電車で騒いでたJC達のWフェラ
画像はイメージです
ある日、電車でウトウトしてたら、キャッキャッと煩い集団がいる。
よく見るとJCくらいの4人組。




・煩い“リーダー”らしき女。
・プチ“ブス”。
・派手な感じの田舎“ヤンキー”風(西野カナ風。かなり可愛い)。
・お調子者の地位的には“下っ端”の子(ももクロの玉井風。服装は派手だが黒髪ロング、普段は真面目なんだろう。1番可愛い)。

まとまりのない4人組だが、今流行りのLINEか何かで知り合ったのだろう。
話の内容からするとジャニヲタらしい。

リーダー「ねえ、今度◯◯◯のライブ行くよね?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ブス「チケ取れっかなぁ?」

ヤンキー「お金欲しいなぁ~なんかバイトとかないかなぁ?」

下っ端「あ、自分何とかしますよ」

リーダー「ホントかよ、ぎゃははっっ」

ほんと煩いです。
でもヤンキと下っ端は何か気になる。
2人とも太もも丸出しだし・・・下っ端は胸も・・・。

リーダー「何かあの人(僕)見てるよね?(ヒソヒソ)」

ブス「キモい~」

ヤンキー「キャッキャッ」

下っ端「聞こえちゃいますよ~」

(僕ですか?)

・・・慌てて狸寝入りw

しばらくしてリーダーとブスは降りたらしい。
(神様ありがと!)
あ、ヤンキーも降りた。
(降りないで~)
そして下っ端が残った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

僕もそろそろ降りる駅だ。
帰ったら4人をネタにしてオナニでもしょっと。
・・・と思ったら、下っ端と降りる駅が一緒だった。
太ももとケツでも拝みながら目に焼き付けるか・・・。
(千葉の田舎なんで人がいません)

エレベーターの中、下っ端と2人きり沈黙・・・。
話し掛けても変質者だw

(あれ、帰り道も同じ?)

こりゃ僕、ストーカーに間違われてもおかしくない。
突然、下っ端が振り返った。

下っ端「何ですか?自分の事つけてるんですか!?」

僕「え?なに!?」

下っ端「大声出しますよ!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

僕「違う違う!」

下っ端「じゃ何ですか?」

僕「僕もこっち方向なんです(めちゃ敬語)あわわw」

下っ端「あわわってw、キャッキャッ」

僕「ホント違うんです、あわわw」

奇跡的に打ち解ける!

下っ端「さっきオジさんのこと話してたから、逆ギレされたかと思って・・・」

まだかなり若いですけど僕。

僕「ジャニ好きなんだ?」

下っ端「やっぱ聞いてたんじゃないですかw」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

僕「ごめんなさい↓」

下っ端「めちゃ敬語だしwwウケるwwでも田舎だし全然行けないんですよね~学生だし」

僕「いくつなの?名前は?」

下っ端「麻衣です、13歳です。オジさんは?」

僕「まだ31歳です、◯◯です」

麻衣「意外と若い(失礼な)、でもオジさんだよ~、オジさん、ロリ?」

僕「ロリじゃないよ。でも、ももクロは好きかな」

麻衣「やっぱロリじゃんw」

僕「麻衣ちゃん可愛いし、携帯教えてよ。何か協力出来るかも」

麻衣「いいよ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

(・・・え、いいの?)

ここから先はメール。

麻衣『おっかけしてると貧乏なんだよね』

僕『麻衣ちゃんは今までそういう事した事あるの?』

麻衣『フェラなら何回かある』

僕『あわわw、僕のもフェラしてくれたら協力するよ』

麻衣『恐いから、友達連れてっていい?』

日にち変わって・・・。

麻衣「ひさびさ~」

あ、ヤンキーだ!
西野◯ナ似のヤンキーもいる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ヤンキー「紗季です、こないだの人だwwウチラのことチョー見てた人だよね」

(そんなに見てませんけど・・・)

何だかんだ無駄話しつつラブホへ。
地方は複数でも入れるんだよね。
ドア閉めるなり、麻衣にチュー。

紗季「わ、めちゃチューしてる」

最初はビックリしてた麻衣もだんだん脱力、目はトロ~ンとしてる。
紗季にもチューしてそのままベッドへ。
2人の未熟な身体を楽しんだ後、シーツがビチョビチョになってた。
(2人ともビクビクしてました)

僕「2人で舐めて」

2人に両乳首を舐めさせ、2人のマンコに指入れながらチンコを擦らせる。
ビチョビチョ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


僕「麻衣、紗季、チンコ舐めてくれる?」

麻衣は何回かした事はあるみたいだが、紗季はチンコを見た途端ビックリしてた。

紗季「おっきい!」

麻衣「こうやるんだよ」

しばらく麻衣の未熟なフェラを堪能し、紗季も恐る恐る舐める。
麻衣と紗季の可愛い舌が僕のチンコを・・・。

僕「あ、出そう」

紗季「え、キャッ!」

麻衣「ビックリした!」

気持ちよすぎて2人の髪と顔に思いっきり発射してしまった。
麻衣も紗季も初顔射らしく、紗季は涙目、麻衣はボ~ゼン。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


麻衣「めちゃ出た!オナニーしないの?」

紗季「グスッ・・・」

麻衣は意外と大丈夫そうだったが、紗季は泣きそう。
(泣き顔も可愛い)

麻衣「オジさん写メ撮って」

(え?いいの?)

最近の子は記念に何でも写メるらしい。
精子でドロドロになった顔でピースしながらツーショットw

麻衣「誰にも見せないでね」

紗季を慰めつつ、再び身体を愛撫舐める。
舐められるのは好きらしく可愛い声で喘いでる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

紗季「あ、あぁ・・・!」

イッちゃったみたい、シーツがまたビチョビチョ。
勢いに任せて挿入。

紗季「痛いっ!」

必死にしがみついてる健気な紗季。
キツつくてなかなか動けなかったけど最後は再び顔射した。

僕「全部飲んで」

紗季「何か苦いよ」

麻衣は紗季が飲んでる姿をボーゼンと見てました。
その麻衣に愛撫、舐める。

麻衣「あ~、オシッコ出ちゃう!」

麻衣お漏らししちゃいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


麻衣「恥ずかしい」

僕「大丈夫だよ」

全部舐めてあげました。

僕「入れていい?」

麻衣「え、イヤ」

僕「紗季ちゃんは入れたのに、麻衣ちゃんは入れないの?紗季ちゃん頑張ったのに、不公平になっちゃうよ」

麻衣「・・・分かりました、大丈夫です」

紗季ちゃんは安心したのか隣で寝てるw

麻衣「い、痛い」

紗季ちゃん以上に麻衣ちゃんのマンコはキツくなかなか入らない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しばらくしてようやく半分くらいまで挿入。

麻衣「早く出して、痛いよ」

麻衣ちゃんの未熟なマンコ気持ちいい。

僕「出る、顔に出すよ」

麻衣「はい」

麻衣ちゃんの顔に顔射、ついでに隣で寝てる紗季ちゃんにも再び顔射。
今度は紗季ちゃんボーゼン。

紗季「寝てたのに」

僕「2人で綺麗して」

2人でチンコをお掃除させてお互いの顔に付いた精子を舐め取らせ・・・。

僕「半分ずつ飲んで」

紗季はゴックン、麻衣はケホケホ。
仕方ないんで紗季に口移しさせて紗季にゴックンさせました。
(紗季は精子にあまり抵抗ないみたい)

紗季「麻衣、オシッコしたべ?」

麻衣は顔真っ赤。
最後はまたフェラさせて顔射しました。
麻衣と紗季は今も定期的に会ってます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 電車で騒いでたJC達のWフェラ

中出しの味を覚えた中国人メンズエステ嬢
画像はイメージです
職場と家の途中の駅に新しく『メンズエステ』なる店がOPENした。
噂によると中身はヘルスだという。
というわけで、早速行ってみた。

Mという中国人がついた。

顔は並だが、スレンダーなボディな割に大き目の形のいいバスト。
それになんと言っても、肌の気持ちよさ。
きめが細かくて手触り最高でした。
その日は普通にヘルス的なことで終わり、なんだか気に入られたみたいで、生ごっくんしてくれた。

次に行った時も当然Mちゃん指名。
前回はエステの看板を上げているためか、マッサージの時間(はっきり言って不要)があったが、2回目からは時間いっぱい貪り合いました。

で、3回目。
いつも通り個室に入るなりキスをし、もどかしく服を脱がせて全身愛撫すると、いつの間にか我が息子にゴムが・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ギチギチになった息子をMは勝手にバックで自分の中に挿入。
そのまま対面座位に持ち込むと必死に声を堪えている様子。

「俺の肩噛んでもいいよ」と言うと、顔と言わず胸と言わずキスをしてくるM。

愛らしくてより深く挿入し、子宮を直接責めると本当に肩を噛みながらイッてしまいました。
痛かった(笑)

もうこうなると行くと必ずセックス。
4回目、散々お互いの身体を貪ってからMが、「今日はゴムがない・・・どうする?」と片言の日本語で尋ねてくる。
やめられますかってーの!
そのまま生で挿入。
いつもに増してヒダヒダが絡まりついて気持ちいい!
一通り体位を試した後、最後は一番深く刺さる対面座位へ。
両脚を広げさせ、自分の中に我が息子が進入していく様を見せ、そのまま彼女の体を持ち上げで、ずどんと落とす・・・。
直に来た子宮への刺激で軽く達したみたい。
声を必死で抑えながら・・・。

「もっとぉ、もっとぉ~」

だいぶ日本語も上手になったね。

「中に出すよ」という日本語は通じなかったみたいだけど(笑)

そのままの体勢でぐりぐり動かすと彼女もまた達しそうな様子。

Mは、「あふん・・・あん・・・あんああん!あ~!」と、声にならない声をあげ昇天。

私も同時に彼女の一番奥で発射!
我に返った彼女、ちょっとビックリしていたけど大丈夫な日だったようでOK。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


(・・・ほっ)

彼女の中から出てくる我が分身たちを見ながらまたお互いの身体を弄りあう。
Mは私の息子を丹念にお掃除フェラ・・・。
ところが盛り上がったところで時間終了。
彼女も物足りない様子で携帯の番号を交換し、店がはけた後、外で会うことに・・・。

数時間後、電話があり、初デートの待ち合わせを決める。
中国から来たくせに中華料理店に行ったことがないと言うので、中国料理店で食事。
やたら感動している彼女を見て、むらむらと燃えてくる性欲・・・。
食事の後は速攻でラブホへ。
春先だったので、まだ上着の欲しい気候。

ホテルの部屋に入るなり、お互いの顔がベトベトになるほどキスを交わす。
服は入り口からベッドまで点々と脱ぎ散らかされて、ベッドの上では完全全裸。
いきなり挿入。
だが彼女のアソコもすでに洪水状態だったので、最初のストロークから“ぐじゅぐじゅ”といやらしい音が部屋に広がる。

「あの後、何人とセックスしたんだ?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


意地悪く聞いてみると、一瞬真顔になって、「私、誰とでもしない!」と少しご立腹。

「ごめんね」

そう言いながらおっぱいを揉みながら、息子の先から根元までをゆ~っくりストローク。
Mは息を弾ませながら、「いい~ん!◎▽#?~」と日本語と中国語を取り混ぜて、店で声が出せなかった分を取り戻すかのように、大声で喘ぐ。
彼女の肌がピンクになって、膣内も我が息子を奥へ奥へと引き込むように絡んできて、もうそろそろ限界。

「また中で出すぞ!」

Mは大きく頷き、「ちょうだいっ!」と叫ぶ。
本日2発目を彼女の奥深くで発射!

「ヴ~・・・」と言いながら、目を白目にしてM失神。

その日はお泊りにして、朝までMの中に後2発。
3発目からはMの愛液と、私のザーメンが交じり合って泡立ちながら垂れる垂れる・・・。

その後も店に行く度、Mとのセックス。
売上には協力しないとね。
主には店外で会ってはセックス。
彼女の部屋にも行った。
月の半数はMとセックスしていた。
Mのヌード&ハメ撮り写真も結構撮った。
Mも中出しの感覚を覚えてしまい、ほぼ毎回中出し・・・。
時々精液の味を忘れさせないために、顔射&口内射精で飲精。
Mも、もうそれが普通だと覚えてしまったようで、お掃除フェラも教え込んだ。
今から考えれば、よく妊娠しなかったもんだ。

そんな日が2ヶ月近く続いたか。
彼女が突然、「中国に帰る」と言い出した。
聞くとワーキングホリデービザで来ていたようで期限が切れるらしい。
帰国すると結婚するそうだ。
帰国する日、彼女を空港まで送ってやった。

未だにあの肌触りと、仕込むたびにうまくなるフェラ、うねる膣の感触を思い出すことがある。
もしかしたら出稼ぎでまた来ているかもしれないが、もう二度と会うことはないだろう。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 中出しの味を覚えた中国人メンズエステ嬢

高1女子のフェラに翻弄された
画像はイメージです
4年前だが、塾講師のバイトをしている時に生徒にフェラ抜きされた。

<スペック>
俺:大学2年、170cm/80kg、彼女いない暦=年齢、ややオタ。
相手:高1、150cmくらい、色白、セミロング黒髪、真面目系、大場はるかにちょい似てると最近思ったので、名前は『はるか』としとく。


最初は俺が大学1年の時に塾で出会った。
中学生の時は多少可愛いと思ってたが、まだまだガキっぽくて欲情しないタイプ。
それが高校生になって一変。
スカートが短くなり、胸は肌蹴て、顔が突然色っぽく見えるようになった。
脳内で可愛い子ランキングをつけてたが、この子がダントツ1位。
でも童貞の俺はエロ視線を送って妄想するだけだった。

ある日、制服のはるかと出会った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

はるか「先生って、いつもはるかのことエッチな目で見てるでしょ?」

図星だったので反論出来ないでいると、「口ならいいよ?」と簡単に言ってくる。
何も考えられずに即OK。

ホテルは行ったことがなかったが、はるかがいつも行っていると言うホテルがあり、そこへIN。
お風呂のお湯が溜まるまで談笑タイム。
中学1年に初体験し、それからフェラ援助していること。
今は彼氏が居ないことがわかった。
この時点でかなり勃起していることを伝えると、「もう大きくなってるの?」と笑われた。

しばらくしてお風呂が溜まり、一緒にお風呂に入ることを提案してOKとなった。
はるかはロリ体型で胸はあまり無いように思えた。
まずは2人で浴槽に浸かり、浴槽でチンポを触ってもらう。
勃起しても皮が被っていて、「皮多いねー」と笑われた。

ボディソープでも洗って貰いフル勃起。

次にフェラ。
今まで未経験の感触で3分もたずに発射しそうになり、やめてもらう。

「早すぎ」と馬鹿にされるも、「はるかちゃんが上手すぎるんだよ」と言っておく。

この後は、はるかのロリ体型を堪能し、風呂から上がる。
上がった後は制服をリクエストし、フェラをしてもらう。

「やっぱり普段からこんなこと考えてたんでしょー」と笑われるも、フェラをしてくれる。

制服を着ていると全裸以上に興奮し、すぐに限界がくる。

「出るよっ」と言い、射精準備に入るとはるかは今まで以上に吸い付いてくる。
口で全部吸い取ってくれ、精子をティッシュに出していた。

「やっぱり早すぎるよね?」と馬鹿にされるが、初フェラで反論どころではなかった。

「まだ終わらないよね?」とお掃除フェラ。

当然すぐにフル勃起。
こっちの話も聞かずに、まだまだしゃぶってくる。
気持ちよすぎて喘いでいるのを上目遣いで見ながらだんだん激しくしてくる。
2回目なので1回目よりは長持ちしたが、すぐに発射してしまった。

「気持ちよかった?」と笑いながら聞いてくる。

連続でイカされてしまい、返事をする状態ではなかった。

はるかのフェラを見ると限界だと思っても勃起してしまう。
はるかは俺を勃起させて手コキをして面白がるを繰り返し、何度も射精させられた。
さすがに何回もチンポで遊ばれて限界になり休憩時間は終了した。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 高1女子のフェラに翻弄された

ヤンキーの彼女が先輩とトイレで
画像はイメージです
僕は学生で彼女がいます。
彼女が出来たのは初めてです。
でも彼女の方は何人か付き合った事があるみたいです。

彼女はヤンキーです。

でも可愛い系の顔です。
胸がGカップもあるのに何故かブラをしません。
ポリシーだと言っています。
いつもジャージかトレーナーを着ていて、「ミニスカートを穿いて欲しい」と言ったら怒ります。

二人でデートをする事はあまりなくて、いつも友達と一緒です。
エッチをする事はあるんですが、僕が童貞だったせいか彼女は全然感じていません。
挿入して一生懸命腰を振っているのに、友達から電話があると普通に電話に出ます。
ひどい時は挿入してるのにメールをしながらタバコを吸っている時もあります。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

僕が「エッチしてるのにおかしくないか?」と聞くと、「普通っしょ」と言うだけです。

デートしてる時に彼女の先輩が来る時があります。
公園とかで話してると、そこは溜まり場になってるので、色んな人が来ます。
その中で浜中先輩と錦野先輩という男の人達がいます。

彼女はこの先輩達に絶大な信頼をおいていて、口癖のように「浜中先輩の頼みなら断れねーっす」「錦野先輩には世話になってんで」とこの二人に関わる事を最優先します。

世話になってるとか言ってるんですけど、具体的に話を聞くと、死にそうに腹が減ってる時にカップラーメンをおごってもらったとか、原付きをちょっと倒して傷つけたのに許してくれたとか、そのぐらいの事です。
僕はその二人と昔付き合ってたのかと疑った事がありましたけど、「はぁ?あたしレベルで付き合えるわけねーだろ!」と言っていました。
かなり崇拝してるようでした。

でも、彼女と先輩達の関係はいつも納得いきません。
この前も公園で二人でいると、浜中先輩が仲間と5人で来ました。
彼女は先輩を見つけるとすぐに「ちゃーす」と近くに行きます。

僕との関係の事は先輩も知ってるんですけど、別に気にしてないようです。
僕は一人になると、他の先輩の2、3人に弄られながら話をしています。
最初は「彼女とどんなエッチしてるのか」とか良く聞かれました。
毎回同じような話しかしてません。

ふと彼女を見ると、浜中先輩は彼女のお尻を揉んでいたりします。
そしてじゃれてる感じで彼女のジャージに手を突っ込んでGカップの胸を揉んでいる時もあります。

「相変わらずデケーな。俺のパイオツ」と下品に笑っていました。

相変わらずってどう言う事なんでしょうか?

そして遠くから僕に向かって、「お前も揉むんじゃねーぞ」と笑いながら言ってきます。
僕は恐いので笑って誤魔化しています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そしてチラチラ彼女を気にして見てると、じゃれてる感じで、先輩に立ちバック姿で挿入してるフリをされて腰を振られていました。
獣のような男です。
彼女は恥ずかしいそうですけど、抵抗はしないで笑っていました。

その日も帰りに「あれは何だよ」と聞くと、「ギャグだろ?いちいち聞くなよ、普通だろあんなの。世話になってんだからよー」と言い返されます。
常識がわかりません。

でももっとひどいのは錦野先輩です。

錦野先輩は僕に「タバコを買って来い」と言いました。
そしてタバコを買ってくると、公園の便所から彼女と錦野さんが二人で出てきました。
彼女は金髪を後ろで一つに縛っていたんですが、便所から出て来た時には耳の周りの毛がほつれていました。
そして逆立ちでもしてたような赤い顔をしていました。
僕は絶対怪しいと思って二人を注意して見ていました。

僕が他の先輩と話をしてると、また二人が便所の方へ行きました。
僕は足が震えてきました。
恐いけど僕もトイレに行くフリをして追い掛けました。
二人なのに女子トイレに入っていきました。
もう呼吸が苦しくなってきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


僕はバレないように後から用具室みたいな所に入りました。
二人は気付いていません。

先輩「最近猿ってんな俺」

彼女「いいっすよ先輩ならいつでも、てかあたしでいんですか?」

先輩「お前の玉舐めマジでやべーよ、2発目だぜ」

彼女「あーざっす、嬉しいっす」

ジュボッ、ジュボッ、うぐっ、んっ、んっ、グビュッ、ジュボッ、ハァハァ・・・。

先輩「あー、マジいいわこれ、裏も舐めろ、あ、おーそれそれ、やっべビンビン」

彼女「んっ、んっ、ひゃばいっす、ふぇかいっす」

先輩「もう入れちまうか?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女「はいっ、全然いいっす」

先輩「じゃケツ出せ」

彼女「こっちでいいっすか?」

先輩「あーそうそう、あっ、なんだよおめー、はえーな、ヌルヌルじゃねーかよ」

彼女「はい、あっ、先輩のフェラってるだけでやばいんで・・・」

先輩「うわっ、きちーなおめーのマンコ」

彼女「うはぁっ、あっ、やばいっす、ハァハァ、でっかいっす、あああ、ハァハァ」

先輩「おめーあいつと毎日やってんだろ?なんでこんなきちーんだよ」

彼女「毎日はやってねっす。てか、あいつ短小早漏なんすよ」

先輩「マジで、きもちくねーの?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女「ヤバいっすよ、先輩の指の方が全然っすよ、あっ、ああ、やばっ、ああああ、でかいっすよマジで」

先輩「うわっ、おめーもう本気汁ってんじゃん。くせーぞ、メスくせーよ」

彼女「すんません、ああっ、やばいっす、あああああ、あっ、あっ、マジでヤバいっす、ああああ、ちょっ、先輩マジでこのままだとヤバいっす」

先輩「マジで?早くね?いいよイケよおらぁ」

彼女「いいっすか?すんません。ハァハァ、やばっ、ああああ、ああああ、自分ハァハァ、ああ、便所のくせして、ああああ、先き、先に、ああああ、イカせていただきます、ああああ、やぁあぁああああ、イッ、うはぁああああ、クッううううう、ああああああ」

彼女は凄い声を出していました。
外にいても聞こえていたと思います。
便所のくせして『イカせていただきます』って何なのか意味が分りません。
僕の存在は何なのですか?

でも彼女がこんなに大きな声を出してエッチできるなんて知りませんでした。

先輩「きったね、ションベン漏らすなよ」

彼女「ハァハァ、あっ、ハァハァ、もうしわけないっす、ハァハァ、あとで、ハァハァ、洗わせて下さい」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


先輩「まぁいいや、俺も出すわ。中出すぞ」

彼女「ハァハァ、あっ、はい、どうぞ」

先輩「出来てもしらねーぞ」

彼女「ハァハァ、はいっ、だいじょぶっす、自分でなんとかすんで、ハァハァ、先輩の好きにして下さい」

先輩「じゃあイクぞ、精子ぶっかけんぞ」

彼女「ああああ、はいいいい、ああああ、うぐううううう、あああああ」

パァンパァンパァンパァン!

先輩「ああああ、出る、ぶっかけんぞ、出るぞおおおお、ああああああ、あああああ」

彼女「あああああ、ヤバっ、あああ、またヤバっ、あああああ、イクっ、あああああああ、ひいいい、いぐうううううう」

壮絶な声が響き渡っていました。
たぶん近くで遊んでいた親子にも聞こえていたと思います。
もう僕は体が震えてその場から動けませんでした。

その後は先輩が彼女に掃除フェラをさせてさっさと先に出て行きました。
彼女もしばらくして出ていったんですが、僕はその場から動けなくて、1時間はそこにいました。
そして外に出ると皆居なくなっていて、彼女も居ませんでした。

その日夜に彼女から電話があって、「てめっ、何やってんだよ」と怒鳴られました。
僕は泣きながら今日の事を話すと、最初は彼女も気まずそうにしていたんですが、すぐに逆切れして・・・。

「錦野先輩なんだからマジしょーがねーだろーが、世話になってんだから体貸すなんて普通だろーが」と無茶苦茶な事を言われました。

でも結局僕は彼女とは別れられなくて、そのまま付き合っています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 ヤンキーの彼女が先輩とトイレで

アパートの隣人は痴女の保険外交員
画像はイメージです
この話は、私が大学へ入学した時の話です。

大学へ入学が決まり一人暮らしをする事となり、アパートを探していました。
決めた所は、大学からは少し遠かったのですが、家賃が安く周りが静かだった事もあり、そこに決めました。

引っ越しも済ませ、一息ついてから同じ階の住人へ挨拶をするべく一軒一軒回りました。
私が住んでいたアパートは2階建ての1階で一番奥でした。

順番に挨拶を交わし、最後に私の隣の部屋に伺いました。

「こんにちは、今度隣へ引っ越してきた北村和也と申します」

「こんにちは。学生さん?」

出て来たのは普通のおばさんでした。
化粧っ気のない、どこにでも居るおばさん。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

体型もおばさん体型。

「はい。◯◯大学です」

「あら、そうなの。頑張ってね。私、坂口香代子って言うの」

「色々とご迷惑をおかけするかも知れませんが、宜しくお願いします」

「こちらこそ。一人暮らしだと、何かと大変だから、困った事があったら遠慮なく言ってね」

「あっ、はい。ありがとうございます」

こんな感じで一通り挨拶を済ませ、大学生活がスタートしました。

当時は車を所有していなかったので、大学へは自転車で通っていました。
大学生活にも少しずつ慣れ、一人暮らしの大変さを痛感し始めた時でした。
ピンポーンとチャイムが鳴ったので、覗き窓から確認すると隣の坂口さんでした。

「こんにちは。どうかされました?」

私が尋ねると、坂口さんはこう言いました。

「北村君って保険とか入ってない?」

そう、坂口さんは保険の外交員でした。

正直保険には興味が無く、鬱陶しかったんですが、隣の方に失礼な態度を取るわけにもいかず、話を聞く事に。
向こうの方が話は格段に上なので、いつの間にか私の部屋へと上がっていました。

「随分綺麗にしてるわねぇ。彼女が掃除にでも来てくれるの?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「あ~彼女は居ないです。それよりも、話の方なんですけど・・・」

話を聞くだけ聞いて、早く帰ってもらいたかったんです。

「この保険はね~」

いくつかの保険を説明する坂口さん。
適当に相槌を打ってたんですが、いい加減疲れてきた・・・。

「あの~こんなに長い時間話をしてて大丈夫なんですか?夕食の準備とかお子さんの事とか・・・」

私がそう言うと・・・。

「あら(笑)ウチは大丈夫なのよ。主人はほとんど出張だし、私達には子供は居ないのよ」

一向に帰る気配がない・・・。
まぁ、その日は一旦帰る事になり、解放されました。

何故だかとても疲れて、知らない内に寝ていたんです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

夜中にふとした声に気づき、目が覚めました。
はっきりとは聞き取れなかったんですが、どうも隣の坂口さんの部屋から聞こえてくる。
まぁ、そのまま気にも留めずに再び寝ました。

それから一週間経った頃でしょうか、再び坂口さんが私の部屋を訪れました。
今度こそは部屋へ上がる事を阻止しようと、予めチェーンロックをかけました。

「こんにちは。今日はどうされたんですか?」

「この間ね、北村君の部屋に上がった時に落し物したみたいなの・・・」

「あぁそうなんですか。探しますから、どんな物か言ってください」

「このイヤリングなんだけどね、片方ないのよ」

「分かりました。少し待ってくださいね」

そう言って、一旦ドアを閉めて探しましたが、見つかりません。

「あの~やっぱりないですね。ベッドの下も探したんですけど、見当たりません」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「ん~そうかぁ・・・ありがとうね。ごめんなさいね、急に押しかけて」

・・・と、あっさり帰りました。
んで、その日は何もなく、またいつの間にか寝てました。

またまた変な声が聞こえてきたので、目が覚めたんですが、ちょっと気になり耳を澄ませました。
しかし、微妙に聞き取りにくく、何を言ってるのか分かりません。
まあ、そこまでうるさくもなかったので、また寝ました。

次の日の夕方、再び坂口さんが私の部屋を訪れました。
不覚にもチェーンロックを忘れていたので、少しだけ開けて話をしたんですが、あっさり突破されちゃいました。

「昨日はごめんね~、あの後出てきたのよ。イヤリング」

「あ~そうでしたか。良かったですね。んで今日は何の用ですか?」

「ああそうね。この間の保険なんだけど・・・どう?考えてくれた?」

ほら来た・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

薄々気づいていたんですが、やっぱり保険の話かよ。

正直保険に入る気なんて無かったので、断る事に。

流石に断られる事なんて当たり前の外交員のおばさん。
こんなのもあるよ~とばかりに鞄から何やら取り出してきたんですが、その時に初めて気がついたんです!

このおばさん、スカートが短すぎ!

少しですがパンツが見えたんです。
それに香水の匂いがちょっとキツイ・・・。
化粧も明らかに濃いし、水商売かよ!って突っ込みたくなりましたよ(笑)

保険の外交員がやたらと露出が強い服装なのは知っていたんですが、目の前でそんな服装を・・・テンション下がりました(笑)
ただでさえ良い印象が無いのに、少し不快に思っていたんです。

「この保険はね~」とお構いなしに話を進めるおばさん。

今度は、前のめりになって胸を強調してきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しかも結構デカいし・・・。
いや・・・メチャデカい!

このおばさん、色仕掛けで加入させようとしてる。

目のやり場に困っていたのがバレたみたいで・・・。

「あら、ごめんなさいね~そんなつもりは無いんだけどねぇ」

私のおっぱい大きいでしょ?とでも言わんばかりにそう言いました。

「いや・・・大丈夫です」

そう言い返すと、坂口さんがいきなり・・・。

「触ってみる?いいのよ、保険の加入とは関係ないから」

「いや結構です!」

「いいからいいから、北村君だから言ってるの」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


半ば強引に私の手を取り、自分の胸へ触らせました。
正直、服の上からなので感触も何も無いんですよね。

「あ~我慢できなくなってきちゃった」

徐々に私の手を服の中に入れ、生のおっぱいを触らせる坂口のおばさん。

「ちょっ!それは勘弁してください!」

私も必死に抵抗したんですが、妙に力が強く、離してくれません。
しかし、歳のわりには適度に張りがあり柔らかかった。
不覚にも、おっぱいを触った事に対して興奮しちゃったんです。

「ねぇ~保険の事なんかどうでもいいからさぁ・・・Hしよぉ~」

「いや・・・それはちょっと。本当にごめんなさい」

「えぇ~北村君のオチンチンこんなになってるよ(笑)」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

いつの間にか勃起してたんです。
と同時に私が穿いていたハーフパンツを下ろし、パンツの上から硬くなったオチンチンを触る坂口のおばさん。

「誰にも言わないし~気持ち良くしてあげるね~」

パンツを下ろし、オチンチンを頬張るこのおばさん。
ジュポジュポと音を立て、舌を這いずりまわして一気に責めたてられイキそうに・・・。

「あっ坂口さん・・・ちょっとヤバいです」

「んん~いいのよぉ~気持ちいいんでしょぉ。イっていいよぉ。私って精子好きなのよぉ・・・ちょうだい!」

さっきよりも更に激しさを増すフェラ!

「うっ!うっ!」

坂口のおばさんの口の中へ・・イっちゃいました。

「ん~ん~しゅご~い!ンふぅぅぅまだゃ出てる!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

なかなか離してくれなかった。
ようやく離したと思ったら、私に口の中を見せて精子を飲み込む坂口のおばさん。

「綺麗にしてあげるね~」

・・・と綺麗にするというか、もう一度立たせようとしてきたんです。

「イヤっもう無理ですから!坂口さん勘弁してください」

坂口のおばさんの肩を押したんですが、私の太ももを掴んで離そうとしない・・・。
そうこうしてるうちに、再び大きくなる私の息子。
もう、どうにでもなれと開き直り、マグロ状態に。
しかし、このおばさんのフェラは上手かった。

「ねぇ~今度は私のも触ってぇ」

態勢を入れ替え69状態に。
年甲斐もなくガーターベルトにTバックのパンツ。
パンツからはみ出したお尻の肉が妙にエロかった(笑)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ヤケクソ気味に、お尻を触り、パンツの上からオマンコを指で触っていると・・・。

「あぁぁ~ん!ねぇパンツの上からはイやァン」

自分からパンツをずらし、求めてきました。

仕方なく指で生マンコを触り、指で掻き回しグチュグチュとイヤらしい音を立てるおばさんのマンコ。
不思議と嫌な匂いもしなかったので、私もいつの間にか坂口のおばさんのマンコを舐めていました。

一心不乱にお互いのオチンチンとオマンコを舐めてる姿・・・。

今度は坂口のおばさんは自分の大きなおっぱいを使いパイズリで責める!
自分の唾液をこれでもか!と垂らし、卑猥な音を立てるパイズリ。

一方、私は坂口のおばさんのマンコを指で広げ、舌でクリトリスを刺激したり、肉厚のマンコに吸いついたり、やりたい放題でした。
吸いつく度に小刻みに身体を震わせる坂口のおばさん。
パイズリを止め、自ら自分のマンコを広げ挿れて欲しいと言わんばかりの体勢を取るこのおばさん。

「ねぇ北村君のオチンチン欲しいのぉ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「いやぁゴムが無いんですよ・・・ちょっとそれはマズイですよ」

「いいの!私子供が出来にくい体質なの!我慢できないの!早く欲しいの!」

声を荒げて求めてきました。

「こんな事で保険の加入とか無しですよ。本当に」

「そんな事はいいから早く挿れて!早く!」

もうどうにでもなれと坂口のおばさんのマンコへ思いっきり挿れました。

「アンッアンッアッアッ・・・だめぇ~だめぇ~」

「何がダメ何ですか?気持ち良くないんですか?僕はめちゃくちゃ気持ち良いです!」

「だめぇ!イキそう!イキそう!ヒャァァァ!イクゥゥゥゥ」

挿れてまだ間もないのに坂口のおばさんは呆気なくイってしまった・・・。
私はまだまだ大丈夫だったので、構わず腰を振り続けました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


坂口のおばさんは、よだれを垂らし、白目を剥きながら何度も絶頂を迎え、最後の方は言葉になってなく、ただ叫んでいただけ。
子供が出来にくい体質という言葉を思い出し、ダメもとで坂口のおばさんに問いかけました。

「坂口さん・・・中でイってもいいですか?僕もうイキそうなんです」

「にゃかでだしちぇ・・・にゃかでだしてぇいいにょぉ」

「本当にいいんですか?じゃあイキますよ!あぁぁぁぁ!あっ!」

人生初の中出しを体験しました。
ドクドクと精子が坂口のおばさんのマンコへ流れる感覚。
今までにない気持ち良さでした。

しかし、ふと我に返って自分がとんでもない事をしたと気づき、うなだれていたんですが、坂口のおばさんは満足げな表情を浮かべていました。

「久しぶりにSEXしちゃった。やっぱり若い子はいいわね。旦那となんて何年もしてないから・・・旦那が居ない時は貴方の事を思い浮かべてオナニーしてたのよ(笑)」

「いやぁ・・・その・・・中に出しちゃったから・・・すいません」

「いいのよ。この事と保険の話は別よ。もう一度できる?」

「え?今からですか?」

・・・と、まさかの三回目。
今度は中出しではなく口の中へ出し、飲んでもらいました。
喉を通る感覚が好きなようで、飲む事に抵抗が無かったんです。

ご主人さんに悪いなぁと思いつつ、最初は好感の持てなかった坂口のおばさんでしたが、その後はご主人さんが出張の度にSEXをしました。
私が大学を卒業するまでの間、かなりの回数を重ねたと思います。
最初はノーマルだったSEXも軽いSMやコスプレなどにも挑戦し、場所もホテルだけでは飽き足らず、公衆トイレや映画館の中とか、とにかく二人で楽しんでいました。

ちなみに今は私も結婚し子供も居ますが、度々坂口のおばさんと会い、今でもSEXを楽しんでいます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 アパートの隣人は痴女の保険外交員

妻と不妊治療に行った時の出来事
画像はイメージです
妻と不妊治療に行ったときのこと・・・。

「◯◯さん、これに精液とってください」と筒状のプラスチック容器を渡されました。

トイレへ行きましたが、緊張と雰囲気でとれません。

「すいません、緊張しちゃって・・・」

30歳過ぎの体格のいい美人看護婦が、

「困ったわね~、とれるといいんだけど。こちらへ、どうぞ~」

そこは外来の隅のほうにありました。
長いすがあり、カーテンで覆われてます。
そこは、静かです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「いすに座って、パンツ脱いでください」

ズボン・パンツを膝まで下ろします。
その時です、私は自分の目を疑いました。
看護婦は私に近づき、白衣の前のホックを外し前を開きました。
大きな真っ白いブラジャーをしています。
そして背中に手を回しブラホックを外しました。
ブラジャーを上にずらします。

「すげ~」

90センチはあるでしょう、見事な巨乳が現れました。
小声でいいます。

「さわっていいのよ」

「ほんとにいいんですか」
「ええ、いいわよ~」

元気のなかった息子がむくむくと起きてきました。
容器をあてます。
看護婦が息子をしごきます。
シュッ、シュッ、シュッ・・・。

「うっ」

・・・。

「とれたわ~、よかった」

「すいませんでした」
「ううん、いいのよ~」

看護婦はおっぱいをしまいました。
精液を検査室に持っていきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 妻と不妊治療に行った時の出来事

あまりの可愛さに僕は思わず
画像はイメージです
遊び仲間の亜季と二人きりで遊びにいった帰りに・・・。
電車の中でフェラしてもらいました。

その日はあと二人来るはずがキャンセルになり、二人で遊びに行くことになりました。
行き先は東京の遊園地。

亜季は「中止する?」と言う僕に「せっかく来たんだから楽しもうよ」と、どんどん先を行きます。

亜季は性格も明るく、いつも元気で可愛く、仲間うちでも人気があり、僕もいい子だなと思ってました。
一日中遊び回り、居酒屋で食事して、夜の10時位に駅に着き、電車の時刻表を見ていると、地元駅に止る特急電車がありました。

料金は高いけどそれに乗ることにします。
休日だからか車両はガラガラ状態。
新幹線のように進行方向に向かって座席があり僕たちは1両目の1番前に座りました。

発車時間を待つ間、二人で遊園地での出来事などを振り返って話をしていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

酒が入っていることもあり、僕が少しHな話を振ると、亜季も話に乗ってきました。

「お化け屋敷で、抱き付かれた時さ、思わず反応しちゃったよ」

「アハハハハ、やらしー」

「だって意外とデカいんだもん」

「あぁー何それ、ムカつくー」

「アハハハハ、ごめんごめん」

「まったくぅー」

その時亜季が、「あれー?もしかして・・・今も?」と、僕の股間を見ながら言いました。

えっ!?と思い自分の股間を見ると・・・いつの間にか半勃起してます。
でも僕は「いや、これはまだ普通だよ」と、誤魔化すと、「ウソだー」と指でツンツンしてきました。

つっ突かれて完全に勃起してしまった僕ですがやめて欲しくなかったので、わざと「やめろよ~」と言います。
すると亜季は「やーだよー」と面白がり、つっ突いてきます。

電車も走りだし、回りには誰もいない状況。
ノリのいい亜季・・・何となく(もしかしたら・・・?)と思い始めた僕は思い切って「亜季触ってよ?」と切り出してみました。

亜季は一瞬、えっ!?という表情したが、すぐに「バーカ」「へんたーい」と言いだします。

「やっぱだめかー」

「何言ってんの、まったく」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


と言った時、亜季がいきなり

「そうだ、ここで丸出しにしたら触ったげる」

「まっ・・丸出し??」

「そう丸出しっ!アッハハハハッ」

どうやら出来っこないと思っているようです。

でも僕は触って欲しかったので、後先考えずにベルトを緩め一気に太もものあたりまでズボンを下げました。
唖然とする亜季・・

「約束だよ」

「・・・」

「言ったよね?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「・・・」

固まっている亜季の肩に手を回し自分の方に引き寄せ耳元でもう一度「いいよね?」と言うと・・・「う・・うん」ゆっくり亜季の手が僕のペニスに触れてきます。
(亜季は僕の左側に座っていて、僕が彼女の肩を抱き寄せるような体勢になっています)

「・・なんか熱っつい・・・(小声)」

「動かしてくれる?」

「・・うん(小声)」

亜季の白くて細い指がゆっくりと僕のペニスをしごき始めます。
すでにビンビンで先端から透明な液も流れ出しているペニスを亜季がしごいています。

「・・・これでいい?」

「うん、すごく気持ちいいよ」

クチュクチュといやらしい音が響きます。
快感がペニスを包みこみ、気持ち良さにひたっていると亜季の息遣いもだんだんと荒くなってきているのに気付きました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


僕は亜季の肩を抱いている手をそっと脇の下に移動させ、指先で乳房の端の方に触れてみました。
亜季はしごくのに夢中らしく、全く気付きません。

僕が完全に胸を手で掴みモミ始めた時、亜季の手の動きが止まりました。
(一瞬、ヤバいと思ったが)僕が当たり前のように胸をモミ続けると、少したってから亜季もまたペニスをしごき始めました。

胸を揉んでも大丈夫だとわかった僕はもう止まりません。
遠慮なしにシャツの裾から手を入れ、ブラをずらし直に乳房を揉みしだきます。

「アッ・・ウン・・・ハッ」

僕の手の動きに合わせて、亜季の喘ぎ声もだんだん大きくなってきます。

「ダメ・・・アッ・・・チョット・・・ンッ」

乳首を攻め始めると、喘ぎながらだんだん亜季の頭が僕の胸の方にもたれ掛かってきます。
(このまま頭が下がってきたら・・・)一気に乳首を攻めたてる僕。
喘ぎながら下がる頭。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ついに亜季の息遣いがペニスに感じるところまで、下がってきました。
僕は頭を撫でるフリをしながら亜季の頭が上がらないようにし、執拗に乳首を攻め続けます。
(頼む咥えてくれ)そしてついに・・・その瞬間が。

「アッ・・・ンッ・・・ハッ・・・ハッ・・・ンッ・ウン・・ダメッ・・グッ・ンハッ・・ヤッ・・・チュッ・・・チュパッ・・・ン・・・チュルッ・・・チュッッ・・ンッ・・チュルッ・・・チュパッ・・」

!!!!!
亀頭に生暖かい生き物が這い回るような感触と、とろけるような快感が走ります。
(亜季が僕のペニスを咥えてる)目まぐるしい興奮と快感で今にも射精しそうです。

「ペチャ・・・クチャ・・・ンハッ・・・ペロッ・・・チュ・・・ンッ・・・ングッ・・・ペチャ・・・チュッ・・・ジュルッ・・・ンポッ・・・チュパッ・・・・・・ジュポッ・・・ジュポッ・・・ジュポッ・・・ジュポッ・・・ジュポッ・・・ジュポッ・・・」

僕の股間で上下する亜季の頭を見ていると・・・もうダメです。
イキそうです。

「亜季・・・イクよ・・出すよ」

「ふぇえふぉ(いいよ)」

その瞬間、弾けるようにペニスから勢いよく精子が射精されました。
(ビュルッ・ドクッ・ドクッ・・・んんっ・・・ドクッ・ドクッ・ドクッ・・・んっ・・・ドクッ・ドクッ・ドクッ・・・・)

僕の今までの人生で一番長い射精でした。
精子を口で受け止める時の亜季の「んんっ」と言う声にならない声がより興奮を誘います。
(すげー気持ちいい・・・)

大量の射精感と満足感で浸って僕が放心状態になっていると、亜季が頭を上げ、「んーっ、んー」と苦そうな顔。
(あっハンカチ!?)
尻ポケッとからハンカチを出そうとしますが、ズボンがずり下がっていてなかなか取り出せません。

僕がモゾモゾしていると亜季は「んーっっっ」(ゴクリ)「はーっっ、飲んじった・・・」と、顔を真っ赤にして言いました。

そのあまりの可愛さに僕は思わず、亜季の唇にチューしました。
驚く亜季に「だって可愛いんだもん」と言い、もう一度チュー。
今度は笑顔です。
そのあとはお互いに触りっこをしながら、残りの時間を楽しみました。

その日の別れ際、僕は亜季に告白し、付合うことになりましたが、きっかけがアブノーマルだったので、その後もかなりスリルある行為を二人で体験しました。
おしまい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 あまりの可愛さに僕は思わず

汗だくでおっぱいやマン毛が透ける友達のカーチャンエロ過ぎwwwwwwwww
友人の母は、暑い夏の日は ノーブラ、ノーパンの白スリップ一枚という 何とも官能的な姿で家事をしていました。 エアコンのない二階建ての一軒家 友達の母は汗だくで白のスリップが透けて、 薄茶色の乳首もお尻のライン、 黒い陰毛 […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 汗だくでおっぱいやマン毛が透ける友達のカーチャンエロ過ぎwwwwwwwww

その声はまさに媚薬そのもの
画像はイメージです
佳菜は少しはにかみながら俺に抱きついてきた。

「先生、大好き・・・」

青いスカーフが可愛い、近所では人気の高校の紺襟のセーラー服を着たセミロングの二重がくっきりとした顔立ちのいい細身の16歳、高2の少女。
俺が今まで出会ってきた20代の女性にはない幼さが彼女にはあった。
俺は一年前からこの少女の家庭教師をしている。


週一度の授業で、一時間半ほど勉強した後、佳菜と愛を確かめ合うのが習慣となっていた。
俺ははじめはただのアルバイトとして彼女に数学を教えていたが、いつしか彼女に惹かれていった。
それは彼女も同じだった。
どこまでも澄んだ青空のような透明感のあるきれいな女の子。

一生かけてでも守ってやりたいと思うほど俺はその少女に恋をしていた。
こんなにも可愛く素直な高校生の女の子が俺のような下卑た男と愛し合うなんて普通考えられなかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

今、その少女の目には俺しか映っていない。
俺は佳菜の唇に自らの唇を重ねた。
上唇、下唇の順に俺は唇で優しく噛んでみる。

十代の唇にはこの世のものとは思えない柔らかさがある。
俺は夢中で佳菜の少し厚い唇を貪った。
そして唇の割れ目に舌を侵入させてみる。
俺の舌を受け入れ絡ませてくる佳菜の舌。

俺と佳菜は嗚咽を漏らすほど互いを求め合いながらお互いの口の中を探っていった。
佳菜の口内で混ぜ合わされる俺と佳菜の唾液。
甘い蜂蜜のような味。

俺は佳菜の口の中に自分の唾液を注ぎ込んでみる。
佳菜はその液をゆっくりと飲み込んだ。
俺は右手でセーラー服の上から佳菜の胸を優しく撫でる。
まだ熟しきっていないがブラの上からでも感じる、生温く割れない水風船のような弾力を白ブロードの生地の手触りとともに手のひら全体で感じ取った。

さらにその隆起の奥から佳菜の生命の鼓動が伝わってくる。
そしてゆっくりと揉みほぐしていく。
柔らかい。
俺は眩暈がした。
俺はゆっくりスカートの中に左手を忍び込ませた。

パンツの上から指で優しく撫でるように摩擦を加えていく。
佳菜は小さな声で喘ぎながら、潤んだ瞳で俺を見つめる。
右手をセーラー服の中に滑り込ませ、ブラのホックを外す。
そして小柄ながら張りのある山を手のひらで包み込み、頂上の突起を指で優しく刺激する。
佳菜の喘ぎ声が徐々に大きくなっていく。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

パンツが湿り気を持ってきたところで俺は佳菜のパンツを下ろしていく。
パンツは片足に引っかかったままだ。
そして左手で摩擦を強めると、佳菜は大きな声で喘ぎ、愛液で俺の手が濡れていく。
佳菜は上気した表情でもう一度俺にディープキスをし、俺のズボンのチャックを下ろす。

「俺のが欲しいの?」

「欲しい・・・」

佳菜は俺のトランクスを下げ、ペニスを取り出した。

「俺のこれが好きなの?」

「好き、大好き・・・」

佳菜は俺の既に先端が濡れているペニスを右手でしごき始めた。
左手は睾丸を優しく揉んでいる。
佳菜は俺の睾丸を片方ずつ口に含み、飴を舐めるように口でマッサージしてほぐしていく。
そして亀頭を口に含み、歯を立てないようにして唇を使って咥え込み、先端に舌で刺激を加える。
俺は自分のペニスで頬を膨らませながら俺の顔を見上げる少女のさらさらな黒髪を優しく撫でる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

佳菜は俺のそり立ったペニス全体を可愛らしい舌で優しく舐め始める。

そして根元から先端まで舌を往復させていく。
その度に俺の背筋に稲妻のような衝撃が走る。
しばらくすると再度手で俺のペニスをしごき、時折先端から出る液を舌ですくっていく。
俺のペニスは佳菜の唾液でじっとりと濡れ淡い光沢を放っていた。

こんなにも可愛い女子高生の口が自分のモノを愛撫していることが、肉体だけでなく精神的な興奮をも倍増させた。
俺のペニスは佳菜の目の前で膨張し、射精した。
佳菜は反射的に目を閉じる。

大量の精液が佳菜の眉間、鼻、唇、頬に飛び散り、一部は顎から滴りセーラー服の胸元を汚した。
佳菜はまだペニスの先端に残る白濁液を口で吸い取った。
そして佳菜は顔に付着した精液を自分の指で拭い取り、舌で舐め取っていった。
俺はすべての精液をきれいに舐め取った佳菜をきつく抱き締めていた。

俺は佳菜の首筋に唇を宛がった。
そして耳にもキスをし、軽く舐めてみる。
その瞬間、佳菜は少し強張りながら目をとろんとさせ大きくため息をついた。
そして俺は佳菜を座らせ、紺色のプリーツスカートの中に顔を潜らせて、舌を使って薄い陰毛をほぐしていく。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

さらに、白くすべすべな太ももの内側に舌で俺の唾液を塗りつけていく。

細いながらも程よい肉付きの太ももの弾力や張り、感触を俺は舌、顔の全神経で感じ取っていく。
俺は思わずため息を漏らす。
佳菜は俺の息がくすぐったかったのか甘くとろけるような声を出している。
そして俺は舌を足の付け根に滑らせていき、そこを丹念に舐め上げていく。

佳菜は身をよじりながら感じ、スカート越しに俺の頭を両手で支える。
そこからは大量の愛液が溢れ出していた。
俺は零れ落ちないようにすべて吸い上げて飲み込んでいく。

やがて佳菜は快感の渦に飲み込まれ、あああン、と喘ぎ声を上げながら、下半身を痙攣させた。
俺は佳菜を四つん這いの体勢にさせた。
佳菜は自分でスカートを捲り上げてプリンのように柔らかいヒップを俺の目の前に突き出し言う。

「先生、早くきて・・・」

俺は佳菜の細めの腰を両手で支え、太ももの付け根の黒ずんだ部分に入っていった。
その瞬間、佳菜は細く長い絶頂の声を上げ、それを聞き俺のペニスが充血を増す。
その声はまさに媚薬そのものであった。

俺は余りの快感に自我を失いそうになりながら腰を振った。
突くたびに佳菜の太ももとヒップの感触が心地よく俺の太ももに伝わってくる。

佳菜は透きとおるような甲高い声をあげ、汗だくになりながらベッドのシーツに顔をうずめている。
今、俺はこの少女と一つになっている。
そして俺のペニスがこの少女の中を突き立て、その衝撃が佳菜の全身を駆け巡り、快感に耐えきれず鼻にかかった甘い喘ぎ声を上げる。

その声を聞いた俺は全身がぞくぞくするような感覚に襲われた。
佳菜の中は温かく、俺のペニス全体に心地よい圧迫を加え、優しく包み込んでくれる。
俺は佳菜と連結している。

かろうじて保っていた意識は、その感動で満たされていた。
俺は肉体的な快感と、精神的な喜びが交錯した中で絶頂へ上り詰めていった。

俺の全てが佳菜の中に注ぎ込まれた瞬間、俺は佳菜のセーラー服の紺襟の淵の白い三本線に顔を寄せ、佳菜の女子高生としての日常の匂いを肺いっぱいに吸い込み、甘酸っぱい若さの香りを目いっぱい味わい、仔犬のように全身を震わせながら佳菜の名前を何度も叫んだ。

そして俺は愛してると繰り返し言い続けながら佳菜を抱き寄せ、佳菜は頬を赤らめ下半身をまだ痙攣させながら「先生、先生・・・」と甘い声で呟いていた。
そして俺は佳菜と再び唇を重ねる。

開花寸前のつぼみのような佳菜の若い肉体を存分に味わい、俺を一生懸命気持ちよくさせてくれようとしてくれる純粋に優しい佳菜の先生としての生活は、この世に生きる意味を超えていると俺は思う。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 その声はまさに媚薬そのもの

キスだけで射精する超早漏が、彼女とセックスした結果を話す
17歳でファーストキス。 初な俺はで初キスの チュッてしただけで射精した。 その後その彼女にはすぐフラれ、 23歳で二人目の彼女ができた。 普通のキスはなんとかクリアーできたものの、 後日ベロチューしたらそのあまりの気持 […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 キスだけで射精する超早漏が、彼女とセックスした結果を話す

バイブを握り締めて母の寝室へ・・・
画像はイメージです
僕は23歳のサラリーマンです。
昨年大学を卒業したばかりで社会人1年生です。

僕には47歳になる母がいます。
母とセックスするようになって5年が過ぎようとしています。

当然父親は知りません。

父親は会社を経営してて、全国に営業所があって、毎日接待や出張などで家に居ないことが多く、母子家庭のような状況で育ちました。
僕は1人っ子のせいか、両親に溺愛されて育てられたと思うのですが、将来は父の会社を継ぐ予定ですが、とりあえず10年くらいは大手企業で勉強しようと思ってます。

母とセックスするようになったのは、ちょうど5年くらい前。
父も会社を拡大しようとしていた頃で、忙しかったのでしょう、母を相手する暇もなく、僕も週に1度くらいしか顔を合わさず、その時なんです。

僕も大学受験とかで相当ストレスが溜まっていて、高校の授業を勝手にさぼって午前中に家に帰ってきたんです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

その時リビングのカーテンが閉まっていて、母さん寝てるのかな、と思って静かに玄関を開け、母を起こさないように気を使ってリビングに近づくと、母の喘ぎ声が聞こえたんです。

(え!まさか・・・母さんが・・・え!?)

普通高校生くらいになれば、誰でもエッチな本やビデオを見たことはあるし、ある程度のセックスの知識はあると思いますが、実際に母親のオナニーを目撃すると、開いた口が塞がらないというか、オナニーって若いうちだけかと思っていましたが、目の前で42歳になる母親がオナニーしてるんです。

母の裸は何回も見たことがありますが、さすがに小学生までで、高校生になると女を意識するし、パンティなんか見ると、たまに股間が勃起してしまいます。
おそらく母のオナニーを目撃するのは人生で後にも先にも、今回だけでしょうが、それよりも、40歳越えた女性でも性欲はあるのかと関心していました。
それだけ性に対する知識が無かったということですが。

「あ~、あなた~、そ、そこは~、あ~ん」

父親のことを思ってオナニーをしているのでしょうか。
両親のセックスは想像するとものすごく嫌ですが、でも目の前には母しかいません。
だいぶ精子を溜め込んでいた僕の股間はしだいに勃起していっているのが、はっきりわかりました。
そして手はズボンの上から股間をシコシコとさすっていました。

「いや~ん、やめて~、あっ、あっ、恥ずかしいわ~」

母の想像はかなり飛躍しているのでしょう。
父さんに入れられているのを想像してるのでしょうか、そのときです。

「あああ~っ、いくっ、いくっ、あ~っ、あああ~っ」

母は絶頂に達したみたいでした。

僕はその場に立ちすくみ、初めて見るオナニーの場面を記憶の奥底に記憶しました。
でも母の裸は、42歳のわりには、太もももいい感じの大きさで、陰毛も濃くなく、お尻にかけて、いやらしくすーっと足が伸びている感じです。
以前からいい体してるな、と息子ながら自慢の母親でしたが、オナニーしてる姿を見ると、僕はもう自分自身にストップをかけることは出来なくなっていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

リビングのドアを開けると、母と目が合いました。
母はすぐに洋服で裸を隠すと・・・。

「えっ、何?どうしているの?」
「いや、その、早退しちゃった」

「具合でも悪いの?」
「なんか学校で集中できなくて・・・」

母は服で裸を隠したままでしたが、意地悪く聞いてみたんです。

「母さん、何してたの?」
「え、いや、その・・・」

母は真っ赤な顔してそれ以上答えることができず・・・。

「母さん、父さんとセックスしたいんだろ?」
「え、なによ、突然・・・」

僕の股間は勃起したままで、たぶん正面からもはっきりわかると思うのですが、少し強調するように腰を前に出して・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「母さん、僕のこれ、抜いてくれない?」
「え、何を?」

「見たらわかるだろ、ここ」

母は股間を見てわかったのでしょう。
ゆっくりと近づいてきて僕の前にしゃがみこみ、体を隠していた洋服を横に投げ、ベルトを外し始めてズボンを下ろすと、いきり立ったペニスが母の目の前に登場した。

すると何も言わずにペニスを握り、軽く玉袋まで触ると、ゆっくりとペニスを口に含み、ねっとりとしたフェラチオを始めた。
母のねっとりとしたフェラチオは、僕の脳に想像を絶する快感を植えつけた。
母の舌の温もり、そして柔らかいネチネチした舌の表面がペニス全体を刺激し、カリの部分を入念に何回も舌と唇が前後に動くたびに、ピクン、ピクンとペニスは反応し、しだいに射精したい感覚が頭をかけめぐり・・・。

「あ!あ!あ!出るっ、あああああ~っ」

僕は数分で母の口の中に射精してしまった。

「これでいい?お父さんには言っちゃだめよ」
「う、うん、わかった」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

母は射精した精子をティッシュに吐き出し、ペニスを綺麗に拭いてくれた。
そして服を着ると洗面所に行った。

僕はそれから自分の部屋に戻り、帰ってきてからの出来事を1つ1つ確認するように思い出していた。
考えると一瞬の出来事で、夢の中ではないかと思ったが、あの快感はまさしく現実である。

そんなことを考えていたらまた勃起してきた。
とりあえずエッチなことを忘れるために、受験勉強を開始した。

昼に母が作ってくれた昼ごはんを食べ終えたが、食事中は母は午前中は何もなかったかのようにいつもの明るい表情で話をしていた。
しかし、僕の目線は、母の胸に釘付けだった。

母は昼から近所の主婦たちと買い物に行った。
家の中は僕1人になったが、勉強を始めても母の裸が頭から離れなかった。

気が付くと僕は両親の寝室の母のタンスを開け、母の下着を物色していた。
母の下着は洗濯物を干しているときに何回か見たが、実際にタンスを開けてみると、透け透けのものやTバックや黒、赤といった、見たことのない下着がいっぱい入っていた。
たぶん父親とセックスするときに身に着けるのだろう。
浮気をしているとは思えないので、たぶんそうだろう。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ある程度物色すると、最後の一番下の引き出しの一番奥に何か細長いものがあるのが判った。
綺麗に布に包まれていて、興味津々で取り出してみるとな、なんとバイブレーターではないか。
それも僕のペニスよりかなり大きなバイブだった。
そして布の中にコンドームも入っていた。

高校生の自分でもバイブを何に使うかくらいは知っていた。
母がオナニーするときに使っているのだろう。
でも今日の午前中は使っていなかった。

僕はこれを母に見せると、どんな困った顔をするか、いじわるをしたくなった。
たぶん驚くでしょう。

僕の股間は勃起しぱなっしで、ムラムラしてきて我慢できずにパンティを1枚盗んで部屋に戻り、母がバイブをアソコに入れてオナニーしてる姿を想像しながら、2回も射精した。

夕方母が帰ってきた。
またブランドのバックを買ったのでしょう。
大きな紙袋を下げていた。

「またバック買ったの?」
「そうよ、これが主婦のストレス解消よ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


母は笑顔で答えながら・・・。

「今日からお父さん出張でアメリカだって」
「そうなんだ、忙しい人だね」

「そうよ、でも将来あなたも会社を継がなきゃいけないのよ」

僕はそう言われるのが嫌だった。
いい大学に行かないと、いい会社に入れないので勉強はしていたが、嫌気が差すときもあった。
でも、それを聞いた僕は、今晩決行しようと心に決めていた。
帰ってきた母の胸のふくらみを見てるだけで、また股間が勃起し始めた。

夕食も終わり、部屋で勉強を始めたが、手につかない。
母のオナニーしてる姿が頭にこびりつき、あのバイブでいじめたら、母はどんな感じになるのだろう。
そんなことばかり考えていた。

そんなこんなで22時を少し回った頃、母は風呂に入っていたのでしょう。
風呂からあがるドアの音が聞こえた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

急いで1階に行くと、台所で母はパジャマ姿で、ビールを飲んでいた。
後ろ姿を見てると、パンティのラインがはっきりと判り、ノーブラのようだった。
振り返ると、母の胸のふくらみが揺れるのが、パジャマ越しにはっきりとわかった。

やっぱり母のおっぱいを触りたい、舐めたいと思うようになり、股間ははち切れそうに勃起していた。

「母さん綺麗だね」
「何よ、いきなり、何かお願いごとでもあるの?」

「いや、別にないけど、息子として誇らしいと思ってね」
「ありがと、お母さんも大好きよ、勉強頑張ってね」

母はニコっとしてリビングでテレビをつけた。
僕は母がバラエティ番組で笑い転げているのを確認すると、気づかれないように寝室のタンスからバイブを取り出し、とりあえず部屋に戻って作戦を考えた。

23時30分。
いよいよ母の寝室へ向かう時間になりました。
結局、何の作戦も立てることができず、バイブを握り締めて母が寝室へ行ったことをドアの音で確認し、静かに部屋のドアの前についた。

心臓はバクバクしていて、でも午前中にフェラチオをしてもらったので、たぶん大丈夫という確信があったが、たとえ断られても母を犯す覚悟だった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


ゆっくりとドアのノブを回し、ドアを開けると、母も入ってきたのに気づいたのか・・・。

「どうしたの?」
「う、うん、・・・」

「体調でも悪いの?」
「母さん、言いにくいんだけど・・・」

僕は手に持っているバイブを母に見せると・・・。

「え、和ちゃん、そ、それ、どうしたの」

母はびっくりしていた。

「そこのタンスに入っていたんだ」

母はそれ以上言葉が出なかった。

「母さん、このバイブ使ってるの?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「え!・・・」

「さあ、白状して」
「・・・」

「僕も母さんのタンス開けたこと謝るから・・」

母の困った表情が今でも忘れることができません。
母は立ち上がって僕の方へ近づいてくると、いきなりビンタが飛んできた。

「和ちゃんをそんなふうに育てた覚えはないわよ」

生まれて初めて母親にビンタされた。

その時である。
僕は我を忘れて母をベッドに押し倒し、パジャマを引きちぎり、抵抗する母の顔を掴み・・・。

「このバイブ使ってみせてよ」
「いや、だめ、やめて~、とにかくやめて」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「いいや、やめないよ、早く見せてよ」
「いや、いやよ」

「じゃあ、力ずくでやるよ」

僕はまだ童貞だったので、セックスの知識はあまりなかったが、嫌がる母のパジャマのズボンを脱がすと、母のアソコにバイブを突き当てた。

「わ、わかったわ、とにかく落ち着いて」

すると母は観念したのか、パジャマを脱いで全裸になり、僕を抱きしめキスをしてきた。
僕は母の温もりに身を任せ、母の舌が僕の口の中に入ってくると、母が舌を絡ませるように、僕も舌を絡めていった。

そして母は僕の顔を胸に持ってくると、僕は母のおっぱいや乳首に吸い付き、思いっきり吸うと・・・。

「ああ~ん、そ、そうよ、ああああ~、感じるわ~」
「乳首が気持ちいいの?」

「ああ~ん、そうよ~、もっと吸って~、もっと噛んで~」

僕は母の言われるままに乳首を吸ったり噛んだりしながら、母の下半身に手を伸ばし、生まれて初めて女性の陰毛を触り、アソコも触ってみると、微かに濡れているように感じた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「あ~ん、まだよ、和ちゃん慌てないで~」

母は僕の顔を見てニコっとして、今度は僕にベッドの下に立つように指示すると、僕のパジャマを全部脱がせると、いきり立ったペニスを握り、口に含んだ。
午前中に味わった母の舌の温もりや快感が体中に電気が走った。

「母さん気持ちいいよ」
「和ちゃんのすごく大きいわ」

するとまた射精しそうな感覚が襲ってきて、そのまま口の中に射精してしまった。

「すごく元気ね」

母は笑顔でティッシュで綺麗に拭き取ってくれると、今度はベッドに寝るように言われ、大きく両足を開き・・・。

「和ちゃん、お母さんのここ舐めて」

僕は開かれた両足の間に顔を近づけると、陰毛の間から、まさにあわびのような母の割れ目が。
それをしっかりと見ながら、ゆっくりとアソコの周りから舐め始めると・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「あ~ん、あ~ん」

「母さん気持ちいいの?」
「いいわよ、最高よ~」

すると母は指でアソコを開くと、クリトリスを舐めるように言い、僕は言われるままに舌を這わせると・・・。

「あああ~っ、いい、いい、久しぶりだわ~」

「母さんすごいよ、いっぱい濡れてきたよ」
「あ~、和ちゃんがうまいからよ、もっと舐めて~」

すると母は体を反り返らせながら、さらに喘ぎ声が大きくなり・・・。

「あああ~っ、ああ~っ、いくっ、いくっ、ああああ~、だめ~っ」

母はさらに大きく体を反らせると、イってしまったようだった。

そして母はコンドームも付けずに、そのまま僕のペニスを掴み、母のアソコへペニスを挿入させた。
僕が童貞を母に捧げた瞬間である。

僕は一生懸命に腰を振り、母も両手で僕の腰を掴み、腰の動きに合わせて、手を動かしながら・・・。

「和ちゃん、そうよ、すごいわよ」

「父さんとどっちがいい?」
「か、かずちゃんよ、硬いの、あ~、す、すごい、あ~」

「母さんイキそうだよ・・・」
「いいわよ、中で、中で全部出していいのよ」

「あああ~、いくっ、いくっ、あああ~っ」

僕は母のおまんこの中に精子を全部出した。
初体験で、それも母親で中出しという異常な行為であった。

それから5年。
僕と母の関係は続いた。

僕は一流と言われる大学に入学し、何人かの女性とも付き合った。
・・・が、今でも母との関係が続いているのは、母とのセックスの相性がいいからだ。
母も50歳近くになって、だいぶ肌も変わってきていたが、父が忙しいのをいいことに母と2人で旅行に行ったり、たまにはラブホテルや有名ホテルに泊まったりして、朝方までセックスをすることもありました。

でもいつかはこの関係も絶たなければならないと思っています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 バイブを握り締めて母の寝室へ・・・

彼女の浮気を問い詰めた結果⇒逆ギレされてSEXに不満があったとか愚痴りだしたw
5年付き合ってる彼女がいる しかし、彼女がどうも浮気しているよう 前から怪しいことが多い。 特に金曜日。 昨日、夜電話してもつながらずメールがきて、 今日は仕事で疲れ過ぎて帰ったら すぐ寝ると予告され、案の定連絡はつかな […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 彼女の浮気を問い詰めた結果⇒逆ギレされてSEXに不満があったとか愚痴りだしたw

最初の中出しの快感が忘れられず
画像はイメージです
俺が高校2年、17才の頃の話。

その頃、2つ下の中学校3年生の彼女と付き合っていた。
二人とも初めての恋人だった。

付き合いだしてから1月位経った時、彼女が俺の家に遊びに来ることになった。
俺の両親は休日ともなるとどこかへ出かけてしまうため、家にはいつも俺しかいなかった。

家に来るということは・・・。
一人であれこれ考えていたら、前日は全く眠れなかった。


いよいよ彼女が遊びに来る日、俺は最寄駅まで彼女を迎えに行った。
田舎の駅だったので、そこには俺と彼女しかいなかった。
周りの女の子と比べてもかなり小柄な方で、いつもあどけない顔をした女の子だった。
その日は白いふわふわのセーターとベージュのパンツ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

小さなバックを肩に下げていた。
俺を見つけるなり駆け寄ってきて、俺の左手をギュッと握ってきた。
いつもながら、本当に可愛い子だなと思った。

それから俺の家に向かって歩いて行った。
家に着くまでは大体歩いて5分くらい。
俺はその間、近所の友達にすれ違ったりしないかと冷や冷やした。
しかし、彼女はそんな気持ちはお構いなしかのようにはしゃいでいた。

家に着くと俺の部屋に行き、以前から約束をしていた映画のDVDを見た。
映画を見ている間は、二人で寄り添ってお菓子を食べたりジュースを飲んだりしていた。
狭い部屋だったため、ベッドとテレビを置いてしまったら椅子やソファーなんて置けるスペースがなかったため、二人ともベッドの上に座って見ていた。

2時間もして映画が終わり、少し映画の内容について喋っていた。
登場するキャラクターや、感動的なシーンの話をしていたが、少しずつその場の空気感が変わってきたことに気付いた。
下心見え見えでは彼女に嫌われてしまうと思っていた俺だったが、SEXを意識していたのは彼女も同じだったようだった。

それまで、恥ずかしくてキスも数えるほどしかしなかったため、その空気感は本当にもどかしいものだった。

俺は思い切って、「おいで!」と言いながら彼女を抱き締めた。

「すごいドキドキする・・・」

そう呟いた彼女の体は、小さく震えていた。
俺も緊張からか、少し腕が振るえていた。
彼女の髪の毛をそっとかきあげ、キスをした。
いつもの何倍もドキドキした。
しばらくキスをした後、俺はそのまま胸を触った。
柔らかい感触が伝わってきた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「小さくてごめんね」と、彼女が恥ずかしそうに言った。
俺は何も言い返せなかった。
ただ、今自分が胸を触れていることがとても嬉しいことを伝えたい気持ちでいっぱいだった。

キスとして、胸を揉んで、本当に幸せだった。

胸を揉む手を放した瞬間、彼女が不意にハッと息を吸った。
その息遣いが聞こえた瞬間、俺は迷うことなく彼女のズボンの中に手を入れた。
雑誌やマンガと違い、本物のマンコは思っていたよりももっと深い場所にあった。
緊張のあまり、ズボンのボタンを外してあげることすら忘れてしまっていたため、彼女には少し苦しい思いをさせてしまった。

「ごめん。苦しかったよね」と言うと、彼女は俯き、顔を真っ赤にしながらただ首を横に振った。

改めて、彼女のズボンのボタンを外してファスナーを下げた。
そして改めて手を入れた。
今度はすんなりと手が入り、すぐに温かくてとてもヌルヌルした感触が手に伝わってきた。
俺は彼女の温かくてヌルヌルしたマンコを優しく撫でていたが、彼女は声ひとつあげなかった。

「痛い?気持ち良くない?」と聞くと、彼女は俯いたまま首を横に振っていた。
しばらく触っていたとき、彼女が咄嗟に、「恥ずかしい!」と言って俺の手をズボンから抜いた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は驚いたと同時に、彼女の機嫌を損ねてしまったかと心配した。

「急にごめん・・・」

そう言うと彼女はまた俯いていた。
俺は彼女の肩を優しく抱いて、キスをした。
そうすると、彼女はいつもの可愛い笑顔で俺を見つめ返してくれた。

「・・・恥ずかしいから、自分で脱ぐね」

そう言うと、彼女は自分のズボンに手を当ててゆっくりと脱いでいった。
脱いだズボンをゆっくりとベッドの下に置いてから下着に手をかけた瞬間、彼女の手が一瞬止まった。
そして、ゆっくりと下着を下げていった。

「脱いじゃったよ!?脱いじゃったよ!?」

下着を脱ぎながら、彼女は今まで聞いたことないほど大きな声を出した。
そんなこと言いそうにもない大人しくて清楚なイメージだったため、俺はその時すごく驚いた。

「ねぇ・・・どうしよう?」と、瞳を潤ませながら俺に聞いてきた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は彼女をゆっくり仰向けに寝かせると、彼女のマンコをゆっくりと舐めた。
すぐに早い息遣いが聞こえてきて、本当に興奮した。
彼女のマンコは、温かいを越えて熱いくらいになっていた。
愛汁もすごい出てきて、ベッドの一部は彼女の愛汁でシミが出来ていた。
小さくてきれいなピンク色のクリトリスが、どんどん大きくなっていくのが見えた。
クリトリスを舐めて刺激すると、彼女は猫のような声で喘ぎ声を上げた。

マンコを舐めながら、俺も脱がなければ・・・と思った。
とうとう自分の番になった途端に恥ずかしくなってきた。
しかしそんな心情を悟られまいと必死だった。
俺は一度舐めるのをやめて、一度ベッドの上で中腰になった。
俺はジーパンに手をかけ、パンツごと一気に下に下した。
上着も投げ捨てるようにして脱いだ。

恥ずかしい気持ちを抑えながら彼女の方を見た。
彼女は俺のペニスを大きく目を見開いて見ていた。
ドキドキしながらも、女の子も興奮するんだなぁと内心関心しながら彼女の方に近づいた。
彼女はまだ上着を着たままだったため、ゆっくりと彼女の上着を脱がせた。
ブラジャーだけ身に着けた彼女は、中学生ということを忘れてしまうほどきれいなスタイルだった。
ブラジャーのホックをゆっくり外し、彼女の胸が露わになった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

成長途中の少し膨らんだ、可愛らしい胸だった。
胸を撫でると、彼女は「キャッ」と言って仰向けに寝そべった。

俺は焦っていたためか、前義も何も考えることができなかった。
俺はベッドの脇にしまっておいたコンドームに手を伸ばした。
この日のために買ってきていたコンドームだった。
2種類のコンドームを買っていたが、最初は加工も何もないコンドームを使おうと決めていた。
コンドームの袋を開け、ゆっくりとペニスに着けていった。
彼女はまた、その様子を食入るように眺めていた。
視線に気づいていたが、恥ずかしくて彼女の方に目を向けられなかった。

コンドームをつけ終わった俺は、寝そべっていた彼女に覆いかぶさった。
いよいよ彼女に入れる瞬間。
ドキドキする気持ちを抑えつつ、ペニスを彼女のマンコにゆっくりと擦り当てた。
ペニスを擦り当てた瞬間から、彼女は小さな喘ぎ声をあげ始めた。
SEXをすることが初めてだった俺は、ペニスをどこに入れていいかが分からなかった。
何度か擦り当てているとき、ヌルッという感触とともに、ペニスがマンコの中に少し入っていくのを感じた。
ここか・・・?と思った俺は、少し体勢を起こしながらゆっくりペニスを押し込んだ。

その瞬間、「はぁぁぁぁぁっ!」と彼女が叫んだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

驚いた俺は、真中辺りまで入っていたペニスをすぐに抜いた。
初めての女の子は処女膜が破れるため、初めて挿入するときはすごく痛い、血が出るなどという話を聞いていたため、俺の入れ方のせいでかなり痛い思いをさせてしまったかと心配した。

「大丈夫!?」

そう俺が聞くと、少し落ち着いてから「大丈夫・・・ごめんね」と答えてくれた。

「ごめん。今度はゆっくり入れるね」

俺がそう言うと、彼女はゆっくりと頷いてくれた。

再び彼女の上に覆いかぶさった俺は、さっきと同じようにペニスをマンコに擦り当てながら、穴を探した。
今度はすぐに見つかり、ペニスがゆっくり吸い込まれるように入っていった。
コンドームをつけていたためか、想像していたよりも大きな刺激や快感はなかったが、奥まで入れられたことが嬉しかった。

挿入は出来たため、俺はそのまましばらくピストン運動を続けてみた。
彼女は小さな声で「あ・・・あっ・・・」という声をあげていた。
俺は、想像していたよりも挿入することに刺激を感じることができなかったため、彼女も気持ち良くないんじゃないかと不安になった。

「気持ちいい?」と俺が聞くと、「あんまりよくわからない・・・」という答え。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

正直かなり不安になった。
マンガのような反応になるのかと考えていた俺が間違っていた。

その後もしばらく正常位で挿入をしていた。
するとお互い少しずつ慣れてきたためか、彼女も喘ぎ声をあげるようになり、俺も快感を感じられるようになってきた。
ただやはり、これではいつまでたってもきっと俺はイカないなと感じていた。

少し体勢を変えてみようと思い、一度ペニスを抜いた。
抜いた瞬間、彼女のマンコからすごい量の愛汁が出てきた。
彼女も自分のマンコから愛汁が垂れ出たのを感じたためか、急いで手で押さえていた。
俺は一度つけていたコンドームを外し、もう一つ用意していたコンドームに付け替えた。
それはツブツブの加工がされているというコンドームだった。
コンドームを付け替えている間、また彼女は俺のペニスをじっと見ていた。

「今度はツブツブが着いてるやつだって。少し感触違うかもよ」

そう言って俺はまた彼女の上に覆いかぶさった。
すると彼女は、俺がペニスを入れやすいように自然と体勢を整えてくれた。
愛汁ですっかりヌルヌルになったマンコに再びペニスを入れた。
さっきまでと同じ快感が伝わってきた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女もまた喘ぎ声をあげていた。
正常位での挿入はとても気持ちよかったが、俺は彼女の体勢が辛いんじゃないかと少し心配だった。

しばらくしてから俺はまたペニスを抜き、今度は自分が仰向けに寝た。
彼女に上になってもらい、今度は騎乗位で挿入することにした。
挿入する前に、「コンドームを変えても、あんまり違いはわかないなぁ」と、彼女がつぶやいた。

「ごめんね」と言うと、いつもの可愛い笑顔を浮かべながらキスをしてくれた。

騎乗位で挿入しようとお互いに股間を擦り当てていたが、そんな入れ方では当然入るはずもなかった。
一度彼女に腰を浮かせてもらい、彼女のマンコの位置を触って確認しながらペニスを押し当てた。
ペニスを押し当てていると、すぐにペニスはマンコの中に入っていった。

「もう普通に触ってるね」と、彼女が笑いながら言った。
恥ずかしいのを隠すため、俺は無理やり彼女の顔を引き寄せてキスをした。

騎乗位で彼女も動きやすくなったためか、正常位の時よりもかなり腰を振ってくれた。
正常位の時とは違い、彼女の体の温かさが感じられた。
刺激もさっきとは違ったものになってきた。
俺も膝を立て、ペニスを突き立てやすい体勢になって腰を振っていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

結構長い間騎乗位で挿入を続けた。
彼女も気持ちよさそうに腰を振ってくれていて、正常位の時とは違った興奮があった。
お互いにキスをしながら挿入を続けた。
しばらく騎乗位で挿入を楽しんでいたが、俺はペニスに違和感を感じるようになった。

一度確認しようとマンコからペニスを抜いた。
その時、コンドームが彼女のマンコに挟まったまま抜けてしまった。
違和感を感じていたのは、コンドームが取れそうになるほどずれていたのが原因だった。
彼女のマンコからはみ出しているコンドームを引き抜くと、くすぐったかったのか彼女は甲高い声を上げた。
外れてしまったコンドームをゴミ箱に捨てながら、俺は生で挿入してみたいという欲求がわいた。
彼女の方を見ると、顔を真っ赤にさせながら俺の顔をじっと見ていた。

「ゴム着けないで、生で入れていい?」

そう彼女に聞くと、彼女は頷いて俺の上に覆いかぶさってきた。
お互い無言のまま、さっきと同じようにマンコにペニスを擦りつけながら挿入した。
もう愛汁と我慢汁でヌルヌルになったペニスとマンコだったため、何の抵抗もなくスルスルと入っていった。
入った瞬間、お互いに「うっ・・・」という声を上げた。
コンドームをつけていた時とは違い、お互いの体温が伝わってきた。
挿入してすぐはあまり快感に違いは感じなかったが、とうとう生で挿入をしているということにお互い興奮しながら腰を動かしていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


少ししてから、静かだった彼女の息遣いが荒くなってきた。
そして俺も、さっきまではなかった快感を感じるようになってきた。
急に彼女が顔を手で隠した。
その状態のまま彼女は腰を振り続けていた。
そして彼女は両手を口元に持っていった瞬間、大きな声で「すっごい気持ちい!」と叫んだ。
その声を聞いて「俺も気持ちい!」と俺も叫んだ。

その瞬間、今まで経験したことないほどの射精感が来た。
しかし、このままマンコの中に出してしまったら子供が出来てしまうかもしれない・・・。
ただ、生理前なら中で出しても子供は出来ないと考えた俺は彼女に、「生理はいつ来たの?」と聞いた。
すると彼女は、「昨日まで生理だった・・・でも、体育の先生が整理が終わった後すぐなら大丈夫って言ってたの・・・」と言った。

「じゃあ・・・」と俺が一言いうと、お互い激しくキスをした。
そしてお互い激しく腰を振った。
もう精子を中で出すことをお互い覚悟した。
二人で夢中になって腰を動かし、とうとう止められない射精感が来た。
その時俺は彼女の腰を掴み、今までで一番の勢いで腰を動かした。
もう射精するという瞬間、彼女が、「あぁぁぁぁ!」と大声を上げた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺もその声が聞こえた瞬間最高に興奮した。
そしてそのまま彼女のマンコの中に射精した。
射精した瞬間、目の前が本当に真っ白になった。
今まで体感したことない量の精子が彼女のマンコの中で射精されていることが分かった。
ペニスが脈打つ間、俺はずっとペニスを突き立てて、マンコの奥にしっかり入るようにしていた。

射精が収まると、彼女は俺の上に崩れ落ちてきた。
俺も激しい射精だったためか、全身に力が入らなくなった。
そのあとは結構な間お互い動かなかった。
しばらくして、彼女がゆっくり体勢を起こしていった。
それに合わせて俺も後ろに動き、ペニスをマンコから抜いた。

ペニスの先から細くて白い糸が伸びたと思ったら、彼女のマンコからすごいドロドロの精子がたくさん出てきた。
俺は精子がベッドの上に垂れていくのをただ見ていた。
彼女はまだ息遣いが荒く、顔だけじゃなくもう全身が真っ赤だった。
俺は彼女にティッシュを渡すと、そのティッシュを握ったままベッドに横たわっていった。
俺は自分のペニスにまとわりついてしまった精子をふき取った。

彼女も起き上がり、マンコの周りにたくさん着いた精子と愛汁をふき取っていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「これで15才の内に・・・」と彼女が呟いていた。
彼女は、もしかすると俺よりもSEXに対しての意識が強かったようだ。
そのあとはお互いキスとしたり体を触ったりしてSEXの余韻を楽しんだ。

その後は散らかした服を着て、近所のファミレスへごはんを食べに行った。
今まで感じていた恥ずかしさは無くなり、言葉にはできない新しい恥ずかしさを感じるようになった。
それから彼女を駅まで送り、俺は家に帰った。
ベッドの上にはお互いの体液のシミがたくさん出来ていて、すごくエロく感じた。
こうしてお互いの初SEXが、中出しSEXとなった。

それから彼女とのSEXは何回もした。
ただ、二人とも最初の中出しの快感が忘れられず、生理前と生理の末期は中出しでSEXをした。
カレンダーに生理日と排卵の予測日を書き、中出しSEXを楽しんでいた。
子供ができることはなかったが、幼いながらに結婚なんてことまで少し意識していた。

それから少し時間が経ち、彼女も受験のシーズンが来た。
最初は俺と同じ高校に来るという話だったが、優等生だった彼女の両親はもっとレベルの高い高校を受験することを希望していた。
俺と両親の間で板挟みとなり、彼女も辛かったと思う。
結局別々の高校となり、お互い疎遠になっていってしまった。
俺たちの付き合いは終わってしまった。

進学してすぐに彼女には新しい彼氏が出来たらいし。
俺もしばらくして別の彼女が出来た。

もう会うこともなくなってしまったが、今でも初めての相手とし、記憶の中で可愛い笑顔を見せてくれている。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 最初の中出しの快感が忘れられず

私は童貞が大好きで、 筆おろししてあげるのに一時期ハマってた事があります!
それで、ある時、ちょっとかっこいいけど 童貞っぽい中2の男の子をみんなで頂いちゃおうと決めて 家に連れてきました。 女性は私を含めて高1の4人で、 男の子はその子だけ。 エッチな話で盛り上げて、さりげなく 「ねえ、ちんち […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 私は童貞が大好きで、 筆おろししてあげるのに一時期ハマってた事があります!

女友達に頼んで妻の寝取られビデオを撮影
画像はイメージです
私は32歳、妻は28歳、二年前に職場恋愛で結婚しました。

妻は受付で、社員の高嶺の花的存在で、なぜか私が口説き落としました。
自分で言うのもおかしいのですが、妻は身長165、細身だけど86のDカップで女優の瀬戸朝香にマジでそっくりです。

結婚後も真面目でいい妻なのですが1つ欠点が・・・夜が淡白なのです。

SEXもあまり積極的ではありません。
そこで私は皆さんのように、妻が他人に抱かれたらどうなるのか非常に興味を持ちました。

妻は、私の高校時代の女友達の宝石店で働いております。
その女友達A子は、独身ながら宝石店の社長でありかなりの好き物です。
以前から男と乱交まがいな事をしていると聞かされていたので相談しました。

「妻が他人に抱かれているところが見たい」と。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

返事は簡単で、「見たいなら、妻を飲み会に誘いビデオ撮影してあげる」と言ったのです。

A子の作戦は、いつものように飲み会に妻を誘い、店で仲間の男を偶然出会ったと装いセッティングし、3×3で飲み直してそのままA子のマンションになだれ込み、そこで乱交するという実に簡単な作戦でした。

私は正直、“そんなにうまくいくかなー?”と半信半疑でしたが・・・。

「最初は固定カメラで隠して撮影するけど、うまくいけばハンディーで接近して撮影してあげる」

・・・と言って、A子は自信満々です。

「先週の金曜日にA子さんに誘われたし、仕事帰りに飲みに行く」と言って、妻は朝出て行きました。

その夜は、私はドキドキして2回オナニーしてしまいました。

結局、深夜2時に帰宅し、ごく普通でしたので、やっぱり妻は真面目で固いので無理だったんだなと勝手にホッとしていました。

・・・が、土曜にA子からのメール。

「大成功、嫉妬したらダメやで」

今日A子からビデオを渡され、妻が寝てから先ほど確認しました。

正直ドキドキで震えながら再生しますと、いきなりA子の部屋が映り男3人女3人でガヤガヤ楽しく飲んでいるところです。
メンバーは、女は、妻、A子、B美(30代半ばA子の店の社員)。

男は40代なかば、金持ちのオヤジ風です。
1人ハゲデブがいますが、見るからに不動産屋タイプのボス核です。
どう見ても妻が飛び抜けて美人です。

しばらく和気藹々が続き・・・、A子とB美が男とイチャつき出しました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そのうち2人ともディープキスを始め出して、妻はびっくりした表情でソファーで固まっています。

そこにあの不動産屋がやってきました。
微かに音声も聞こえ、「座って鑑賞しよう」と言っています。

そのうちA子は咥えだし、B美はクンニされ、部屋は喘ぎ声で異様な雰囲気です。

その時、不動産屋が妻の肩を抱きました。
妻は多少抵抗していますが、強引に引き寄せられ、身を寄せ合った状態になりました。

僕の息子は、破裂寸前です。

数分後、妻はハゲにおっぱいを揉まれだしました。
抵抗はしています。

いきなり強引にキスをされ、ソファーに押し倒され画像から消えました。
妻の足元しか見えませんが、確実にエッチな事をされています。

その瞬間、画像が切り替わり、A子の顔が映っています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「大丈夫そうなのでハンディーに切り替えます」

次の画像をみて心臓が止まりそうでした。

妻が、おっぱい丸見えでパンティーに手を入れられ、ハゲた不動産屋の汚い舌を完全に受け入れていました。
すごい鮮明な画像で音声も聞こえます。

他の男2人も「俺もやりたいと」言ってきましたが、ハゲに「この女は俺が十分やってからや」っと脅されています。

妻は我を忘れ、言いなりになっています。

ついに汚いチンポを口に入れられ、フェラまでしています。

ついについに、正常位で入れられました。
妻は子犬のようにアンアン喘いでいます。

男は変態で、妻に「愛人にしてください」とか「あなたの子供が生みたい」とか言えと強要しています。

残念ながら妻は、不動産屋にピストンされながら、全ての言葉を言っていました。
ここまでに僕は2回射精しています。

妻は男に口を開けるよう命令され、ピストンされながら汚い唾液を上から口に垂らされ、受け入れてビデオは終わりました。

A子のメールでは、その後、妻は残りの男2人にもやられイキまくっていたそうです。

A子は「お望みならもっと調教しましょうか?」って聞いてきています。

正直、僕はショックでどうしたらいいかわかりません。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 女友達に頼んで妻の寝取られビデオを撮影

とりあえず素人童貞になろうと歌舞伎町に行った結果…バイト先の先輩に遭遇…
25歳童貞。 俺は歌舞伎町にいた。 目指すはソープランド。 はじめての女性体験をするために。 そして店の前にたどり着いた。 水撒きをしている店員と、今まさに入店しようとする俺。 「あれ?T君?」 突然の呼びかけに振り向く […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 とりあえず素人童貞になろうと歌舞伎町に行った結果…バイト先の先輩に遭遇…

夕食を作りにきてくれたバツイチ女性
画像はイメージです
職場に入っている清掃業者の新人女性と肉体関係になった。

きっかけはその女性の研修が終わって、初めて一人でオフィスの清掃をしているときだった。
コーヒーメーカーのサーバーを割ってしまい、途方に暮れているようだった。

「すみません。弁償しますから上司には言わないで下さい」
「あっ、大丈夫。私が壊したことにすれば」

「ありがとうございます。上司に見つかったらクビになりそうで・・・」

それ以降、始業時間よりも早く出社し、色々会話をするうちに親しくなった。

32歳でバツイチ。
5歳の女の子が一人。
離婚して1年、離婚理由は夫の浮気と暴力。
子供を実家に預け夕方まで働いている・・・などなど、色んなことを話してくれた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

小柄でスレンダー、32歳の子持ちとは思えない姿に好意を抱いていた。

ある日「サーバーを割った時のお礼をしたいんですけど」と言うので、「夕食を作りにきて欲しい」と言うと、次の日曜日ならということで約束をした。

約束の当日、ジーパンにポロシャツという姿でマンションに来た。
食事を済ませ、一緒に後片付けをしているときだった。
食器を洗っていると突然シクシク泣き始めた。

「どうしたの?」
「なんか久しぶりに楽しい1日で・・・」と言葉を詰まらせていた。

後ろから抱きしめ、ポニーテールのうなじにキスをすると、ゆっくり振り向き、抱きついてきた。
舌を絡ませあい、激しいキスをした。

「お願い、抱いて」と言うので、寝室へ抱き上げて連れて行った。

ポロシャツとジーンズを脱がせ、ベッドに倒れ込む。

「2年ぶりなの、優しくして」と、キャミソールとブラを脱がすと、下腹部には帝王切開の傷跡があった。

乳房は元々小さかったのか垂れておらず、乳首が大きく立っていた。
乳首を吸いながらショーツの上から触ると小さなシミを作っていた。
クリトリスを指先で擦ると「アッ・・・ウッ・・・」と感じていた。
ショーツをゆっくり脱がせ、脚を開かせると、小ぶりのオマンコが口を開いていた。

親指でクリトリスを愛撫しながら中指をオマンコに入れると「アァッ感じる」と喘ぎ始めた。

中指をゆっくり出し入れすると愛液がドクドクと溢れてきた。

「アナタの舐めさせて」と言うので、全裸になり彼女の顔を跨いだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


彼女はペニスにしゃぶりつき、私はオマンコを舐めた。

「お願い入れて」と言うので、コンドームを着けようとした。

「今日は大丈夫だから着けないで」
「ナマでいいの?」

「ナマが好きなの」と亀頭を押し込んだ。

「あぁっ」
「痛い?」

「違う、感じるの。もっと入れて」

ズブズブッと一気にネジ込んだ。
帝王切開で出産したせいかオマンコの締まりは最高だった。

ズコッズコッと腰を動かすと、「ダメっ、そのままじっとしてて、もうイキそう」。

「いいよ、イッテいいよ」と根元まで押し込んでペニスで中を掻き回した。

「あぁっあぁっ、ウッ」と、数分でイッテしまった。

その後、たっぷりオマンコに中出しをした。

「これから時々こうして抱いて。結婚してって言わないから」
「私でよければね」

「彼女いるの?」
「いないよ」

「じゃ~彼女が出来るまでね」

時々どころか、週に2回と昼休みにシテいる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 夕食を作りにきてくれたバツイチ女性

アルバイト先の年上事務員さんが優しく筆おろししてくれた童貞喪失体験談
俺が大学2年の時アルバイトで行っていた先の事務員は 俺より4歳年上で当時23歳だった。 まるで弟のように可愛がってくれ、 仕事の帰りには彼女の車で近くまで送ってもらったり、 食事やコーヒーを御馳走してくれた。 当時俺には […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 アルバイト先の年上事務員さんが優しく筆おろししてくれた童貞喪失体験談

アナルセックスしたがる職場の後輩
画像はイメージです
自分達は、職場の先輩と後輩の関係です。

先月です、後輩がSEXの事を聞いてきたのです。
この後輩、お尻に興味があるみたいです。

「一度、アナルSEXしたい」と言い出したのです。

一度、本気か試してみようと思って、後輩を自分の家に呼びました。
すると、本気みたいなんです。

自分は、後輩を裸にしました。
なかなかの美男です。
お尻の穴にローションを塗って、指を入れてやりました。

そしたら・・・

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「先輩、指ではありません。先輩のアレ入れてください」

後輩の目の前で、自分のオチンチンを見せたら、

「大きいですね。入れてください」

後輩は、四つん這いになりました。

ローションをたっぷり塗り、中に入れてやりました。
入れた時に痛みがあったみたいですけど、何度も前後してやりました。
なかなか、感じているようです。

そして、中に射精してやりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 アナルセックスしたがる職場の後輩

ブスだけどロケットおっぱいな友達の彼女に『チンコ見せて』って言われたらどうするwww?
友人の彼女って不思議な存在だよな 普通の女友達よりも無防備になりすぎるっていうか この前大学の研究室で、 あまりに眠いので授業出ないで 1人で昼寝してたんだ。 うちの研究室には何故か和室があって 俺はよく仮眠するのに使っ […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 ブスだけどロケットおっぱいな友達の彼女に『チンコ見せて』って言われたらどうするwww?

先生、パンツのなかがおかしいんです
画像はイメージです
俺が小学校の頃、毎年夏休みになると3つ年上のいとこが東京から2週間くらい遊びにやってきた。
3つも年上で、俺は引っ込み思案、彼女は行動的な姉御肌だったので、俺はいつも彼女の言いなり状態。
目鼻立ちがくっきりしていて、まあ美人だったので、一緒に出かけるのは悪くなかった。
夜は2人っきりで寝ていたんだが、俺が小学5年、彼女が中学になった頃から彼女が妙な行動をとるようになってきた。

ふとんに入ると彼女は俺の手を股間に押し当てて「熱くなってない?」と聞いてくる。

「あったかいよ」と言うと、今度は「直接触ってみて」と俺の手をパンツに引きこんだ。

相手は中学生なのでもう毛が生えている。
彼女に導かれるままに割れ目に指をあてがわされる。


「どんな感じ?」と聞かれ「ぬるぬるしてる」と答えると彼女は「指を入れてみて」という。
恐る恐る指を入れるがこっちも消防なのであまり深くは入れられない、というか、女性の股間がどうなってるかわからない。
彼女は「出したり入れたりして」と囁く。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺はどっちかっていうと、彼女の膨らみ始めたおっぱいに興味があったのでおっぱいを揉んだり乳首を舐め回したりしたが、「くすぐったい!」とそっちの方は拒否された。

翌日、近所を散歩していると、俺の家の回りは田舎なので、農業用の倉庫があった。

「入ってみよう」と言われて薄暗い倉庫に入っていくと彼女は体育座りで座りこんでしまった。
彼女はスカートを開脚すると、「きて」と言い、俺の頭を股間にうずめさせた。
俺は頭を彼女に押さえつけられ、股間の匂いをかがされた。

ちょっとおしっこ臭かったので辛くて離そうとすると「だめ、そのままにしてて」という。
このときはそれだけ。

夜はだんだんエスカレートしていって、いわゆるお医者さんごっこをさせられた。
彼女は下着だけになって「先生、パンツのなかがおかしいんです。さわってください」と甘い声で囁く。

俺はつまらんし眠いけど、やらないと機嫌が悪いので割れ目をさわって「ぬるぬるしてますね」などとやる気のない対応。

「先生、気持ちいいんです。ぬるぬるを擦ってください」

俺は正直、彼女は何が楽しいんだろう?と思っていた。

「こうですか?」

「いえ、もっと上です」

彼女が俺の手をクリ付近に導く。

「あん、そ、そこです。擦ってください。もっと。やめないで」

俺が何度もやめようとするのを無理やり続けさせて擦り続けていると、突然「もうさわらないで!」と言って寝てしまった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


親立ちは昼間仕事に出ていてふたりっきり。
彼女は今度は押入れに俺を引きずり込んで昨日のように股間をかがせる。
たまにおれの股間をさわってきたが、まだ目覚めていなかった俺は全然勃起とかしなかった。

翌年も彼女はやってきた。
(本当は正月もやってきて、似たようなことをしていたが・・・)

今度は嬉しそうに「おっぱい、舐めてみて」と言う。
俺は待ってましたーとばかりにむしゃぶりついた。
胸はさらに大きくなっていたので、舐めがいがあった。
たしかに、乳首は固くなっていたと思う。
どうやら、俺も目覚めてしまったらしく、大きくなってきた。

「××君、おちんちん、固いよー」

彼女が握ってくる。

「いたいよー」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

まだ敏感な俺。
マジでいたい。
ただ、去年とは違って、妙に楽しかった。
俺も積極的に触ったり、擦りあったりした。

農業倉庫でもおっぱいを舐め回し、押入れの中でも「おちんちんおっきい」とか言ってさわられていた。

もう、2人っきりになるのが楽しくてしかたない。
親の目を盗んでさわりっこ。

ちょっと親も気づきはじめて、「××は、◯◯ちゃんとお医者さんごっこか。もうお前も中学生になるんだから、お医者さんごっこはやめなさい」と言われるようになった。

でも、その夜もお医者さんごっこ。
さすがに俺の股間も刺激に慣れてきて、先走りが出るようになってきた。

彼女は「××君、こんなお汁出して、病気ですよ。先生が吸い取って上げる」と言ってそれを舐める。

俺もおっぱいを舐め回し、彼女が「割れ目からお汁が出てきました、先生。舐めてください」と言われ喜んで舐めるように。

最後の夜はお互い全裸で抱き合って彼女の方から「来年も、いっぱいこういうことしようね。大人になっても、内緒でしていようね。絶対だよ」と言われまたおっぱいと股間の舐めあい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


きもちよかった。

オナニーを覚えて、彼女が東京に帰ってからもこの日々のことを想像して擦っていた。
だんだんエッチに興味が出てきて、来年はこうしてやろう、ああしてやろう、と楽しみにしていた。

翌年、彼女は高校1年、俺は中学1年。
もう、男としてはやりたい盛り。
初日、彼女と一緒にお風呂に入り、お互いにびっくりした。
俺は陰毛がぼうぼう生えていたし、彼女はおっぱいがすごくいい形になり、ピンク色の乳首がすごくエロかった。
それ以上に女性独特のくびれと言うか、エロ本の世界。
とにかく、俺は完全に彼女を意識していた。

夜になりふとんに入るや否や俺は彼女に抱きついて腰をサルのように振り彼女を裸にさせようとした。
が、彼女は去年までと違った。
いきなり「パチン!」と平手打ち。
それでも俺の股間は臨戦体勢。
無理やり犯そうとしていた。

「落ち着いて!話したいことがあるの」と言われ、彼女は近親相姦だと奇形児ができるとか、もうこういうのはやめよう、と話した。

それからは何事もなかったように、ただのいとこに戻った。
俺が高校に入った頃、何度か手コキはしてもらったが、うんざりしたような様子なので、それもやめた。
今は彼女も30。
あの時やっちゃわなくてよかった、と思う。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 先生、パンツのなかがおかしいんです

55歳の独身熟女と健全なお医者さんごっこwwwwwwww
33歳で、営業マンをしています 誰にでも苦手なタイプの女性がいると思いますが 僕の場合は仕事の取引先の女性支店長で、 T子さんという55歳の独身熟女がそうでした。 凄く嫌みくさく、何でも上から目線で物を言う感じの人で、 […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 55歳の独身熟女と健全なお医者さんごっこwwwwwwww

我慢できない?しかたないなぁ
画像はイメージです
中学の頃の話。

小学校のころ毎日のようにけんかをしていた俺は当たり前だが、要注意人物として中学に進学した。
入学式の日から、校長に名前で呼ばれるぐらいだから顔と名前は教師には知られていたんだと思う。

そんな俺の担任になったのは、新任理科教師の橋本真奈美先生だった。
ちなみにバレー部顧問。

特に成績が悪いわけでも無く、球技音痴でも体育の成績はそんなに悪くなかったが、ゲームセンターで補導されたり学校休んだり、まぁ色々と素行の問題を抱えていた。
今思えばたいしたこと無いと思うんだけどね。


ある日、俺が学校をサボって家にいるときにやってきた先生に、マスをかいている所を見られた。
しかも、そのとき好きだった近所のクラスメートのみどりの写真でしているところまで見られた。

で、マスを先生は見て見ぬ振りをして

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「みどりさんのこと好きなんだね。みどりさんもあなたのことは好きだと思うよ先生も協力するから、告白しちゃえ」

見たいな流れになった。

当然、話半分に聞いてたんだが、毎朝俺のことを近所のクラスメートが迎えに行くという恥ずかしい取り決めをクラス会でごり押しし、男女問わず、迎えにくるようになったが、奇数だったこともあり暗黙の了解で、みどりだけ一人で迎えに来るようになった。
また委員とかもペアにされるようになった。

しかし、奥手だった俺は告白できずに2学期が終わった。

クリスマスを過ぎたころ、クリスマスイベントをこなさなかった俺に、先生から学校へ呼び出しがあった。

生活指導室に呼ばれて、立たされたまま説教。

「何でクリスマスに告白しないの!焦れったいわね、みどりさん期待してたよ。怖気づいててどうするの!」

「いやだって、自信ないし・・・」

「何の自信が無いの?聞かせて」

「俺問題児だし、顔悪いし、スケベだし、いいとこ無い」

「問題児も顔も問題になるなら、もともと好かれて無いわよ女の子だってHなこと考えるし、スケベなのは一緒・・・」

これだけの言葉で、勃起した俺。

「若いわね~それも自信の無いこと?」

なんとなく冷たく感じる話し方だった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「あるわけないだろ・・・」

テレながらも答える。

「先生もそんなに知ってるわけじゃないけど十分立派だったよ」

まだ冷たく感じる。

「うそだ・・・」

「その夜、思い出して、私も同じことしたし・・・」

先生のしゃべりは、少し、たどたどしくなった。

「うそだ・・・」

疑う俺の手を、先生は引っ張り

「ほんとだよ、だって、目の前のこれと、あなたのしてたの思い出しただけで、濡れてるよ?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

真っ赤になり、目を合わせてはそらしながらも、はっきりとそう言って先生は、ジャージの中に俺の手を入れて、茂みを触らせた。
慣れてない俺に濡れたところを触らせるために、先生はかなりジャージとパンツをずらしてくれた。
先生の茂みがしっかりと見えていたのを覚えている。

「ね、濡れてるでしょ?だから自信持っていいよ?」

もう、あらゆることが、興奮のきっかけだった。

俺は自分でするために、ズボンを脱いで露出させマスをかこうとした。
すると・・・。

「我慢できない?しかたないなぁ」と先生の手が俺のものに伸びてきて、つかまれた。
正直これだけで発射寸前だった。

「硬いし、太いし、むけてるし、すごいね。私の知ってる中では一番だよ」

今にして思えば、自信を持たすための嘘だったかもしれないがこの言葉はすごく嬉しかった。

そして、そのまま先生の口が俺のものをくわえるその瞬間に、今まで感じたことが無いくらい大量に精子が出たのを感じた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

先生はそれを口で受け、ティッシュに吐き出した。
そして、再びまだ溢れる精子を吸いだすように拭い取ってくれた。

この状態でおさまる分けも無く、俺のものは固さを維持していた。

「まだ足りないんだねぇ、でも、ここじゃもうできないなぁ・・・」

時計を見ながら、俺のを指で弄り考え込む先生。

ふっと顔を俺に向け、意地悪そうに笑って「どうしたい?」と聞いてくる・・・。

この状態で答えることはひとつ。

「セックスしたい」

先生は

「みどりさんに告白するならかなえてあげる」

そう言いながら、俺のものをこするもう、逆らえなくなった俺は了解した。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そして、もう一度、今度はティッシュに射精してから

「じゃあ、今日宿直だから朝4時に来て。一番静かな時間だから」

なんとなく有無を言わせぬ感じがあり、後ろ髪を引かれながらも家に帰った。

結局一睡も出来ず、何度もマスをかきながらまだおさまらない物を抱え、暗い道を学校に向かった。

そして、宿直室に行くと・・・。

そこにいたのは、みどりだった。
なんていうか、一気に萎む俺の息子。
ありえない展開についていけずに、あたふたしていると小声で先生が話し掛ける。

「ほら、告白告白」

正直色々いっぱいしゃべったが、頭真っ白で「俺の彼女になってくれ」と告白した。
この言葉だけは覚えているそして、まずいことをいっぱい言ったことも覚えている。

みどりは、真っ赤になって

「・・・うん彼女になる・・・でね・・・(感覚的に長い間)私も、同じぐらいHなこと考えてたから、おあいこだね」

なんとなく居た堪れない空気が流れ、みどりは「じゃ・・・じゃあ、家に帰るね」と、先生が送っていった。

俺も、なんとなくそのまま自宅に帰った。

この後、毎日みどりと会ってるうちにしっかりと覚えているし、ネタにもしたが先生とすることなく初詣の後、俺の家でみどりとした。
というか失敗した。
そして互いにおかしくて笑いあった。

それで気が抜けたのか、次の日の昼間にみどりの家で無事成功した。

その夜、先生から祝いの電話があり内心、筒抜けかよ!と思いながらも、約束を迫ると「私がするとは言ってないし」と逃げられた。

悔しかったし、腹も立ったが、口にでたのは「ありがとう」だった。

そんなわけで、記憶の中で美化された先生との思い出でした。
お目汚し失礼しました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 我慢できない?しかたないなぁ

レズカップルと3pしている 妄想全開の夢を見て夢精してしまいましたwww
うちのマンションはコの字型 空間を挟んだちょうど真向かいの 部屋にインテリオフィスレディ風の 女性が1人で住んでいた。 年齢は20代半ばから後半くらいか。 ショートカットで目が大きく、 キリッとした顔つきの美人だ。 背は […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 レズカップルと3pしている 妄想全開の夢を見て夢精してしまいましたwww

バレるか?バレないか?
画像はイメージです
先日妻の友達が家に遊びに来た。
妻と同じ29歳の奥さん。子供連れで来た。

結構可愛くていい。
俺はムラムラとしてきた。

奥さんが帰った後、使ったコーヒーカップを自分の部屋に持ち込み、口の辺りを舐め回す。
もう既にチンポはビンビン。
舐めながらチンポをしごき射精した。

それから数日後、また家にやってきた。
履いてきたブーツを匂いを嗅いだり、舐めたかったりしたかったが、さすがに部屋に持ち込みはやばいし、かといって玄関でチンポをしごくわけにもいかないだろう。

俺はふと思いつき、やばいと思いつつも行動に移した。
コーヒーに自分のザーメンを入れて出す事だ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

前、彼女にしてみたがバレなかったので大丈夫だろう。

俺は妻に「コーヒー、俺が淹れるよ」と伝え、キッチンでしごき始めた。

妻たちはリビングでおしゃべりにもう夢中だ。

俺は隙間から奥さんの顔を眺め、激しくしごいた。
ああ・・ロリっぽい可愛い顔そしてあの胸・・どんな体位で旦那とやってるんだろう。
顔射とかされた事あるのか?激しく喘ぐのか?縛られたりはあるのか?などと勝手に妄想し、やがて勢いよくコーヒーカップに射精した。
あまりに量が多いとばれるので少し採り、そのカップにコーヒーを注ぎいそいそと普通に差し出した。

奥さんは「どうもすいません」と言い、コーヒーに口をつけた。

ああ・・体がブルブル震えた。
バレないかという不安と、俺のザーメンを飲んでるという興奮で。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 バレるか?バレないか?

寝ている友達の近くで彼女の巨乳おっぱいを舐めてみたwww
これは実話なんですけど寝ている友達の近くでHしました。 そんなことはじめてだったのでとても興奮しました。 僕と彼女、僕の友達の3人で飲んでいたのですが、 酒に強い友達がめずらしく酔いつぶれ、 店からいちばん近い彼女の部屋 […]
[紹介元] エロ話まとめ 秘密のセックス体験談告白 寝ている友達の近くで彼女の巨乳おっぱいを舐めてみたwww

他人のM奴隷と初めてのアナルセックス
画像はイメージです
取引先の年上の男性に、「今度、私のM女をご紹介しますよ」と言われた時には冗談だと思っていた。
ある日、打ち合わせの後の食事に行くと、上品で美しい女性が同席しており、奥さんかと思ったら、「私のM奴隷の麻衣です」と紹介された。


食事の後、ホテルの一室に三人だけになった途端、彼の態度が豹変した。

「さあ、麻衣、お客様にご挨拶するんだ」

いつもの彼とは違う威厳のある口調に、俺までドキッとしてしまった。
麻衣はゆっくりと服を脱ぎ始め、スタイルのいいしなやかな肢体と、それを拘束している赤いロープが現れた。
麻衣はブラジャーをつけておらず、パンティを脱ぐと、バイブが挿入されていて、それを押さえるようにロープがクロスしていた。
パンティには麻衣の愛液がしたたっていて、濡れているのがよくわかる。

「M奴隷の麻衣でございます。ご主人様がいつもお世話になっております」

麻衣は俺の足元に跪いて頭を下げた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「ど、どうも・・・」

「麻衣、後ろを向きなさい」

命令されて四つん這いになった麻衣のアナルにもバイブが刺さっていて、グニグニと蠢いていた。

「アナルセックスのご経験は?」

バイブを飲み込んで広がったアナルに驚いていた俺は、はっと我に返った。

「ええっ!ないです、ないです!」

慌てて、首を振る。

「それは勿体無い。アナルセックスはヴァギナよりも強い快楽を与えてくれますよ」

アナルに刺さったバイブをゆっくりと引き抜くと、麻衣が震えながら喘いだ。

「ああ・・は・・・」

「麻衣でよければ、お試しになりませんか?」

彼は抜いたバイブをまたアナルの奥まで差し込む。

「はあん・・・ああっ・・・」

「ちょっと淫乱ですが、具合は保障しますよ」

太めのバイブを楽々と咥えこんでいる麻衣のアナルと、愛液を垂れ流し続けているアソコを見ていると、さっきから立ち上がっていたペニスが痛いくらいに硬くなってきた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「麻衣もお客様にお願いしなさい」

彼に言われて、麻衣が四つん這いの体勢で俺にせがむ。

「麻衣のアナルにお客様のペニスを入れてくださいませ」

上気した顔と潤んだ瞳に理性を飛ばした俺は、ベルトを外しズボンを脱いだ。
下半身裸になった俺を満足そうに見ながら、彼が麻衣に命令する。

「アナルに入れていただく前に、ペニスにご挨拶させていただきなさい」

麻衣は俺のペニスを丁寧に根元から亀頭の先端まで舐め上げる。
ジュルリと口の中に咥え込み、ジュポジュポと出し入れする。

(こんな上品そうな美人が俺のペニスをしゃぶってる!)

興奮で気持ちよさが倍増しゾクゾクしてきた。

「麻衣、アナルにローションを入れなさい」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


麻衣は口いっぱいに入っていた俺のペニスをゆっくりと口から出すと、小さなかばんからローションを取り出した。
自分のアナルにローションのボトルを突っ込み、ぐっと押すと、アナルに入りきらなかったローションが垂れてきた。
麻衣はローションがいっぱいに入ってチュクチュクいっているアナルを自分の両手の指で広げ、四つん這いのまま後ろの俺を振り返って言った。

「麻衣のアナルをお使いください」

アソコからはバイブの振動で溢れ出した愛液が流れて太ももを伝い、お尻もローションで光っている。
俺はゆっくりと麻衣に近づき、ペニスをアナルに押し当てた。
バイブによって緩められていたアナルは俺のペニスをすんなりと飲み込み、狭くて熱い腸壁は今まで感じたことのない気持ちよさだった。
根元まで入れた俺は、麻衣の白くてすべすべのお尻を掴んだまま身動きが取れなくなってしまう。
アソコからはバイブの振動が伝わってくるし、狭い腸壁はときどき収縮して、俺の精液をすぐにでも搾り取ろうとするのだ。

「麻衣、お客様のペニスは美味しいかい?」

彼が楽しそうに麻衣に聞くと・・・。

「とっても美味しいです。ご主人様」

麻衣の腸壁がさらに締まった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺はゆっくりとペニスを動かした。
最初はちょっと動かすだけでも恐る恐るだったが、次第に慣れてきて、ペニスを大胆に回してみたり、奥まで突いてみたりする。

「ああ・・・はあん・・・気持ちいいです・・・」

四つん這いになったままの麻衣はあられもない喘ぎ声をあげて悦んでいる。

「いかがですか?」

彼はうっとりとしている俺に声を掛けた。

「すごく・・・気持ちいいです」

「よく締まるでしょう?もっと具合をよくしましょうね」

彼はそう言うと、自分のペニスを麻衣の目の前に出した。

「ほら、お客様を喜ばせたご褒美だ」

麻衣は俺のペニスをフェラチオした時よりも、さらに熱心に彼のペニスをしゃぶりだした。
彼が麻衣にペニスを見せた途端、麻衣の腸壁はよりキツくうねるようになり、俺のペニスが感じる快感も強くなった。

「いつでも中で出してやってください」

彼は麻衣の頭を撫でながら、さらりと言ってくれる。
俺の動きにあわせて麻衣が腰を振り始めると、ペニスをアナルから抜く余裕もなく精液が飛び出てしまった。

初めてのアナルセックスは、M奴隷を持っている彼が心底羨ましくなってしまうくらいの気持ちよさだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 他人のM奴隷と初めてのアナルセックス

俺が彼女にまんまと嵌められたのかな?

あまり楽しい話じゃないから期待しないでくれ。

これは隣の隣の県までKLX250に跨りツーリングに行った秋頃の話。
走りを楽しみ何カ所かの観光スポットも巡り、山の中の道の駅で休憩してた。
そしたら何かフラフラしながらオフ車がゆっくり入ってきた。セロー225だった。
視線が合った。そして俺のKLXの隣にセローが止まった。
よく見るとFタイヤにエアーが入ってない。と言うよりパンクしてた。
あ?ぁ。かわいそうになぁ。と思ってると、ライダーがオフメットを脱いだ。
ショートカットの女の子だった。
「すいません。この辺りにオートバイ屋さん有りませんか?」って聞くので
「俺、地元じゃないし、通ってきたルートにオートバイ屋さんは無かったよ。ってか、
こんな山ばかりの所にオートバイ屋さんは無いと思うよ。」と答えた。
「この山を越えて行った先には街が有るから、そこに行けば有ると思うけど日曜日は
大抵休んでるんじゃないかな。」「ガソリンスタンドでもTLなら直せるけど、WTはなかなか直してくれる所無いよ。
道具を持ってる所も無いし。」って答えた。
そうですか。」と彼女。俺が「ちょっと待ってて、店の人に聞いてくるよ。」と言って
お店の人に聞きに行ったたけど、やはり山を越えた所まで行かないとオートバイ屋さんは無いとの事。
彼女に伝えるとショボーンとしちゃって、その場にしゃがみ込んだ。

「あのね彼女。パンクしたまま乗車して走ったらダメなのよ。WTは。刺さった釘を抜いて押して歩かないとね。
チューブが穴だらけになってチューブ交換になるよ。」
「後タイヤだったら良かったのにね。セローって後タイヤがTLだから、そこら辺のガソリンスタンドでも直せるのにね。」
って慰めてたら「どうしょう。」って。
どうしょうったって俺も帰らんといかんし、かと言ってこんな山の中に女性をほったらかしにしとくのも可哀想だし。
道具でも有ればFタイヤのチューブ交換なんて朝飯前だけど修理キットも手元にないし。と、ここで閃いた。
お店にタウンページが有れば片っ端から電話してバイク屋さんに来てもらおうと。
早速お店に戻り、「タウンページ有ったら貸してください。」って言ったら無いんですと。
あ?あ、万策尽きたと思いながら彼女にそのことを伝えると「迷惑掛けてすみません。」  って。
ここで又一つ閃いた。こんな山の中なら軽トラックに乗っている人にセローを乗せて行ってもらったら良いんじゃないかと。
駐車場を見渡しても軽トラックは無し。でも2tトラックが止まってたので、運転手さんに事情を話した所、
彼女の顔をじろじろ見ながらOKしてくれた。(これが間違いの始まりだった。)
やれやれと思ってセローを運転手さんと一緒に荷台に乗せ彼女とセローを乗せたトラックは出発した。
軽そうなセローでもあの荷台の高さまで持ち上げて乗せると結構しんどいのな。
自販機で飲み物を買いタバコを一服してから出発して暫く行くとなんと道端に先程のセローの女の子とセローが
停まってた。

?何で??と思いながら彼女に事情を聞くと
「お金を請求されたけど手持ちがなかったので、家に帰ったら送金します。」って言ったら
「ふざけんな。それじゃあバイクを降ろせ。」と言われてセローを荷台から放り投げられたらしい。
「嘘?!」と俺も叫んじゃった。
セローを見るとハンドルが曲がってブレーキレバーが折れてた。
「ひでぇ事しゃがるなぁ。」と言ったら突然彼女が泣き出した。それも大声で、わんわん泣いてる。
「ちょっちょっと待って。ここで泣かれると何か俺が泣かしたみたいだから泣きやんで。」って頼んでも彼女は泣きやまない。
あの運転手に頼んだのは俺だから俺にも責任有るのかな?って思った。
「彼女、ごめんね。俺があの運転手に頼んだばかりに。」って謝まったら、
泣きながら「そんな事無いです。一生懸命動いて頂いてこちらこそ申し訳有りません。」
って言うので尚更、放っておけなくなった。辺りはどんどん暗くなってきていた。
ここで又閃いた。セローを此処に置いて置いて俺が彼女を彼女の家に送っていけば良いんじゃないかと。
セローは明日にでもバイク屋さんに取りに来てもらえば良いんじゃないかと。彼女にその事を提案すると
「セローを置いていきたくない。」と。
もう勝手にしろよと思ったけど又彼女が泣き出した。

そこで「ブレーキレバーの予備持ってる?」って聞くと「持ってません。」ですと。
「じゃあ、暗くなってきたけど山を押していく?」「パンクしてるし登りはえらいよ。」
「セローを買った店には電話連絡した?」って聞いたら
「大学でこちらに来たのでセローを買ったオートバイ屋さんは○○府です。」ですって。
「そりゃ遠過ぎるわ。仮に来てくれても高速代と修理代とそれにこちらに着いても真夜中になるし、
それならこっちの修理屋を当たった方が安いだろうしね。」って言ったら彼女も決心したらしく
「乗せて行ってもらってもいいですか?」って言うのでセローをなるべく邪魔にならない所に置いて
彼女と2ケツで80km程離れた彼女の家を目指した。
しかし、日も暮れてきたし寒いわ。後に座る彼女は俺が盾になって風もあんまり当たらないだろうけど、
俺、まともやしなぁ。と思った。何度か休憩を取りながら彼女の住んでいるアパートに着いたのは夜の9時を回っていた。
ケツも痛いし。(オフ車のシートはケツにくる。)「じゃあ、俺帰るわ。」って言ったら彼女が俺の腕を引っ張り
「上がって暖まっていってください。何か暖かい物を作りますから。」と言うので
「もう遅いし、家族が待ってるから帰るわ。」って言っても手を離さない。
「お礼をさせてください。」って彼女が言うから「困った時はお互い様だし、気にしなくて良いよ。」って言ったのに
どうしても、どうしてもって言うから「じゃあ、少しだけ、お邪魔します。でも直ぐに帰るから。」と言って
お邪魔させてもらった。部屋に上がると、まぁ?綺麗に片付けてるわ。さすが女の子。

彼女が脱衣所に着替えに行ってジーンズとロンTで出てきた時、おっ!イメージが変わるねぇ?と思った。
何か急に女の子らしく見えた。
簡単な料理を作ってくれるって言うんだけど遠慮した。お腹も空いたけど、迷惑を掛けたくなかったし。
でも彼女が「じゃあインスタントラーメンならどうですか。」って言うので好意に甘える事にした。
ラーメンが出来るまで彼女が今日の事を話し始めた。
久しぶりにツーリングに出かけたらパンクした事。俺が助けた事。
そしてセローを放り投げられて泣いた事。そして俺に又助けられた事。
そしたら彼女が又泣き出した。今度はクスンクスンって。もう冗談じゃねえぞ!と思って
帰ろうとしたら焼き豚、もやし、ねぎが乗ったラーメンが出来てきた。
雰囲気的に食べたい心境じゃなかったけれど、折角彼女が作ってくれたんだからと彼女と二人でラーメンを頂いた。
ラーメンを食べ終わり「ごちそうさま。じゃあ帰るわ。」って言って立ち上がったら
彼女が俺の腕をグィッっと引っ張った。その拍子に俺の腕が彼女のおっぱいに当たってしまった。
彼女が「もう少しだけ居てくれませんか?」って言うけど
「女性の一人暮らしの所に長居は出来ないでしょう。」って言ったら「後、ほんの少しだけでも結構ですから。」って。
俺が「え?。どうしょうかなぁ。」って言ったら彼女が急に抱きついてきた。
呆気にとられる俺。この状況をどう打破しょうかと考えてたら、彼女がポツリと囁いた。
「好きです。」って。さっきから彼女の柔らかいおっぱいが俺の体に当たってるし、なんか息子がウズウズしてきた。

でも手を出しちゃいけないと思ったんだけど、次に彼女が「お願い。」って。
俺は何をお願いされたのか分からず、固まってたら次の瞬間押し倒されてキスされた。
先程のラーメンの味がした。
次に彼女が「Hしたい!」と言うなり俺の服を脱がし始めた。
参ったなぁと思ったけど俺の乳首に彼女が吸い付いた瞬間俺は迂闊にも感じてしまった。
すげぇ気持ちよかった。次に彼女が舌でレロレロと俺の乳首を舐め回し始めた。
この時点で俺はGiveup! 理性がぶっ飛んだ。
シャワーをしたかったので、その事を彼女に伝えると「あそこだよ!」と脱衣所の方向を指さす。
立ち上がり脱衣所で服を脱いでシャワーを浴びボディソープを手に取り下半身を洗っていると風呂場のドアが開いた。
裸の彼女だった。「えへへ、来ちゃった。身体を洗ってあげる。」って。
彼女に身体を洗ってもらって、俺も彼女の身体を洗ってあげた。
おっぱいはやや小振りでBカップだな。でも形が俺の好きなレモン形だったのが嬉しかった。
ソープをシャワーで流した所で彼女が俺の息子にしゃぶり付いてきた。と言うよりむしゃぶりついてきた。
ジュボッ、ジュボッってイヤらしい音を立てながらくわえられ手でしごかれた。
おい、うますぎるやろうと、お前はProかと思った。彼女は竿をくわえ、袋に吸い付き尚も手で息子をしごく。
彼女に嵌めたくなったのでギンギンに成った息子をバックから嵌めた。熱かった。
彼女の中は暖かいのを通り越して熱かった。
バックからパンパンと打ち付けてたが何分風呂場が狭いので続きはベッドでしょうと提案した。
バスタオルでお互いの体を拭き、そのままベッドに二人で行った。

そしたら彼女が先程の続きらしく、又息子をジュボジュボってくわえて舐め回されて、次に69の状態で跨がられた。
俺の目の前には彼女のお○○○。お口がやや開いている。すでにお露で光ってる。
色は全然黒ずんでなくて綺麗だった。それに形も悪くない。
彼女の割れ目を舌で前後左右に動かし次に円を書きながらクンニした。クリちゃんにも吸い付いた。
そしたら彼女が「アァー気持ちいい?。もっともっと。」って愛液がどんどん溢れてきた。
こんなに出るのって位溢れ出てきて彼女がクリちゃんを俺の口に押しつけて前後に腰を動かしてる。
(俺の口とか鼻の辺りまで彼女の愛液まみれ)しばらく69をした後、彼女が俺の息子にまたがり騎乗位でSEXし始めた。
クリを押し付けながら凄いスピードで腰を動かす彼女。
おいおい、無茶苦茶ええ動きやないか。余程男に仕込まれたんだろうなぁと思ってたら、
覆い被さってきてキスをしながら腰を上下にパンパンと打ち付けながら喘いでいる。
次に上に来てと言うので正常位を飛ばし、いきなり帆掛け船で嵌めてみた。
俺が腰を動かすたびに彼女のあそこは脈打つように締め付けてきた。
彼女は「あ??あ??逝きそう。」と言うのでカリの部分を引っかけるように腰の動きを変えてみた。
そしたら彼女が「あ??逝くぅ??。」といって身体をよじり、足をグーッと閉じて自分の手をあそこに押し付けてきた。
ハァハァ言ってる。

俺はまだ逝ってないので正常位に体位を変えカリの部分で引っ張るようにしたり、
奥まで突いて子宮口の部分をグングン押してたら彼女が「もう堪忍して。お願い。飛んでいきそう。」と言うので、
こんなスケベな女にはFinishは口でしてやる。と思って逝く寸前に彼女の口に突っ込み前後に動かして射精した。
彼女の口から息子を抜こうとしたら彼女が手で握ってきて「もっと頂戴。」と息子をしごき、
こんなに入れたら苦しいだろうって思うくらいディープスロートでくわえられ、最後はしつこく舐め舐めされた。
(俺、これに弱い。)ふと部屋の時計を見るともう11時を過ぎてた。
俺は「ヤバイ。もう帰らんといかん。」と思ったけど彼女が又抱きついてきた。
そして「超最高。こんなに逝ったの初めて。凄いですねぇ。」って。
俺も彼女に「昼と夜じゃ全然別人じゃん。このスケベ。」って言ったら
「だってお兄さんカッコ良いんだもん。勇気を出しちゃった。」だってさ。
早く帰りたかったけれど、彼女が又おねだりしてきて「あの飛んでいきそうな感覚をもう一度味わいたい。」って言うので
「俺、明日も仕事だし、家族が待ってるから早く帰らんと。」って言ったら「じゃあ、今度合った時にまたしてね。」だって。
「そうやねぇ。」と言いながらシャワーを浴びに行き、着替えをすまし、帰る準備をしてても
彼女は裸のままでうつ伏せになりながら「バイバーイ。またね。」だって。

今回は俺が彼女にまんまと嵌められたのかな?
それからは高速で急いで帰ったんだけどオフ車の最高速なんて、たかがしれてるし、
寒いし、振動は凄いわで家に着いたら日付が変わってた。
奥さんも子供も既に寝てるし、かと言って風呂に入らずに寝ると怪しまれるので
遅い夕飯を食べてお風呂に入りながら、先程の彼女の事を考えてみた。
初めに合った時は普通にそこら辺に居るような女の子だった。取り立てて美人でもなければブスでもない。
本当に普通の子。あそこの具合も取り立てて言うほどではなかった。
でもHモードになって、表情や仕草、言葉遣いがエロエロまる出しだったなぁ。
色々有って俺に慰めて欲しかったのかなと。
それはそうとセローをきちんと取りに行けるのかなぁ。まぁ何処かのバイク屋に頼んで取りに行くやろうなぁと。
それにしても女子大生であれだけ淫乱みたいな状態だと、もう少し歳を取るとどうなるんだろうと。
あの子は天性の淫乱やろうと。
ちなみに彼女とは携帯の番号も何も交換してない。
交換する気持ちが無かったし面倒くさいし、もう、合わなくてもいいや。と思った。
助平なだけの女なんて興味もないし。さぁ、明日からの仕事を頑張ろう!
今日は何か色々有ったなぁと思いながら自分の部屋に行き眠りに就いた。

終わり

[紹介元] エロ体験談 俺が彼女にまんまと嵌められたのかな?

先輩が知らずに元カノとエッチしていた生々しい体験を聞いてしまった

つい1週間ほど前の話。
学生時代の二つ上の先輩がいるんだけど(仮に荒木としとく)、
その先輩が昔付き合ってた彼女と知り合いだったことを最近知った。
その時に聞いた話。

荒木とは普通の先輩後輩として仲良かったんだけど、
卒業してからは地元を離れてしまったのでほとんど会うこともなかった。
けどこの間出張でこっちに来たらしく、駅で偶然顔あわせて、なんか久々だったもんだからそのまま飲もうって事になった、

この先輩、根はいい人なんだけど、酔うと下ネタばかりになる。
飲み会なんかでそれが出た時は適当に促してた。
内容は大体誰とヤッたかとかそんな話。
性質が悪い事に結構描写が細かかったりする。
さすがに飲み屋なんかじゃそんな話は自重するが、自宅で飲んでるとまあ酷い。

その日は滞在先のビジネスホテルで飲んだ。
手荷物に山ほどのつまみを詰め込んできたらしい。
何しに来たんだほんとに。って感じだった。

酒も進みしばらくすると、案の定、先輩は酔っ払い始めてきた。
「そういえばさあ……」と勝手に話し始める。
相変わらずだ何て思いつつ以前と同じく聞き流そうとしていた。
その日の話は大学時代にやっていたバイト先の女の話だった。
「名前なんていったかなあ。確か○○とか言う……」といったところで何か引っかかった。
元カノと同じ名前だったから。
仮に祐美って事にしておくが、このくらいよく聞く名前じゃなくて、実際はもっと珍しい名前。
もしかしてと思って聞いてみると案の定、荒木は祐美と同じバイト先で働いてた。
付き合ってるときにバイト先の面々なんて知らなかったし、
話してる様子を見ると荒木も俺と祐美が付き合ってたなんてことは知らないみたいだった。
しかし学生時代にはまるでなかった食いつきの良さに以前の倍くらい気合入れて話をしてくれた。

そんな彼女だったんだが、どうやらバイト先で荒木は祐美に目をつけていたらしい。
しかし彼氏もちといわれ拒絶、それでも懲りずに何度も食事に誘っていたと。
酔うとこんなのだが、根は結構良い人(だと思う)なので、人望はあったらしい。
卒業間近に最後だからと頼み込んだら一度だけ、食事だけという条件でOKを貰ったらしい。

祐美は酒に強いとは言えなかった。
一杯飲んだら真っ赤になり、二杯飲んだら黙り込む。
だから一緒に飲みに行っても最初の一杯を飲んだら後はウーロン茶って感じ。
でもその日は先輩の誘いを断りきれずに五杯近く飲んでいたそうだ。

見事に潰れた彼女は酔った上での同意の下、先輩の家に連れて行かれた。
この段階で日が変わって少し経った頃だったそうな。
荒木の家で祐美は二時間ほど眠りこけていたらしい。
二時ごろに祐美が目を覚ましたとき、酒に潰れてやむを得ず自分の家に連れてきたことをきちんと説明して、水を飲ませたという。
そして少し楽になった所で荒木は祐美を落としにかかったそうだ。

判断力がぼやけていたのかどうかは知らないが祐美は最初拒絶したものの、
「今日だけ」とか調子のいいことを言って押していたら
「それじゃあ、今日だけなら……」となってしまったそうな。
この時荒木は内心歓喜。その話を聞いた俺は過去の傷をえぐられた思いだった。

体が少し楽になって余裕ができたのか、祐美はシャワーを浴びたらしい。
そこで風呂場に乱入したりはせず、寝間着を貸した以外はその場で座って待っていたそうな。
出てきた祐美は荒木に借りた寝間着を着て出てきたそうだが、何を思ったかその時祐美は下着を何も着けず出てきたらしい。
ノーブラノーパンで荒木の寝間着だけ身につけている状態。
まだ寒かったとはいえ、体格も全然違う荒木の服を着ていた祐美の胸はまる見えで、それだけでもう荒木は準備万端だったらしい。

一緒に布団に入り、お互いに抱き合う。
前途したとおり、祐美は肉付きが結構良い。
抱き心地は本当にいいものだった。
荒木も同じことを言っていた。
「見た目と違って以外に肉付きよくてさ。これがまた抱き心地いーんだ」なんて。
何が悲しくて同じ女を抱いて、好みのタイプが同じだなんてことをこんな所で知らなきゃいけないんだろう。
とか考えていたが、ntr属性があるからか、好奇心の方が勝っていて、続きが気になって仕方なかった。

服を脱がせ、互いに裸になる。
キスをせがむとそれだけは、と拒絶されたらしい。
それを聞いて何にもならないのに何か安心した俺がいた。

荒木はまず胸に目をつけたうようで、執拗に胸を舐め続けたそうな。
三十分くらいそれを続けたところで祐美の方から手を伸ばして荒木のモノをしごき始めたらしい。
負けじと荒木は祐美に指でし始めた。
そのまま更にしばらくすると、体勢を変えて祐美は荒木のモノを舐め始めたという。

祐美、舐めるのは苦手だからってあんまり舐めてくれなかった。
でも手でするのも、舐めるのも、したこと無かったからって(処女だった)俺が初めてだった。
最初ものすごくぎこちなくて、歯が当たったり、爪が当たったりして悲鳴を上げたりもしたが、付き合ってるうちにそういうことはなくなった。
始めと比べるとすごく上手になって、それをいうとニコニコしながら喜んでくれたんだ。
それをほかの男にしてやったって聞いてるとなんだかさすがに辛くなってきた。
だが更に重い一撃を次に喰らった。

「思いのほか上手くってさあ。つい出ちゃったんだよ、口の中で」

一瞬頭真っ白になった。
口の中でなんて俺だって出したことない。
一度頼んでみたら嫌がられたのでそれからそういうこと言うのはやめておいていた。
あの勢いで喉奥に出てくるのはさすがに少し怖いからとその時は言われたんだが。
荒木に対しては口の中で受け止めた上にそれを飲み下したらしい。
俺のだって腹の上とかに出した時、それを指ですくって軽くなめるくらいしか出来なかったのに。
全部出し切る前に口の中から引き抜いたら残りが少し顔にかかっていたとも言っていた。
勿論俺は顔になんて(ry
それも指ですくって全部口に運んだと聞こえた気もするが、その辺はちょっショックで覚えてない。

飲み干した後、口を水ですすいで一休みしたらしい。
その時に求めてみたらいとも簡単にキスも出来たそうだ。
少しだけ救われてた俺はぶっ倒れそうになった。
そのまま後半戦に突入する。
祐美を押し倒し、キスを続ける。祐美も手で荒木のモノをしごく。
十分に祐美も濡れてきていたらしく、挿入に至ったらしい。
この時荒木の家にゴムの買い置きは無かった。
しかし大丈夫だからと言う薄っぺらい口約束で生で入れたそうな。

祐美には性感帯っていうか、弱いところがあって、抱き締めている時にわき腹を押すとすごく感じるらしい。
入れてる時にすると締りがすごくよくなる。
荒木はそれも見つけていた。
しばらくすると荒木は限界を向かえ、引き抜いて出したらしい。
腹から顔にかけて派手に飛び散ったと言っていた。

二回出したと言うのに荒木は留まるところを知らなかったらしい。
「実はこの日のために何日か溜めて置いたんだ」なんてどうでもいい情報を聞いた。
舐めてもらって復活した荒木は再び祐美の中に入り込んだ。
今度は騎上位とかバックとか、色々試したらしいが最終的に正上位がいいって事になってまた正上位で始めたらしい。
キスして、突いてるうちにまた出そうになったそうだが、今度は素直に出さずにペースを落として我慢したりしたらしい。
それがメリハリになったのか祐美が大分感じてきたようで。
そのまま続けていたら祐美はイッたらしい。
我慢できなくなったか、荒木も腰を早め、そのまま中でイッたらしい。
二回出したとはいえ、溜めてたことや、我慢を続けたのもあってか中に出た分はその二回分より多かったと思うと言っていた。
その段階で四時過ぎ。
二人は抱きあったまま眠ってしまったらしい。

翌日。
昼前に起きて、またヤッたらしい。
朝立ちのせいか荒木は準備万端、祐美もすぐに入れられる状態にまでなったらしい。
キスしてちょっとフェラされて、入れたら部屋が明るいのもあってか夜にヤッたときとまた違う感じで燃えたそうだ。
一度出したら二度も三度も変わらないってことでその時も中で出したらしい。
夜はうやむやになったいたが、その時はさすがにちょっと責められたという。
「彼氏にだってそんなさせないのに……」と膨れていた。
その通りで、付き合っている間祐美と生でなんて両手で数え切れるくらいだった。
中田氏も二回くらいしかない。
一回は初めての時に誤射。
……二回目はいつだったか思い返した時に本気で気持ちが悪くなった。
荒木とヤッたほんの少し後に中で出させてもらってた。
やっぱ誤魔化すためかなあ……まあ、そのことで祐美は俺のは勿論、荒木の子供を身ごもることはなかったんだけど。

結局荒木に祐美との関係は打ち明けなかった。
現状じゃもう他人だし、向こうもそういえば……で思い出したらしい話の相手について掘り下げる事もないかなと思ったし。
何しろややこしい事になるのはゴメンだったし。
別に祐美は尻軽だったとかそんなんじゃなくて、荒木に揺らいでいたんだと思う。
俺に飽きが来たのかどうかは分からないが(だからフラレたんだろうが)
フラレた後も祐美は荒木とどうこうなったってわけではないんだけど。
なんか、その日はどっと疲れて返った途端に涙出てきた。
でもそれに反して下はガチガチでな。
なんだろうな、実際自分がこういう話を聞くとこんなへこんだり興奮したりなんて変な気持ちになるんだな。

何か予想以上に長くなってしまった。
読んでくれた人、こんな長々と付き合ってもらってありがとう。

[紹介元] エロ体験談 先輩が知らずに元カノとエッチしていた生々しい体験を聞いてしまった

バイトの先輩の彼女から飲みに行こうと誘われた

バイトの先輩Aが研修の名目でしばらく出社しなかったとき、
Aの彼女Bから飲みに行こうと誘われた。

Aは準社員で年齢も上だったので敬語で話してたけど、
俺の方が職歴が長く、Bとの付き合いも長かった。
だからAがいないときはBの下の名前で呼び捨てで呼んでた。

Bは背こそ低いが目鼻くっきりで胸の形もよく何よりケツがデカくて最高の体だった
芸能人で言うと安めぐみの目を少しきつくした感じかな。
以下、Bをめぐみとする。

めぐみ「ねえ、今夜終わったら飲み行こうよ」
オレ「今夜?いいよ。ああ、Aさんいないんだっけ?」
めぐみ「そうなんだぁ、いつもの居酒屋で良いでしょ?」
オレ「あーそれならオレが予約しとくわ。じゃあ後で」

もうその時点で今夜めぐみをハメてやると決めてた。
遅くまでやってるスペインバルを予約して連れて行った

めぐみ「ここ!来たかったんだよ。」
オレ「(Aに聞いて知ってたけど)良かった。好きなんじゃないかと思ってさ」
めぐみ「ほんと、私の好み良く知ってるよね?」
オレ「そりゃそうだよ。いつもめぐみの事見てるし」
めぐみ「え?なにそれ?。」
オレ「ま、飲もうよ。ホレ、乾杯」
めぐみ「何に?」
オレ「出会って2年でしょ?今日で。」
めぐみ「!!」

オレ「めぐみが来たのが2年前の今月の頭だったけど、
 あの時オレ、テストでしばらくシフト入ってなくてさ、
 で、2年前の今日、初めて会ったんだよ。」
めぐみ「そうだったっけ?」
オレ「はぁ。めぐみは忘れちゃったんだ。オレは覚えてるよ。
 挨拶したときのめぐみの首の角度も覚えてるのにさ。良い天気だった。
 一番奥のテーブルのとこでさ、窓からの光がめぐみのこの辺照らしててさ
 (さりげなく頭から肩のあたりまでを撫でる)キラキラしててさ、
 おれ、こんなかわいいこと一緒なんだってめちゃめちゃ嬉しかったんだ」

このへんのセリフは飲むって決めてから適当に作文したもの。
天気なんて覚えてるわけないw実際には日付も違うんだけど、
めぐみはそんなの後で確認する子じゃないww

大事なのは、まーんが大好きなドラマみたいなシチュエーション
「自分のこと好きな男が気持ちを隠して友人として接してくれてる」
っていう演出

この後、オレは結構ハイペースで飲みまくってベロベロに
でもこれもウソ、実は何度もトイレに行って無理に吐いてシラフ。

めぐみ「大丈夫?そろそろかえろっか」
オレ「ゴメンね。結構酔っちゃってるわオレ」
めぐみ「だねー。」
オレ「ほんとゴメン。オレ、一人で盛り上がっちゃてて。
 めぐみさ、なんかオレに話したことあったんでしょ?」
めぐみ「!!・・・なんでわかっちゃうの?隠し事できないなぁ。」
オレ「言ってんじゃん。オレ、いつもめぐみのこと見てるって
 んー。ちょっと覚ましながら話そうか。聞くよ」
めぐみ「・・・もう遅いけど・・・うちくる?」

はい、うちくるいただきましたww
まぁ、めぐみが話したいこともわかってるし。
Aが浮気してないか心配なんでしょ?黒だよ?
Aと飲み行ってナンパして3pとか4pとかやってるのオレだし。
今のAのセフレってオレのお古だし。
相談後の慰めセックスいただきますwww

オレ「おじゃましまーす」
めぐみ「ちらかっててごめんねー」
オレ「全然。きれいじゃん。」
そっから彼女が水割り、オレはウーロン茶でグチ聞き大会。
聞いてないけどwww

オレ「・・・オレ、めぐみを大事にしろって言ってやるから」
めぐみ「え?そんな、いいよ(グスッ)」
オレ「オレならめぐみの事泣かせたりなんかしないのに」
めぐみ「・・・(グスッグスッ)」
オレ「あ、今日の事は内緒ね。でも心配しないで。オレ上手くやるから」
めぐみ「ねぇ、もう遅いから泊まって行きなよ」
オレ「ああ、ごめん、こんな時間か。オレもう帰るわ」
めぐみ「・・・(おれの袖握る)」
オレ「マズいよ。おれ、めぐみのこと大事だからさ」
めぐみ「大事な子、放って帰っちゃうの?」

そっからはハイパー寝取りタイム。
Aが粗チンなのは3p4pの時に知ってるし。
挿入前に背中から足の指先まで愛撫しまくり。
正上位でずんずん突きながら「キレイだ」「夢みたいだ」って褒めまくり
実は便所で1回抜いてあるから長持ちするし。
ベロちゅーしながら安全日確認して中出し大放出w
(バイトの女は全員生理日確認済みで把握してたけどww)

オレ「あー、オレもう死ぬわw」
めぐみ「え?何言ってるの?」
オレ「こんな幸せな瞬間きっともう無いわ。オレ今、運使い果たしたわ」
めぐみ「ばかだねぇ」
オレ「まだ運残ってるかなぁ?」
めぐみ「大丈夫じゃない?ww」
オレ「じゃあ、その残った運でもう一回やらせてください」
めぐみ「wwwどうぞwww」

そっから更に明け方までやりまくった。
最後の方はめぐみ「ほぉぉぉ!ほぉおぉあぁぁ!」とか吠えてたw
ふくろうかよwwwきもいわwww

その後、Aに「Bが怪しんでたから、しばらくおとなしくしといた方良いですよ」
とアドヴァイスしてミッションクリア。
Bとはその後しばらくセフレ関係だったけど半年くらいで切った。
ちょっともったいなかったけど、後引きそうだったので、
「めぐみにはAさんと幸せになってほしいからオレは身を引く。」
って泣いておいたらうまくいった。

この度AとBがめでたく授かり婚したので書き込み。

いや、つくづくAとオレが同じ血液型で良かったと思うw

[紹介元] エロ体験談 バイトの先輩の彼女から飲みに行こうと誘われた