家庭教師のアルバイト・・・
大学生の時に家庭教師のアルバイトをしてました。最初は中学生の男の子だったのですが、無事志望高校合格してくれ、そのお宅の紹介で中学2年生の女の子を担当することにな
[紹介元] 寝取り時々寝取られ(NTR体験談) 家庭教師のアルバイト・・・

彼女の気持ちはもう戻らないのでしょうか・・・
僕には今日付き合って3ヶ月目の彼女がいます。彼女(これからはサエと呼びます)は自分と同じ今年23歳の新入社員です。彼女は新垣ゆい似でとても可愛く職場の部署でアイ
[紹介元] 寝取り時々寝取られ(NTR体験談) 彼女の気持ちはもう戻らないのでしょうか・・・

【VR】顔面特化アングルVR ~顔を見つめ続けたら離さない、依存性しゅきしゅきSEX~ 渚みつき

【VR】顔面特化アングルVR ~顔を見つめ続けたら離さない、依存性しゅきしゅきSEX~ 渚みつき

みつき 地雷系女子。被害妄想と喜怒哀楽が激しい。常に自分が捨てられるのではと常に不安になる。彼ぴへの依存がすごい、 おちんちんが大好き、口癖は「死ぬのや~めた」 僕(主人公) イケメンでホスト 出稼ぎから帰って来たみつき […]

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ 【VR】顔面特化アングルVR ~顔を見つめ続けたら離さない、依存性しゅきしゅきSEX~ 渚みつき

なんだかんだで生挿入のお許しが・・・
何年か前の話だけど・・・。22歳の時に入社した会社で先輩人妻社員とセックスしました。名前は希美さん。24歳で目が細く、メガネを掛けた中肉中背。お昼休みに男の同僚
[紹介元] 寝取り時々寝取られ(NTR体験談) なんだかんだで生挿入のお許しが・・・

【芸能】みちょぱ、「かまいたちさんに もうきついって言われた」制服ショット公開

【芸能】みちょぱ、「かまいたちさんに もうきついって言われた」制服ショット公開

1: 湛然 ★ 2023/01/29(日) 06:39:47.58 ID:kPPFKjry9 みちょぱ、「かまいたちさんに もうきついって言われた」制服ショット公開 2023年1月28日(土) 19時12分 RBB TO […]

元スレ:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1674941987/

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ 【芸能】みちょぱ、「かまいたちさんに もうきついって言われた」制服ショット公開

白人男性にナンパ・・・
水泳部の女先輩の話です。その人は私が高校に入学した年には3年生だったので、ほんのわずかしか一緒に練習したことはありません。2年の先輩から聞いた話で恐縮ですが、そ
[紹介元] 寝取り時々寝取られ(NTR体験談) 白人男性にナンパ・・・

【悲報】ハーフ女さん、ワイら日本人に越えられない壁(血)を見せつけてくる

【悲報】ハーフ女さん、ワイら日本人に越えられない壁(血)を見せつけてくる

1: それでも動く名無し 2023/01/27(金) 12:40:21.35 ID:mXYpObCmM YELLOW🍋💛🟡 pic.twitter.com/2fp2zwU1ey — ロサリオ恵奈(Keina […]

元スレ:https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livegalileo/1674790821/

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ 【悲報】ハーフ女さん、ワイら日本人に越えられない壁(血)を見せつけてくる

もう妻が堕ちて行くのは時間の問題です・・・
私も寝取られ願望を持つ亭主です。四年ほど前、妻は私の説得で私の友人や元彼と数回寝ました。だがこんなアブノーマルなセックスを一度経験すると、夫婦の気持ちは段々とエ
[紹介元] 寝取り時々寝取られ(NTR体験談) もう妻が堕ちて行くのは時間の問題です・・・

超密着接写 黒ギャル逆バニー 巨乳ムチムチハメ狂い 蘭華

超密着接写 黒ギャル逆バニー 巨乳ムチムチハメ狂い 蘭華

褐色巨乳が迫りくる隙間なしの迫力映像!目の前で神ギャルの乳尻が揺れまくる!超密着接近接写アングル!!!カメラが近い!呆れる程の密着映像!!吐息を感じ迫りくる超絶体感カメラアングル!!バニーコスでやりたい放題ハメまくり!ヤ […]

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ 超密着接写 黒ギャル逆バニー 巨乳ムチムチハメ狂い 蘭華

友人が寝たふりをしている横で友人の妻を抱くとは・・・
先日の晩に友人の妻を寝取りました。友人が寝たふりをしている横で友人の妻を抱くとは、夢にも思いませんでした。ことの始まりは、友人がNTR願望がると相談を受けて、宅飲
[紹介元] 寝取り時々寝取られ(NTR体験談) 友人が寝たふりをしている横で友人の妻を抱くとは・・・

エッチなYouTuberの検索方法が特集されてしまうwwwwwwwwwwwwwww

エッチなYouTuberの検索方法が特集されてしまうwwwwwwwwwwwwwww

1: それでも動く名無し 2023/01/26(木) 18:06:04.43 ID:L+g5KMXj0 2: それでも動く名無し 2023/01/26(木) 18:06:13.24 ID:L+g5KMXj0 草 3: そ […]

元スレ:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1674723964/

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ エッチなYouTuberの検索方法が特集されてしまうwwwwwwwwwwwwwww

なんで俺ばっかりこんな目に遭うんだろう・・・
オレがマイと付き合い始めたのは高校生のときで、オレは常にクラスで騒がしい感じのやつ(不良ではない)5~6人とつるんでいて体育の時間のテニスに負けたから告白するって
[紹介元] 寝取り時々寝取られ(NTR体験談) なんで俺ばっかりこんな目に遭うんだろう・・・

【悲報】グラドルファンのおっさん、激似AVにブチ切れ

【悲報】グラドルファンのおっさん、激似AVにブチ切れ

1: それでも動く名無し 2023/01/29(日) 14:44:27.13 ID:eT17FFsR0NIKU 待ってましたセクシーモンスター ゆっきー降臨! ゆっきーのSEXはやっぱり生で~す 超激似 川○ゆきえ 2: […]

元スレ:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1674971067/

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ 【悲報】グラドルファンのおっさん、激似AVにブチ切れ

歳上の夫とは違い、精力の有り余ってる彼らに何度も・・・
私は27才の専業主婦です。まだ子供はいません。自転車での買い物帰りに、男子高校生にぶつかってしまいました。怪我は無いようでしたが、携帯が壊れたと攻められました。男
[紹介元] 寝取り時々寝取られ(NTR体験談) 歳上の夫とは違い、精力の有り余ってる彼らに何度も・・・

史上最高の「身体」を持ったAV女優といえば?

史上最高の「身体」を持ったAV女優といえば?

1: それでも動く名無し 2023/01/29(日) 17:39:21.75 ID:G5s1EsWgaNIKU 誰になるんや? 2: それでも動く名無し 2023/01/29(日) 17:39:36.53 ID:lwS1 […]

元スレ:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1674981561/

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ 史上最高の「身体」を持ったAV女優といえば?

大きくなったティンコをズボンの上から見せた・・・
この前、バイトが中途半端で終わったから、飯食おうってことで彼氏持ちの女と二人で飲みにいった。店に入ったら個室に通されて、近くに座れた。1時間ちょっとくらいすぎて
[紹介元] 寝取り時々寝取られ(NTR体験談) 大きくなったティンコをズボンの上から見せた・・・

【動画】女のジム動画 エロすぎる

【動画】女のジム動画 エロすぎる

1: それでも動く名無し 2023/01/29(日) 17:06:45.79 ID:HeEwhaOs0NIKU https://video.twimg.com/ext_tw_video/16188598374667427 […]

元スレ:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1674979605/

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ 【動画】女のジム動画 エロすぎる

妻が知らない男の一物を咥えながら・・・
現在、私は55歳の会社員で同い年の妻と大学生の娘2人がおります。妻は少し太やかで、近所では上品な奥様として評判です。家庭をうまく切り盛りしてくれており、とても助か
[紹介元] 寝取り時々寝取られ(NTR体験談) 妻が知らない男の一物を咥えながら・・・

【画像】降り際にパンティを見せつけていく恥女wwwwwwwwwwwwwwwwww

【画像】降り際にパンティを見せつけていく恥女wwwwwwwwwwwwwwwwww

1: それでも動く名無し 2023/01/29(日) 03:41:20.88 ID:kqioypbj0 降りるのは数駅先ですがついていきますか🤔 2: それでも動く名無し 2023/01/29(日) 03:45:35.7 […]

元スレ:https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livegalileo/1674931280/

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ 【画像】降り際にパンティを見せつけていく恥女wwwwwwwwwwwwwwwwww

彼女も無言なので腰を振り続けてると・・・
これは2年くらい前の話なんだが、友達の奥さん(俺の紹介でその友達と付き合い始めた)から相談があるから呑みにいかない?と誘われた。2人で呑みに行くことになり、俺の家
[紹介元] 寝取り時々寝取られ(NTR体験談) 彼女も無言なので腰を振り続けてると・・・

失恋傷心娘はヤレる!? Gカップ美巨乳 ひな

失恋傷心娘はヤレる!? Gカップ美巨乳 ひな

失恋傷心娘はヤレる!?彼氏にフラれた女のヤケクソSEX!!余計な口説きなし!待ち合わせ→即ホテルIN!「ご飯とかいいからホテル行こっ!」即フェラ!即ハメ!「マッチングアプリは誰かに相手してほしくて…」弱ってる女の乱れは壮 […]

[紹介元] ゆうすけべぶろぐ 失恋傷心娘はヤレる!? Gカップ美巨乳 ひな

二人ともそうやって男に犯されたがってるみたいな感じだった・・・
もう数年前になるけど、妹が高一の頃あたりから学校帰りにしょっちゅうレズ友だちを連れてきてて、結構あけっぴろげにキスしたり抱き合ったりしていた。互いに共通すること
[紹介元] 寝取り時々寝取られ(NTR体験談) 二人ともそうやって男に犯されたがってるみたいな感じだった・・・

隣の部屋の可愛くておかしな女子大生
画像はイメージです
新入社員として配属になった本社は県庁所在地にあって、故郷より都会だったが、大学生活を4年過ごした東京よりは田舎だった。
新社会人の第一歩を踏み出したワンルームマンションの隣は、20歳の女子大生だった。
ショートカットで目がクリンとしたフェレットみたいな可愛い女の子だった。


「可愛いいね、彼氏いないの?」

「2年先輩と付き合ってたんだけど、卒業して田舎に帰っちゃったんだ」

彼女は3年生、上手くすれば2年間遊べる。
しかもこんな可愛い女の子と・・・。
彼女の名は『千夏』、8月のうだるような暑さの中に生まれたらしい。

千夏「私、大学生活は目いっぱい楽しんじゃうんだ。ね、セックス、する?」

あっけらかんとした娘で、可愛い顔でそんな事言われたらこっちが臆してしまいそうだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


千夏「私、別れた先輩が初めてだったんだー。だから、せめて大学時代にもう一人くらい経験しておきたいと思ったら、お隣さんと仲良しになれちゃったー」

アイドル級の可愛い顔して、恥ずかしげもなくサッサと服を脱いで浴室へ消えた。

千夏「じゃーん!一丁上がり!」

浴室から大の字になって飛び出してきた。
プリプリの胸と尻、くびれた腰に陰毛の下に薄ら見える割れ目・・・。
俺もそそくさと浴室に駆け込んだ。
千夏のマネして大の字に飛び出すと、ギンギンの肉棒がビヨヨンと揺れた。

千夏「ワーオ!先輩のよりゴツイかも。こうやって舐めろって教わったんだけど・・・」

パクッと咥えたら口をすぼめて上下に動かした。

“ズ、ズズ・・・”

吸引フェラを始めた。
なかなか上手かった。
お返しにクンニをしてやった。
まだそれほど型崩れしていない20歳の肉ビラをこじ開け、肉マメを優しく吸いながらツンツンした。

千夏「ヒハァー、こ、これ凄く気持ちいいよ、ヒィ、ヒャーーー、ハラホレヒレハレだよ~」

変な娘だった。
面白いからいつまでも舐めてたら・・・。

千夏「グヒィッ、ウグーーーーーッ、ハッ、ハッ、ハウッ・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ガクンガクンとビクつきながら、硬直して動かなくなった。
宙を見つめてボーとして、イッたようだった。
少し時間を置いて、肉棒を肉穴に突っ込むと、ハッと目を見開いて、「アウン!アウーン、アウーン、アウーン・・・」と甲高いよがり声をあげた。
淫水をダラダラ流し、ぐっちょぐちょの肉穴から噴出する淫水で、股間は肉棒と肉穴の摩擦でネッチョリと白く濁ってベトベトだった。
深く抉るようにグラインドさせると・・・。

千夏「ハウゥーーーーーハウゥーーーーーーアウッアウッ」

千夏は腹筋が割れるほどの硬直を見せながら、反ってイッた。
俺も限界を迎え、千夏に精液を振りかけた。
汗と淫水と精液の混じった淫臭が立ち込めていた。

千夏は性の快楽には貪欲だった。
俺がバイブレーターを買って来たら引くかと思いきや・・・。

千夏「うわー、初めて見た。気持ちイイのかな?入れてみて入れてみてー」

股をおっぴろげて、肉穴を晒して挿入乞いした。
ゆっくり肉穴に挿入して、肉マメにも突起を当ててスイッチを入れた。
ビィーーーと振動音を響かせた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ビクッと反応した千夏は・・・。

千夏「ヒィィィィィィィーーーーーーッ!!!狂う、気が狂う、ヒィィィィーーーーー」

のた打ち回って逃げる千夏に追従してバイブを入れ続けた。
やがて唸りながらイッた。
それでも抜かずに振動を与え続けると、力なく呻きながら、絶え間ない快感にビクッ!ビククッ!!と痙攣していた。

かすれる声で・・・。

千夏「もう・・・やめて・・・お願い・・・やめて・・・」

涙目になってきたので許してやった。
疲れ果ててグッタリする千夏の肉穴に肉棒を突っ込み、ダッチワイフ状態で腰を振った。

千夏「ヒアァ・・・ヒァ・・・」

力ない反応の千夏の顔にたっぷり射精した。
ドロドロと可愛い顔を流れる精液を拭う元気は千夏にはなかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

2年間、千夏と2人で性の快楽を謳歌した。
野外セックスやSM、バイブをアナルに入れての2穴セックスもやってみた。
可愛い顔してとんでもない淫乱娘だった。

そんな千夏が卒業。
荒淫の2年間で、妖しく爛れてきた恥夏の肉ビラに別れを告げる前夜、俺は普通に千夏を抱いた。
愛情を持って抱いて、最後の営みを終えた。
翌日、笑顔で千夏を見送ったが、その後ちょっとばかり感傷的になったりした。

その2年後、俺は実家のある市の支社へ異動になった。
そこでアルバイトに来ていた地元の純朴短大生と仲良くなり、3年交際して結婚した。
美人ではないが、田舎の娘にしては可愛いほうだと思った。
7歳年下だからかもしれないが・・・。

結婚して10年、39歳になるまでずっとこの支社内での異動だった。
そして今年の4月、新しい支社長が赴任してきた。
支社長は一流大出のエリート、48歳で2件目の支社長だった。
支社長の奥さんは若くて可愛いと評判だったので、チラッと覗きに行って驚いた。
千夏だった。
レクサスに乗ってニッコリ微笑んだ目がクリンとしたフェレットみたいな顔は間違いなく千夏だった。

あの千夏、可愛いエロ娘はエリート支社長婦人なってたか・・・。
いずれは役員になるだろう人物。

千夏、玉の輿おめでとう。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 隣の部屋の可愛くておかしな女子大生

俺のズボンを手際よく脱がした
画像はイメージです
友達のAが結婚したのでお祝いをしようと皆で集まることになった。
A夫婦(新婚)B夫婦(結婚5年目、妻は俺のファン)、俺の5人。
みんなでスナックで飲んでいると徐々に盛り上がってきた。
Bは俺に、「今度、隆の嫁と、スワッピングしようぜー」なんて言っている。

「おお、いいねー」なんて俺は話を合わせていた。
酒癖の悪いB妻はその間、俺に絡んでくる。


「ねえ隆ちゃんー見てー」とブラジャーを見せて俺に持たれかかってくる。
B妻は<あやや>の痩せた感じ。

俺は旦那の前でどう対応していいか分からず、「ああ、可愛いねーピンクじゃん」と適当に盛り上げてた。
旦那はスワッピングしようぜーなんて言ってた割には、妻がエスカレートしないように真剣な顔で見守ってる。
その旦那を弄ぶかのように「ねえ、隆ちゃーん、苦しいよーブラのホック取ってー」なんて言ってきた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

B旦は焦って俺の方を見た。
俺が「旦那にとってもらえば?」なんて誤魔化すと、B妻は「やーだー、隆ちゃんがいい」なんて膨れている。

A夫婦はその間、マイペースでイチャイチャしていた。
俺がB旦をみると「やってあげてー」なんて言ってきた。

ちょっと顔が引きつってる。
俺も酔ってたし、B旦もいいって言うし、まあ大したことねえな、なんて思って俺がブラを外すと「じゃんじゃじゃーん」なんて言ってブラを旦那の頭にかぶせた。

旦那は苦笑い。
B妻は俺に向かって「どうだー」とシャツをあげて胸を押し付けてきた。

「うわっ」

俺は体を後ろに引いて「やばいよー、けどCはあるなー」なんて言った。

その時点でちんこは半立ち。

旦那が「なにやってんだよー」って止めにくると、B妻は「あんたはこれ飲んでから文句言いなさい、飲まないとその間、隆ちゃんに胸揉んで貰うんだから」って何故か切れてた。

旦那は必死に日本酒を二合一気飲み。
しかし、ちょっと時間がかかったので、B妻に言われ胸を揉んだ。
手のひらで胸を揉み親指と人差し指で乳首をつねった。
B妻の顔色がエロクなってきたのを見て、旦那は必死こいて無理やり飲んだがダウン。

B旦はトイレに直行した。
周りの邪魔はいなくなったとばかりにB妻は俺にキスをしてきた。

「隆ちゃんとずっと前からHしたかったのー」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺も「俺だってそうだけど・・」と匂わせた。
すっかりB妻は乗り気。
もう何をしてもいい雰囲気になった。
俺が舌を絡めると、B妻は俺の股間をさすってきた。

「あー、もう大きくなってんじゃーん」

俺は恥ずかしさを誤魔化すために胸をもみ、乳首をしゃぶった。

「あーん気持ちいい」

B妻は俺に耳打ちした。

「ねえ、フェラしてあげようか」

「ここで?」

「うん」

そう言うと、B妻は俺が返事をする前にテーブルの下に潜り込み俺のズボンを手際よく脱がした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そして、テーブルの下から俺を覗き込み「えへへー」なんて言いながら咥えた。
俺は回りに気づかれないように平静をたもっていたが、あまりの気持ちよさに前屈みになったり、腰を前にずらしたり・・うっわ、気持ちいい。

5分くらいするとB旦がヨタヨタしながら帰ってきた。

「あれ?あいつは?」

「ん、今トイレじゃない?それよか大丈夫なのかよ」

俺は必死に誤魔化した。

「うーん、なんとか」

そんなこと話している間もB妻はかなり高速でフェラってる。

俺はB旦の目を盗んで「やめろよ。やばいって」ってB妻に言った。
B妻は返事をしないで、俺の手をとり胸にもっていった。
俺はやばいと思いつつ揉んだ。

B旦がこっちを振り向いて「なあ、ちょっとトイレみてくるわ」といってまたトイレに向かった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺はB妻に「今のうちに離れろよ」と言った。
すると超高速フェラ。
すっかり弄ばれて俺は限界を向かえた。

「いくっいくっ」

「うん、きて」

ドピュ。

俺はB妻の口に思い切りだした。
B妻は、満足げな顔で精子を飲み、口からはみ出した精子も手でとり舐め「すごいでたねー」って笑うと、ようやくテーブルの下から出てきて椅子に座った。
そのタイミングでB旦が帰ってきた。

「あれ?どこにいたんだよ」

すると「あなたー」とB旦にB妻が抱きつき俺の精子を飲んだ口でキスをした。
俺が「仲いいねー」なんて言うとB旦はご機嫌だった。

まあ、ばれずにすんでよかった。
チンポが小さくてもいい思いはできるもんだ(最大10.5CM)マジm(__)m

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 俺のズボンを手際よく脱がした

妹に凝視されながら大量の精液が噴出!
画像はイメージです
僕は21歳で、東京の大学に行っていて一人暮らしをしています。

ある日、実家から休みを利用して妹(理花)が遊びに来ました。

僕と妹は7つも年が離れていて、妹は14歳で中学2年生です。

妹は小柄でショートカットで結構可愛くて、芸能人で言うと志田未来ちゃんに似ています。
性格は真面目で大人しい方です。

妹が遊びに来た夜、妹が「先にお風呂入っていい?」って聞きました。
僕は「久しぶりに一緒に入ろうか」と聞くと「別にいいよ」と妹は言いました。

僕と妹は年が離れているためか昔から仲がよく、僕が高校を卒業するまで一緒に入っていました。

僕と妹は脱衣所で服を脱ぎました。
僕は久しぶりに見る妹の裸に見惚れてしまいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

膨らみ始めた胸にピンクの乳首、そして何より驚いたのは陰毛が結構多くて濃いことでした。
一緒にお風呂に入っていた頃はまだ陰毛も生えていなかったので、僕はすごい興奮して、すでにチンチンがギンギンに勃起していました。
妹は僕と一緒なので裸でも恥ずかしくないのか、タオルで隠すこともしなかったので、僕だけ隠すのは変かなと思って勃起したちんちんを出したままお風呂に入りました。

体を洗いながら妹と話をしていると少し気が紛れて勃起は少しおさまりました。
二人とも洗い終えた後、僕たちは浴槽の縁に腰掛けて雑談をしました。
この時は妹と向かい合わせで、僕は妹の胸や濃い陰毛を見ているとまた興奮してきてギンギンに勃起してしまいました。
僕は隠すと不自然だと思い隠さずにいると、妹は僕の勃起に気付いたようでチラチラと勃起を盗み見ていましたが、恥ずかしいのかすぐに目線を逸らしてしまいます。

妹は僕の勃起に気付かないふりをしていましたが、恥ずかしさに耐え兼ねたのか・・・

「お兄ちゃん、ちょっと前隠してよ」
「理花はこういうの見るの初めてか?」

「当たり前でしょ、まだ中2なんだから、エッチなこと考えてるの?」
「理花の裸見てたら興奮しちゃったよ」

「いやだ、お兄ちゃんのエッチ!」
「なぁ理花、ちょっと触ってみない?」

「えっ、やだ、恥ずかしいもん」
「大丈夫だよ、ほら」

僕は妹の手を僕の勃起に導きました。

「あっ、すごい熱い」
「もっと触っていいよ」

妹はまるで未知のものを触るように亀頭の周りを撫で回します。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「すごい大きい・・・」
「こうすると男は気持ちいいんだよ」

僕は妹の手を握ってしごかせました。

「あぁ気持ちいい!」
「本当?」

「あぁ、理花、一人でやってみな」
「うん」

そう言うと妹は真剣な表情で、僕の勃起を見ながら一生懸命しごいています。

「理花、射精するとこ見たくない?」
「えっ」

「射精することは知ってる?」
「うん、知ってるよ」

「じゃあ理花、理花の手でお兄ちゃんを射精させて」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「えっ、そんな事出来ないよ」

「大丈夫、今までの通りにしごけばいいから。なぁ理花、お願い!」
「うん、わかった」

妹の小さな右手が僕の20cmはある勃起をしごきます。
理花の手コキは初めてにしては結構上手かったと思います。

「理花、お兄ちゃんの顔見ながらして」
「うん」

妹は僕の顔を見ながらしごきます。

「理花、『お兄ちゃんに気持ちいい?』って聞いて」
「お兄ちゃん、気持ちいい?」

「アァ、気持ちいい。気持ちいいよ理花!アァ、お兄ちゃんイキそう、もっと速くしごいて」
「こう?」

妹の手コキの速度が上がり、僕は我慢の限界が来ました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「アァ、お兄ちゃんイクよ。理花、お兄ちゃんのおチンチン見て!イクとこ見て!」
「うん」

「アァ、お兄ちゃんイクッ、アッ」

その瞬間、妹に凝視されながらビュッビュッという音と共に大量の精液が噴出しました。
すべてを出し終え、妹は僕の勃起を離し、手に付いたドロドロで大量の精液を不思議そうに見ていました。

「ありがとう、理花。すごい気持ち良かったよ」
「はぁ・・・」

妹は呆然としていました。

「ごめん、理花。もしかして怒ってる?」
「ううん、大丈夫。お兄ちゃん、いつもこんなにたくさん出すの?」

「いや、今日は理花の手が気持ち良かったからたくさん出たんだよ!」

そう言うと妹は少し笑っていましたが、その顔はちょっとこわばっていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 妹に凝視されながら大量の精液が噴出!

義姉の口に発射
画像はイメージです
去年の秋の事なんですが、義理の姉(妻の姉)との出来事。



週末の夜で、珍しく妻の方から一緒に風呂へ入る誘いが有り、入浴後、私の好きなSEXYなランジェリーを身にまとい、ベッドに腰掛け、いよいよという時に妻の携帯が鳴りました。



着メロから義理の姉からと分かり、時間も時間(1時過ぎ)なので妻が仕方なく電話に出ました。用件はスナックで飲んでいて、知らないおっさんに絡まれて警察沙汰になったとのこと。



おっさんの方に非は有るのですが、灰皿でおっさんを殴った為、身元引き受けで迎えに来て欲しいとの用件でした。



続きの前に家庭の状況を説明しておきます。私(31歳)、妻(29歳)、義姉(33歳バツイチ出戻り)、妻の実家が事業をしており私は婿養子です。



義姉は駆け落ち同然で結婚したのですが3年前に離婚。現在は妻の両親と私達夫婦と義姉で同居してます。



高ぶった気持ちも一気に萎えてしまい、妻から「悪いけど迎えに行ってくれる」と頼まれ、仕方なく隣町の警察に向かいました。灰皿で殴った時に、おっさんの額が切れたのですが、厳重注意ということで身元引き受けのサインをし署を後にしました。



かなり飲んだらしく「ごめんねぇ〜 こんな時間に、親には内緒にしておいてね、出戻りで警察の厄介になったなんて恥ずかしくて言えないから」



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は無言で運転を続けましたが、ほっぺたを突っついたりしてじゃれてきます。「今日は土曜日だし、Hの日じゃなかったの」「中断させたから機嫌が悪いの?」と見透かれたようなことを言われました。



「してないよ、こんな時間に警察まで呼ばれたら誰でも機嫌悪くなるよ」と強めの口調で言い返しました。



「私、知ってるよ〜、週末にHしてるの、R子(妻)の声が大きいから聞こえてる時あるし、ご無沙汰の身体には辛いよ」



無視して車を走らせましたが長めの信号待ちをしている時に、私の股間に義姉の手が延びてきました。



「R子の声からすると、大きいんでしょ」「R子の声で刺激されて一人でする時もあるんだよ」と、言い終わるとズボンのファスナーを降ろし、トランクスから取り出したかと思うと手で擦り始めました。



「この先の○○デンキの駐車場に停めて」妻の清純な雰囲気とは違い、セクシー系の姉。篠原涼子をエロくした義姉の誘いに、躊躇しましたが身体は正直で既に先走っている状態でした。



電器店の駐車所に停めると、「先っちょ濡れてるよ」と私の顔を見てほくそ笑いました。



「大きいね、別れた旦那よりかなり大きい」と言い手のスピードを早めました。義姉の身体を寄せ付た時、頭が股間にいった感じになり、「口でしてあげよっか?」と上目づかいで私の方を見ました。



私がうなずくと、濡れた先っぽを口に含みはじめました。ジュルジュルとした音が車内に響きます。竿舐めから裏筋と、元人妻の濃厚なフェラが脳天に響きます。



「気持ちいい?R子はしてくれる?R子よりうまい」と聞いてきますが、気持ちよすぎて返事が出来ません。「私の方も気持ちよくして」といいスカートのホックを外しました。



妻のくわえるだけのフェラとは違い、丁寧なフェラに感動しつつ、スカートを脱がせると自分の方から脱ぎました。



パンストではなく太腿までの柄ストッキングがエロさを増します。ワインレッドのショーツの上から触ると既に濡れてました。



ショーツの上から指で擦ると、「ん、ん」と悩ましい声が漏れました。サイドが紐のショーツなので紐を解き直接触ると、シートに滴り落ちるかと思うぐらい濡れてました。



ヒダヒダを触り人差し指をヌプっと忍ばせると、「あぁう〜ん」と先程より悩ましい声が車内に響きます。



「上も触って」と耳元で囁かれ、ブラウスのボタンを外します。ショーツとお揃いのブラを上にずらして妻よりかなり大きめの胸にしゃぶりつきました。(妻80+α Bカップ 義姉90手前 Fカップ)舌先で乳首を転がすと、「はぁ〜 いい 噛んで〜」と言います。乳首を噛むと、右手人差し指に熱い液体が出てくるのが感じ取れました。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「いい いい 気持ちいいよぉ〜 触ってる上の方も触って〜」入れてる指を中指に替え、親指で大きくなってるクリを攻撃します。



「あ〜 あ〜 あ〜 いい 感じる感じる クリ気持ちいい〜」と絶叫に近い声を出します。「これ頂戴、お願い欲しいのぉぉ〜」



シートのままでは狭いので、後を倒すからと言うと、「いや、今欲しいの入れて入れて」と泣くようにせがんできました。



シートを全部倒して、私をまたがるように指示すると、手で支えた物を自分から導きました。しばらくしてなかったせいか、妻より入口が狭く感じます。



騎乗位なのですぐに奥まで届いたかと思うと、「はぁ はぁ いい 奥まで来てる あぁあぁ」と腰を振りよがってます。



二段締めというのでしょうか、入口と奥で締め付けられた感じがたまりません。「後からしてぇ 後から犯して〜」とせがんできました。



一度、抜いてから四つん這いにさせ、脱がしたショーツで口を塞ぎ、一気に後から差し込みました。



「うぅ うぅ うぅ」と言葉にならない声が漏れます。「お姉さん、こうやって無理矢理するのがいいの?」と聞くと激しく首を振ります。



「ほら ほら いいの?オマ○コから一杯いやらしいのが溢れてるよ」と言い、口を塞いでたショーツを取ると、「いい いい もっと もっと突いて 動いて 犯して 犯して」と泣き声で叫びます。



強烈な締め付けで私の方も限界が来そうで、「出るよ 出るよ 中に出していい」と聞きましたが、「中はダメ、今日は危ないから中はヤメテ、口に頂戴」と。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

この言葉に興奮が増し、イキそうになったところで抜き、頭を寄せ付けくわえさせ口に放出しました。かなりの量でしたが全部飲んでくれました。



妻とは口中射精の経験がなかったので余計に興奮したのかもしれません。時計を見ると3時を過ぎてます、もう帰らないとヤバイと思い余韻にひたることなく、車を動かしました。



車の中では何も喋らず暗黙の了解で今の出来事は秘密といった感じです。家に帰ると妻は爆睡でしたのでシャワーを浴び、ばれませんでした。



翌朝、妻には散々な目に遭ったと報告しておきました。義姉とはその後、妻の目を盗んでホテルに3度行きました。



強姦チックなやりかたがやはり好きなようです。4月から義姉は家に居づらくなったのか近くのマンションを借りました。義姉が再婚するまで暫くはこの関係が続きそうです。



妻は「マンションなんか借りて、男でも連れ込むつもりかしら」と言ってます。妻にバレルと職まで失ってしまうので大変ヤバいのですが、妻とのSEXより濃厚なSEXはクセになりそうです。今、義姉を徐々に調教中です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 義姉の口に発射

もう彼氏いらない。お兄ちゃんが彼氏
画像はイメージです
気持ち悪い話だけど、俺は精通も初体験も一つ下の妹。

小学生の頃、よく夏休みに二人で水風呂を貯めて一緒に入ってた。
妹は水風呂で俺と遊ぶのが好きらしく、俺が小五になってそろそろ妹と入るのもウザく思って一緒に入るのを拒否しても無理矢理入ってきた。

で、俺が小六の時、親がでかけたので一人で楽しもうと風呂に水を貯めて水風呂の用意をした。
すると妹が私も入りたいという。
俺はもちろん断り、後で一人で入れ、と言った。


しかし妹は一人で入ってもつまらないと言い、結局俺が入っている時に裸になって強引に入ってきた。
妹の裸なんかに微塵の興味もなかったが、一年ぶりにみた妹の裸は少し胸が膨らんでいて、乳首あたりもちょっと膨らんで変な形になっていた。
とは言え、まだオッパイというより一部分についた贅肉という感じだった。
俺が妹の膨らみかけのオッパイを凝視している事を妹はまったく気にせず狭いバスタブに無理矢理入ってきて「冷たい~!」とはしゃぎながら肩まで浸かった。

実の妹にちょっと女を感じ、ものすごく嫌な気持ちになったが「歳が一つしか違わないのだから、クラスの女も裸はこんな感じか」と妹の裸を見ながらちょっとエロい気持ちになった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しかも狭いので水の中で妹の裸がやたらと密着する。
すると俺のチンチンがグングンと大きくなった。

その当時、俺はチンチンが勃起する意味なんて知らなかった。
ただエロい事を考えると勃起するので、勃起したチンチンをみられるのは恥ずかしい意外になかった。
俺は一生懸命、チンチンから妹の意識を逸らすために妹に水をかけたりしてはしゃいでみせた。

しかし一向にチンチンは収まらない。
それどころか一年前とは違って柔らかくなっている妹の裸が手や足に当たり、ますます気持ちが収まらなくなった。
俺は最初、クラスメイトの女の代用としてエロくなっていたのだが、いつの間にか妹の裸そのものに興奮していた。
くすぐる振りをして露骨にオッパイを撫で回したり、揉んだりしていた。
妹は特にその事に対してリアクションはなかった。

ひとつ違いという事もあり、物凄く生意気でよく俺の意見の矛盾点を鋭く突いてやり込めたりと、ちっとも可愛くはないのだが、基本的に遊ぶ時は昔から俺のいう事をよく聞いた。

だから俺が鼻息を荒くして「俺に背中を向けて座れ」と明らかに性欲丸出しの命令をしても素直に従った。
俺は勃起したチンチンがなるべく妹に当たらないようにポジションをとり(この時もまだ勃起してる事実は隠したかった)妹のオッパイを後ろから鷲掴みにしてモミモミと弄んだ。

この時の妹のオッパイはデブの脂肪と大して変わらなかった。
ただ、オッパイを揉んでいるというシチュエーションに興奮していただけなのかもしれない。
妹は俺の行為に対しても何も言わない。
ただそれまではしゃいでいたのが無言になっていた。

それ以前に、友達の家でエロ動画を見た事があった。
その友達の兄貴のPCを勝手に起動して見たのだ。
その時は裸の女が四つ這いになって男が腰を叩きつけているその光景に興奮はしたものの具体的に何をしているのか判らなかった。

まさかチンチンを女の中に入れているとは小学生には判らなかった。
しかしエロい行為である事は理解していたので俺は、妹にそれをしてみようと思った。
妹をバスタブのヘリに手を付かせて四つ這いにし、俺は勃起したチンチンを妹のお尻の割れ目に押し付け、腰を前後に動かして何度もチンチンを妹の股に叩きつけた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


なんだこれ、あんまり気持ちよくない。
というのが感想だった。
人がどうしようが俺ならこれのほうが気持ちいい、と思い、妹の尻の間にチンチンを擦り付けてグリグリした。
押し付けるたびにゾワゾワ、と快感が全身を走る。
ああ、大人はこういうヤラシイ事をしているんだ、と思った。
俺は後ろから妹のオッパイを掴み、荒々しく揉みながらチンチンをグリグリと妹の股間に押し付けた。
気づくと妹の息も荒かった。

「フーッ。う・・・フーッ」という感じでたまに小さく呻くような声も出していた。

この頃、俺はエロいのは男だけで女がエロくなることはないと考えていた。
なので、この妹の息の荒さは俺を非常に興奮させた。
何度か、チンチンをグリグリと強く妹の股間に擦りつけた時の事だ。
激しい尿意が襲った。
抑えきれないほど強烈なものだ。

俺はなんとも言えない恐怖に包まれながら射精した。
初めて見る白い液体がチンチンから飛び出て妹の尻や背中にベッタリついた。
と、同時に物凄い自己嫌悪に陥った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


妹相手に何をやっているんだ、と。
妹は何が起きたのかわからず目をトロンとさせて俺を見ていた。
俺はとにかく自分の身体からわけのわからない汁が出たことにショックと嫌悪感で呆然としていた。
その日、俺は妹に「絶対にお母さんに言うなよ」ときつく言い、お互いの身体を洗い流して水風呂を上がった。

俺はもう二度とあんな事はしないと心に決めていたが、一週間が経ったくらいから妹のオッパイの感触や普段の妹からは想像できない荒い息と小さな呻き声、強烈な尿意の快感などを思い出し、またしたいと思うようになった。
謎の白い汁について、2、3日は大いに悩んだが、時間が経つにつれて謎の白い汁が出る時の激しい尿意の快感が忘れられなくなったのだ。
あと、あの時のなんとも言えないエロティックな雰囲気・・・。

親が出かけ、少し経ってから俺は妹の部屋に行った。
妹とは水風呂での事以来、ちょっと気不味くなっていた。

俺は唐突に「◯◯、服脱いで」と言うと、当然妹は「え、なんで」と答えた。

俺はそのまま、当たり前のように「いいから脱いで」と言いながら妹のオッパイをTシャツ越しに撫で回した後、シャツの中に手を入れて、そのまま上を脱がせた。

妹は「ちょっと」と言っていたが、特に抵抗はせず、そのまま脱がされた。

妹を素っ裸にして、俺も妹の部屋で全部脱ぎ、素っ裸になった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

風呂でもないのに素っ裸になるとなんか気持ちがエロくなった。
それは妹も同じなのか、裸になるまではちょっと嫌がっていたのに、裸になると俺が妹を寝かせて覆いかぶさっても何も言わなかった。
ベッドの上で、俺は妹の後ろから覆い被さって両方の手でオッパイを弄り、勃起したチンチンを妹の腿で挟むような形にしてマンコあたりに押し付け、グリグリとした。

水風呂の時は水の音がチャプチャプとうるさかったが、この時はベッドの軋み以外の音はなく、妹の吐息がよく聞こえた。
俺が後ろから抱きつくような感じで密着し、俺と妹は「フーッ、フーッ」と息を荒くしながらベッドの上でゴロゴロ転がったりクネクネしたりした。
チンチンを妹の腿が挟みこみ、チンチンの勃起力でマンコを押し付けている感じになっていたのだが途中から俺のぐりぐりの動きに合わせて妹の腰がクイックイッと動き始めた。

今から思うとクリトリス辺りを押し付けようとしていたんだろう。
射精時には俺達は仰向けになって、俺が妹のオッパイを掴み、その俺の手を妹が抑えつけて俺は妹の股の間から精液を飛び散らせ、飛び散った精液は妹の下腹部からおへその辺りににかかった。
俺は射精のしかたを中一になるまで、この方法しか知らなかった。
それどころか、出てくる精液もなんなのか、それすら知らずにただ快感を求めて親がいない時には妹の部屋に行って妹の股間にチンチンを挟んで射精した。

この頃、妹は嫌がっていたのか、それともまんざらでもなかったのかは、わからない。
俺が部屋に行ってオッパイを揉んだり、服に手をかけると自分から脱がされやすいような体勢になった。
そして俺が妹に抱きつき、チンチンを妹の股の間に挟みこむと妹は快感に浸るように眼を閉じて、口を半開きにした。
俺が中一になってセックスとはどういうものか、オナニーとはどういうものか、という事がわかるようになるまで当たり前のようにこの行為は続いた。
それまでも世間に対して後ろめたさは感じていたわけで、今から思うと辞めるきっかけを常に探していたんだと思う。

しかし、一旦中一の時に終了したこの行為、俺が高一の時、この異常な兄妹関係が復活してしまった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しかも今度は一線を越えてしまった。
分別のつかない小学生時代とは違い、今度は何もかも理解している高一と中三。
行為を辞めた中一の頃は気まずかったが、この時にはだいぶ吹っ切れて昔のように仲良くなっていた。
昔、裸でエッチな事をしていたということも、もちろん周りには秘密だったが、お互い明るく笑いネタにできるくらいにはなっていた。

特にこれといったキッカケはなかった。
ただ、お互い気分的にエッチになりやすいタイミングだったんだろう。
昔のエッチについて笑い混じりに話してて、つい立ち入ったことまで話してしまい変な空気になった。
俺はその時なんだか凄くエッチな気分になり、どんどん話の内容を過激にした。
妹は途中から流石に恥ずかしくなったのか明らかに顔が赤くなっていた。

そして俺が当たり前のように「裸になって」と言った。

完全に勢いだった。
俺はそのまま妹のオッパイを服の上から揉み、服のボタンに手をかけた。
昔の申し訳程度の膨らみとは違いオッパイはかなりのボリュームがあった。
ブラジャーをしているというのもあったのだろう。
昔のデブの脂肪のような感触ではなく、硬い膨らみだった。

妹は「ちょっ・・・と」とか言っていたが俺は構わず妹を押し倒し、上着、シャツ、スカートを脱がせブラジャーとパンツ姿にした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


数年前まで当たり前のように裸でエッチな事をしていた相手だ。
しかも昔から基本的に言う事を聞く妹。
俺は一切躊躇がなかった。
ブラジャーを外すと完全に出来上がった大人のオッパイがあった。
俺がエロ動画で見たように妹に覆いかぶさり首筋に舌を這わせながらオッパイを揉むと妹は慣れたように俺の愛撫を堪能しているようだった。

やはり、生で触っても小学生の頃の妹のオッパイとは感触が違った。
中身が詰まっていてパンパンに硬いのだ。
揉むとプルンとしている。
妹は汗をかいていたので、余計にプルンとした感触だった。

妹は中一の終わりから中三の始めまで彼氏がいて処女ではなかった。
対して俺は思い切り童貞だった。
舌で乳首を舐め上げると乳首がみるみる硬くなり、起き上がる。

「女の乳首って本当に硬くなるんだな」と感動しつつ、取り憑かれたように実の妹のオッパイにむしゃぶりついた。
妹のオッパイはたぶん大きな部類だと思う。
今でもかなり揉み甲斐のある大きさだ。
オッパイを充分堪能してから妹のパンツに手をかけた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


生まれてはじめて見る女の生マンコだった。
小学生の時も見ているとは思うのだが、意識してみていたわけではなかったので、初めて見るのと同じだった。
3年ぶりに見た妹の股間は申し訳程度に毛が生えていた。
まだ股間を隠しきれていない程度の陰毛はなんだか滑稽に映った。

俺はマンコを見るために妹の足を思い切り広げた。
妹は一切抵抗しなかったが、恥ずかしそうに顔を逸らし瞼を閉じた。
俺は股間の筋に手を置き、マンコを指で開いてみた。
ヌルヌルと濡れていて内臓みたいだ、と思った。
たぶん愛撫をしなきゃいけないのだが、どうすればいいのかわからず、俺は汚いと思いつつ実の妹のマンコに吸いつき、ベロベロと満遍なく舐めまくった。

触れてみると想像以上に濡れてヌルヌルしている事に気付いた。
濡れているという事は興奮しているという事だ。
実の兄である俺を受け入れた証拠だ。
俺は勢いづいた。

顔にヌルヌルした液体が付くのも構わずむしゃぶりつく。
適切な愛撫なんてわからないので、とにかくガムシャラだった。
まるで動物が獲物を貪るかのように妹の股間に顔を埋め、ベロベロと満遍なく舐めた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

少しすると妹が「う・・・う・・・」と言いながら腰をカクンカクンと上下し始めた。
俺はそれに気を良くし、相当の時間吸い付いたり、舌を押し付けたり、考えつく限りの愛撫をした。

舐め終えた頃には妹は完全に「もう好きにして」状態でグッタリしていた。
そんな死体のような妹のマンコに俺はチンチンを押し当てた。
相手が妹であろうと、とにかくセックスしてみたかったのだ。
しかし初めてで穴の位置がわからず、さりげなくチンチンの先で探っていると、妹が腰をクイッと動かして穴をチンチンの先に合わせてきた。

妹は実の兄である俺に挿入される事に対してOKなのか、グッタリしていた妹はいつの間にか近くの枕を掴み、挿入される準備を整えていた。
俺がそのまま腰を沈めていくと、キツイながらも中に入っていくのを実感した。
妹は「うううっ」という苦しそうな呻き声を上げていた。
やはりセックス時は経験者のほうが精神的に上位になる。
なんとなく妹の軍門に下ったような気分になった。
しかし、不思議な気持ちだった。

「初めてのセックスだ」という感慨深い気持ちと「妹とヤってしまった・・・」という絶望に近い気持ち。
複雑な気持ちとは関係なく、俺のチンチンは妹の中で絞めつけられていた。
今、生まれて初めて女のマンコの中にチンコを入れているんだ。
と実感し、妹のマンコの包みこむような締め付けを実感した途端、射精の波が襲ってきた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は「ああっヤバイ」と言いながら妹に抱きつき、激しくピストンした。
妹は俺に抱きついて「あぅ、あっ!あっ!あっ!」と俺の耳元で激しく大きな声を上げてお尻を上げて俺に股間を押し付けるような姿勢になった。
そして俺は考えなしに妹の膣内に思いっきり精液をぶちまけた。

初体験の感想は、とにかくチンチンが痛かった事だ。
後に他の女と経験するようになってわかったのだが、妹のマンコは締め付けが激しい。
特に最後のイク時の激しいピストン時はローラーでチンチンを絞めつけられているかのようだ。
俺はそれが普通だと思っていたのだが、これは妹特有らしかった。

ここからしばらくは毎日毎日、親の目を盗んでは猿のように妹とやっていた。
しかも最初の頃はほぼ妹の中で出していた。
途中からコンドームを付けたり、外で出すようにしたりと避妊について考えるようになっていたがよく妊娠しなかったものだ。
結構1年くらい濃密だったんだけど、妹が「もう彼氏いらない。お兄ちゃんが彼氏」とか言い出したので俺もマズイなと思うようになった。

なんか俺も妹とエッチしてるうちに妙な感情が生まれていたし、この時期エッチだけじゃなく休みの日に出かけるのも妹とが多かったりしたので、将来が不安になった。
エッチの最中に、気持ちが盛り上がって妹と激しいキスをするようになってからだったと思う。

それまでは淡々とエッチだけだったのに、その頃くらいから親がキッチンに言ってる隙に悪戯っぽくキスをせがんできたり、親が背中を向けている隙にキスしたり、親と至近距離でこっそりイチャイチャしたりするような関係になっていた。
高二の夏くらいにはエッチの内容もしつこいくらいに舌を絡ませるキスがあったり妹が生理の時は妹がフェラチオで俺の性欲処理をしてくれたり、とやることが恋人同士のようだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

流石に俺が高二の終わりくらいの時、ヤバイと思い、先の事について話し合った。
このままじゃ確実に二人とも不幸になるし、一線を引こうという話をした。
妹は泣いていたが、結局妹に彼氏ができるまで俺がそのかわり、という感じになった。
元々、妹は少なくともストーカー騒ぎとかあったりとか、容姿は悪くなく、その気になれば彼氏がすぐできる。

「勿体無いな」という気持ちはあったが、俺が独り占めしていいわけがない。
兄妹なので「好きだ」とかそういう事をハッキリとそれまで言ったことはない。
しかし、その話をした後は気持ちも盛り上がっていたし、妹も泣き続けていたので、エッチをしながら大声で「好きだ」と何度も吐息混じりに言い合いながらピストンした。

確か、この時も中で出した。
しかもとにかく盛り上がっていたので確信犯的だった。
その時は俺が「中で出していい?」と聞くと妹が「お願い」と言った。

ちなみに妹に彼氏ができるまで、という事だったが、実際には今も会ったらやっている。
彼氏はできるんだけど、なんか付き合ってみると違うらしい。
妹に彼氏がいるうちは手を出さず、別れた後に関係が復活するんだけど俺が嫉妬に狂った感じで激しく妹を貪ると、妹は凄く嬉しそうな顔をして愛撫に対する反応が激しくなる。
とまあ、こんな感じです。
今は上京して一人暮らしをしているので、滅多に妹とは会えないんだけど、会えばするみたいな。
正月に帰省した時も夜中にこっそりしちゃったし。

いや、このままラブラブなのはマズイんだけどねw
俺の友だちの前でもワザとなのか、ベタベタ引っ付いてくるし。

高校の時「実はヤッてんの?」と何度か言われた。
冗談だとは思うんだけど俺はマジで焦ってた。

「気持ちわりいな。そんなわけないじゃん」と返してたけど実はヤってたという・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか もう彼氏いらない。お兄ちゃんが彼氏

女子大生講師と個人授業
画像はイメージです
中学の時ですが、塾の講師に女子大生がいました。

志望校には入れそうにない俺を見かねて、塾の上の人からは、個人的に教えたりするのは禁止されてるけど内緒で夏休みに先生が教えてあげようか?と言ってくれました。

先生は1人暮らしだった。

毎日、真面目に勉強し、ある日、
「今まで教えたところの数学の小テストしようかぁ」
「できたら、ご褒美は?」
「ん?」
「手繋いでくれるだけでいいよ。」
「そんなんで、いいの?そんなの必要?」
「俺のやる気が出るんだよぉ~」
「そうなの?ふふ。分かった。分かった。いいよ。」

そして。。。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

なんとか合格点。

「次、教えてくれるときでイイヨ。」
「じゃ、今日は終わりにしよう。月曜ね。」

しかし、勉強どころじゃなかった。
横に座るとシャツの隙間から、谷間が見える。
大きい方じゃないけど片手の自由を奪われているので、教えにくそうで、余計に見える。
そして、今日は英語の小テスト。
今回のご褒美は合格点をとってから考えさせて貰うことにした。

次の日、その日の勉強が終わって。
ご褒美を言うことにした。
「キスは?」
「そんなの。ダメだよ。」

即答。

「ココで良いからさぁ」と頬を指さす。
「エー!!もう、中学生のくせにマセてるなぁ」と腕組み。

でも、笑顔だし、もう1押し。

「昨日と違って、一瞬だぜ~いいじゃん。」
「う~ん。。。」

困った顔だが、「お願い!」と手を合わせたら「一瞬ね」と言った。

「はい、じゃ、するよー」と言ったかと思ったら、スッと顔が近づいてきた。
髪が顔にかかって、いい匂い。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

その後、少し、赤くなって恥ずかしそうに下を向いた。
可愛い。

「じゃ、また、明日ね。」と恥ずかしそうに玄関で見送ってくれた。

次の日は塾の夏期講習初日。
俺達と先生は知らん顔で今まで通りにしていたけど、やっぱり、つい先生をみてしまう。
今日は白いブラウスに紺のタイトだった。
ブラが透けてるし、嬉しかったが、俺だけのものにしたい。
帰りに、質問があるのを口実に外で先生が出てくるのを待っていた。
公園のベンチで用意しておいた問題を教わり、公園から、出る間際にキスしてみた。
もちろん、唇に。
先生はビックリしていたが、俺は「さよなら」と走って帰った。

怒ってるかなーと思いつつ、次の日も先生の家へ。
昨日のことは触れずに勉強。
また、テスト。
「もう、ご褒美は、いいよね。昨日、勝手にしたでしょう?」と悪戯そうに笑った。
怒ってないようなので、チョットほっとしたが
「えー!!やる気でないよ。」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「ダメよ。昨日のこと忘れてないでしょうねぇ。その分、イイ点とって貰わないとね」
「忘れてはないよ。。。忘れるわけないじゃん。ずーっと好きだったんだ。先生のこと」

少し考えて
「でもね。このくらいの年代って、ただの憧れとかだと思うかし、先生、中高と女子校だから、よく分からないんだけど、本当に好きな子ができると思うよ」
「そんなこと絶対ない!好きなんだ。」とイイながら。
先生を壁に追い込んだ。

「チョット、どーしたの?」
さすがに先生は怖くなったようで顔が変わった。

「先生」と言って、キスをしたら先生は抵抗して俺の身体を押してきた。
「◯◯くん。ダメよ。」と小さな声で、言った。

でも、俺はエンジン全開。
手を身体と壁の間にもっていって、片手で両腕を押さえた。
もう1度キスをしながら、服の上から胸を触った。
柔らかい。
もう我慢できない。
シャツの隙間から手を入れて、胸を触って、首にキスした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「お願いだから、止めて」と言われたが、もう止められない。
ソファに押し倒して、シャツとブラを一緒にめくった。
今思うとBカップくらいの胸に、小さなピンクの乳首。
口を付けた。

「◯◯君、お願い。。。」

余計に、燃える言葉だった。

胸を攻めながら、足の間に手を入れたいが、閉じられていて、開けられない。
でも、股の所を指でいじっていたら、どうやら、運良くクリを探り当てた。
先生が初めて「あっ。」と小さな声を挙げたのだ。
同じ所を攻めまくった。
だんだん、膝の力が弱まり、間に俺の膝を入れた。

ずーっと言ってみたかった台詞を言ってみた。

「先生、濡れてるよ」

諦めて力が抜けたのが分かった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

胸とクリを攻めたが、パンツの横から指を入れた。
先生のこらえている声が聞こえ始める。
両手で足を広げて、パンツの横から舌を入れた。
堪えきれなくなった先生の声が大きくなる。

「いや・・・ダメ。あっ!う~ん」

ここまで来れば抵抗はないハズだ。

パンツを脱がしにかかる。
先生の◯◯を始めてみた。
もう1度、舌で、舐め回す。
先生は自分の手を噛みながら声を抑えているが声が大きくなってきている。
ズボンから、すっかり大きくなった俺のものを出した。

「先生、入れるよ。」

先生は何も言わなかった。
初めて、入れた。
初めての感触。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

先生の声も大きくなった。

「ダメだ、俺、出すよ。先生」と言いながら終わった。

その後、それぞれにシャワーを浴びてからの会話は思い切って俺から話しかけた。

「先生、イヤだったの・・・?」
「えっ、あー・・・というより、中学生とだなんて・・・。」
「男の子って、小学生以来、知らないから・・・子供だと思ってて。こんな事になるなんて」
と、完全に困惑顔だった。

「でも、好きな人に年齢は関係ないよね。」
「うん。。。」
「勉強は、教えて貰えないの?」
「そんなことないけど。。。今日は、終わりにしようね」
「じゃ、明日、来るよ。」
「うん。分かった。」と帰った。

これが、俺の初体験です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 女子大生講師と個人授業

同僚にレイプされた妻
画像はイメージです
3週間ほどの海外出張から帰ってきた日のこと。

久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。
妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。
早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。

ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。
どうやら妻と同僚が運んでくれたらしい。
隣を見るとまだ妻の姿はない。まだリビングで飲んでいるのだろうか?
のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。
階段の途中で、妻の声が聞こえた。

「ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」

明らかに嬌声とわかる。
同僚が妻を犯しているのだろうか?

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

鼓動が早くなる。
ゆっくりと物音を立てないようにしてリビングの前まで進んだ。
耳を澄ませて中を伺う。
ぴちゃぴちゃという水音と妻の喘ぎ、時々ぎしっとソファのきしむ音が聞こえる。
僅かにリビングの扉を開け、覗いてみた。

妻はソファに座ったまま同僚に脚を大きく広げられていた。
ベージュのスカートは捲り上げられ、ブルーのパンティは既に片足から外れて、もう一方の膝に引っかかっているだけだった。
ブラウスのボタンはほとんどが外されており、ずり下げられたブラから露出した乳房を下から同僚の手がもみしだいている。
同僚のもう一方の手は妻の膝裏のあたりを掴み高く上げ、ちょうど股間に潜りこむ格好で妻の秘部を舐めているようだった。
恥ずかしいからだろうか、妻は両手で顔を覆っている。
それでも乳首を摘まれたり激しく秘部をすする音がする度に「ひっ」と喘ぎ声を上げて首をのけぞらせている。

この状況に私はひどく興奮していた。
自分の妻が同僚によって感じさせられている・・・。
確かに妻の肉体は敏感なほうだ。私の愛撫でも十分に反応し、いつも愛液を溢れさせていた。
さらに妻はこの3週間のあいだセックスをしていない。
どちらかと言えば性欲の強い妻にとってこの禁欲期間は辛い。
そしてこの同僚は社内でも名うてのプレイボーイとして有名な男だ。
仕事も出来るし信頼も厚いのだが女関係で問題を起こし、バツイチになってからは出世をあきらめ、社内外の女を片っ端から食いまくっているテクニシャンだ。
そんな男の手にかかれば、ただでさえ性欲をもてあまし気味の妻だ。
ひとたまりもあるまい・・・。

同僚が顔を上げ、硬くしこった乳首に吸い付いた。
びくっと妻は身体をのけぞらせる。
いつも間にか同僚の手は妻の股間に忍び込み、秘部にさし込まれているようだった。
くちゃくちゃとかき回す音が響く。
妻の肉体はびくびくと痙攣し、指の動きにあわせるように腰が上下する。

「ああっ、いやっだめっ・・イっちゃうっ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「いいんだよ奥さん、何度でもイカせてやるから・・いつか奥さんとやってみたかったんだよ」

「ああっ、そこだめっ・・変なのぉ、変な感じなのぉっ、主人のときとは違う・・漏れちゃう、漏れちゃうよおっ・・・」

「そうか奥さん、潮吹いたことないんだ・・じゃあ思いっきり潮吹きさせてあげる・・そらっ」

同僚の手が一際激しく動くと、妻は全身をのけぞらせて「ひいいぃっ」という悲鳴にも似た声を上げた。
次の瞬間妻の股間から透明な液体が飛び散り同僚の腕を濡らし、一部はソファの前のテーブルまで汚したようだった。
それは衝撃的な光景だった。
私とのセックスで妻は潮を吹いたことなどなかった。

自分の妻が他の男の指技によって見たことのない程の絶頂を極めさせられる姿。
それは私にとって大変な屈辱と同時に興奮でもあった。
私のペニスはこの時パジャマの中で驚くほど固くいきり立っていたのだ。

妻の身体がゆっくりとソファに崩れ落ちた。
荒い息をしているようで呼吸の度に胸が上下している。
かちゃかちゃと同僚がベルトを外す音がした。
ゆっくりと身体を持ち上げて、妻の股間に狙いをつけているようだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

妻は視線を下に向けている。
今まさに自分の貞操を奪おうとしている夫以外のペニスに視線がくぎ付けのようだ。
同僚のペニスは私と比べてかなり大きいはずだ。勃起していない状態にも関わらず、私の勃起したときのサイズとさほど変わらない。
そのペニスは今十分に充血して妻の秘部に差し込まれようとしているのだ。

同僚は妻の脚を抱え込む格好で覆い被さっていく。
2、3度腰を動かすと妻は「ひっ」と声を上げた。クリトリスを擦ったのだろうか。
低い声で「入れるぞ」と同僚が言った。
それは同意を求めると言うよりも宣告に近いものだった。

「いや・・いや」

妻の小さな抵抗の声も実体を伴っていなかった。
さっきよりもやや深い角度で同僚は腰を妻の中にゆっくりと沈めていく。
妻の首がのけぞる。

「ああっ・・はああっ・・ああっ」

妻の口から喘ぎが漏れる。
妻の膣がきついのだろう、同僚は何度か浅い抽送を繰り返しながら妻の耳元で囁いた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「奥さんのおまんこはキツイねぇ、なかなか奥まで入らないよ・・どう、旦那と比べて?」

「・・ああっ、お、大きいわ・・とっても大きい、裂けちゃいそう・・」

同僚の眼を見つめながら妻は答えた。
すでに状況はレイプではなくなっていた。
妻は自分からゆっくりと腰を動かしてより深い挿入を促している。
その成果はすぐに結果となって現れた。
同僚が一際深く腰を突き入れると妻は小さな悲鳴とともに首をがくんを折った。
軽くオーガズムに達しているようだった。

同僚は妻の上半身からブラウスを剥ぎ取り、腕を回してブラジャーのホックを外した。
豊満な妻の乳房が露になる。
やや黒ずみかけた大き目の乳首は硬くしこっていた。それを同僚の無骨な指が摘み、弄ぶ。
その間もピストン運動は休みなく行われていた。妻のあえぎはとどまる事を知らない。
濡れた粘膜の擦れ合うぬちゃぬちゃという音がリビングに響いている。

妻が何度目かの絶頂に達すると、
同僚は妻の身体をひっくり返して今度はバックから撃ち込み始めた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

後ろから乳房をわしづかみにし、髪の毛を引っ張り唾液を飲ませる。
私には到底真似できないサディスティックな責めだ。
しかしなにより驚いたのはそういう行為を妻が喜んで受け入れたように見えたことだった。
確かに妻は性欲の強い女だが、そのようなアブノーマル的行為には全く興味を示さなかったのだ。
同僚の指が妻のアナルに差し込まれ、妻が狂ったように腰を振りたくるのを見て私は悟った。

(妻は、同僚の女になった。)

未体験の快楽を与えてくれる男になら、女なら誰だって服従するはずだ。
同僚の撃ち込みが速くなり、フィニッシュを迎えようとするときに妻の口から発せられた決定的な言葉。

「中、中で出して・・」

脳天をハンマーで殴られたような衝撃、そして恍惚。
自分の妻が他の男に膣内射精を乞う。
今まで経験したことのない程の屈辱と興奮が私を襲う。
同僚が妻の中に射精する姿を見て、私もパンツの中に大量の精液を発射した。
ゆっくりと同僚がペニスを抜き取り、妻の前に回ると妻はいとおしそうにそれを咥えた。

私は二人に気づかれないように2階に戻った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

妻が寝室に入ってきたのはそれから2時間後、風呂上りの石鹸の匂いをさせていた。

妻と同僚の絡み合う姿が脳裏から離れないまま、私は一人寝室の天井を見つめて妻を待っていた。
同僚の手によって何度も何度も絶頂を極めさせられ、最後には中だしを乞うた妻。
夫である私にとってこれ以上の屈辱はない。
怒りにも似た嫉妬の炎が私を眠りにつくのを許さなかった。
その光景を覗きながら興奮しパンツの中に射精してしまったにも関わらず、再び私のペニスは膨張していた。

妻を抱きたい。

心からそう思った。
同僚が蹂躙した妻の白く豊かな乳房を思いきり揉みしだき、ついさっきまで同僚のペニスが差し込まれていた秘部に思いきり突き立て、同僚の精液の残滓を私の精液で塗りつぶし、夫である私こそが本来の所有者であるという証を妻の身体に刻みたかった。
しかし、妻はなかなか帰ってこなかった。
悶々としながら時が流れていく。

ようやく妻が寝室に入ってきたのは、それから2時間が経ってからだった。
反射的に私は寝たふりをしてしまった。
同僚との情事を覗き見ていたことを知られてはいけない。
妻は私を起こさないようにそっと寝室のつきあたりにある整理箪笥まで行き、引出しを開けた。
そっと薄目を開けて妻の姿を見る。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

妻はバスタオル一枚を身体に巻きつけている。
洗いたての髪から雫が垂れている。
同僚との情事の痕跡を消すために全身を洗ったに違いない。
引出しから取り出したパンティを穿き、バスタオルをはらりと取った。
淡い光の下で妻の乳房が揺れる。
白いスリップを身につけると妻は私のほうに向き直った。
慌てて目を閉じる。
妻は私が寝ているベッドに畳んでおいてあったパジャマを取ったようだった。
しばらくして妻がベッドに入ってきた。

石鹸の香りと妻の体臭が混じりあった匂いが私の欲望を刺激する。
妻の身体に手を伸ばした。

「ん・・どうしたの」

けだるそうな声で妻が答えた。

「3週間ぶりだもん、いいだろ?」

「・・お酒飲んじゃってるから、眠いの・・それに、ちょっと疲れてるかな・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


酒のせいで眠いというのは理解できる。
しかし同僚との激しいセックスで疲れたから夫である私との営みを拒否するとは。
再び妻への激しい嫉妬心が燃え上がり、強引に妻のパジャマを脱がせて乳房を揉む。
耳たぶを舐めまわし首筋に舌を這わせると妻の身体に鳥肌が立つのが判った。
感じ始めている証拠だ。
スリップをずり下げて両方の乳房を下から搾り出すように露出させる。
乳首は既に立っていた。
両手で揉み上げて乳首に吸い付く。
妻の口から小さな喘ぎ声が漏れ始めている。
私は自分がいつもより乱暴になっているのが判った。

妻をメチャクチャにしたかった。

さっきまで同僚の責めに対し狂ったようによがり声を上げていた妻を壊してしまいたかった。
私のペニスはこれ以上ないほど固くそそり立ち、興奮のあまり先端からはもう透明な液体が滲み出していた。
妻をうつ伏せに転がし、腰を高く上げさせる。
パンティをパジャマのズボンごと引きずりおろした。
白く大きな尻が目の前に現れる。
さっきまで同僚が掴み、後ろから突きたてていた尻だ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

亀裂からはすでに愛液が溢れ出し内股まで濡らしている。
妻の肉体は感じやすいほうだが、こんなに濡れているのは見たことがない。
同僚との情事の残り火に火が点いたからだろうか。
そう思うとなおさら私の嫉妬心が燃え上がる。
妻の亀裂をよく観察してみると、大陰唇は赤く腫れ上がったように充血していた。
同僚のペニスに擦られたせいだろう。
私は指を妻の亀裂に差し込みかきまわした。

枕に顔を埋めたまま妻が「あうっ」と声を上げる。

亀裂からは止めど無く透明な愛液が流れ出し、グチュグチュと音を立てている。
内壁が蠕動し指に絡み付く。
妻の絶頂が近い。
くぐもった喘ぎを漏らしながら妻はゆらゆらと腰を動かして、自ら登りつめようとしている。

その時、私の視界にあるものが飛び込んできた。
妻のアヌスが微かではあるがひくひくと蠢いている。
脳裏にあの衝撃的な情景が蘇ってきた。
同僚がバックから責め立てながら妻のアヌスに指を差し込んでいた、あの光景。
妻のアヌスへの刺激を試みた事は今までに何回かあったが、すべて強く拒絶されていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しかし、同僚は妻のアヌスへの指挿入をあっさりと果たし、妻はその行為に強く性感を刺激されていた。

「いやっいやっいやぁぁっ、狂っちゃうーっ、お、お尻なんてっ、いやーっ、いくーっ」

もはや絶叫に近い声を上げて、自分から腰を振りたてていた妻の姿。
夫である私に触れることを許さなかった聖域を赤の他人である同僚に弄ぶことを許し、その指のもたらす快感に狂った妻。
目の前で物欲しげに蠢くアヌスは、妻の裏切りの象徴に映った。

亀裂から指を引きぬき、愛液をたっぷりとアヌスに塗りつけて人差し指をめり込ませて行く。
妻がびくっと身体をしならせ、「ひぃっ」と声を上げた。
構わず指を押し込んでいく。
めりめりと筋肉が広がっていく感覚が指先から伝わってきた。
第2関節まで差し込んだところで一旦止め、前後に出し入れを始める。
ぎゅうぎゅうと締め付ける感覚が徐々に弱まってくる。

「いやっいやっいやっ・・ああっ、お尻なんてやめてっ、あううっ」

妻は顔を左右に振り、髪を振り乱しながら私の行為に抗議していた。
しかしその言葉とは裏腹に妻の亀裂からは愛液が溢れだし、糸を引きながらシーツに垂れ、染みを作っている。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は指を引きぬき体勢を整え、ペニスを妻の秘部に突き入れた。
ぬるぬるとした感覚がペニスを包む。
妻の腰をがっちりと掴み、しゃにむに突き立てた。
妻の尻と私の腰がぶつかり合いパンパンと音を立てる。
絡みついた襞がペニスを断続的にきゅっきゅっと締め付け、射精を促し始めた。
バックからの責めがあまり好きではなかったはずの妻が、口を半開きにして悶える。

「ああっ、いやっ・・凄い、はあぁ・・ひぃっ」

両目をつむり眉間にしわを寄せながら快感を貪っている妻。
だらしなく開いたままの口からよだれが一筋垂れている。
その表情のあまりの淫靡さに私自身興奮の限界が来ていた。
我慢しきれずそのまま妻の膣内に精液を暴発させた。
私のペニスは何度も妻の体内で脈動を繰り返し、大量の精液を吐き出し続けた。
最後の一滴まで残らず出し尽くすまで私は妻から離れようとはしなかった。
それこそが妻に対する夫である私の所有者としての刻印だからだ。

しかし妻にとっては不満の残るセックスだった事も否めなかった。
絶頂直前まで押し上げられ、あと一歩の所で放り出されたのだから。

「3週間ぶりだもんね、仕方ないわよね」

慰めにも、諦めにもとれる言葉をぽつりと漏らし、妻は背中を向けて眠りについた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか 同僚にレイプされた妻

レイプされて潮噴く女
画像はイメージです
彼と一緒に食事をしてから映画でも借りて彼の家に行きました。
マンションのエレベーターを下りて部屋に向かう途中に若い女が前から歩いて来ると、彼が急に変な動きをしはじめて、あからさまに顔を隠そうとしていました。

女が近づいて来ると「あれ?彼女いたんですね?あたし忘れ物しちゃったみたいで取り来ただけなんですけど、取って来てもらっていいですか?」と笑顔で言っていた。

一瞬で状況を把握しました。
昨日の夜はこの女と一緒にいたんでしょうね!たぶんその若い女も彼女が居ないって言われてたんでしょうけど・・・その場で「私が帰るから二人でごゆっくり」と言ってすぐに帰りました。


本気でムカ付いたので、引き止められても振りほどいて逃げる様に帰りました。
でも怒りが全然収まらないので、私も浮気してやる!って思って携帯のメモリを見ていました。
私は出来るだけキモい男に抱かれてやる!って思いました。

パッと頭に浮かんだ相手がいて、この前の合コンで知り合った男で、太っていてハゲぎみで、酔っぱらってかなり変態トークしていたオタク男がいました。
すぐにその男に電話して、今の状況を説明して私の家に来てもらいました。
その男はすぐに家に来たんですけど、再度顔を見ると『さすがに無理かも・・・』って思いました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

だからテレビ電話で彼氏に電話して、私の部屋にキモ男が居るとこを見せて、キスだけして電話切って終わらせる事にしました。
キモ男は楽しそうにしていて、ノリノリでした。
電話しようと携帯を見ると彼氏からずうううううと着信がありました。
切れたタイミングでこっちから電話して、デレビ電話で顔を見ました。
最初は私一人で画面に写って話して、彼氏はとにかく謝っていたんですけど、全然許す気にはならなかったので、私は笑顔で「ちょっと見てもらいたい人がいるの!」って言って画面の中にキモ男を登場させました。

彼氏は「は?」みたいな顔をして「誰だよ・・・」って言って来たので、「今から彼とセックスするの!これからラブホに行くから電話しないでね!」と言った後に、キモ男にキスをしました。

彼氏は「ふざけんな!やめろおおおお」と叫んでいましたけど、そのままディープキスをしばらくして、キスしたまま電話を切りました。

私はちょっとスッキリしたと思ってると、電話を切ったのにキモ男がキスを止めないんです!無理矢理逃げようとすると、キモ男の様子がおかしいんです!凄いハァハァ言い出して、目がマジなんです!どうやらキスでスイッチ入れちゃったみたいで、私の話なんか聞かないで勝手に耳とか首筋を舐めはじめました。
キモ男は太っているんですけど、かなり筋肉もあるみたいで全然逃げられません。
もう普通に胸とかも触られちゃって、『マジでやばい!』って変な汗が出てきました。

「ちょっとふざけないでよ!警察呼ぶわよ!」って叫んだら「・・・状況考えた方がいいんじゃない?」と気持ち悪いムカ付く言い方で口を開きました。

「自分から部屋に呼んで、キスした挙げ句に彼氏には俺とセックスするって言ってんだよ」と言われると、私は動揺してしまいました・・・。
そしたらキモ男は勝ち誇った様に強気になって、服の中に手を突っ込んでブラを外すと、ニットごと捲り上げておっぱいを丸出しにされました。
(因みに胸はGカップです)

私は凄い抵抗してるんですけど、キモ男の片手でだけで、私の両手を握られて動けません。
そしておっぱいを舐めまくってきました。
本当に気持ち悪い舐め方で、唾液で胸がベチョベチョになる様な感じでした。
乳首も集中して舐められるとビンビンに立ってしまいました。
そしてキモ男はおっぱいを思いっきりビンタするんです。

私、それをされるとムチャクチャ興奮してしまうんです・・・本当に犯されてるんだ・・・って思ってしまって、何か陶酔したみたいになっちゃったんです。
そしたら押さえられてる腕とか、べチョベチョのおっぱいとか、全部が興奮する要素になってきて、濡れてくるのが分かりました。
本当にこんな男は嫌なんですけど、この男のやり方は私にぴったり合ってるみたいなんです。
そしておっぱいを力強く揉みながら、乳首をひねられると、「あはぁあぁ、うふぅうう」と声が出てしまいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「お前犯されてんのに感じてんじゃねーぞ」と言われるともっと感じてしまいました。
いつもオナニーする時に妄想するシチュエーションで、そのセリフでイッているんですから・・・「もう濡れてんじゃねーのか?」と言われると「ふざけないで、あんたみたいな男に濡れるわけないでしょ!離しなさい!」と言ったんですけど、ベチョベチョに濡れているのは分かっていました。
キモ男はスカートからパンツだけを抜き取ると、パンツを片手で広げて私に見せました。
黒いパンツの真ん中に、ヨーグルトをこぼしたような愛液がいっぱい着いていました。

「普通こんなに濡れねーだろ、お前ドスケベだろ」と言われると、もうどうしようもなくウズウズしてしまいます。
キモ男は体を股の間に入れて、自分の足も使って、私の両足を大きく広げました。

「うわーすげー濡れてんじゃん、マン汁臭でまくり」と言われてゾクゾクしちゃいました。

そしてキモ男は軽く平手でクリを叩きます。
これも私ダメなんです・・・馬鹿にされたような粗末な扱いをされてるみたいで興奮してしまいます。
だぶんキモ男じゃなければ、この男と恋人になっていたかもしれない位、セックスの相性がイイんです。
そして、私の愛液を手の平に塗り付けると、手の平全体でクリを押し潰すようにクチャクチャとこねくり回してきました。
私はあっと言う間に気持ち良くなって「あああああん、はっぁああぁぁ、ダメ、ダメええええええ、いやあああああああああ」と絶叫してイッてしまいました。

ビクビク痙攣している私を見ながら「レイプされてイッてんじゃねーよ変態女」と言われました。

最高の言葉を絶妙なタイミングで言われて、完全に陶酔してしまいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

キモ男にクリをこねくり回されて、結局イカされてしまいました。
でも、私はこんな男に落とされるなんて絶対に認めたくないので、抵抗を続けました。
すると今度はアソコに指を入れてきて、いきなりGスポットを刺激してきます。

今までで一番ぐらいに的確な場所を集中してかき混ぜ始めましたすぐに「ブチュブチュブチュ」と凄い音が出はじめて、「いやあああああ、だめええええええええ」と叫びながら、潮を噴いてイってしまいました。

「レイプされて潮噴く女なんてはじめてみたよ」とキモ男はニヤニヤしています。

キモ男はいつの間にか私の手を放していて、私は両手が自由だったんですけど、シーツを握り締めてるだけで、抵抗するのを忘れていました。
そしてキモ男はまた指をかき混ぜはじめると、同時にクリを舐めはじめました。
私はすぐに「いやああ、だめええ、また、だめええええ」とすぐにイキそうになって、キモ男の顔に潮を噴きかけながらイってしまいました。
もうキモ男は私を押さえつけていないので、私は痙攣している体のまま、逃げようとしました。
でももちろんすぐに捕まってしまいました。
私は散々イカされましたけど、この男の勝ち誇った顔が許せませんでした。
キモ男はまた私を押さえつけながら、自分のズボンとパンツを下ろしました。
すると信じられない大きなアレが出てきたんです。
しかも凄い角度で立っていて、すぐに入れようとしてきました。
私は足で蹴りながら必死で逃げたんですけど、ビショビショのアソコは「ヌルッ」と簡単に受け入れてしまいました。

今の彼氏より遥かに大きなアレを入れられて、悶絶でした・・・元々、大きなおチンチンが好きな私は、最初から感じてしまって、入れて数十秒で「あああん、あはぁあああ、くうううううううう」と言いながら簡単にイってしまいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

もう入れられたら力が入りません・・・ぐったりしていると、キモ男が私の電話を勝手に弄っていました。

「ちょっと止めて!触らないで!」って暴れても、少しピストンをされると抵抗できなくなってしまいます。
キモ男はどこかに電話を掛けると、枕元に携帯を置きました。
そして携帯の画面の前に私を突き出して、その後ろからバックで突きはじめました。
私は感じてしまって、携帯が見えなかったんですけど、携帯から「何してんだよ!ふざけんな!誰だそいつ!」と怒鳴り声が聞こえました。

私はビックリして携帯を見ると、彼氏の顔が見えました。
キモ男はテレビ電話で彼氏に電話したんです。
バックで入れられたまま、目の前にはテレビ電話で彼氏が見ています。

彼氏は泣き叫ぶ様に「お前何やってんだよおらぁぁっぁあ、ざっけんなよおおおおおおお」と言っています。
普段は絶対大声を出さないような彼氏が、狂った様に叫んでいました。
私は一生懸命弁解しようとしたんですけど、キモ男は大きなアレを容赦なく叩き込んできました。

「ちがうのぉっ、うぐっ、ああん、あん、これちがうっ、うはぁああああ、いやああああ、見ないで、だめぇぇぇえぇえ、だめえええええええええええええ、いやああああああああああああああああああ」

私は何がなんだか分からず、彼氏の前でイッてしまいました。
キモ男のテクニックと巨根と彼氏に見られている状況が混ざり合って、凄い興奮でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

キモ男は「あーあ彼氏さんイッちゃったみたいですよー、てゆーか今日イキまくりでしたけどね」と言っていました。

そしてキモ男は今度、私を上にして騎乗位にさせました。
彼氏には私の後ろ姿が見えていると思います。
私はおかしくなっていたと思いますけど、反射的に上になったら腰を動かしてしまいました。
彼氏が見てるし、キモ男を認める事にもなるから絶対ダメ!って分かってるんですけど、腰をグリグリ押し付けて、クリをすり潰しながら、またイッてしまいました。

イッたあとはキモ男の胸に倒れ込んでしまい、彼氏からは結合部が丸見えだったはずです。
そして、立ちバックや松葉崩しとかもやらされて、それぞれの体位でイカされました。
私はもう彼氏の事が頭に入りませんでした。
彼氏も無言で見ているだけでした。
彼氏とのセックスでは2回イケば良い方です・・・彼氏もキモ男のテクニックに引いていたと思います。
最後はバックに戻って、彼氏の顔を見せられました。
私は見るのも辛かったんですけど、何か変な気分になってきました・・・なぜか彼氏が傷付く事をもっともっとしたくなってきたんです。

SなのかMなのか分かりませんけど、彼氏の落ち込んだ顔を見てると、イジめたくなってきました。

私は彼氏の顔を見ながら「ごめんなさい、あん、ああああん、気持ちイイの、このおチンチンが、あああん、凄いの、あああん、あん、大っきくてすごいのおおおおおおお、いやあああああ、またイッちゃう、イク、イクううううううう」と言って彼氏の顔を見ながらイッてしまいました。

キモ男は「彼氏とどっちが気持ちイイか彼氏に教えてあげろよ」と言ったので、私は痙攣しながら「全然こっちのおチンチンが気持ちイイ、こんなに気持ちイイセックスはじめて・・・ハァハァ」と言いました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


彼氏は無言で下を向いています。
キモ男はまた激しくピストンをしてきました。

私は大きな声で「凄い気持ちイイ、あああん、あん、大っきいから気持ちイイ、だめええええ、すごいいいいい、彼氏の小ちゃいから、こっちの大っきいのが好き、あああああん、あん、気持ちイイ、いやあああああ、またイク、イク、イクううううううう」とすぐにイッてしまいました。

キモ男は私に構わずピストンを続けていて、「どこに出して欲しい?」と聞いてきたので、私は即答で「中にだしてえええええ、イイ、凄いイイ」と答えました。

キモ男は「彼氏さんはオッケーなの?」と聞いてきましたけど、私は「知らない、ああああああん、ダメ、中に出して、お願い、彼氏どうでもいいから中に出してええええええええええええええ」と叫びながらイッてしまい、同時にキモ男も中に大量の精子を出してきました私は凄い満足感と疲労感でしばらく動けませんでした。

いつの間にか彼氏の電話は切れていて、今日も連絡はありませんでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] えろざか レイプされて潮噴く女