぅーん……うぅぅーん……」</p><p>二階に着くと、姉の部屋から獣みたいな呻き声が聞こえてきた。<br />ドアと枠のわずかな隙間から中を覗いてみると、そこにはバックで突かれている姉がいた。<br />四つん這いになってお尻を突き出し、彼氏が嬉しそうに腰を打ちつけていた。その振動でお尻の肉が波打ち、乾いた音がパンパンなっていた。</p><p>「おっ(ハート) おぉぉぉぉー(ハート)」<br />「あ、あぁぁぁぁぁー……」</p><p>徐々にペースアップしていき、やがてフィニッシュを迎えた。<br />彼氏はティッシュで後始末をすると、新しいコンドームを装着。ベッドで突っ伏している姉に抱きつき、延長戦をリクエストし始めた。</p><p>「なぁ、朋子(ハート) もう1回(ハート)」<br />「う、うん……(ハート)」</p><p>姉もそれに応じ、そのままベロチューを始めた。<br />2人の愛し合っている姿を見ていたら、場違いな感じがしてきた。私は気づかれないように自室へと移動し、壁越しに喘ぎ声をひたすら聞き続けた。<br />今にしてみると、姉はその頃ずっと帰りが遅かった。おそらく学校終わりに彼氏宅へ赴き、エッチしまくっていたと思う。</p>
[紹介元] エロ体験談 隣室の姉

パンツ見せる塾の女児
<p>塾で小5の担当をしてたとき、パンツを見せてくれる子がいた。<br />     <br />背が高くてちょっと大人びた子。<br />授業が始まるとスカートのすそを少し持ち上げ、こちらの様子を伺いながら足を開いていく。<br />見られてることに気づいても、顔を赤くしながらもそのまま股間にぴっちり張り付いたパンツを見せてくれる。<br />     <br />最初は目のやり場に困ったけど、そのうち目で犯してあげるのが日課に。</p>
[紹介元] エロ体験談 パンツ見せる塾の女児

妹にセックスを強要してヤったら妊娠してしまった
<p>俺はガチで妹妊娠させて家族会議になった<br />幼稚園ぐらいの時に両親が離婚した<br />詳しくは知らないが離婚の原因は親父が女作ったかららしい<br />俺と姉、妹は母ちゃんと暮らす事にした<br />母ちゃんはスナックで働くと言っていた<br />不思議な事に金に不自由した事は一度もなかった<br />今思うとスナックではなく母ちゃんはたぶん風俗店で働いていたんだと思う<br />基本的に昼~深夜までは母ちゃんはいなかった</p><p>母ちゃんは基本的に家にいなかったため家事などは姉と俺でやっていた<br />俺が高校生の時に姉が彼氏を連れてきた<br />俺は自分の部屋で漫画を読んでいた<br />すると姉の部屋から小さな声で喘ぎ声が聞こえた<br />俺は恐ろしく興奮した<br />姉がセックスをしているなんて本当に驚いた<br />彼氏が帰ったあと姉に「聞こえた?」と言われたが俺は「寝てたからわからない。呼んでたの?」と知らないふりをした<br />この日から姉とセックスしたくてたまらなくなった</p><p>どうにか姉とセックスできないか必死に考えた<br />でも答えはでない<br />俺は姉とできないなら妹とセックスできないか考えはじめた<br />姉が県外の大学に行くために家をでた<br />家には俺と妹だけになった<br />そのころ俺高3、妹高1だった<br />ある日俺は行動を起こしてみた</p><p>妹が風呂に入ってるときに乗り込んだ<br />妹は驚いて俺に文句をいった<br />俺はわざとらしく「大事な話があるからきけ」と妹を羽交い締めにした<br />俺は母ちゃんは実は風俗店で働いているのではないかと妹に話した<br />妹は同様した。そんなはずはないと泣きはじめた<br />俺は「本当かどうか母ちゃんに聞いて確かめよう」といった<br />妹は泣きながらとめてきた<br />そんなことを母に言わないでくれととめてきた</p><p>俺はやめるかわりにセックスを強要した<br />数分間のやりとりのあと妹は承諾した<br />俺は妹とやった<br />それからほぼ毎日のように妹とやった<br />最初は嫌がっていた妹もだんだんなれて自分から誘うようになった<br />1ヶ月後妹に「生理がこない」といわれた<br />俺は大丈夫だと思い中出しを続けた<br />3~4ヶ月たったころに「まだ生理がこない多分妊娠した」といわれた</p><p>不思議と俺は冷静だった<br />誰にもバレずにどうやって中絶するかを考えた<br />いろいろ調べた所保護者の承諾なしで中絶できる病院をみつけた<br />こっそりその病院になんどか行って処置をうけた<br />俺は誰にもバレてないと思った<br />しかし数日後姉が帰ってきた</p><p>うかつだった<br />姉の友達が目撃していて姉に連絡したそうだ<br />姉は妹に「妊娠させた男を連れてきて」といった<br />どうやら姉は俺が相談をうけて付き添いでいったのだと勘違いしているようだった<br />妹は小さな声で「お兄ちゃんとセックスしていた」とつぶやいた</p><p>姉は驚き俺に確認してきた<br />俺は「ずっと○○てやってた」と話した<br />翌日俺、妹、姉、母ちゃんで話した<br />母ちゃんは怒るというよりも「いくら好きでも家族でしたらだめなの」と冷静にさとしてきた<br />この時のことはよく覚えていない<br />けれど俺は「でも妹とヤリたい」と遠回しにいった<br />母ちゃんは驚くような事をいってきた</p><p>「もしどうしても○○とエッチがしたいならコンドームをつけなさい。それで絶対に誰にもいわないこと」<br />俺と妹は泣きながらあやまった<br />それから数日後母ちゃんは「別のスナックで働くから」と仕事の時間を夜だけにした<br />俺は2~3回妹とやったけど自然にそのあとなにもしなくなった</p><p>妹とセックスしなくなってしばらくしたあと姉ちゃんが訪ねてきた<br />姉ちゃんは俺に「あんたまだ○○とエッチしてるの?」と聞いてきた<br />俺はなんて言うか考えていたら「どうしてもエッチしたいならあたしがしてあげるから○○とはもうしないであげて」と泣きながら言ってきた<br />俺は姉とヤリたいと思っていたころの衝動が一気にきて話を飲んだ</p><p>そのまま姉とラブホに行きやった<br />けれどあまり気持ちよくはなかった<br />むしろ気持ち悪かった<br />俺はいろいろ後悔した<br />なぜ妹を妊娠させたのかなぜ姉とセックスしたのか<br />俺は高校でて直ぐに県外の会社に就職した<br />もう5年近くたつが「忙しい」と理由をつけて一度も家に帰ってない </p>
[紹介元] エロ体験談 妹にセックスを強要してヤったら妊娠してしまった

お隣の人妻 16
<p>10月に入ってもまだ風は穏やかで衣替えさえ早いと思うほどでした。<br />俺は8畳の窓から中庭にあり小さな公園を見ていました。<br />この団地にはこういう小さな公園が数か所あり、そこには学校へ行かない小さな子供たちがお母さんに連れられて遊んでいるんです。<br />砂場で遊ぶ子、滑り台を滑っている子、ブランコに乗り後ろからお母さんに押されている子、そして椅子に座っているお母さんに抱っこされている赤ちゃん。<br />そんな様子を窓から見ているといかにも獲物をあさっている誘拐魔かレイプ犯なんです。<br />「ねえ、若いきれいなお母さん、いた、、」<br />「うんん、、5人ほどのお母さんがいるけどみんな俺好みじゃないな。」<br />膝立ちになり窓の下に両腕を左右から重ねその上に顎を乗せて、まるで頭の上にタオルを乗せていたら銭湯の湯船の淵で休んでいるような恰好だった。<br />しかも窓から見えない首から下は全裸なので銭湯同様なんです。<br />里香さんはと言うと、俺の後のまた下から仰向けになって頭を入れ、壁に後頭部をつけて俺のペニスをしゃぶっているんです。<br />今朝、旦那が仕事に行くと早速やって来て「ねえねえ、、拓君、今日は学校もバイトもお休みなんでしょ。だったらしよう。」と言って俺のペニスをしゃぶってきたんです。<br />すでにショーツは脱いでいて、いつでも俺のペニスが大きく硬くなれば挿入可能なんです。<br />里香さんがしゃぶってくれたおかげで俺のペニスは大きくなってくると8畳の二人だけの部屋へ移動するんです。<br />そこはすでに里香さんが布団にシートを掛け枕を二つ置いて、ティッシュと水差しとコップまで用意していたんです。<br />そして二人が裸になって抱き合ってもいいようにエアコン調整までしてあったんです。<br />そこで1回戦を終え喚起のために窓を開けると、小さな子供が遊ぶ声が聞こえ外を見ていたんです。<br />すると里香さんが股をくぐって俺のペニスをしゃぶってきたんです。<br />公園を見ていると若いお母さんが赤ちゃんを抱いてやってきました。<br />するとママ友なんでしょうか、一人のお母さんと話し始めたんです。<br />そしてしばらくすると赤ちゃんが泣きだし、そのお母さんは話しながら赤ちゃんにオッパイを上げ始めたのです。<br />でもそのままでは他から見られてしまい、お母さんは肩からすっぽり被せられる布を赤ちゃんの顔の上から被せオッパイをあげているんです。<br />「ねえねえ、里香さん、最近はオッパイをあげるときに被せる物ってあるんだ。」<br />「そんなのもう昔からあるよ。」窓の下で俺のペニスを咥えている里香さんがそう言うのです。<br />「へえええ、、そうなんだ。俺も里香さんのおっぱい吸いたいな。」<br />俺がそう言うと里香さんは股下から頭を抜け出し、布団の上に正座をすると俺を太腿の上に寝かせるのです。<br />もちろん里香さんも1回戦を終えてから下着1枚着けない全裸でいたのです。<br />そして俺の頭を片手で下から救うと、自分の乳房を持って俺の口に乳首を入れていくんです。<br />「よしよし、、拓君赤ちゃん、ママのオッパイよ、たくさん飲んで、、」<br />「うん、、ママ、、ママ、、おいしいよ。」そう言って俺は里香さんママのオッパイを吸っていたんです。<br />しかし、里香さんママの母乳は出てこなく、あまり吸っていると跡が残るので断念をするしかないのです。</p><p>あれからもう一度里香さんと交わり2回戦が終わると里香さんが昼食を作ってくれました。<br />しかも裸エプロンでなんです。<br />朝からずっと裸でいたせいか、エプロンで隠れるところが出来るとすごく里香さんの体がエロくなってくるんです。<br />そしてこれからだんだん寒くなってくるので、部屋で下着くらい着るのも当たり前になってきます。<br />そこで俺と里香さんはネットで調べながら買おうと思って、布団に寝そべりながらパソコンを見ていたんです。<br />「ねえ、、ねえ、、いいのあった。」<br />後片付けを終えた里香さんが全裸の俺の上に全裸で重なってきたんです。<br />(おおおお、、、重たい、)<br />口に出して言わなかったものの、股間にずしりと、、<br />ネットでいろいろ里香さんの下着を見ていた俺は股間の物が大きくなるところだったのです。<br />「これなんかどうかな、、これとかこれとか、、」<br />「うんんん、、、ねえ拓君、それってぜんぶTバックじゃない。しかも後ろだけじゃなくて前の紐みたいに、、これだったら私の陰毛がはみ出てしまうわ。」<br />「だったら、、いっそうのこと剃ってしまったら、、剃るの手伝うからさ。」<br />「拓君、、それが目的じゃない。」<br />「そうじゃないと言えば嘘のなるけれど、、、」<br />「ダメ、旦那に叱られるから、、、ここを剃るときは旦那にって言ってあるんだから、、」<br />「そうなんだ。俺が剃りたかったな。」<br />「もう、、、ほかにはないの?、、」<br />そんなことを言いながら里香さんが俺の上から降りて横に寝そべると、今度は俺が里香さんの上へ重なっていったのです。<br />「もう、拓君重い。」<br />「じゃあ、、これは、、」<br />「ああんん、、そ、そこならいいわ、、」<br />俺は寝そべっている里香さんの脚を少しだけ広げると、ペニスを股間に入れ上の重なっていったのです。<br />これなら俺のペニスも負担にならないし、里香さんだって俺だってきもちいいし、、<br />結局、ああでもないこうでもないと前に里香さんとお店で買った物も見て数点ネットで買いました。<br />そして買ったあと里香さんが、「ねえ拓君、今度二人でドンキへ行ってみない、あそこだったらいろいろな下着あるし、安いし、私、拓君にゾウさんのパンツ買ってあげるからあれ穿いてまた階段でしよう。」なんて凄いこと言うんです。<br />「じゃあ、その前に里香さんのここゾリゾリさせて、、」<br />「もう、、拓君たらそんなことばかり考えているんだから、、」<br />そんなことを言いながらふざけ合い、3度目の合体に入って行ったのです。</p>
[紹介元] エロ体験談 お隣の人妻 16

姉と2人で住み始めたら恋人みたいになってしまった
<p>9年前の事なんですが、当時、俺23歳、姉24歳で、お互い実家を出て、それぞれ一人暮らししてました。<br />俺は高校出てから某ピザチェーンの営業してて、5年も経てばそれなりに仕事も一通りこなしてましたが、給料はそれほど高くもなく、毎月切り詰めつつ貯金しながら生活してました。</p><p>姉は事務機器を取り扱う会社で事務してましたが、ちょうどその頃、姉の会社がリストラを始めだし、姉もその対象となりました。<br />姉がもらってた給料は、なんとか一人暮らしが成り立つ程度だったので貯金もそれほどなく、失業保険をもらいつつ失業期間をしのいでました。</p><p>それでも生活は一気に苦しくなり、やっと見つけた仕事がホテルの客室案内。<br />そのホテルが俺が勤めている会社の近くで、姉が住んでたアパートからは通勤するのがバスの乗り換えがあり大変になるということで、俺と一緒に住むことになりました。<br />俺も家賃光熱費折半はありがたいし、付き合ってた恋人もいなかったので快く了解し、姉弟の生活が始まりました。</p><p>二人での生活は、姉の仕事が6時に終わり、俺より先に部屋へ戻ることが多かったので、食事はだいたい姉任せで、俺が早く終わるときには自由に使えるお金が増えたこともあって、たまに姉を誘って外食したりもしつつ、そんな割りと楽しい二人暮らしでした。</p><p>俺はそれまで姉に対して特別な感情なんか持ったこともなかったんですが、姉が風呂上がりで着替えてるのを知らずに洗面所に行ったら全裸見ちゃったり、晩酌しながらのエッチトークでだんだんと変な感情が湧いてきて、姉を女と意識することも増えてきました。</p><p>そんなある冬の晩。<br />実家から送られてきた毛ガニで鍋をやることになり、うまい鍋にビールも進んで二人とも結構酔っぱらった時がありました。<br />いつもの仕事の愚痴やら好きなミュージシャンの話やらの後、だんだんとお互いの恋愛についての話になっていきました。<br />恋愛の話から下ネタになり、お互いの性欲の処理についても話が及び、酔った勢いで自分のセルフエッチを暴露していきました。<br />ネタは官能小説が多いとか、姉に気づかれないように夜中にしてるとか、処理に使ったティッシュを見られないように紙袋に入れて出勤時にゴミステーションに捨てていくとか。</p><p>一通り自分のセルフエッチについて熱く語った後、姉に話を振ると姉も酔った勢いもあったのかペラペラ話しだしました。<br />一人暮らしの時はローターやバイブレーターで処理することもあったが、俺と暮らすようになってからは音でバレるのでもっぱら手でしてるとか、どこをどうやってするとか、昔は二股かけてて色々開発されたとか・・・。<br />正直、姉は性に関して奥手だとばかり思ってた俺は、驚きつつ興奮してました。</p><p>後から聞いたんですが、そのエロトーク合戦の時から姉も興奮してて、弟である俺を誘惑してたようなんですが、酔ってた俺はそんなの気がつかなくて(笑)</p><p>話を戻すと、もうどうしようもなく興奮してた俺は、なんとかこの収まりのつかないブツを鎮めないとと思い、風呂で一発抜いてこようと風呂に入る準備を始めました。<br />そしたら姉が、「私も入る」と着替えを取りに自分の部屋へ行きました。</p><p>(風呂で抜こうと思ってたのに・・・。エッ、姉と一緒に風呂!なんで?でも姉の裸見れる!)</p><p>っていう心の葛藤がありつつ、結局は姉の裸に負けてしまい、ドキドキしつつも、「じゃあ先入ってるから」と一言残し、とりあえずタオルを腰に巻いて頭を洗ってました。</p><p>「やっぱ、なんか恥ずかしいねー」</p><p>そう言いながら入ってきた姉は、バスタオルを体に巻いてて、頭を流した俺はちょっと残念と思いつつ、それでも興奮してました。<br />頭を洗ってたおかげで収まってたブツがだんだん自己主張し始めて来ましたが、なんとか姉に気づかれないように隠して体洗い始めたら、「背中流してあげるよ」って、スポンジを俺から奪い、姉が背中を洗ってくれました。<br />自分の体の泡を落としバスタブに浸かろうとすると、「私のもやってよーっ」てスポンジを渡され、バスタオルを取りました。<br />一応前は手で隠してましたが、背中だけでも女の裸を目の前にした俺は興奮も最高潮に達し、でもその興奮を抑えつつ一心不乱に姉の背中を流してました。</p><p>と、突然姉がこっちに向き直り、「前も洗って」と胸を突き出してきました。<br />普段の俺なら、「前くらい自分でやれ!」と言いそうなもんですが、さすがにこの時は言われるまま姉の胸を洗ってしまいました。<br />心なしか姉の顔も上気してきたようですが、もう余計な事は考えられないほど興奮してた俺は、スポンジ越しじゃなく直に胸を触ってみたくなり、手のひらで揉むようにして胸を洗い始めました。</p><p>その時、姉が小さく「ぁう」と漏らしたのを聞き逃さず、ついに胸だけじゃ我慢できなくなり下腹部に手を伸ばしてみました。<br />姉は最初こそ足を閉じて抵抗するような感じでしたが、すぐに足を開いて俺の手の侵入を許し、両手を俺の首に回して抱きついてきました。<br />もう夢中だった俺は姉の口に吸い付き、姉も舌を絡ませてきて激しく抱き合いました。</p><p>しばらく抱き合いつつお互いの体を弄り、ここで初めて姉が俺のブツを握ってきました。<br />恥ずかしながら姉の手に包まれた瞬間、それまでのセルフエッチからは想像もつかないほどの快感で、爆発と言っていいほどの射精・・・。<br />かなり情けない声を出しちゃったと思います。</p><p>ぼーっとしてたら、「いっぱい出たね。今度は私も気持ちよくして!」と姉が抱きついてきました。<br />もうお互いが姉弟ということを忘れたかのようにキスを繰り返し、お互いの体に吸い付き舐め回し、一番敏感なところを刺激しあって10分経った頃、姉の体がビクビクッっと痙攣しました。</p><p>(イッた!!姉をイカせた!)</p><p>達成感っていうか、少し誇らしげな気持ちになって姉の唇にそっとキスしました。</p><p>そのまま二人でバスタブに浸かり、姉の背中を抱くようにして胸を揉んでいました。<br />お互いなんか恥ずかしくて一言もしゃべらずにしばらく経った頃、どちらともなく上がろうかと脱衣場に出ました。</p><p>お互いの体を拭きあってたら一度放出したブツがまたビンビンになり、姉も「また元気になっちゃったね」と跪いて、ブツの前に顔を近づけてきました。<br />姉の息がブツに掛かり、それだけでまた軽くイキそうになったのですが、直後に温かい粘膜の感触で姉に咥えられた瞬間に射精してしまいました。<br />姉もこんなにすぐに出るとは思ってなかったらしく、びっくりしつつも出した物を飲み込んでくれました。</p><p>俺は2度も放出したのに興奮はまだ収まらず、裸のまま居間のソファーまで移動して、抱き合いながら倒れ込みました。<br />乳首に吸い付いて姉の股間に手を伸ばしたら洪水という表現がぴったりなほど姉のはビショ濡れで、ソファーにまで跡がつくほどでした。</p><p>乳首から脇腹、おへそとだんだん下へと体を舐め、吸い付き、繁みの奥の姉のモノを初めて見た時、なぜか感動したのと、姉も女なんだと当たり前のことを再認識しながら口をつけました。<br />唇が姉の一番敏感なところに触れた瞬間、太股に頭を挟まれ、姉の体が軽く痙攣して姉のモノからは白い液体が溢れてきました。<br />姉も軽くイッたようで、ソファーで抱き合ったまま余韻に浸ってましたが、この時はだいぶ酔いも覚めてて、抱き合いつつも戸惑ってたり、後悔みたいのもあったり・・・。</p><p>その時、姉の手が俺のブツを握ってきて、軽く揉んだりしごいたりしてきたので3度目の大膨張。<br />先ほどまでの後悔のようなものはどこへやら。<br />姉を連れて俺の部屋のベッドへ移動しました。</p><p>ベッドに姉を横たわらせ、足の間に体を潜り込ませると、前戯も無しにブツを姉のモノに一気に挿入。<br />さすがに3回目なので瞬間の爆発もなく、でも今度は姉が入れた途端にビクビクと痙攣を始め、それでも構わずに前後に腰を進め、姉のモノから溢れ出る愛液の匂いを感じながら、(とうとう姉と最後の一線を越えてしまった)という思いと、社会的にいけない事をしてるという背徳感と、そして湧き上がってきた姉を愛しいと思う気持ちとが入り交じった妙な感覚に揺られつつ、だんだん冷静になってきて、姉の感じてる顔を見ながら腰だけはゆっくりと動かしてました。<br />イキそうになり深く腰を進めたところで姉と目が合い、そこで姉の中で爆発させてしまいました。<br />子宮に精を放出した瞬間、姉の体もそれまでで一番激しく痙攣し、足を俺の腰に回してより深くブツを飲み込もうとするかのようにしがみつき、果てました。</p><p>姉の中にまだ小さくならないブツを納めたまま、「しちゃったね」と姉に話し掛けると・・・。</p><p>姉「しちゃったね、◯◯(俺)は後悔してる?」</p><p>俺「姉ちゃんとこうなったこと、後悔はしないよ。それより、中で出しちゃった、どうしよう、ごめん」</p><p>姉「たぶん、大丈夫だよ」</p><p>後日、姉に生理は来たので安心したのですが、姉弟の間で妊娠したらさすがにヤバいと当時は気が気ではなかったです。<br />それ以来、姉とはほぼ毎日エッチするようになって、それが今まで9年間続いてます。</p><p>おわり。</p>
[紹介元] エロ体験談 姉と2人で住み始めたら恋人みたいになってしまった

【エロ板まとめ】【悲報】Qカップ美女さん、片乳を紛失、、、
2000: みらーじゅ注意報 ●お願い事項 ※画像等は後から削除されている場合があります。 ※画像はURL群の下にまとめてある場合があります。 ※ 本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。 以上、予めご了承ください […]
[紹介元] まとめ記事 | みらーじゅ注意報 【エロ板まとめ】【悲報】Qカップ美女さん、片乳を紛失、、、

セフレ姉はアナル好き
<p>俺と姉ちゃんは中学時代からセフレの関係。<br />何度もマンコに中出ししてるし、フェラで口内射精して精子飲ませてるんだけど、1番姉ちゃんが好きなのはアナルセックスで中出しすること。<br />アナルだけでイっちゃうくらいにアナル好きな姉ちゃんだ。<br />いつでも生でアナルセックス出来るように浣腸を欠かさず、指を入れて中まで洗ってるらしい。<br />おかげで安心して舌を入れて舐めまわせるんだけどね。<br />それでも、アナルセックスした直後は腸液と精子でチンポがドロドロに汚れる。<br />姉ちゃんは自分のアナルに入ってたチンポを、躊躇なく咥えて綺麗にしてくれる。<br />アナルから精子を垂れ流しながら。<br />最近は、リビングで俺の膝に座ってきてアナルに挿入するように強請ってくる。<br />親が近くに居てもお構い無しだ。<br />スカートの中はご丁寧にノーパンで準備万端。<br />仕方ないから親に見られないようにこっそりとチンポを挿入してあげる。<br />大抵は挿入しただけでイっちゃうんだけど、この前は腰をくねらせる余裕を見せてきた。<br />悔しいから俺も腰を使ってアナルの中をかき回してやった。<br />更に親の前でアナル中出ししてやった。<br />それでも抜こうとしないから、小便もおまけで中にしてやった。<br />流石にそれには焦ってたけど、出し切るまで姉ちゃんを抱え込んで逃がさない。<br />小便が終わった瞬間に慌てて便所に駆け込んでたよ。<br />俺は急いでチンポしまったよ。<br />少しだけ姉ちゃんのアナル臭がしたけど気付かれなかった。</p>
[紹介元] エロ体験談 セフレ姉はアナル好き

【エロ板まとめ】【画像】マッチングアプリのTinderずっとやってんだが…これどうYO
2000: みらーじゅ注意報 ●お願い事項 ※画像等は後から削除されている場合があります。 ※画像はURL群の下にまとめてある場合があります。 ※ 本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。 以上、予めご了承ください […]
[紹介元] まとめ記事 | みらーじゅ注意報 【エロ板まとめ】【画像】マッチングアプリのTinderずっとやってんだが…これどうYO

おばちゃんとおれ 外伝 みっこおばさん編
<p>おばちゃんに童貞を卒業させてもらってから数えて初めての年末<br />毎年家族で帰省して田舎で過ごしていた<br />帰省先は母方のばあちゃんち<br />田舎と言っても堺なので、今のとこより100倍都会なんだけど<br />歴史で小学校から必ず習う仁徳天皇陵、あの鍵穴みたいな形のお墓の近所だ<br />余計なことだけど、教科書の航空写真を細かーく見るとばあちゃんちが写ってるはず</p><p>母には妹と弟がいる<br />今回は妹の方<br />おれはみっこと呼んで幼い頃から懐いていた<br />みっこおばさんもひろくんひろくんと可愛がってくれた</p><p>当時はみっこが30前で、今度結婚するとかしないとかって言う時期だったと思う<br />まだみっこは実家であるばあちゃんちに住んでた<br />帰省中には必ず一回くらいお風呂に入れてくれた</p><p>まあ、ここもお風呂始まりなんだけど</p><p>さすがに10歳を超えてるし、結婚して実家を出る予定だから、今年が最後ねぇと言う感じだった<br />今回はおばちゃんとセックスしまくってる時期に帰省してる<br />どうしてもみっこのこともそう言う目で見てしまう<br />だからお風呂は楽しみにしてた<br />昭和の古い、しかも都会の狭い敷地の文化住宅の風呂だから滅法狭い<br />ふくよかなタイプのみっことおれが入るとサイズ的にも目一杯</p><p>洗い場で最初におれがみっこを洗ってあげた<br />最後だから、とか何とか言ってタオルを使わず手に石鹸をつけて洗った<br />背中からスタートしたからそう抵抗もなかったのかも知れない<br />痩せ型のおばちゃんと比べると広大な背中だけど、触り心地がいい<br />背中が終わって何となーくそのままの流れ、みたいな感じで後ろから手を回して脇腹から前の方に手を伸ばした<br />ちょうどおっぱいに触ってしまうかどうかと言うタイミングでみっこの背中におれの体を密着させた<br />当然勃起しているから、腰の辺りにいきり立ったちんぽが当たって、前側では両手がそれぞれのおっぱいを撫で回して洗う、そう言うタイミングを狙った</p><p>ちょっとひろくん、当たってんで。それに胸も。わざとやろ?</p><p>さすがに小学生の考える浅はかな作戦<br />当然こうなる</p><p>ひろくん、何?みっこにわるさしたかったんか?<br />せやなぁ、ひろくんもそんな歳なんやねぇ<br />昔は可愛い可愛いだけやったけど</p><p>作戦の失敗で恥ずかしくなったのと気まずさで先に湯舟に背中を向けて浸かった</p><p>ひろくん、拗ねてしもたん?<br />しゃあないなぁ、ええか、ひろくん、みっこ今度結婚すんねん<br />今度帰ってきてもここにはおれへんし、苗字も変わんねんで<br />せやから最初で最後やで?それに絶対内緒やで?約束できる?</p><p>湯舟の中で振り向いてみっこに頷いた<br />さすがにちょっと寂しさで目が潤んでたのかも<br />おれの目を見たみっこが湯舟のヘリ越しにキスしてくれた</p><p>お風呂出たら今夜は一緒に寝よか?<br />かこちゃんには言うとくから</p><p>かこちゃんとは母のこと<br />実家ではそう呼ばれていた</p><p>やっぱりひろくん可愛いわぁ<br />もっと遊んだげたかったなぁ</p><p>残念そうにみっこが言った<br />その後は普通にお風呂を上がって、寝る時間まで今で過ごした</p><p>かこちゃん、ひろくんなぁ今夜はうちの部屋で寝てもええか?</p><p>ええんちゃうか?あぁ、せやなぁ、もう今年が最後かも知れないからなぁ</p><p>無事にパスできた<br />みっこの部屋だけは2階にある<br />変に暴れなければ気付かれにくい</p><p>12時近くなってぼちぼち寝る時間という感じで各々何となく解散していった<br />おれとみっこは階段を上がって部屋に入った<br />先に入ったみっこは、おれが後ろ手で戸を閉めた瞬間振り向いて抱きしめてくれた</p><p>まさかひろくんにこんなことするなんてなぁ<br />でも背ぇも高いし、背中に当たったアレも大っきかったしな、楽しみやわ</p><p>?<br />楽しみって、今度結婚するんやろ?</p><p>気になってた質問を思わず投げてみた<br />結婚するってことは彼氏なりが今いるのが道理だ</p><p>浮気ちゃう…で?<br />まあそれに近いかも知れへんけど<br />おとついお見合いしたんや<br />それでその人と結婚するのんは決めたんやけど、まだ返事してへんねや<br />電話でするもんちゃうやろし、年明けたらに正式に返事しに行くんや<br />せやからまだ宙ぶらりんなんや、みっこは<br />しつこいようやけど、この帰省が終わったら全部忘れや?</p><p>(ん?うちに帰る前だったらお代わりありってことでいいのか?)<br />みっこ、わかったよ</p><p>ほんなら服脱がしたろ<br />パジャマを脱がされると早くも全開で勃起したちんぽが元気に飛び出してきた</p><p>立派やと思てたけど美味しそう</p><p>立ったままのおれのちんぽを咥えてくれた</p><p>ひろくん、んん!美味しいわ</p><p>しゃぶりながらみっこは自分で服を脱いでいく<br />さっきお風呂で見た肉感的な身体<br />布団の上におれを寝させて、続けてしゃぶる</p><p>んはぁ!ひろくんのすっご。どんどん大っきなるわ</p><p>口を離したから攻守交代でおれがみっこの全身を舐め回した</p><p>ひろくん…何でそんなに上手なん?あん!あ!あ!ほんま上手いぃ</p><p>一通り舐め回していよいよクンニ<br />あまり手入れしてない感じの陰毛に覆われ気味のクリをムキムキして最初から全開で吸った</p><p>そんなん!あかん!気持ちえぇ!あかん!気持ちえぇ!あ!あ!あぁ!あかん、そんなんあかん!すぐいかされてぇぇ!あかん!いくぅ!!!</p><p>ビクビクビクッと全身を痙攣させてみっこは絶頂してくれた<br />声を抑えながらやってるからアレだけど、抑えてないみっこの声も聞いてみたい</p><p>ひろくん、何でそんなに上手なん?かこちゃんにもいさおちゃんにも言えへんから教えて</p><p>息を整えながらみっこが聞いてきた<br />おさおちゃんとは父のこと<br />おれはざっくりおばちゃんとのことを話した</p><p>そんなことしてたんか?そのおばちゃんええなぁ。今夜はみっこにもしてな?</p><p>仰向けで横たわるみっこに覆い被さった<br />抱き合ってキスしながらちんぽの先だけで入り口を探ってゆっくり挿れた</p><p>あぁん、入ってきた…あ!大っき…あ!あ!あぁん!奥にあたってるぅ!気持ちええよぉ</p><p>一番奥まで入ったら動かずそのままみっこを抱き締めてしばらくキスし合った<br />抱き合ったまま徐々に奥をノックするようにゆっくりグリグリ腰だけ動かす</p><p>んあぁ!すごぃぃ!頭真っ白になっ…あ!あぁん!あぁん!ひろくんまたいってもいぃ?あ!あ!あ!いく!いくわ!いくわ!いくいくいくいくぅ!<br />だめ!ちょっ!ちょっと待って!そんな、そんな続け…あ!あ!あ!またいくぅ!!<br />もっと!もっと頂戴ぃ!こんなん初めてやわぁ!気持ちえぇ!気持ちえぇ!またいっちゃう!またいくぅ!</p><p>立て続けに絶頂するみっこ<br />次はバックでみっこの大きなお尻を鷲掴みながらパンパン音がしないようにゆっくり深く突いた</p><p>あ!すっ!すっごぃ!すっごいすっごいすっごいすっごぉい!いくぅ!!!<br />ゆっくりされたらおかしなるぅ!もっと!もっと深くぅ!もっとぉ!<br />ひろくん!ひろくん!!中に頂戴!みっこの中に出してぇ!!!</p><p>帰省で数日禁欲生活を強いられてたからいつもより沢山出た<br />力尽きるようにみっこは布団に突っ伏した</p><p>な、ひろくん、明日皆でお墓参りやろ?<br />行かんといてまたみっことしよか?<br />ひろくんのズルいわ、結婚しぃたなくなってきてしもた。どないしよ、責任とってや<br />なぜか笑顔で責められる</p><p>体の大きいおれがみっこと寝ると父たちが寝易いと言うことで毎日みっこと寝ることになった<br />墓参りも体調が悪いといって欠席してみっこと遊んだ<br />誰もいないからみっこも気兼ねなく雄叫びを上げた<br />夜も毎日声を押し殺してセックスした</p><p>正月が終わって我々も帰宅した<br />最後の夜はいつもよりもっと積極的だったみっこおばさん<br />その後つつがなく結婚して子供も二人できた</p><p>大学受験の時にばあちゃんちに泊まらせてもらい何校か受験した<br />試験のない日にみっこに会いにいった<br />平日だから旦那のとおるちゃんも子供たちもいない<br />キスで迎えてくれた下着姿のみっこ<br />みっこ自身が全然忘れてなかった</p><p>だってとおるちゃんのより気持ちいいから</p><p>夕方までたっぷり遊んだ<br />みっこに会ったのはそれが最後</p>
[紹介元] エロ体験談 おばちゃんとおれ 外伝 みっこおばさん編

【エロ板まとめ】【画像】全盛期『大原優乃』の腰回りスケベすぎないか
2000: みらーじゅ注意報 ●お願い事項 ※画像等は後から削除されている場合があります。 ※画像はURL群の下にまとめてある場合があります。 ※ 本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。 以上、予めご了承ください […]
[紹介元] まとめ記事 | みらーじゅ注意報 【エロ板まとめ】【画像】全盛期『大原優乃』の腰回りスケベすぎないか

訂正 風俗面接に来た品のある借金主婦を騙し、ラブホで実技指導
<p>風俗でアルバイトしていた時がある</p><p>自分は男なので、受付や雑用ばかりなんだが、<br /> 毎日のように嬢の募集をかけていたが、<br />ある日店長が用事で早退した日が あった。</p><p>そのときに電話がかかってきたのだ。</p><p>年はアラサーの人妻だという。</p><p>一人の子持ちだった。</p><p>風俗で勤めるのは初めてだと言っていた。</p><p>旦那に内緒の借金があるようだった。</p><p>翌日休みの俺は変な気を起こしてしまった。</p><p>面接は店長がする決まりだったが、<br /> 翌日、店の外で会う約束を取った。</p><p>喫茶店で話を聞いて、<br /> 実技試験が必要だと言った。</p><p>これは実際にしている ことだった。</p><p>入れ墨とか困るから。</p><p>ホテルで実技をすると言ったらあっさ りついてきた。</p><p>本当に普通の奥さんでかなり緊張している様子だった。</p><p>店の決まりを一通り説明してから、<br /> 脱いで下着だけになってもらった。</p><p>なかなかの上物だった。</p><p>色白でスタイルが良かった。</p><p>最初にフェラチオを お願いしたら恥ずかしそうにしてくれた。</p><p>フェラの間体中さわっていた ら、<br />あそこが濡れていた。</p><p>いちおう、病気と入れ墨の検査するからと言って、<br />パンツもブラも脱いでもらった。</p><p>最近は騎上位が多いからと言って、<br />テクニック見せてくれと言ってやってもらった。</p><p>素人だけど締め付けがすごかった。</p><p>間違いなく合格だがそうは出来な かった</p><p>勝手に面接したのばれたら店長にリンチされる</p><p>知人に頼んでその店で働いてもらった。</p><p>友人の奥さんだから目をかけて<br /> くれとお願いした。</p><p>彼女にもその方がいいからと言ってあった。</p><p>時々電話をして店の様子を聞いていた。</p><p>2ヶ月ほどして旦那と別れること<br /> になったと言うんで、会って話を聞いた。</p><p>彼女は店をやめて昼間の仕事を<br />探すと言っていた。</p><p>借金は全部返したと言っていた。</p><p>2ヶ月ぶりにあった ら前より<br /> いい女になっていた。</p><p>このまま返すのは後ろ髪で、だめもとで<br /> セックス上達したか見てみたいというと、OKしてくれた。</p><p>そのままホテルへ直行した。</p><p>私を恩に着ているようで奉仕してくれた。</p><p>はっきり言って、店の子も<br />何人か手を出していたけど、<br />この人妻はどこか違っていた。</p><p>荒んでいないというか、<br />どこどこなく品のある主婦で、<br /> 風俗体験した事で、一皮向けて<br /> より妖艶に、官能的な熟女に成長した感じ</p><p>おれ、つい勢い余って<br /> その場で付き合ってくれと申し込んだ。</p><p>意外にもOKだった。</p><p>その女性が今の妻です。</p><p>子供も引き取って幸せに暮らしています。</p>
[紹介元] エロ体験談 訂正 風俗面接に来た品のある借金主婦を騙し、ラブホで実技指導

【エロ板まとめ】【画像】どの女子高生とベロチュウ汗だくセックスしたい?
2000: みらーじゅ注意報 ●お願い事項 ※画像等は後から削除されている場合があります。 ※画像はURL群の下にまとめてある場合があります。 ※ 本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。 以上、予めご了承ください […]
[紹介元] まとめ記事 | みらーじゅ注意報 【エロ板まとめ】【画像】どの女子高生とベロチュウ汗だくセックスしたい?

朝早く学校に行ったら、クラスメイトの女子が全裸オナニーしてた!
<p>先日とてもいい女に声を掛けられた</p><p>「高志君(俺仮名)だよね?」</p><p>振り向くとスラッとした体系なのに肉感的で真っ白の肌に</p><p>かなり露出したミニスカートの美人がいた。</p><p>こんな美人俺知らないぞ???</p><p>「美緒(仮名)よ!高校の同級生!忘れたの?」</p><p>あまりにも垢抜けて判らなかった、</p><p>確かに同じクラスの美緒だ</p><p>彼女とは1分位立ち話をして別れたが、</p><p>その時彼女の高校時代の強烈な思い出が蘇った。</p><p>今から7年前の高校3年の12月の話</p><p>当時美緒はおとなしく真面目で目立たない女の子だった</p><p>ただ色は白く胸が大きかったので</p><p>「白豚系」みたいなことを陰では言っていた。<br />当時ノーメイクなので目立たなかったけど</p><p>良く見ると美人で今考えると相当の素材だった。</p><p>ただ当時はぽっちゃりしていたし、なによりおとなしく</p><p>あまりにも目立たなかったのでクラスでは誰も気にしていなかった。</p><p>俺は席が前後という事もあり結構仲が良かった。</p><p>あまりもてなかったので、「こいつ俺に気があるんじゃねーの?」</p><p>みたいな勘違いもしていた。</p><p>そして期末試験の日俺は7時に学校に来て勉強しようとしていた。</p><p>すると下駄箱に美緒を発見した。</p><p>まさか俺以外にもこんな朝早く来て勉強する奴がいるのか、</p><p>よし!後ろからばれない様に教室に行って脅かそう!と</p><p>軽く悪戯心が芽生えた。</p><p>幸い美緒も俺に気付いてないし、軽い気持ちで教室まで尾行した。</p><p>途中トイレに寄り教室に向かった。</p><p>脅かす事よりも俺は勉強する事のほうが大切だったので</p><p>「ワッ!」と脅かしたら笑って勉強を始めるつもりだった。</p><p>そーっと教室を覗くと何故か真っ白の下着姿の美緒が立っていた。</p><p>びっくりして覗きを続けると、更に下着を脱ぎ続け全裸になった。</p><p>ぽっちゃりしているが真っ白な肌と思いもよらなかった巨乳</p><p>俺はその時生まれて初めて女性の裸を生で見た。</p><p>(母除くww)</p><p>あまりにも興奮してしまい射精寸前だったがばれないように</p><p>覗き続けた。</p><p>すると全裸の美緒は自分のパンティーとブラで</p><p>机と椅子を拭き始めた。</p><p>良く見ると半分ヤンキーでスポーツマンで女にもてまくっている</p><p>健二の席だった。</p><p>なんで下着で健二の席を掃除してるのか?俺はパニックだった・・・</p><p>そして椅子に掛かっていた健二のジャージに顔を埋め、そして</p><p>健二の椅子と机を舐め始めた。</p><p>更に覗きを続けると、美緒はカバンから真っ赤な下着の上下を</p><p>取り出し身に着けた。</p><p>当時AVでしか見たことの無い大人の女性が着けるやらしい下着だった。</p><p>それを着けて美緒はオナニーを始めた。</p><p>健二の椅子や机やジャージを</p><p>舐めながら、そして机の中のペンや教科書を股間や胸に擦り付けていた</p><p>俺は既にパンツの中に射精していたが、すぐに2発目が出そうだったので</p><p>そーっとトイレに向かった。</p><p>何よりこのまま覗き続けると、ばれるのと気がおかしくなるんじゃないかと</p><p>マジで心配してしまい逃げてしまった。</p><p>そしてトイレで2発目を射精し、パンツやズボンを綺麗にして</p><p>教室に向かった。</p><p>少し冷静になったので、かなり離れたところから大きな声で叫び</p><p>美緒に誰かが学校に来ている事をアピールした。</p><p>そして3分くらい経って何事も無かったように教室に行くと</p><p>美緒が自分の席で勉強をしていた。</p><p>美緒は健二が好きで思い出にオナニーしたんだろう。</p><p>今でも脳裏に焼きついています。</p><p>でも美人になったな</p>
[紹介元] エロ体験談 朝早く学校に行ったら、クラスメイトの女子が全裸オナニーしてた!

【エロ板まとめ】AVの世界からルッキズムをなくしたい
2000: みらーじゅ注意報 ●お願い事項 ※画像等は後から削除されている場合があります。 ※画像はURL群の下にまとめてある場合があります。 ※ 本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。 以上、予めご了承ください […]
[紹介元] まとめ記事 | みらーじゅ注意報 【エロ板まとめ】AVの世界からルッキズムをなくしたい

面倒見が良くて経験豊富な同級生に頼んで童貞卒業した
<p>コミュ障拗らせて高3まで童貞だった。周囲の人からチラホラ性事情が聞こえてくるようになり、取り残されるのが怖くなって、何とかして相手を見つけたいと思っていた。<br />しかし、周囲に気軽に話せる異性はおらず機会はなかった。<br />機会がやってきたのは夏休みのことだった。夏期講習で登校して夕方に終わって帰るために1人で歩いていると肩を叩かれた。振り向くとヤリマンだと有名な同級生の平野さんだった。何の用かと思えば「ねえ、君ってさ、エッチの経験ないよね?」と言われた。見栄を張ることもないので素直に首を縦に振った。そうすると「じゃあ、ウチとやらない?今日なら生でできるよ!」と言われた。少し考えて「じゃあ、お願いします」と頭を下げると突然、手を握られて校舎から出たところにある運動部の部室棟に連れて行かれた。使われていない部室の中に入って中から鍵をかけた。<br />平野さんは「まずはサクッと入れちゃお」と言って制服を全て脱ぎ捨てて裸になり、こちらの制服も全て脱がされた。初めて見る同世代の裸体にすぐにちんこが大きくなって平野さんは嬉しそうだった。お世辞かもしれないが「デカくない?いつもこれなの?」と言ってくれたのは嬉しかった。<br />始めは正常位で挿入を試みたものの角度が良くなくて入らなかったので騎乗位で平野さんに入れてもらった。初めての膣の中は熱くてまとわりついてくる肉の感覚に悶えてすぐに中で果ててしまった。平野さんは「流石に早くない?気持ち良かったの?もっとやろうね」と優しく言ってくれた。<br />1度果てていたので2回目は比較的長持ちすることができた。平野さんはとにかく優しく導いてくれて良い相手だと感じた。<br />平野さんにとっても大きさが好みだったらしく、その後もたまに相手をしてくれるようになった。受験が終わり、平野さんの志望大学が自分と同じでしっかりと合格していた時は驚いた。ひとり暮らしをしていた平野さんの家に行って一緒に課題をすることもあれば体を交えることもあった。卒業後もなんとなく関係は続いていて不思議な感じだ。</p>
[紹介元] エロ体験談 面倒見が良くて経験豊富な同級生に頼んで童貞卒業した

【エロ板まとめ】セックスするならオススメの爆乳AV女優
2000: みらーじゅ注意報 ●お願い事項 ※画像等は後から削除されている場合があります。 ※画像はURL群の下にまとめてある場合があります。 ※ 本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。 以上、予めご了承ください […]
[紹介元] まとめ記事 | みらーじゅ注意報 【エロ板まとめ】セックスするならオススメの爆乳AV女優

妹を狙う親友
<p>妹のさくらは中学生になったら美術部に入学した。彼氏の浩平君も美術部。美術部には俺の親友の陽太もいる。俺と妹は1つ違いの年子だ。さくらが中2になったときに変化が現れた。一緒にお風呂に入ってくれなくなった。以前は向こうから一緒に入ろうといってきた。体の変化もあり胸が急成長していたのだ。中学入学前はAカップだったのが中2の春にはCカップで成長中。下着の色も白から白以外になり中2の夏にはEカップまで到達した。美術部の最後の大会は2月なのでギリギリまで3年生がいるのが特徴だ。さらに美術部の部員は3年生が部長の陽太と副部長の佐々木美香(陽太の彼女で推定Dカップ以上)。2年生が妹のさくらと彼氏の浩平君。1年生が女子2人。その状態で初の夏合宿に突入することとなった。<br />陽太からの依頼でなぜか俺も参加して良いとのことだった。部活を引退して暇だろうと思ったのか・・・。<br />当日は制服を着て駅に集合した。女子はセーラー服・スカート。男子Yシャツ・ズボンである。電車に乗って何回か乗り換えて目的地の駅に到着した。迎えのマイクロバスに乗り宿に到着。森林の中にあり涼しい。携帯は圏外だった。一番びっくりしたのは顧問や先生がいないことだった。<br />部屋に通されると俺は部屋に1人。しかも美術部とは離れた別の棟の部屋。まあ付き添いだしと思って割り切るとテレビの電源を入れた。何も映らない。何個かチャンネルを回すと映った。美香ちゃんが陽太のチンコをフェラしているところだった。しかも陽太のチンコは俺のよりデカい。フェラでイク寸前で止めてしまった。次の局はさくらと浩平君の部屋。こちらは部屋を2人が出ることろだった。次の局は1年生の2人。真由ちゃんと渚ちゃんだそうだ。次の局は女湯。その次は3連続で女子トイレだった。しばらく回していたら宿の人が来て一緒に行くと美術部がリンゴでデッサンしている部屋に案内された。合宿だけあってみんな真剣だった。それが終わると夕食。夕食後はみんなと一緒の時間に入浴した。その後は部屋にいたが館内の散策に向かった。いくつか回っているとフロントの横の部屋から陽太の声が聞こえた。<br />陽太「女湯の媚薬の効力はどのくらいからですか。」<br />男「もうすでに始まっているよ。今頃はオナニーラッシュで性欲を増幅させているころだよ。最終的には一時的にGカップ以上にになり性欲も無限値になる。オナニーはすればするほど性欲が増幅するのだよ。<br />陽太「男の方の用意はどうですか。」<br />男「全員外国籍で勃起時30cm以上のデカチン揃いを8人ほど。薬で絶倫にしているけど限界を迎えて射精した場合の精液は通常の3倍以上だからね。最悪妊娠覚悟ということで。」<br />陽太「とりあえず、4人ともマンコ・アナルは貫通済みです。浩平君のほうはどうですか。」<br />男「こちらは巨乳黒ギャルを手配して手コキとフェラで3発射精しているが若いのでまだ勃起している。」<br />俺は急いでここを離れた。部屋に戻る途中にさくらを発見した。既に顔はアヘアヘ状態でジャージのチャックは半分開いており中が丸見えで見たことのないレベルのロケット乳になっていた。さくらは俺を見て「男、チンコ欲しい」としか言わなかった。すぐに陽太の声が聞こえて離れた。陽太はさくら発見すると抱きかかえてさくらの部屋に入っていった。すぐに全裸のさくらを抱きかかえながら昼間デッサンしていた部屋に入っていった。数分後に女子の喘ぎ声が大音量で聞こえると大乱交が始まった。<br />部屋に戻るとすぐに俺の部屋にも巨乳黒ギャルが来た。抵抗むなしく全裸にされて手コキ・フェラでイカされた。そして見知らぬ巨乳黒ギャルに童貞をささげてしまった。そして何回も何回もイカされた結果。意識が飛んだ。気づいた時には大乱交会場で全裸で大の字でに拘束され口には轡をハメられていた。目の前には大乱交は終わっているのか大の字で拘束されている女子4人がいた。天井からスチーム状のミストが降り注ぐ状態で俺と4人の間にはガラス1枚隔たりがあった。突然さくらの拘束が解かれると陽太が入ってきてさくらと合体した。そのままこちら側に手をついて立ちバック。陽太はさくらとのSEXを見せつけながら何発も中出ししていた。陽太はその後もほかの3人とも中出しSEXをしていた。また意識がなくなって気づいたら3日目の朝になっていた。しかも部屋にいた。<br />3日目は普通にデッサンしていたが前日までが激しかったので全員疲れていた。<br />合宿終了し翌日からは学校で部活になっていた。俺は3日間ぐらいチンコが痛かったが痛みも収まった。前よりもデカチンになっていた。妹さくらは合宿終了後にEカップがFカップになっていた。<br />夏休み終了後に浩平君が家庭の都合で転校すると美術部は陽太の天下となり毎日にさくらの帰宅時間が21時を超える日々となっていた。だれも妊娠しなかったのが不思議である。</p>
[紹介元] エロ体験談 妹を狙う親友

【エロ板まとめ】一見して普通のエロゲ「ちょっとグロ画像だしてびっくりさせたろ!」
2000: みらーじゅ注意報 ●お願い事項 ※画像等は後から削除されている場合があります。 ※画像はURL群の下にまとめてある場合があります。 ※ 本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。 以上、予めご了承ください […]
[紹介元] まとめ記事 | みらーじゅ注意報 【エロ板まとめ】一見して普通のエロゲ「ちょっとグロ画像だしてびっくりさせたろ!」

コロナ禍によって泣く泣く堕ちた美貌の保育士
息子の通う保育園に滅多にお目にかかれないような美人保育士さんが居る。<br />名前は由香里先生だ。<br />その清楚な美貌はいつもお父さん連中から憧れと欲望の視線を一身に浴びていた。<br />女遊びなどしたこともない純情青年の俺なんて、ちょっと話すだけでも顔が赤くなり緊張から汗がダラダラと出るほどの美貌だ。<br />だが、その性格は清純派女優にも劣らない上品な顔立ちからは想像もできないほど男っぽい。<br />アヒル組クラスの保育士リーダーという立場から当然責任もあるのだろう、父母と何度か言い争う姿さえ見かけることがあった。<br />特に村松沙羅ちゃんのパパとは犬猿の仲だ。<br />沙羅ちゃんは女の子なのに乱暴者でよく他の園児を殴ったりしていたのだから由香里先生が注意するのは当然なのだが<br />手広く会社を経営しているという村松はプライドが高く、他人に注意されるのが嫌なのだろう。<br />保護者会で村松は明らかに由香里先生を敵視した発言をしており、パパ仲間どうしの飲み会などでは<br />酒の勢いもあるだろうが「いつかあの女をとことん辱めてやる」などと耳にすることさえあった。<br /><br />ところで俺の話になるが、俺は脱サラして個人事業をやっている。<br />といってもしょぼいレンタルオフィスで、トレーダーの真似事をやって生計を立てているだけだ。<br />先日、そんな個人事務所に今流行りのUberEatsの方が注文したグルメバーガーを持ってきてくれた。<br />猛暑の中、汗を拭いながらデリバリーバッグを開けるその顔を見た瞬間、思わず素っ頓狂な声が出た。<br />「ゆ、由香里先生!ど、どうされたのですか?」<br />その顔は見紛うことなき由香里先生だった。<br />由香里先生は僅かに気まずそうな顔をしたが「アルバイトみたいなものです」と爽やかな笑顔で言った。<br />「暑いでしょう。中で少し涼んで行ってください」<br />そう言うと由香里先生は一瞬だけ躊躇した後、すぐに「ありがとうございます!」と言って中に入ってくれた。<br />炎天下の中、自転車を漕いできたのだろう。汗で服の色が変わっていた。<br />由香里先生は冷たいお茶に口を付けながら「こ、これって!」と突然驚きの声をあげた。<br />見つめる視線の先には、3枚の30インチモニターにオンライントレードの画面が映し出されていた。<br />折しも夕場の寄り付きが200円程低く始まった瞬間だった。<br />「さ、300万儲かっているってことですか?」<br />由香里先生は画面を食い入るように見つめながら囁くように言った。<br />引けで大量に買ったプットに300万近い利益が乗っていた。<br />「はい。運が良かったみたいです。決済しちゃいますね」<br />「す、凄いです!こ、こんなの初めて見ました!」<br />「い、いえ、全然すごくないですよ。凄い人はこんなもんじゃないです」<br />そう答えながらも超の付く美女に褒められたら悪い気もしない。<br />「試しに少しやってみますか?これは決済しちゃいますので、5時くらいに買いを入れてみましょう」<br />機嫌が良かったので、なんとなく言ってみたセリフに、まさか由香里先生が飛びつくとは思わなかった。<br />「はい!やらせてください!」<br />由香里先生に画面操作を教えながら17時近くなって先物をラージ1枚だけ買ってみた。<br />暫くすると欧州勢が本格的に起きてきたのかDAXをはじめロンドン、CACなど一気にプラスに転じてきて日経も上がりはじめ、<br />あっという間にプラスが10万になり20万になった。<br />「なかなか面白かったでしょ?」<br />俺がそう言うと由香里先生はそれまでの興奮が嘘のような神妙な顔になった。<br />「あ、あの・・すみません。そのお金、か、貸して貰えないでしょうか?」<br />「え?!」<br />あまりのことに一言しか出てこない俺に、由香里先生は堰を切ったように話しだした。<br /><br />まだ女学生に毛が生えたようにしか見えない由香里先生がまさかシングルマザーだったとは!<br />しかも保育園以外にも中華料理屋でダブルワークをしていたなんて。<br />コロナの影響で休みになった4月5月は保育園から給料が出ないだけでなく、中華料理屋の方は潰れてしまったという。<br />由香里先生は粛々と話し続けた。<br />元々借金を返しながらのギリギリだった生活は完全に破綻し、返す当てのない借金が増え続けていること。<br />家の家賃すら払えず保証会社からの督促で保育園からの給与が差し押さえられること。<br />さっき目の前でプラスになった20万あれば、溜まった滞納家賃が払える。<br />そう言って美しい瞳で見つめてくる由香里先生に俺は言った。<br />「銀行の口座番号は今分かったりします?」<br />「はい!キャッシュカード持っています!」<br />間髪入れずに返事が来る。<br />俺はSMBCダイレクトを立ち上げログインすると振込の画面を開いた。<br />「支店とか口座番号を入れてください」<br />由香里先生の細い指先が丁寧に入力していく。<br />全部入れ終わって、最後に金額のところにカーソルがチカチカと動いていた。<br />「お金を貸したとして、どうやって返すのですか?」<br />「そ、それは・・・・」<br />そう言ったきり由香里先生からは言葉が返ってこない。<br />20万貸したところで焼け石に水だろう。<br />コロナだってまだ落ち着いたわけじゃない。これからもっと不景気になっていくだろう。<br />迷わずに金額欄に1、000、000と入力すると「え?!」という声が聞こえた。<br />「これで借金は全部返せますか?」<br />そう聞くと由香里先生は「いえ」と小さく首を振った。<br />え?100万じゃ足りないの?<br />すぐに俺は1を消して2を入力した。<br />そして振込確定のボタンにマウスポインタを合わせてから、勇気を出して言ってみた。<br /><br />「今、ここで脱げますか?」<br /><br />緊張で震えたような声になったのは仕方がないだろう。<br />それまで女遊びはおろか風俗すら行ったことのない人生だったのだから。<br />「とりあえず脱いで全部見せてくれたら、貸します」<br />「に、200万貸して貰えるのですか?」<br />整った真剣な顔を見て俺は悟られないように生唾を飲み込んだ。<br />「はい。で、言い方は変ですけど、身体を担保にしてくれるなら、返済はいつでも良いです」<br />「そ、それって・・」<br />狭い密室に憧れの美女と二人だけで居て股間は既にパンパンだった。<br />「そのままの意味です。ぶっちゃけお金での返済は不要と言っています」<br />正直憧れの由香里先生を抱けるなら、200万は安いとさえ思えた。<br />「い、嫌なら無理には言いません」<br />言いながらBackspaceキーを押す。<br />「待ってください!嫌じゃないです!」由香里先生は叫けびながら慌ててピンクのTシャツを脱ぎ去った。<br />俺は身体ごと由香里先生の方へ向き直った。<br />ブラジャー姿を拝めると期待したがノースリーブのインナーだった。<br />だが、残念!と思ったのも一瞬のこと、すぐに汗染みが浮いたグレーのインナーに目が吸い寄せられる。<br />ゴクリ<br />さんざん汗をかいた裸体を全開にさせて存分に味わってやろうじゃないか。<br />憧れの由香里先生を舐め回すことさえもできる喜びに震えながら、音を立ててキーボードを叩いた。<br />まるで見せつけるように再び2、000、000という数字が表示される。<br /><br />俺は由香里先生がショートパンツに手を掛けるのを喉を鳴らしながら見つめた。<br />邪魔なレギンスを脱がしてから、もう一度ショートパンツを穿かせて、ショートパンツ越しに生足を玩具にするか。<br />その前に<br />「由香里先生、とりあえず、胸を見せて貰えますか?、あ、そうだ。胸を出したら、まず100万円振り込みますよ」<br /><br />信じられないことに、由香里先生はあっという間にキャミとブラジャーを取ってしまった。<br />だが、胸は両腕でがっちりとガードされている。<br />俺はすぐに振込処理を進めてワンタイムパスワードまで入力した。<br /><br />「両腕を上げてバンザイしてください。そしたら振り込みますので」<br /><br />つづきは↓↓<br /><br />
[紹介元] エロ体験談 コロナ禍によって泣く泣く堕ちた美貌の保育士

【エロ板まとめ】【画像】女性「ほいこれが私のダイエット記録な、お前と違って努力してるよ」パシャパシャ
2000: みらーじゅ注意報 ●お願い事項 ※画像等は後から削除されている場合があります。 ※画像はURL群の下にまとめてある場合があります。 ※ 本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。 以上、予めご了承ください […]
[紹介元] まとめ記事 | みらーじゅ注意報 【エロ板まとめ】【画像】女性「ほいこれが私のダイエット記録な、お前と違って努力してるよ」パシャパシャ

虐殺王アッチラと生け捕りの子供たち・
<p>アッチラ王の親衛軍部族の前日祭で3人ずつ選ばれた美少年・美少女は、<br />すでに2人の可愛い美少女が処女を失い下腹部を血まみれにして、2回目、3回目の強姦をされています。<br />美少女の3人目はまだ処女のままで、戦闘から帰る若い残虐な戦士たちが予定されています。</p><p>美少年の3人の真ん中の金髪の少年は男の子大好きという3人のフン族の少年たちによって、おチンチンをしゃぶられ、口には巨根をねじ込まれ、そして後ろに回った真っ黒な少年のカチカチに反り返った巨根でいきなり肛門を犯されます。</p><p>油もなく可愛い小さなピンクの肛門に先走りの液体で濡れた巨根があてがわれ、美少年の腰に巻き付けて背中に覆い被さりながら突き立てられた巨根がメリメリと肛門を広げて食い込んでくる痛みは死ぬほどの激痛です。</p><p>女の子のような高い悲鳴をあげて身をよじる美少年。<br />お初の肛門性交の時だけはお口の犯しやおチンチンしゃぶりは止めて、泣き叫ぶ美少年の表情を笑いながら楽しむ少年たちです。<br />美少年の可愛い小さな肛門はビチッと裂けてパーッと血しぶきがとびました。<br />まるで金属の槍のような少年戦士の巨根が血まみれになりながら美少年のお尻を貫通していきます。<br />少し進んでから引き抜き、また激しく突き立てる動きで、美少年の苦痛は耐えがたい激痛になり、とうとう気を失いました。<br />ダラリと力の抜けた美少年の全裸の体は容赦ない少年戦士たちの責めによって、無残にも犯され続けます。<br />美少年の下腹部や太ももまで真っ赤に流れる血の筋が走り、ポタポタと床に落ちています。<br />巨根は可愛い丸いお尻に完全に嵌まり、少年戦士は舌なめずりしながら美少年の肛門の締まりを楽しみます。<br />柔らかい、温かい、キュウキュウと締め付ける美少年の肛門、出入りのスムースさは美少年の流れる真っ赤な血のおかげです。</p><p>美少年の口やおチンチンへの責めも再開され、やがてお尻とお口同時に大量の精液が流し込まれました。<br />しばらく余韻を楽しみ、3人の少年戦士たちは交代して美少年を輪姦します。<br />裂けて血まみれの美少年の肛門には別の少年の巨根が嵌められます。<br />止まった出血がまた始まり、激痛が美少年を襲います。<br />泣きわめき、激しく身をよじる美少年、しかし情け容赦ない責めが続き、何度も美少年は気絶します。</p><p>健康な真っ白な金髪、青い目の小柄な美少年は残虐で卑わいなフン族少年戦士たちによって死ぬほどの激痛に襲われてしまいます。<br />可愛い顔、きれいな体のために恐ろしい輪姦の責めを受けてしまいます。<br />しつこい少年戦士たちは繰り返し繰り返し美少年を輪姦し、そしてとうとう美少年の小麦色のおチンチンから真っ白な精液がほとばしりました。</p><p>美少年初めての精通です。</p><p>全裸で吊された他の2人の美少年たちは恐ろしさに震えながら真ん中の美少年の輪姦を見つめています。</p><p>そしてとうとう吊された3人目の可愛い美少女の処女の子が戦闘から帰った少年戦士たちによって処女を引き裂かれ、輪姦される時が来ました。</p>
[紹介元] エロ体験談 虐殺王アッチラと生け捕りの子供たち・

【エロ板まとめ】昔は路上でAV取ったりしてたのに今やると逮捕だもんな
2000: みらーじゅ注意報 ●お願い事項 ※画像等は後から削除されている場合があります。 ※画像はURL群の下にまとめてある場合があります。 ※ 本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。 以上、予めご了承ください […]
[紹介元] まとめ記事 | みらーじゅ注意報 【エロ板まとめ】昔は路上でAV取ったりしてたのに今やると逮捕だもんな

どうせなら妻に風俗で働いてもらおう
<p>男と女、世の中に二つの性別がある限り、性欲は尽きる事はない。<br />そして熟年夫婦になればなるほど、お互いの変態度は増すばかり・・・<br />申し遅れました、寝取られが大好きな50才の夫と45才の妻、エロ夫婦でございます。<br />ここ数年は、妻の欲求に応えられなくなってきました。<br />垂れてはきましたが、ブラを付ければ豊満なオッパイがクッキリと谷間を作るのは相変わらず、大きな尻もムッチリの太モモも、これはこれで円熟味を増した肉体は敏感そのもの、でも、寄る年波と刺激が無くなってきては、どうにも抱く気が失せてきて・・・<br />そこで実益をかねて、風俗の門を叩いてみたのです。<br />熟女専門のデリヘル、「こんな、おデブちゃんが出来るなら、私もイケそうよね」<br />ものの見事に計画にハマった妻の一言で、あっという間にデビューが決まる妻、HPに掲載され、新人期間としてサービス料金で設定されたオンナ、年は38才(詐称!)<br />しかし、予想以上に刺激的でした。<br />上品に写る足を組んだ姿、肌色のパンストの中が微かに見える姿、そしてオッパイを手ぶらで隠す姿、Tバックで尻を突き出す妻・・・<br />すべてが客を釣ろうとしてやっているのです。<br />その結果は・・・<br />みんな熟女好きの男性が求めているのは一緒のようですね、<br />しかも人妻の要素を兼ね備えた妻をヒィヒィ言わそうと、有料別途オプションを選びながら目の前に現れたのは、性の達人・・・変態達でした。<br />バイブを握ってイヤらしい言葉で責めたてる者もいれば、写メを撮る(有料オプション)人も、アナルまで入れようとする客もいて、初対面でもガンガンにクンニされ、茶褐色の乳房を吸われれば、マン○からはヌルヌルの粘液が・・・<br />「あふぅ…」 唾液交換のディープキス、<br />「おぉ、エロイな!さすが人妻」と、急所を指でイジられながら、真っ黒で使い込まれた巨大棒を見せられては、もう男がブ男であろうがなかろうが、人妻が発してしまった言葉はひとつ・・・<br />「入れても・・・いいですよ・・・」<br />新しい扉が開いてしまったと、妻は言ってたっけ・・・<br />初日で、何本もの肉棒に出会えた妻は、こうして昇天する事になったのです。<br />これが良かったのか、悪かったのか?<br />しかし、ひとつだけ言える事は、確実に彼女の性欲が満たされたこと、<br />今まで聞いた事もなかった淫語の数々、<br />「お昼に浮気を楽しむ淫乱奥さん、他人棒はどうだい?ここから熱いドロッとした濃いザーメンが出て来るよ」<br />「旦那のじゃない精子で種付けしない?マン○の中に出していいかい?白いの・・・ナマ精子」<br />「デカイだろ?こんなの見た事ないかい?しゃぶって!おぉ、そうそう・・・いいぞ!クチオマン○、気持ちいい」<br />何人もの中年男に連発されて、白い液体が出るたびに思うのは、浮気不倫のスリルと背徳感、<br />そして・・・その日のうちに体験入店から完全入店の意志を告げました。<br />毎週水曜日と土日のどちらか、通えば通うほど見知らぬ男達との密室では、新たな発展を遂げていく・・・<br />今では、妻の方もイヤラシイ言葉を発するようになったことを、お伝えしておきましょう。<br />「また今日も私をイジめるんですか?おチン○だけで充分なのに・・・」<br />「オプションのバイブ、持ってきたよね?それで写メ・動画撮り放題をしたい」<br />「そう聞いてます、お店から・・・」<br />そこには顔が写らない様にアイマスクをした妻がいると言う、客のスマホニは着衣のまま足を組んだ姿・M字開脚をした姿・お尻が突き出たTバックの姿、次々とポーズを変えながら一枚一枚脱がされていく衣服の数々・・・<br />そして、オマン○全開の一糸まとわぬ妻が、スマホの前に立つことになった。<br />「あぁ・・・ヤラシイ・・・こんなことしているの?わたし・・・」<br />客が妻を指名してまで通うのには、事務的でなく本気でエッチが出来るからと言われたことがあると言う、<br />そこにはオッパイを吸われ苦悶の顔をした妻がいた・・・<br />ディープキスもフェラ顔も、男は自分の顔が写っているのも気にせずに、100分にもわたるプレイを共にしている。<br />「ほら、見て!」  「オマン○が・・・バイブが刺さってる・・・恥ずかしい・・・ヌルヌル・・・」<br />その中には動画も混じってました。<br />「君のスマホでも撮ろうよ!家帰ってから、見てみて!」 「やだぁ・・・もう・・・へんたい・・・」<br />しかし、ソコには素晴らしい光景が・・・<br />「チン○が口に入ってるよ!スゴイ!」  「エロい?(笑) あなたの、おっきくて口に入んない!」<br />それでも5分間に渡るイマラチオは圧巻の一言、<br />ところ代わって、もう一つの動画、<br />「入ってる!入ってるよぉ!ケツからのバック挿入は、いつ見てもいい!デカ尻とマン○の動きがたまらん!」<br />「アハァ~、カタくてたくましい!」    「丸見えだよ!ズボズボ入ってるよ!」<br />「うくぅうう・・・イキソォ・・・イキそぉぉぉ!!!!ああ~~~~~」<br />「イッタ?  それじゃ、正常位・・・」<br />ハレンチな言葉を連発する妻、「オマン○、やめらんない・・・クリもいいけど、オマン○もいい・・」<br />そして、夫には決して言ってはいけない事を言ってました。<br />「ナマの方が気持ちいい」<br />総じて10分ほど、座位では2人で結合部分を見ながら淫語を連発し、最後は口での奉仕が待っていました。<br />巨大な肉棒に、しゃぶりつくオンナ・・・「そろそろイキそうだ」<br />裏スジなめと、ゆっくりとした口淫にガマン汁が垂れるほど溢れてくる・・・<br />「うぅぅ・・・・」 大量の白濁液が・・・・二度三度とヒクつく肉棒からは、妻の口に顔に付着する・・・<br />こうして、たくさんの男達に育てられた妻は、どんな男でもイケるような、オンナとなったのです。</p><p>出勤の日が来た時、妻に聞いてみました、まだヤルのかと・・・<br />これからも続けるのだそうです。<br />45才(お店では38才)のカラダでも、夢中になって腰を振ってくれる男性がいるのなら、いくらでも使ってほしいと・・・<br />しかも死ぬほどイケるし、仕事としても魅力的と・・・<br />「常連さんも、まだ見ぬ男性も、一皮むいてシテみたら、何でこんなに、みんな違うの?それが好き!3回もイってくれたり、私をイカせるためだけにシテくれたり・・・、もうチン○大好き!何個見ても飽きないわ!(笑)」<br />そんな妻の発言に、私も今だプレイ後の報告だけは、興味津々である。<br />こんな日々を、私達は楽しんでいるのです。</p>
[紹介元] エロ体験談 どうせなら妻に風俗で働いてもらおう

【エロ板まとめ】【朗報】『よこやん』を美少女化したような女の子がAVデビュー!!
2000: みらーじゅ注意報 ●お願い事項 ※画像等は後から削除されている場合があります。 ※画像はURL群の下にまとめてある場合があります。 ※ 本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。 以上、予めご了承ください […]
[紹介元] まとめ記事 | みらーじゅ注意報 【エロ板まとめ】【朗報】『よこやん』を美少女化したような女の子がAVデビュー!!

食人鬼と生け贄の少年たち・・外伝・
<p>女戦士たち22人の処女を貫通し、妊娠させる儀式は3日間掛かりました。</p><p>健康で筋肉質の戦士たちですから、体力や精力は抜群です。</p><p>最初の処女膜破りには泣きわめき、大量の出血をした彼女たちですが、2回目からは痛みも取れ、積極的に性交を楽しみ始めました。</p><p>向かい合って一人は美少年のおチンチンを女陰に嵌めこみ、一人は美少年の顔に跨がり、女陰を舐めさせます。</p><p>2人ともリズミカルに動きながらだきあい、キスしたり、おっぱいを揉んだりして快感を貪ります。</p><p>こうして休む間もなく美少年は22人の女戦士たちの欲望を満たすため、犯され続けます。</p><p>そして3日目の夜、もう女戦士によっては5回目、6回目の子もいるくらいに休みなしに性交している美少年の上にドサリと女戦士が倒れます。</p><p>首に太い矢が刺さり、あたりから甲高い喚声があがり、恐ろしい敵の食人鬼の男たちが襲いかかりました。</p><p>闘う者、逃げる者、命乞いする者などの中、数十人の別の食人鬼の男戦士たちが取り囲みました。</p><p>「一人も逃がすな」<br />「抵抗するやつは殺せ!」</p><p>やがて後ろ手に縛られた女戦士たちが6人引き立てられてきます。</p><p>殺されたり、重傷の女戦士たちも並べられています。</p><p>4人の女呪術師たちは逃げてしまい、他にも何人かは逃げたようです。</p><p>そして広場の真ん中にいくつかの穴が掘られ、中に薪がくべられて火がおこされます。</p><p>殺害された女戦士たちは太い丸太に全裸にされて縛られて火の上に並べて焼かれます。</p><p>重傷の女戦士たちは立てられた太い杭に縛られて生きたまま肉を切り取られて食べられてしまいます。</p><p>怪我もなく捕らえられた6人の女戦士たちはむごい輪姦が待っています。</p><p>たくましい男たち数人が一人の女戦士を押さえつけ、輪姦が始まります。</p><p>あちこちにあがる悲鳴や泣き叫ぶ声、女戦士の女陰やお口、お尻の肛門まで犯され続けます。<br />女戦士といってもまだ14~16才位までの子供です。</p><p>やっと少し前に美少年と処女貫通儀式を終えたばかりの女の子たちです。</p><p>情け容赦ないむごい輪姦は2日間続きました。</p><p>一人、また一人と血まみれの中に女戦士は息絶えます。</p><p>すると待っていたかのように丸太に縛られ焼かれます。</p><p>美少年はどうしたのでしょう?</p><p>美しい白人の少年は男戦士たちからとりあえずの捕虜として洞窟の中の檻に監禁されています。</p><p>少年の世話役に一人だけ女戦士が命を助けられて、身の回りを世話しています。</p><p>男戦士たちの性器は巨根でしかも異常にタフな巨根です。</p><p>完全に嵌め込んで半日は激しい性交を続けられます。</p><p>そんなタフな巨根に輪姦されたら若い娘は殺されてしまいます。</p><p>檻に入れられた美少年に女戦士がささやきます。</p><p>「ねえ、隙をみて一緒に逃げよう、このままだと殺されるよ」</p><p>洞窟の外からは犯されて息も絶え絶えの女戦士の悲鳴が聞こえます。</p><p>そして、</p>
[紹介元] エロ体験談 食人鬼と生け贄の少年たち・・外伝・

【エロ板まとめ】【画像】『たぬかな』さん、40歳スカトロAV女優をうんこババアと呼び訴えられそう…
2000: みらーじゅ注意報 ●お願い事項 ※画像等は後から削除されている場合があります。 ※画像はURL群の下にまとめてある場合があります。 ※ 本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。 以上、予めご了承ください […]
[紹介元] まとめ記事 | みらーじゅ注意報 【エロ板まとめ】【画像】『たぬかな』さん、40歳スカトロAV女優をうんこババアと呼び訴えられそう…

2つ下の妹と入浴
<p>小さい頃は母親と俺2つ下の妹と3人で入浴していた。<br />妹が小学校に上がって、手狭になったのと母がパートに出るようになったので二人ではいるようになった。<br />はじめは俺が体の洗い方を教えたり、お互いに洗いっこをしたりしていたが俺はチビ、妹は発育が早くてそのうちに身長体重とも抜かれて関係は逆転妹は3年生になると生え始めて、それをツルツルの俺に見せつけていた。<br />俺が中学に入ると別々に入浴するようになったが、そのころには妹は俺より<br />10cmくらいは背が高く、俺がまだ生えてこないのに大人並み(ウチは毛深い家系)に黒々と生えていた。<br />そのあとでちょいとエッチなこともあったが<br />     <br />(・∀・)人(・∀・)ナカーマ<br />     <br />男の子より女の子、上の子より下の子のほうが発育がいいんだよね。たとえば中川家だとか。<br />     <br />俺は2月生まれで妹は翌年4月生まれだから学年は2つ下だけどほぼ1歳違い。<br />妹は小3の秋ごろにはうっすらと生え始めていた。俺はまだツルツル。<br />修学旅行の風呂ではほとんど誰も生えてなくて安心。この頃、妹に背を抜かれる。<br />中2の冬、お互い念入りに(赤ちゃんのような扱いで)洗っていたら精通。<br />中3の夏、ぽやぽやと産毛のようなものを発見。その後、背が一気に伸びる。<br />     <br />…で、部屋まで一緒で、風呂も一緒だから<br />抜く場所がなくて困ってるんだorz<br />どうしたら良いと思う?<br />     <br />学年は書いたとおり中3。<br />妹はまだ毛がやや薄いけど大方は完成域にあるんじゃないかな。<br />俺は一応剥けた。</p><p>てかずっと風呂一緒に入るのが当たり前だと思って生きてきたから<br />妹の裸になにも感じないんだが。。たぶん向こうも同じだとは思うけど。<br />とはいえオナる気にはなれないなぁ 一応気使うし。<br />大体妹の前で勃ったことすらないので。</p>
[紹介元] エロ体験談 2つ下の妹と入浴

【エロ板まとめ】【画像】スウェーデンのエッチなJ圭、ビーチに現れる😎
2000: みらーじゅ注意報 ●お願い事項 ※画像等は後から削除されている場合があります。 ※画像はURL群の下にまとめてある場合があります。 ※ 本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。 以上、予めご了承ください […]
[紹介元] まとめ記事 | みらーじゅ注意報 【エロ板まとめ】【画像】スウェーデンのエッチなJ圭、ビーチに現れる😎