【Hな体験】中年オヤジの風俗巡礼[後編]
7:『ソープ・その4』

オタ嬢と一戦交える。
今までのお風呂遊び、風俗遊びは基本的に、店を選ぶ→嬢を選ぶの順番だった。
店を先に選んでおくと、それぞれのコンセプト(コス重視、巨乳重視、NS接客など)があるので、最低限の要求は叶うことが多いからだ。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】中年オヤジの風俗巡礼[後編]

【男×男】初アナルで初ところてん
いつものようにローションたっぷりつけて前立腺を刺激しながらオナニーをしていると、急に物寂しくなったのがきっかけでした。

(本物ってどんな感覚なのかなぁー?)

そう思うようになりました。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【男×男】初アナルで初ところてん

【Hな体験】『ミルク絞り』をしてくれたエッチなクラスメート
僕の精通は自慰や夢精ではなく、他人の手によって導かれたものでした。

中1の時、クラスにK子という女の子がいたのですが、僕は彼女とよく猥談をしていました。
猥談と言っても中学生のするものだから、「Aがキスで、Bはペッティングで・・・」という程度のものです。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】『ミルク絞り』をしてくれたエッチなクラスメート

【浮気】彼女の女上司に迫られて半強制中出しセックス
つい最近の話だが、彼女の美奈子に、美奈子の上司である裕子の恋愛相談に乗って欲しいと頼まれた。
裕子は俺たちカップルの5歳年上の34歳。
年齢よりはだいぶ若く見えるが、同僚の女たちには良く思われていない。
どうやら性格的な面で難があり、いつも狙った男が捕まらないようだった。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【浮気】彼女の女上司に迫られて半強制中出しセックス

【レイプ】風邪の見舞いに来た男の子2人に交互に挿入された
私が大学生の時の話です。
夏休みに遊園地でアルバイトをしていたのですが、疲れのせいか夏風邪を引いてしまい、お休みをしました。

夜、アパートのブザーが鳴ったので出てみると、同じバイトの男の子2人がお見舞いに来ました。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【レイプ】風邪の見舞いに来た男の子2人に交互に挿入された

【近親相姦】アパートに様子を見に来た母に襲いかかって・・・。
東京の大学に合格してボロアパートに住み始めたところ、早速、母がGWに様子を見に来てくれた。
その夜、ひとつの布団に2人で寝ることに・・・。
ドキドキして寝付けなくて、恐る恐る手を伸ばして母の体に触れた。
温かい体温に包まれた下着に触れていると、母が急にこっちを向いてキツいお叱りの言葉。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【近親相姦】アパートに様子を見に来た母に襲いかかって・・・。

【初体験】好きだった女友達が布団に潜り込んできて童貞卒業
学生時代の話。
持ち帰ったわけではないが・・・。

ある日、俺は先輩と飲んでいて、盛り上がってきたので女友達に電話して、「今から酒買っていくから飲もうぜー」と伝えた。
この子とは別に付き合ってるわけじゃなく、よく遊びに行くくらい

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【初体験】好きだった女友達が布団に潜り込んできて童貞卒業

【Hな体験】カラオケボックスで可愛い男の子とフェラの練習
私は女子高だったので男子にはまったく縁がありませんでした。
私の友達も男友達がいなかったので、恋愛の話とかはまったくありませんでした。
でも私のクラスにかなりエロい子がいて、いつもその女子が休み時間とかに大きい声でエロい話をしてました。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】カラオケボックスで可愛い男の子とフェラの練習

出会い系サイトで知りあった自称40歳の人妻にアナルもSMも複数プレイもみんな教えてあげたw
人妻 菜穂子(自称40歳)とは出会い系サイトで知りあった。 ご主人の上着のポケットに、 スナックの女の名刺が入っていただけで、 浮気者扱いしてしまうほど純情で世間知らずの女だった。 菜穂子は旦那が浮気したと思い込みひどく […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 出会い系サイトで知りあった自称40歳の人妻にアナルもSMも複数プレイもみんな教えてあげたw

【不倫】旦那が単身赴任中のお隣の奧さんと中出しセックス
私35歳、妻32歳、子供6歳の3人家族です。
妻が友達と旅行に出かけて、子供と私で留守番をすることになった時の話です。

ある夏の日、夏休みで子供と遊園地に行って帰ってきて、ちょうどマンションの階段で隣の奥さんと出くわしました。
奥さんは、「こんにちは。今日から奥さん旅行ですね、いいなー」と話しかけてきました。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【不倫】旦那が単身赴任中のお隣の奧さんと中出しセックス

ビーチで砂に埋められて身動きが取れないところを痴女に襲われ弄ばれた話
去年の夏の話です。 俺は大学3年で、俺と彼女の千晶、 友達の神谷とその彼女の斉藤さんの4人で 海に行ったときの話です。 俺達は全員同い年で4人で遊ぶことはちまちまありました。 最初は泳いだりして遊んでたけど、 昼過ぎから […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ ビーチで砂に埋められて身動きが取れないところを痴女に襲われ弄ばれた話

【Hな体験】スナックで泥酔していたデブ熟女とラブホで激闘
昨夜、行きつけのスナックで、泥酔していた近所に住む60代半ばくらいのデブ熟女(独身)をいただいちゃいました。

俺も酔っていたのでデカい乳に惑わされて、送っていくふりをして近くのラブホへ。
ほとんど意識のない熟女をベッドに寝かせ、巨大な乳を露わにして舐め放題。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】スナックで泥酔していたデブ熟女とラブホで激闘

合コンで出会ったメンヘラでビッチで貧乳でスッピン悪魔な元カノの話をする
当時のスペック 俺 21歳 フツメン 身長は高め 元カノ 20歳(早生まれ同い年) 顔 スッピン悪魔 化粧映えはする 身長150くらい 胸A~Bのペチャ ビッチ メンヘラ ボーダー 元カノの化粧は1時間かかってた。 当時 […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 合コンで出会ったメンヘラでビッチで貧乳でスッピン悪魔な元カノの話をする

【乱交】男2人に職場で中出しされていた母
当時、私は23歳。
大学を出て営業をしていました。

母は46歳。
息子の私が言うのも変ですが、ちょいポチャでオッパイとお尻が大きく、でも腰がクビレていて男好きのする身体をしています。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【乱交】男2人に職場で中出しされていた母

女友達の膣内に射精した結果…妊娠発覚!高校卒業後、すぐに結婚w
俺と女友達が高校三年だった時の話、 「写真、撮らせてくれ」 「私の?」 「ブルマ姿で」 中●時代の女友達に言ったんだよ、マジな顔して。 で、意外にも許可が下りた。 そんなの撮って、何がおもしろいわけ?の質問に、正直に 「 […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 女友達の膣内に射精した結果…妊娠発覚!高校卒業後、すぐに結婚w

【Hな体験】肉感的なOLに車の中でイラマチオからの中出し
4、5年前の話。
私の職場の人が退職するので、みんなで送別会を開いた。
そのときに別の職場の子で、近ちゃん(仮名・25歳)も来ていた。
そのときの近ちゃんの服装はピンクのブラウスに黒のミニスカートだったと思うが、とにかく肉感的な格好だった。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】肉感的なOLに車の中でイラマチオからの中出し

スケベな後輩に中出ししてポカリをマンコの中にドクドク注ぎビシャビシャ洗ってあげた話
今年の部活の新人は女子2名。 マヂ俺らのテニス部はやばいんじゃない? 男と女は別々に練習してるけど、 大体終わる時間とかは一緒で、 部活のあと皆でなんか食べに行ったりするんだけど、 その日は女子の新人が一人休みみたいで、 […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ スケベな後輩に中出ししてポカリをマンコの中にドクドク注ぎビシャビシャ洗ってあげた話

【Hな体験】欲求不満な女子大生とラブホで潮吹きエッチ
俺:23歳、170cm/55kg、独身、彼女無し、松本潤似。
相手:21歳、165cm/50kg、独身、彼無し、栄養士、木村佳乃似(らしい)。

話の流れで同じ市内だと分かり、意気投合してメルアドを交換。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】欲求不満な女子大生とラブホで潮吹きエッチ

ペニバン付けて俺のアナルをいじりまくる変態な彼女www
学生の頃付き合ってた年下のセーラー服が変態だった。 俺:当時19 172㎝ 70㎏位 中肉中背 大学生の飲み屋バイト 彼女:当時3年生 155㎝ 45㎏位 Fカップ以上? 顔はゆうきまおみとインリンと宮地真緒と伊藤裕子を […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ ペニバン付けて俺のアナルをいじりまくる変態な彼女www

【不倫】妻よりもセックスの相性がいい60過ぎの義母
義母63歳、俺37歳です。
義母が家に泊まりに来たときに挿入してしまいました。
もちろん生マンです。
子供が2人いるのであまりタイミングが合わず、俺は妻とはセックスレス状態。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【不倫】妻よりもセックスの相性がいい60過ぎの義母

これは去年の夏、僕が初めて中出しした時の話です
今まで3人の女性とSEXした経験はありましたが、 すべてゴム出しか生でも外だしでした。 僕が初めて中出しした女性は同じアパートの人妻、里美さんでした。 里美さんは30代中盤ですが子供がいないせいか外見はとても若く、 藤原 […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ これは去年の夏、僕が初めて中出しした時の話です

【乱交】連れて行かれた先は人妻の乱交サークルだった
少し前のことです。
出会い系で知り合った35歳の人妻と会いました。
普通の主婦って感じの人で、特に色気があるわけでもありません。
散々エッチなことを話してて、やらないのもちょっとと思いきや・・・。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【乱交】連れて行かれた先は人妻の乱交サークルだった

高三の冬、少し太った英語の先生とエッチしちゃった私の話
高校3年の冬、英語の先生とエッチしました。 先生は既婚43歳で少し太っててちょっとエッチなとこがあります。 教える振りして胸除いたりタッチしたり生徒の間では要注意人物。 でも私は先生とエッチしてみたかったんです。 本当言 […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 高三の冬、少し太った英語の先生とエッチしちゃった私の話

【混浴】エッチなギャルと露天風呂で初体験
温泉はただ温かい水が湧いているのではありません。
様々な栄養が含まれ、肌荒れから腰痛などの体のトラブルを改善してくれる貴重なものです。
心と体を癒してくれる温泉に、女性がいたら男性は落ち着かないと思うんです。
だから、混浴が存在する意味がわかりませんでした。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【混浴】エッチなギャルと露天風呂で初体験

男友達にパンチラサービスした結果⇒安全日には中出し大サービスの5Pしてます!
いつもみたいに女子二人、 男子三人でエッチなことを友達の家で話していました。 いつもは話だけで終わるのですがこの日は違いました。 「なぁ、あい、ま○こ見せて」 と一人の男子が言ってきました。 「見るだけだよ~、何もしない […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 男友達にパンチラサービスした結果⇒安全日には中出し大サービスの5Pしてます!

【Hな体験】気を遣わずにむちゃくちゃできる不細工なエロ女
先日コンパで出会った、32歳の女。
結構不細工。
でもぽっちゃりだから、抱き心地は良さそうかなー、なんて思ってた。

マッサージの話になって、「肩こってるから揉んでー」なんて結構乗り気。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】気を遣わずにむちゃくちゃできる不細工なエロ女

そのまま初めての女性の陰部に指を挿入しました…凄い熱かったのを今でも覚えています
文章力なくて迷惑かもしれませんが・・申し訳ないです。 もう、十年以上前の話なんですけど・・。 その当時、私は高校生で学生証を偽造して、 アダルトビデオを借りていました(性欲って怖いですね) まぁ、高校生なのでやりたくて、 […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ そのまま初めての女性の陰部に指を挿入しました…凄い熱かったのを今でも覚えています

【Hな体験】高2の頃に自分がショタコンだと気づきました
私は数々の男性と結ばれてきましたが、それによる快楽というのはずっと得られませんでした。
でも高2の頃、気づきました。
登下校の時に見かける小学生の男の子に欲情している自分に。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】高2の頃に自分がショタコンだと気づきました

昔大学生だった頃の彼女
画像はイメージです
僕が大学生だった頃、80年代末から90年初頭はバブルも終わりかけた時代だった。
当時僕は、関西のある大学に通っていた。

初めて出来た彼女は、同じサークルの1年後輩の子だった。
始めは普通の先輩後輩の関係で友達のような感覚だったが、そのうち、何となく二人だけで会って食事をしたり遊びに行ったりするようになった。


当時下宿していた自分の部屋に彼女を呼んで、音楽を聴いたり、借りてきたビデオを見たりした。
この頃、洋楽ではユーロビート、邦楽ではZARDやドリカムなどのバンドの音楽が流行っていて、部屋で彼女と一緒によく聴いていた。
この頃になると、いつの間にか、僕も彼女もお互いに付き合っているんだ、という暗黙の了解が出来上がっていた。

そして、ついに二人にとって決定的な日が訪れた。
3度目か4度目に彼女が自分の下宿に来たときだった。

おしゃべりが途切れたとき、僕は彼女を抱き寄せてキスをした。
女性とキスをしたのはこのときが初めてだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女は何も言わず唇を重ねていた。

僕は唇を重ねたまま、服の上から彼女の胸を触り、そして、スカートの裾から手を入れて彼女の太ももを触った。
ストッキングを履いていない彼女の白い太ももの感触に僕は興奮し、ペニスが勃起していた。
僕の手はそのまま彼女の下着に伸び、下着の上から彼女の股間を撫で回した。
下着の上からとはいえ、初めて触った女性の股間の柔らかい感触に、僕のペニスは激しく勃起し、このままでは収まりがつかなかった。

急いで彼女の衣服を脱がせ、ブラジャーを外した。
スカートも下ろし、彼女はレースの白いパンティ1枚の姿になった。
僕も急いでズボンを脱ぎ、ブリーフ一枚になった。
二人ともセックスは初めてだったが、既に二人とも、今日これからセックスをするんだ、という気持ちは一緒だった。
勃起したペニスで僕のブリーフの前が盛り上がり、とても恥ずかしかった。

僕と彼女はベッドの上で抱き合い、しばらくの間、下着の上からお互いの性器を触り合った。
彼女の下着は湿っていた。
パンティを履いたまま彼女の両脚を開くと、すらりと伸びた白い太腿の付け根の部分は股布に覆われ、微かに愛液が滲んでいた。
この布の向こうに彼女の秘密の部分、女性器があるんだ、と思うと、興奮を抑えきれなくなり、最後の1枚をゆっくりと下ろしていった。

彼女の黒々とした陰毛と大陰唇の割れ目が現れた。
僕もブリーフを下ろすと、天井を向いて勃起したペニスが勢いよく飛び出した。
ついに二人とも下着を全部脱いで全裸になっていた。
僕は、このとき生まれて初めて女性の前で自分の性器を晒し、とても恥ずかしかったが、その恥ずかしさが一層興奮を掻き立てていた。

彼女も同じ気持ちだったと思う。

僕は、彼女の開いた両脚の間に体を入れると、両脚を持ってさらに大きく拡げた。
僕の目の前に、二十歳の女子大生の性器が完全に露出された。
M字型に股を開いた彼女の股の中心部には、黒々とした陰毛に覆われた大陰唇、その下方には肛門が覗いていた。

彼女との身長差は20センチ以上あったため、彼女の股間はとても小さく感じられた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

僕は初めて目の当たりにした女性の秘部を夢中で撫で回し、割れ目を押し開いたり、クリトリスを指で擦ったり、口を付けたりした。

そして、僕は、恐ろしいほど硬く勃起した自分のペニスを彼女の大陰唇にあてがった。

ペニスが大陰唇の割れ目に触れたとき、僕の頭の中では、「こんな太く大きいペニスが彼女の小さな割れ目に入るんだろうか。これから僕と彼女はついにセックスをするんだ。僕のペニスが初めて彼女の処女膜を破って膣に入っていくんだ。彼女は今から処女を喪失するんだ」という思いがよぎっていた。

僕はペニスをゆっくりと割れ目に押し込んでいった。
自分のペニスが徐々に彼女の股の割れ目に食い込んでいく様子を見て、僕は自分のペニスが人生で初めて女性の性器に挿入される気持ちを味わっていた。
処女の彼女の膣はきつく、ペニスが強引にめり込んでいくような感じだった。
僕の亀頭が完全に膣にめり込んだとき、処女膜が破れる痛みに彼女は痛がったが、僕は彼女の両肩を押さえて、さらに深くペニスをグッと突き入れた。

そしてついに彼女の膣の奥までペニスが貫通した。
彼女は痛みに声を上げた。
股の間に目をやると、僕の太いペニスが根元まで食い込み、僕と彼女の陰毛が絡み合っているのが見えた。
僕は、「ついに二人の性器が結合したんだ」と思った。

彼女は泣いていたが嬉しそうな表情だった。
彼女が僕の前で思い切って股を開いてくれたこと、彼女が生まれて初めて受け入れた男のペニスが僕のペニスだったこと、僕に処女を捧げる決心をしてくれたという事実を、この時まさに味わいながら、僕は嬉しかった。
ペニスを彼女の膣の奥まで食い込ませたまま、僕と彼女は抱き合って夢中でキスをした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女と唇を重ねたまま、僕は彼女と股を擦り合わせ腰を前後に動かした。
彼女が痛がっていたので、僕はゆっくりとぺニスを動かした。
彼女は泣き声とも喘ぎ声ともわからないような声を上げた。
それから、僕は上体を起こし、彼女の太腿の裏側を両手で支え、結合部分に目をやった。

僕の勃起した太いペニスが、小柄な彼女の股の間の割れ目から出たり入ったりする様子はとても痛々しかった。
ペニスを抜き差しする度に、大学2年生の彼女の小陰唇や膣の粘膜が僕のペニスに絡みついて捲れ上がった。
彼女の愛液で僕のペニスはテカテカと光っていた。

僕は、自分のペニスが彼女の膣襞に包まれる感触を味わいながら、「今、僕と彼女は性交をしている。僕のペニスが彼女の膣の中に入って、こすれあっている。二人は裸で抱き合い、お互いの最も恥ずかしい部分である性器を交わらせている。ここまで恥ずかしい行為をしている僕と彼女は結婚するのだろうか?」という思いが頭をよぎっていた。

そう思うと、あっという間に快感が押し寄せてきて、僕はたまらず射精した。

初体験後は、僕と彼女は会う度に当たり前のようにセックスをするようになり、週に何度も僕のベッドで愛を確かめ合った。
セックスは大抵僕の下宿の部屋でしていた。
僕たちは次第にセックスを楽しむようになり、裸になることに対する抵抗も薄れていった。

二人とも若い大学生だったこともあって、裸で抱き合い夢中でお互いの肉体を絡め合っていた。
一晩に3回交わったこともあった。
僕と彼女は、正常位以外にも屈曲位やバックや騎乗位など色々な体位を試した。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


騎乗位のとき、仰向けに横たわった僕の下半身に跨って、勃起した僕のペニスを股に食い込ませ腰を振っている二十歳の彼女の表情に僕は興奮した。
しばらくして、彼女は僕のペニスを膣に食い込ませたまま、ゆっくりと体を反転させて後ろ向きになった。
僕は彼女の白い尻を両手で掴み、割れ目をグワッと左右に押し拡げた。
すると、尻の肉に隠れていた彼女の尻の穴や肛門の皺までもが、完全に僕の目の前に晒された。
彼女の肛門のすぐ下では、僕のペニスが彼女の小陰唇に絡みつきながら膣に出入りしているのが見えた。
ペニスが彼女の性器に出入りする度に、愛液が飛び散り、僕と彼女の結合部分はベッドリと濡れていた。

その様子を眺めながら、「いま、大学生の僕の上に全裸で白い尻を向けて跨り、僕のペニスを股に食い込ませ、肛門まで晒して尻を振っているのは、二十歳の女子大生なんだ。いま、僕のペニスは二十歳の女子大生の性器に挿入されているんだ。いま、僕は二十歳の女子大生の尻の肉をこの手で思い切り掴んで揉んでいるんだ」と思うと、この上なく興奮し、ペニスが一層硬く大きくなっていくのが分かった。

シックスナインでお互いの性器を舐めあうこともあった。
AVでやっているようなことを、大学生だった僕と彼女も経験していった。

僕が大学4年生、彼女が大学3年生のときの夏休み明け、およそ1ヶ月ぶりに彼女と会った。
僕は2週間ほど前にオナニーをして以来、射精していなかったので、精子で満タンになった睾丸は重く垂れ下がっていた。
午後になって彼女が僕の下宿の部屋に来る頃には、僕のペニスは既に固く勃起していた。

彼女が部屋に入るなり、僕達は無言で抱き合い夢中で舌を絡めながら、お互いの服を脱がしていった。
彼女も久しぶりのセックスに興奮していた様子で、ショーツの中に手を這わせると性器は既に濡れていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

全裸になった僕達はベッドに転がり込んだ。
僕は、仰向けになった彼女の両脚首を持って裂けるほど拡げて持ち上げると、それを彼女の頭の方に押し倒した。
彼女の両脚はV字型に開き、マングリ返しのような格好になった。
僕は彼女の顔の上に中腰で跨り、天井を向いた彼女の性器を舐め回した。

彼女は「アアッ~」と、よがり声を上げた。
僕は我慢できなくなり、天井を向いた彼女の割れ目に、コンドームも付けていないペニスを突き入れた。
僕は、彼女の尻から太腿の付け根の辺りを両手でしっかりと押さえ、ペニスを掘削機のように激しく突き立てた。
太いペニスが彼女の股の中心に杭のように垂直に打ち込まれる度に、結合部分から愛液が飛び散るピチャピチャという音や、僕の睾丸が彼女のクリトリスの辺りにぶつるパンパンパンという音が響いた。

マングリ返しになった彼女の顔のすぐ上には、中腰で夢中で尻を振っている僕の様子が見えていた。
彼女の目には、自分の性器に出たり入ったりする僕のペニス、クリトリスにぶつかる睾丸、愛液が飛び散る様子、そして僕の肛門までもが丸見えになっていた。

久しぶりのセックスの快感と生で感じる彼女の膣の感触に、あっという間に快感が押し寄せてきて、僕は射精した。
僕はしばらくの間、彼女の膣にペニスを食い込ませたまま、オーガズムでペニスが何度も脈打つ快感を味わいながら、ペニスが脈打つたびに、僕のペニスから彼女の膣の奥に精子が放出される感覚に浸っていた。
1度射精しても若い僕のペニスはまだ勃起していた。

次に、彼女を四つん這いにすると、彼女の膣からは、いま放出した僕の精子が流れ出していた。
僕はそのままバックから再びペニスを突き刺した。
僕はペニスをピストンしながら、両手で彼女の白い尻を掴んで思い切りと左右に拡げると、彼女の肛門の茶色い皴まで丸見えになっていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


そして、彼女の愛液と僕の精液が入り混じって、彼女の膣に食い込んだ僕のペニスに絡み合い、卑猥な音を立てていた。
そして、僕は彼女の膣の中に2度目の射精をした。
この日、僕と彼女は、午後から夜中まで休憩を挟みながら、全裸のまま、汗まみれになりながら、何度もお互いの肉体をぶつけ合った。

二人の愛を確かめるかのように、僕と彼女はお互いの股を何度も何度もぶつけ合い、擦り合わせた。
二人の股の中心部では僕のペニスが彼女の膣に深く食い込み、お互いの性器が深く結合した状態で、僕と彼女はお互いの陰毛を擦り合わせた。

僕と彼女はこの日、4回交わった。
僕と彼女の股間は汗と精液と愛液にまみれていた。

この日のセックスは、僕が彼女としたセックスで最も激しいものだった。
激しくセックスをした後は、僕も彼女も、大学を卒業したらいつ結婚してもいいくらいの気持ちになっていた。

僕は彼女とセックスをする関係になってからは、オナニーで射精して性欲を処理することは殆ど無くなり、彼女の膣にペニスを食い込ませ摩擦することで射精するようになった。
セックスのときはコンドームを使用していたが、時々生ですることもあった。
射精しそうになるとペニスを抜いて、彼女の股間の辺りに精子を出した。

しかし、安全日だったり、我慢できなくなったりしたときに、彼女の膣内に直に射精したことも何度かあった。
オーガズムの瞬間、僕のペニスが小刻みに痙攣しながら、彼女の膣の奥、子宮に僕の精子が飛び散る感覚を感じた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

僕達は大学時代に何度もセックスを重ね、愛を確かめ合っていたが、卒業後、遠距離交際となってからは、次第にすれ違いが多くなり、既に3年以上経過していた彼女との交際も自然消滅してしまった。

彼女と別れてから3年ほど経った頃、彼女が結婚したという話を二人の共通の友人から聞いた。

「大学生のとき僕が自由に弄んで彼女の肉体を、今は旦那が自由にしている。大学生のとき僕とあれほど愛し合った彼女が、今は別の男の奥さんとなって、毎晩のようにセックスをしている」と思うと、複雑な気持ちになった。

僕は、今は交際している女性がいないため、性欲の処理は時々自分でペニスをしごいて射精している。
そんなとき、昔彼女と愛し合った日々の記憶が思い出されてきた。
お互いまだ若い大学生だった頃、僕とのセックスのときに彼女が見せた、旦那も知らない数々の痴態がフラッシュバックのように鮮明に蘇り、僕のペニスは勃起した。

僕のベッドで大学生の彼女は蛙のように股を開いて、女性器に僕の太いペニスを挟み込んで声を上げていた。
彼女の秘部が天井を向くほど両脚を高く持ち上げ、屈曲位で貫いた時の彼女の喘ぎ声。
四つん這いで僕に尻の肉を掴まれ、肛門まで曝け出して激しく尻を振って悶えていた女子大生の彼女。

僕の勃起したペニスを口に含んでくれた時の彼女の舌と唇の感触。
二人の愛液でべとべとになった彼女の陰毛。

生でセックスをしたとき、僕のペニスに絡みついた二十歳の彼女の膣襞の感触。
そして二十歳の彼女の膣内に僕の精子を放出したときの快感。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

大学生の彼女の子宮や膣襞の一つ一つの隙間に染み込んだ僕の精子。
セックスで悶えている時の彼女の眉間に皴をよせた表情。
女子大生だった彼女のセックスの時のあえぎ声。

そして、「今は人妻となっている彼女の肉体を、僕が大学時代に最初に味わった。旦那も知らない、大学時代の彼女の肉体の秘密を僕は知っている」という事実に、僕はますます興奮した。

彼女が初体験をしたのは僕のベッドの上だった。
彼女が生まれて初めて男の前で下着を下ろして裸になり股を開いたのは、僕だった。
彼女が生まれて初めて男のペニスに貫かれる決心したのは、僕のペニスだった。

彼女が生まれて初めて膣の中に受け入れたのは僕のペニスだった。
彼女の性器を最初に貫き、膣に挿入されたペニスは僕のペニスだった。

彼女が処女を喪失した瞬間の顔と喘ぎ声を僕は知っている。
彼女の処女の膣の締め付けの感触を僕のペニスだけが知っている。
彼女の処女の膣襞にペニスが摩擦される感触を味わったのは、僕のペニスだけだった。

まだ二十歳前後だった彼女と毎週何度も全裸で抱き合い、若く張りのある彼女の肉体の隅々まで味わったのは僕だった。
大学生だった彼女の膣の中に初めて注がれた男の精子は、大学生だった僕の精子だった。
大学生だった彼女の子宮に初めて飛び散った精子は、若い頃の僕の精子だった。

彼女が初めてオーガズムを感じたのは僕と性交しているときだった。
大学生だった彼女のオーガズムの時の表情やよがり声を、僕は数多く知っている。
彼女が初めて口に咥え、舌で舐めた男のペニスは、大学生だった僕のペニスだった。
彼女が初めて舐めた男の肛門は、僕の肛門だった。

彼女が初めて全裸で四つん這いになり、白い尻や最も恥ずかしい肛門まで晒した男は僕だった。
彼女の尻の穴を間近に眺め、大学生だった彼女の肛門の色や皴の数まで知っているのは僕だった。
大学生だった彼女の性器、大陰唇、小陰唇、クリトリス、膣口、そして尻の穴に舌を這わせ舐め回したのは僕だった。

昔大学生だった頃の彼女の若い肉体やセックスの痴態を思い出し、僕は何度も射精した。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 昔大学生だった頃の彼女

生でしたことないんです
画像はイメージです
10年くらい前だったかなあ・・・5つ年上の同僚OLのAさんと飲みに行った帰りだった。
時間は10時頃かな。
Aさんは職場の男性社員に狙われまくりの美人社員だったんだが、華やかな見た目とは裏腹に意外と身持ちが堅く、美人なのに30になっても独身・彼氏なしのままだった。

一方おれは、変な話美人よりもチョイブスが好きだったし、彼女もいたのでAさんにはさして異性としての興味がなかった。
Aさんもそんなおれの内心を知ってか知らずか、ほかの男の誘いは断るのにおれのことはよく食事や飲みに誘ってくれて、弟のように可愛がってくれていた。


二人で繁華街を歩いてると、小柄なおっさんが突然後ろから「失礼。変なおじさんです」と声を掛けてきた。

酔っぱらいかと思い無視し掛けたが、男はおれたちの前に素早く回り込み、両手で「ちょっと待って」というジェスチャーをした。
おじさんはアロハシャツを来てて、確かに怪しそうだった。

「二人はどういう関係?」とおじさん。

「職場の同僚ですよ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


おれは素直に答えた。
無視するべきだったのだろうが、おじさんはこちらがつい返事をしてしまうような、絶妙な訊き方をしてきた。

「恋人じゃないんだ。そりゃいい」

おじさんはそういうなり、右手の人差し指をグッと立ててみせた。

「これであんたたちのセックスを撮らせてよ」

「はぁ?」とおれが素っ頓狂な声をあげると、おじさんは予想していたかのように「まあまあ」というジェスチャーをした。

「個人的な趣味だから売るワケじゃないし、流出とかは心配しないで。どう?あんたこの人とセックスしたくないの?」とおっさん。

おれは軽く酔っていた為もあり、つい冗談ぽく「まあ、Aさんとならノーギャラでも歓迎だけど」と答えた。
殴られるかと思いきや、Aさんもまんざらでもなさそうだ。

「聞いた?お姉さん。この人お金いらないんだって。あんた10万総取りよ」

その時おれは、Aさんが家を買うためのお金をコツコツ貯めているという話を思い出した。
10万は魅力なのだろう。

「ぼくね、コンドーム嫌いなんだよね。生カン撮らせてくれたらもう10万出すし」

おっさんの追撃に彼女はグラついていた。
酔狂なおっさんだが、たしかに恋人でもない同僚二人が、金の為にセックスするというシチュは(悪趣味だけど)
なかなかそそられるような気もする。
おっさんは性癖を満たし、Aさんは金欲を満たし、おれはAさんと生カン出来る。
まあ悪くない話だ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ホテルはおれたちに選ばせてくれた。
おっさん指定のホテルだと、おれたちが警戒しちゃうからという話だった。
3人で部屋に入ると、おじさんは部屋の隅のソファを移動し、ベッドの斜め後ろに陣取った。
おれはシャワーしたかったが、おっさんが気に入らない様子だったのでそのままベッドに座り、Aさんとキスをし、サマーセーターの上からAさんの胸を揉んだ。
おっさんは三脚の上にカメラを固定すると、自分は入口の方へ隠れてしまった。
なるべく自然なセックスを撮りたいのだろうと、おれは勝手に納得した。

「本当にいいんですか?」

おれはAさんに訊いた。
Aさんは俯き、何も答えなかった。
返事をさせるのは酷な気もしたので「まあ、適当にやりましょう」と言って、おれはゼンギを開始した。
服の上から胸を揉み、手を入れ、ブラの上から乳首を摘み、服とブラをずらして生パイを揉んだ。
Aさんのおっぱいを揉んでいるんだと思うと、思わず射精しそうだった。
乳首を舐め始めると、彼女は初めて喘ぎ声を漏らした。

「こんな声だっけ?」という感じの、いつもの彼女の声とは印象の違う喘ぎ声だった。

ミニスカートの中に手を入れあそこをさすると、ストッキング越しにも濡れているのが分かるほどだった。
優しく揉んであげると、彼女は異常なくらいに感じまくっていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女はずっと彼氏がいなかったので、数年ぶりのセックスなのかもしれない。
ならばと、おれのサービス精神に火がついた。

パンツを下ろすと、おれはクンニをした。
シャワーしてないのはアレだけど、別に臭くはなかった。
彼女はクンニを初めて3分もしないうちに「イッちゃう、イッちゃう」と叫んでからイッてしまった。
おれはフェラは(シャワーしてないし)遠慮するつもりだったが、彼女は自主的におれの乳首とペニスをペロペロしてくれた。
パンツを下ろした時、おれのペニスはヤバいくらい我慢汁まみれだった。

「嫌じゃないのかな」と思ったけど、Aさんは丁寧にフェラチオをしてくれた。

Aさんはすでにビンビンのペニスを充分に愛撫したあと、「入れて」と言ってきた。

ここで一つ心配なことがあった。
おれはゴムなしのセックスをしたことが生まれてから一度もない。
元来真面目で小心者なので、恋人とのセックスにも必ずゴムを付けていた。

「じつはおれ、生でしたことないんです」と言うと、Aさんは「私も」と答えた。

「うまく外に出せるかな」とおれが言うと、彼女は「大丈夫よ」と言って、おれのほっぺにキスをしてくれた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


おれはAさんを寝かせ、綺麗な両脚の間に自分の腰を割り込ませた。
Aさんはおれの恋人よりも10センチ以上も脚が長いので、膝の位置の違いになんだか新鮮な気がした。

おれはAさんの唾液まみれのペニスをゆっくりとAさんのあそこに押し当て、生でゆっくりと挿入した。
ヌルルっという、ゴム付きとは明らかに違う生々しい挿入の感覚に、おれは思わず驚いた。

正直、入れたと同時に射精しちゃうんじゃないかと心配なくらい、おれの一物はギンギンだった。
(あと我慢汁がすごかったので、避妊も心配だった)

そのせいか、おれの一物はいつもよりも太く・長く・固くなっているように思えた。
ここまで興奮したセックスも経験がないので、なんだか100%の我が子を見るようだった。

その自分でも驚くほどの100%の一物を根本まで入れると、彼女の反応もすさまじかった。

「ああっ、あっあ・・・」と、まだ腰を動かしてないのにピクピクしてて、果たして腰を動かしていいのか不安なほどだった。

それでもゆっくり腰を動かし始めると、彼女はクンニの時とは比にならないような甲高い声でとんでもなく感じ出して、腰を動かし初めて1分くらいでまた「ああ・・・イッちゃう!」と言ってからまたイッてしまった。
久しぶりのセックスだからか、おれが100%の勃起をしているかは分からないが、自分のペニスでここまで女性に感じてもらえたのはおれも初めてだったので、嬉しかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

Aさんは上半身を仰け反り、電流でも流されたみたいにビクッビクッと痙攣しながらイッてしまった。
Aさんの乳首がキュッと収縮しているのが分かる。
おれはAさんの痙攣が収まるのを待ち、ピストンを再開した。
Aさんの膣内は異様に気持ちよく、これが生まれて初めての生セックスだからか、彼女の膣固有のものなのかはこの時分からなかった。

しかしとにかく生は気持ち良かった。
Aさんが挿入後すぐにイッてしまったのも、もしかしたら人生初の生がそれだけ気持ちよかったからなのかもしれない。

こうなるともうオッサンとか関係なく、こちらも行為に夢中になり、サービス精神旺盛に体位を変えながら二人とも貪るようにセックスした。
そしてそれがまずかった。
おれはあまりバックに執着はないのだが、一応バックから入れてみると、Aさんはおれに自分の腕を引っ張らせながら、自ら腰をふり始めた。

じつはおれもずっとイキそうなのにも関わらず、ずっと我慢して騙し騙し腰を振っていたので、Aさんのその腰振りは実にやばかった。
しかもあまり好きでなかったはずのバックスタイルも、生だと気持ち良さが別物で、おれはあれよあれよと言う間に臨界点に達してしまった。

「ちょ・・・待」

完全に抜くのが遅れ、おれはバックで挿入したままイッてしまった。
おれはめちゃめちゃ焦ったが、Aさんはそれでもまだ腰を振っていた。
結合部分から精子がポタポタと垂れ、シーツにシミを作り始めたが、Aさんはおれの一物が萎んで抜けるまで腰を振っていた。
(正直を言えば、Aさんに中出しした時の気持ち良さは今でも忘れられない・・・)

行為が終わるとおじさんは居なくなっていて、報酬の入った封筒が置いてあった。
正直行為のあとにおじさんに会いたくなかったので、おれたちは服を着ると部屋の中はそのままにさっさとホテルを後にした。

その後Aさんとは食事も飲みも行くことはなく、セックスも二度とはしなかった。
(妊娠もしてなかった)

ただし職場での会話は今まで通りで、全てが夢だったようにも思える。

余談だけど、ホテルから出て封筒の中身をあらためると、中には金は入ってなくて、なぜか板チョコが2枚入っていた。
してやられた。
おれは得したけど、彼女は少し可哀想だったかも・・・

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 生でしたことないんです