君の初めての女になれて嬉しかったわよ
画像はイメージです

私の初体験の相手は美容師である人妻だった。
消費税導入に伴い便乗値上げした床屋を替え、美容院に挑戦してみる決意をした事が切欠だった・・・。

今から15年程前の話になるだろうか、当時私は15才だった。
腕とか評判とかでは選ばずに単に安い所を探して入った店では、田中美佐子似のスレンダーな女性が迎えてくれた。
当時大人の女性に強い憧れを抱いていた私はこの女性が私の担当になるとも知らずに、その女性に一目惚れしていた。

幾度となく通う事で担当の美容師ともコミニケーションが取れるようになってきて、また私も女性に強い興味を湧かせている年頃であった頃からも何時から理想の初体験の相手として見るようになった。


ある時、この美容師に駄目元で手紙を書いてみた。
その内容は単刀直入ではなく、付き合って欲しいという内容。
しかし、私が15で相手は24。

当然話も価値観も異なる事からも丁重に断られた。
またその時に彼女が婚約していて直に結婚する予定である事からも私の気持ちには応えられないという理由だった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

手紙の内容から、女をあまり知らないと見抜けたのだろうか・・・。
付き合えない替わりに一度限りであれば私の物になってもいいという代案を提案してきた。

無論、私には断る理由もなく、素直に彼女の好意に甘える事にした。
当時私は車もバイクも運転できない年齢で、彼女もアシがなかった。
仕方なく二人して電車に乗り継いで新横浜駅のホテル街に歩いて行った事を覚えている。
歩きながら私にとって初めての女性になる事を告げると、ホテルに着いてから思いっきり甘えさせてくれた。
キスの仕方から胸の揉み方、またアソコの触り方など一通りレクチャーを受けながら、また、基本的には男がリードするものであるという文化も教えてくれた。
特にお願いした訳ではなかったが彼女からの精一杯の奉仕として黙って体中を舐め回してスムーズにフェラに移行してくれた時には背筋に電気が走ったかと思うほど衝撃を受けた。

特別遅漏ではないがフェラでは結果逝く事ができず、ほどなくして挿入を試みた。
挿入自体は簡単にできたのだが、腰を動かす度に抜けてしまいその都度入れ直すSEXが続いた。
でも彼女は嫌味一つ言わずに毎回片手で握っては導き直してくれた。
生温かいアソコに埋まり、黒く乱反射する自分のチンコを見てはSEXしている事をかみしめながら堪能した。
無我夢中で突きまくった。

「大きくて奥で当たるから気持ちいい」

なんてお世辞を言ってくれたのも今考えてみれば憎い演出だったのだろうか。
安全日という事で生で中出しさせてくれた、というよりは外に出し損ねて中で発射してしまった。
怒られると思いしょげている私にそっとキスをして、チンコを口で綺麗に舐めてくれた。

「君の初めての女になれて嬉しかったわよ。次回会う機会まで腕を磨いておいてね」

彼女はそう微笑んでくれて、私を大人の世界へ送り出してくれた。
その後幾人もの女性を経験して腕を磨いたものの、私にとって初めての女性となったその女性に対して成果を披露する機会はまだ訪れていない。

3歳年上の姉の親友の智子さんは、中学時代からよく家に遊びに来て家族と一緒に食事をしたり、姉の部屋に泊まったりしていました。
僕は大学に合格したら智子さんにお願いしようと決めていました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「まーくん。合格祝い何が欲しい?」と智子さんが聞いてきた時思い切ってお願いしました。

「うーん・・・」

駅前で待ち合わせ、手を繋いで北口のホテル街へ行きました。
昼下がりだったので殆ど人通りが無く、小さなホテルへ無事入館。
部屋に入ると、僕は我慢できずに智子さんに抱きつきました。
そのままベッドに倒れこみ、抱き合ったままキス。
智子さんの舌が僕の口の中に唾液と一緒に入ってきました。
チンポはもうビンビンで、ズボンの上から触れられるとそれだけで逝きそうでした。
お互いの服を脱がしあい、裸でまた抱き合いました。

智子さんが体をずらし、色んな場所にキスしてくれました。
そして最後に、僕の勃起を握り舌でチョロチョロと舐めてくれました。

「あああ・・・、だめ、我慢できない。出ちゃうよ」

僕がそう言うと「出してイイよ」とパクッと咥えてくれました。

どくっどくっと智子さんの口に射精しました。
智子さんはそのまま口に含んだまま、チンポを扱くようにして全部飲んでくれました。

智子さんは口を離して「今度はマー君の番よ」と恥ずかしそうに足を広げてくれました。

智子さんの陰毛は淡く、割れ目からお尻の穴までハッキリ見えました。
指で割れ目を広げるようにして舌を伸ばしました。

「優しくね。あああ」

舌が突起に触れると智子さんは声を出しました。
夢中で舐めていると膣の入り口に粘液が出てきて、それを啜り上げました。

「ああ・、まーくん、上手よ。あああ・・、恥ずかしい」

そして、体を上げて智子さんのおまんこにチンポをあてがいゆっくりと入れることが出来ました。
腰を動かすと、うっ、うっと智子さんが反応してくれました。
2回目の射精もあっという間でした。

「いく・・」

ビュッビュッと精液が出るたび、ぎゅぎゅと締め付けられました。
そのあと一緒にお風呂に入り、もう一回させてもらいました。
今度は恥ずかしがる智子さんを四つん這いにして後ろからしました。
智子さんとはその後も何回かさせてもらいました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 君の初めての女になれて嬉しかったわよ

彼氏持ちの女友達に土下座してエッチを頼んだら・・・
画像はイメージです

あれは高校の同級生との飲み会。
集まったのは男が4人に女が2人の計6人。
個人個人とは飲んだり連絡取ったりしてたけど、全員が集まるのは1年以上ぶりだった。

全員高1の時のクラスメイト。
互いの恋愛とかも知っている間柄なので、何でも喋り合ってると思ってた。

実はこの集まりに来ていた優奈に高1から密かに片思いしていた俺だけど、優奈は先輩と付き合いだして、すぐに手が届かない存在になっていってた。
俺が知る限り高校から今に至るまでに、彼氏は6人と聞いていた。
優奈は周辺の他高にも噂されるぐらい典型的な美少女で、今ではすっかりの美人。
シャープな顔立ちで目も大きく、痩せてるのに自称Dカップの巨乳でスタイル抜群。
頭なんて超ちっちゃくて、大学の時は興味本位で読者モデルもやってた。

だけど性格がかなり男っぽくて、1番最悪なのは言葉遣い。
素直に可愛らしく振る舞えば相当モテるだろうに、態度や言葉遣いで男がドン引きするのがいつものパターン。
見た目と同じように脳ミソも優秀なもんだからタチが悪く、ズバズバ言うから喧嘩にもなる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

でも本当は思い遣りもあって優しい性格なんだが、照れと妙な男らしさで表には出さないみたい。

その日も優奈がいるから飲みにも行った俺。
社会人になった者同士、仕事や会社の愚痴がメインで、1番のモテ男の恋愛事情をダラダラと喋ってた。
相変わらず遊んでいるモテ男に優奈は、「お前マジ消えろよ」とか言い出して、空気は一触即発。

「まぁーまぁー」といつものように俺が割って入り、気が付けば全員普通に酔い始めてた。

終電間際になり、帰ろうか~なんて言い出したけど、結局なぁなぁのまま俺の部屋に行った。
1年ぐらい前に半同棲してた彼女と別れた俺は、そのまま独り暮らししてるんです。
全員が実家暮らしなもんだから、1人だけ帰宅して5人で向かった。
優奈ともう一人の娘は初めての訪問だったから、やたら部屋の中を物色しまくる。
男2人は勝手にシャワーまで浴びた後、スウェットに着替えて焼酎を飲んでた。

やっと落ち着いた1時半頃、思い掛けない喧嘩が勃発した。
男の友人が彼女と別れた話がきっかけになり、優奈1人VS他全員の口喧嘩。
今思い出しても下らない話なんだけど、あの時は酔ってたからエスカレートしたんだと思う。
最終的になぜか『女:男』の構図となり、男2人は「帰る!」と出て行ってしまった。
なんやかんや止めて引き戻そうとしたけど、2人はタクシーを拾っちゃって帰宅。

部屋に戻ると女2人がプンプン怒り、「なんなの!あの2人は!」と俺へ文句を言い始めてた。
もう一人の女の子(夏美)は弱いくせにグビグビ飲むし、優奈は俺に飲めとやたら注いでくる。
だから夏美がテーブルにドバーっとゲロっちゃいまして、半分ぐらい優奈にも掛かってしまうという事故発生。
戻した夏美には被害が無いから、トイレに連れて行ってとりあえず放置。

問題は優奈で、ジーパンやシャツは洗わないと完璧にアウト。
仕方なくシャワーを浴びさせて深夜の洗濯開始です。
さっきまで男友達が来てたスウェットは着たくないと怒るので、渋々元カノが置いて行ったスウェットを渡した。
元カノは155cmぐらいだったから、165cmはある優奈が着るとツンツルテン。
ジャストサイズのピタ気味で着てたヤツだから、アピールしてるのかってぐらい胸が盛り上がってた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しかもお腹も少し出ちゃって、まるでヘソをわざと見せてる服みたい。
優奈は恥ずかしそうに顔をしかめてたりしてたけど、心の中で元カノにお礼を言ったのは言うまでも無いw

もう大丈夫かなと夏美を部屋に連れてくると、「うぅうぅぅ」となるので、すぐにトイレへ逆戻り。
窓を開けて掃除したもんだから、部屋の中は極寒状態。
優奈が積極的に掃除してくれたから良かったけど、その時は帰ったヤツらを呪った。
ようやく綺麗になって部屋も暖かくなった頃、夏美はトイレで寝てやがった。
動かすと、「吐きそうだからここにいる!」と譲らない。
また吐かれてもねと優奈と相談し、タオルケットとトイレ内に小さいヒーターを置いてやった。
その甲斐あって少しして見に行ったら爆睡。

やっと優奈と2人で落ち着き始め、ゆっくり飲みながら喧嘩の話になった。
最終的にモメてたのは、『男の性欲と浮気』っていうテーマw

「ただヤリたいだけで気持ち悪い」というのが優奈。

「しょーがねーじゃん」となだめつつ、俺はピチピチスウェットで膨らみまくってるDカップの巨乳に目を奪われまくり。

優奈は過去の元彼達の話をし、誰にも言ってないけど浮気された話をし出した。
そうかそうかと聞いてやると、泣きそうな顔をして、「『お前には色気が無いんだよ』って言われた」と言った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「そんな事あるかいな!」とフォローするも、ダウン系に入っていった優奈。

だから、「俺なら毎日でもヤッちゃうぜ?」とおどけてみせた。
初めのうちは「はいはい」と流していたが、俺も酔ってたんだろうと思う。

「本当マジだぞ?優奈レベルの女だったら一生に1回ぐらい抱きたいって思うし」

次第に必死になって言った俺に、優奈もちょっとビックリしたんだと思う。
「もういいよ」とか「分かったよ」と流そうとする。

彼女と別れてずっとエッチしてなかったし、ここ2週間ぐらい忙しくてシコっても無かった俺。
ピチピチスウェット姿の優奈を前に興奮しちゃったんですw
今でも思い出すと恥ずかしくて堪らんが、何を思ったのか優奈に土下座しちゃってさ、「1回だけ!1回だけ、すぐ終わるから」と懇願しちゃったw

「ちょっとヤメてよ」と相手にしてくれなかったけど、それはもう惨めなぐらい土下座w

片思いしていた相手にSEXさせてよって土下座している俺。
酔っていた時だから出来た愚行だわw

「分かったからもうヤメてよ」

肩を掴まれて体を起こされたけど、「イイって言うまでヤメない」と俺も意地になってた。

「夏美だっているし無理に決まってんじゃん」

当たり前の断り文句を連呼されたが、随分と長い時間SEXお願い土下座してた。
そしたらなんと優奈の口から、「1回だけ・・・すぐに終わってよね」という言葉が。

「マジで?」と頭をあげると、「ゴムつけてよね」とソッポを向く優奈。

この時心臓はバクバク。
まさか了解してくれるとは思わなかったし、途中から完全に諦めもあったけど、引くに引けなかっただけなのに。
久し振りだったし念願だったからブルった。
手なんてプルプル震えちゃってたし、口なんてカラカラに渇いちゃってたし。

「それじゃ・・・」と優奈の手を掴んでベッドへ誘った。

俺の目を見てこない優奈は、横を向いたまま仰向けに寝た。
お茶をゴクゴクと呑んで、震える手のまま優奈に覆い被さった。

キスをしようとしたけど顔を背けたままだったから、俺は待望の胸を恐る恐る揉んだ。
自称Dだという胸は柔らかく、プルンプルンの感触をゆっくり味わった。
スウェットを捲るとピンクのブラで、既に乳輪が半分ぐらいハミ出てた。
そのハミ乳を見た瞬間、一気に脳内がスパーク。
むしゃぶりつくようにオッパイを吸いまくり、ホックを外してブラを上にズラしてからはしゃぶりまくった。

夢にまで見た優奈の胸は、端整な顔には似つかず大きめの乳輪。
手で隠そうとするけど小指の先ほどの乳首に吸い付き、片方は指でクリクリと弄りまくった。
嫌がるように体を反らしたりして逃げようとするが、ガッチリと体で押さえて舐めまくった。
乳首はコリコリになってるくせに、優奈は吐息すら漏らさない。
終いには「いつまで舐めてんだよ」とまで言われたw

「ゴメンゴメン」と思わず謝っちゃった俺は、強引にスウェットパンツを脱がせた。

軽い抵抗はあったものの、ブラとお揃いのパンツと御対面。
太ももを押さえて足を広げようとすると抵抗するから、そこはもう力任せに足を開いた。
手で隠そうとする前に速攻で顔をくっつけ、パンツの上からグイグイ顔を押し付けた。

「やめてよっ!!!」

小声で怒り気味で言われたが、優奈のパンツが濡れてた事に気が付いた。

「こんなに濡れてるくせに」と俺も強気に言いながら、そのままパンツの上からクンニ開始。
さすがに頭を掴まれたりしたけど、パンツをズラして直に舐めた辺りからは静かになっていった。

(コイツ全然陰毛処理してねーじゃん)と思いながら、ワッサリと生えたオマンコを舐めまくった。

鉄っぽい味が強くなり、俺の唾液だけじゃない事がだんだん分かってきた。
まだ俺の頭を掴んではいるものの、手には力が入っていない。
クリトリスを吸ったり舐めたりしながら、中指を挿入してみた。
キツいオマンコに指が吸われるように入っていき、Gスポットを刺激しながらクリ舐め。
かなり濡れてたし腰が時々ピクッと動くくせに、優奈はまったく喘ぎ声すら出さない。
念願のセックスだしと、俺は今までに覚えてきたクンニと指の動かし方は披露しまくった。
元カノがいつもヨガリまくるポイントに中指の腹を押し付け、微妙に小刻みさせて時々クリを甘噛みする。
指2本にしてからは明らかに汁まみれだったから、わざとグッチョグチョ音が鳴るように指を動かしたりもした。
だけどまったく喘ぎ声を出さない。
これでもかー!と高速で中をホジくるようにして顔をあげた時、優奈が歯を食いしばって耐えてる。
必死に喘ぎ声を出さないように我慢してる姿を見て、心の中でガッツポーズしました。

調子に乗った俺は激しく指を動かし、隠す事を忘れた乳首を吸いまくる。

すると優奈が「うっ・・んっ・・・んっ・・・」と声を堪えている。
たまんねーと腕が動かなくなるほど指マンを続けました。
そしたらやっとです、やっと優奈の口から「はぁぁんっ!」という声を聞き、体がビクビクビクッッと痙攣しました。
指を抜くと白く泡立った汁が、指の付け根や手の平にベットリ付着。
思わず舐めようとした俺は我に返り、ティッシュで綺麗に拭きましたw

速攻で全裸になってゴムをつけ、まだグッタリしている優奈のパンツを脱がせました。

「ちょっ・・・と・・・待って・・・」と言われてる最中にインサート。

ズブズブに濡れてるから数回の腰振りで奥に到達。
自慢じゃないがモテない俺は、息子だけは少しだけ人並み以上のサイズがある。
根元まで入れる前に余裕で奥に到達するが、残念な事に太さは若干太いだけw
2本の指で激しく指マンしたせいで、息子は難なく入っていった。
目下には優奈が歯を食いしばって横を向き、露わになった胸。
ゆっくりゆっくり出し入れをし、(これが優奈のオマンコか・・・)と感無量だった。
感覚が気持ち良いっていうより、精神的に気持ちが良いっていう境地を初めて知った。

天にも昇るような感覚に浸ってたのに、「早くイッてよ」と優奈に睨まれ現実に引き戻された。
そんな事言わなくていいのにとちょいイラッとしたから、俺はいきなり急ピッチに腰を振った。

優奈の腰を持って軽く浮かせ、夏美に聞こえるかもしれないぐらいパンパン腰を打ちつけた。
そしたら、「はぁっ!はぁっ!あっ!あっ!」と小さく優奈が喘ぎ、横を向くのさえ忘れてる。

(まだまだヤメねーぞ!)

変に強気になった俺は、元カノに鍛えられたグラインドへと移行した。
子宮に亀頭を押し当てて、揺さぶるように腰をグラインドさせるヤツ。
ポルチオセックスっていうらしいが、あれはかなりヤバい。
元カノはアレをやると狂ったようにイキ始め、最後は激しく痙攣させてイッてたんです。

『初めは痛かったけど、今はアレしてくれないとダメ』

元カノはそう言っていた。
これは優奈にも体験させてやらねばと思い、ゆっくりグラインドさせていった。
初めのうちはそんなに変化は無かったけど、それは角度の問題だったっぽい。
亀頭に神経を集中させてコロンッコロンッと当たる角度を発見すると、優奈が想像以上の反応をしてくれた。
手を左右に広げてシーツを掴み、上半身を少し起こして、「なにっ?なに?これ!だめっ!だめっっ!!」と。
やったぜー!と思いながら俺は問答無用で腰を動かした。
逃げようとするから腰をガッチリ掴み、グリングリンとローリング。
腰を少し持ち上げて、思いっ切り振ってやりました。

その頃には完璧恥ずかしさとかもぶっ飛んでたらしく、夏美がいるのも忘れて喘ぎまくる優奈。
捲り上げていたスウェットから揺れる巨乳を眺め、亀頭だけに集中して子宮を攻めまくった。

「んやっ!もうだめっ!マジだめっ!んやぁぁーっ!ダメダメダメっっ!!!」

ダメを連呼した後は、「んぎゃぁぁぁうんっっ」と、変な悲鳴なのか喘ぎ声なのか分からん声で果ててました。
息継ぎが出来ないようで、激しい息遣いと喘ぎ声が混ざってた。
顔までビクビク痙攣して小刻みに震えてるし、ちょっとヤリ過ぎたかなと心配した。
だけどまだカチカチのチンコを締め付けてくる優奈のオマンコの感触で、思い出したようにゆっくりと出し入れを開始した。
上半身のスウェットとブラを取り、全裸にさせて巨乳を揉みながらゆっくりしたストローク。
やっと落ち着き始めたかと思ったけど、子宮に亀頭がコリンと当たる度に、「ん、やんっ」と女の子らしい声。
ストロークとポルチオ攻めを連携させると、また激しく反応し始めた。

ここからが思い出しただけでもゾクゾクする展開に。
優奈は子宮を揺さぶられれば簡単に昇天し始めたんです。
イッた直後には、「もうダメだから」や「お願い」と中止を懇願していたが、またすぐに「あっ・・・あっんっ・・・いやぁっ・・・だめっんっ」と喘ぎ出す始末。
時間を見てないから分からないけど、数分に1回ペースで昇天してたと思う。
立て続けに昇天し始めて3回目か4回目には、元カノと同じようにまるで発狂してるようなイキっぷり。
グラインドをストップして普通の正常位でゆっくり腰を振ると、それだけでも反応してくる。
あれだけ横を向いて拒絶していたくせに、軽くキスしたらびっくりするぐらい吸い付いてきた。

舌を出すとまさにむしゃぶりつく感じで、舌の根元が千切れるかと思ったほど吸われた。
痛くてキスをやめ、それと同時に腰をグラインド開始。
俺の目を見て、「お願いだからもうヤメて」と喘ぎながら懇願してきた。

「そんなに気持ち良いの?」
「気持ちイイの!イイからもうヤメテ!」

「気持ち良いならイイじゃん」
「もうダメ、ホントにダメ、死んじゃう、死んじゃうってば」

「オマンコ気持ち良い?」
「気持ち良い!気持ちイイからお願い!」

「どこが気持ち良いか言ってよ」
「もぉーっ!オマンコ気持ち良いから!」

まぁ~こんな感じw
優奈の口からオマンコなんて聞けるとは思ってもいなかっただけに、武者震いするほど興奮した。
だから腰の動きをヤメるなんて以ての外です。
卑猥な乳輪の大きい胸を両手で掴み、これでもかというほどグラインドさせてやりました。

そしたら事もあろうか気絶しちゃったんですよw
気絶っていうか失神というか。

「はぁーうぅんっっっ!!!」と仰け反ったかと思ったら、突然ガクンガクンと激しく痙攣して、最後はピクピク体を震わせてました。

さすがにこれはヤリ過ぎたなーと我に返りました。

とりあえずチンコを抜いたんですが、ピクピクした震えは止まらず、思わず、「おい!おい!」と肩を掴んで揺すりました。
何度目かの問いかけに虚ろな目が開き、鼻の穴を膨らませて顔を小さく左右に振ってた。
射精してないのにこの満足感は何だろうって感じです。
全裸で少し内股で胸を激しく上下に揺らしながらグッタリしている優奈を見て、もう十分だと思いました。
だからゴムを取ってお茶を飲み、優奈にも飲ませてやりました。
感無量だった俺にしばらくして正気を取り戻した優奈が、「マジ最悪」とボソッと言ったんです。
振り返ると顔を両腕で隠していました。

「気持ち良かったんだからいいじゃん。俺イッてないのに」
「うるせー」

「まだ元気じゃん、また入れようかな」
「うそうそ、もう勘弁して・・・」


「じゃー舐めてよ」
「んなのイヤに決まってんじゃん」

そんな会話を無防備な全裸を見ながらしてたもんだから、萎え始めてた息子も元気になり始めるわけです。
ゴム取っちゃったけどまぁ~良いかと、また入れようと動きました。
優奈は足を開こうとしませんでしたが、足に力が入らないようで簡単にガバッと大股開きになりました。
陰毛までもベチョベチョに濡れていたので、ゴムをしていない亀頭を擦りつけると簡単に入っていきました。

「もうマジでやめてってば」

拒否られましたが、入ってしまえばこっちのもんです。
さっきとは違って生の感触は格別で、亀頭が子宮にコリンコリン当たる度に気持ち良さが膨れ上がりました。
でも俺以上に優奈の方が凄かったらしく、すぐにまた喘ぎ出しました。
さっきまでの激しさよりも、今度はゆっくり揺さぶる様に動きました。
キスをすると嫌がってたくせにまた自ら舌を絡ませてくれるし、ちゃっかり俺の背中に手を回したりもしていました。
子宮に当たりやすいようヒザの裏から両足を抱え、たっぷりとキスを楽しみながら腰を動かしました。

「またエッチする?」

ゆっくり動きながら聞いてみました。

「もう無理!」

いつもの強気な睨み顔で言われましたが、腰の動きを速くすると素直になっていきました。

「またしたい!したいから!だめっっ!!!」
「またイッたの?」

「んはぅっ・・あっ・・・はぁっ・・・」
「また俺とする?」

「するからもうイッて」

それじゃーと、『グラインド4:インサート6』ぐらいの割合で腰を振った。

もう優奈は俺が聞いてないのに、「気持ち良い」「凄い」「イッちゃう」「イイっ」を連発。
「俺のチンコ好き?」という問いにも名前入りで答えてくれました。

最後は俺とのエッチが1番だと言い出し、「口に出してイイ?」と聞くと「出してっ!」とまで言ってくれた。
「じゃー飲めよ」と言いながら腰を振りまくり、うんうん頷く優奈を見ながら最後は口で果てました。
優奈は何度かグボッと精液を噴き出しながらも、ほとんど飲んだようです。

ぐったりして休憩した後、お茶を飲んでしばらくは2人とも茫然としてました。
それで思い出したように夏美の様子を見に行くと、スヤスヤ寝息を立てて爆睡中。
戻った俺は優奈にキスをすると、もう拒むことも無く、まったりと舌を絡めてくれました。
気付けば3時間以上もSEXしてたらしく、久し振りにバテバテでした。

「初めて飲んだんだからね」
「もっと優しくしてよ」
「途中でゴム無かったでしょ」

優奈にブツブツ文句を言われつつ、気付かないうちに2人とも寝てしまいました。
ウケたのは昼ちょっと前に夏美に起こされた事。
俺も優奈も服を着てたけど、腕枕して寝てたみたい。

「アンタ達そんな仲だっけ?」

真っ青な顔をした夏美にそう言われ、優奈が「はぁ?ありえないんだけど」と強気に突っぱねてました。
俺は数時間前までの優奈を知っているので、余裕の態度でしたけどねw

夏美は二日酔いで、まだ電車に乗ったらヤバいと言うので、2人は夕方過ぎまでウチにいました。
優奈とコンビニに行って食べ物や飲み物を買い、夏美にベッドを譲ってTVを見たりしてました。
隙を見て優奈にキスをすると、昔のような生意気な態度もなくキスを返してくれてた。
だから調子に乗って夏美が寝ている時に、見えない場所で激しくキスをして生乳を揉んだ。
やけに素直に応じてくる優奈は、シャワー浴びたくせにキスとパイ揉みだけで濡らしてました。

「まだ身体が反応してるよ」と笑いながら言ったら、いつものように頭を引っ叩かれましたが。

でも、「またするんだよね?」と聞いたら、「時間があったらね」と不貞腐れたように答えてくれた。

でね、一昨日の夜に優奈と会い、また失神させてやりました。
居酒屋で飲んで、「今日イイの?」と聞いたら、「アタシ彼氏いるんですけど」なんて言ってたくせに、部屋では狂ったようにイキまくり。
前回体験できなかった、「あんまり得意じゃない」というフェラチオも体験。
主導権が完璧に俺なのを感じ取ってたので、調子ぶっこいて、「亀頭を舌で転がすように舐めて」とか注文もしてやったw
素直に「こう?」なんて上目遣いで言ってくるもんだから、マジ生きてて良かったと再認識しました。
途中、彼氏からの電話でシラけた空気になったけど、初めから生で入れて最後は口内射精だった。

「俺はやっぱり優奈が好きだから、彼氏がいても会って欲しい」

イキまくった後のベッドでそんな恥ずかしい告白もしておいた。

「昔からアタシの事好きだったでしょ?」

ギュッと鼻を摘ままれて、意地悪そうに言われた。
俺の気持ちを知ってたらしく、途中から普通の友達みたいに接してくれて嬉しかったとも言われた。

「アンタとは付き合わないけど、エッチだけなら会ってあげる」

いつもの生意気な口調に戻った優奈にそう言われ、ドMじゃないけど嬉しくなった。
彼氏の監視が割と厳しいので、夜はメール禁止と言われてる。
電話は自宅の電話を使い、夏美や他の同級生にも絶対秘密と約束させられた。

「アンタは彼氏の次だからね」

生意気な事を言うが、「しょーがないからアタシが相手してやる」と照れながら言ってくれている。

土下座なんてマジであり得ないし、絶対もうしたくないけど、優奈にはして良かったなぁーって思ってる今日この頃。
情けない土下座男のエロ話はこれで終わりw

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 彼氏持ちの女友達に土下座してエッチを頼んだら・・・

車の中でオモチャにされた泥酔妻
画像はイメージです

妻が27歳の夫です。
ここに書き込んでいいかどうか分かりませんでしたが、よかったら読んでください。

妻が同窓会に行って来ると言って18時頃に車で家を出た。

時計が23時を回り、遅いな~と思っていると妻から電話が入った。

「飲みすぎて運転できないから迎えに来て~」と、呂律の回らない口調。

しょうがないから僕は車で迎えに行く事にした。
妻の車は駅近くの路地に停車してあるらしく、僕が到着するまで車で寝て待ってるって言っていた。
ま~大体の場所はわかっていた。

妻の電話から50分ぐらい経ったところでようやく妻の車を見つけ、車の横を通り過ぎ、妻の車の後ろに停めようとした。
しかし様子がおかしかった・・・。
車の中で何かが隠れたような気がしたので、車をもう少し走らせて曲がったところで車を停めて、そ~っと妻の車に近づいてみた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

止まっていた場所は人通りがまったく無いような路地で、街頭の明かりを頼りに車のナンバーを確認して、後ろから車を恐る恐る覗き込んだ。
そこに見えたのは・・・。

妻がカギを掛け忘れたらしく、妻の車には男が2人入り込んでいた。
もちろん妻も乗っているが、熟睡しているようだった。
最初は金が目的なのか?と思い、車の中に怒鳴り込もうと思った時、おかしな雰囲気なのが判った。
様子を見ていると、妻は助手席に寝ているようだったが、男の1人は運転席に、もう1人は後部にいて、男達も相当酔っているようだった。
そして妻の方を暗闇に慣れた目で見ると・・・。

な、なんと!妻の上半身はブラウスのボタンが全部外され、スカートは捲れ上がりパンティーが丸見えになっていた。
ヤバイ!って思ったが、この後どうなるか見てみたい!って思いが勝ってしまって、興奮しながらしばらく見ることにした・・・。
窓が全部ちょっとずつ開いていて、男の会話が聞こえてきた・・・。

「さっきのデジカメを出せよ」と男が言ったように聞こえた。

ん?デジカメ?やばいかな?とは思ったが、僕もめちゃめちゃ興奮してたのでもうちょっと様子を見ることにした。
と、いきなり、パシャッ!
閃光が走りすぐにフラッシュだとわかった。
妻はまったく気づかないようだった。
男達は妻の顔が写るように妻の下着姿を写しまくっていた。

「もっとやっちゃおうぜ!酔ってるからこの女何してもよさそうだぜ!もし起きても逃げちまえばわかんないし、写真もあるからどうとでもなるぜ!」

男がそう言うと、もう1人の男もニヤニヤして頷いた。

妻はこの後めちゃめちゃされていました。
まずは着てるものすべてを脱がされて全裸撮影。
アソコを開いて全身を撮影。
寝ている妻の口を開きチンポを当てて撮影・・・。
ここまでされても妻はまったく起きる気配はなかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

よっぽど飲んだんだろう。

男達の行動は過激になるばかりで、ついに妻のアソコにチンポをあてがって入れようとしていた。
しかし、あんまり濡れてないようで入らなかったのか、妻の体のありとあらゆる所に性器を擦りつけ、最後は妻の胸から顔に目掛けて射精した。
もう1人の男も相当興奮してたらしく妻のアソコにあてがっただけで射精したようだった。
その行為中も、撮影を怠らずに続けていた・・・。

男達は妻の体をこの後も弄び、撮影し続けた。
妻は身体中が精液だらけになってしまって、僕も情けないことに最愛の妻を恥辱の限りを尽くされて、興奮のあまりにこの間に2回も射精していまった・・・。
妻を助ける事もせずに・・・。

僕が着いてから2時間が経とうとする頃、男達が「そろそろ・・・」と言い始めたので、僕は見つからないように一旦車から離れる事にした・・・。
しかしこの後男達はとんでもない事を仕掛けていったのだ。
男達が足早に去った後、車に近づいて愕然とした、それは・・・。
車のカギを中から掛けてインロックしてしまっていたのだ。
窓も閉めて!
しかも・・・妻を助手席に裸のまま手と足を縛り付けて。

僕は焦りまくった。
妻の車のスペアキーは持っておらず、家にしかないからだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

とりあえず窓を叩いて妻を起こそうとしたが、まったく起きないので携帯に電話してみた。
が、バイブになってるらしく効果はなかった。
妻が心配だったが人通りもまったく無かったので、仕方なく家へ戻ってスペアキーを取りに行く事にした。
ようやくスペアキーを取って戻ってくると、車のところになんとJAFの車が・・・。

そうです!
男達はさらに妻に恥辱を与えるためにJAFを呼んでいたのだった。
僕が着いた頃にはすでにカギも開け、妻が泣きそうな顔でJAFの人と喋っているとこだった。
僕はこの光景を見て、また興奮が蘇ってきてどうしようもなくなっていたが、妻がJAFの人と話し終わって帰るのを待ってから妻の前に顔を出した。
妻は酒臭く、衣服も急いで着たのがわかるくらいに乱れていた。

「あなた、なにしてたの?迎えに来るの遅すぎるじゃない!!!」

妻は泣きそうな顔で怒って僕に言ってきた。
僕はとっさに逆切れして見せた。

「お前が後から、やっぱり車で酔いを覚ましてから帰るって言ったじゃないか!!でもあんまり遅いから見に来たんだけどな!」

「そうだったの・・・私酔ってたからあんまり覚えていない・・・」

・・・と、妻は倒れこむように僕に抱きついてきた。

僕「なにかあったのか?」

妻「え・・・あ・・・ううん、なんにもなかったよ!」

今日のことは妻には内緒にしておこうと思った。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 車の中でオモチャにされた泥酔妻

高校の女教師とDQNの生徒
画像はイメージです

スペック俺:25歳、173cm・58kg、ガリ。
地元の工務店営業彼女とは付き合って1年ほど。

彼女:ユキエ27歳、160cm、細身でBカップくらい。
教師3年目(それ以前は講師)。

兄が結婚して実家に嫁がおり、地元だけどアパート暮らし。
芸能人で言えば、つじあやのを可愛くした感じ。
性格は落ち着きが無いというか子供っぽいというか、そんな感じ。
凄く感じやすい体質で、一回のセックスで何回かイク。

彼女が勤めていた高校は、底辺というわけではないが中々のバカ高校。
ド底辺高校だとどんな大人も敵って感じの不良どもばかりらしいが、ただのバカ高校だと基本的に立場をわきまえない行動を天然で行う奴が多いらしい。
彼女が初担任になったクラスも同じで、5月になる前には先生と呼ばれなくなり「ユキちゃん」と呼ぶようになり、5月終わりごろには男子生徒から、「ユキちゃん、夏になったら海行こうよ」「ちょっと一回やらせてよw」など、言われるようになっていた。
当然、「バカなこと言ってないで夏休みは宿題しなさい」って返してたらしく、そのうち男子生徒からそんなこと言われなくなっていった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

異変が起きたのは夏休み前の7月初旬。
忙しかった6月を乗り切った俺は、久々に彼女とどこかに行く約束をしようとした。

しかし返信内容は・・・。

「うちのクラスで鬱っぽい男子(以下A)がいて、付き添ってあげないといけない」

詳しく聞くと・・・。

・兄姉は進学校なのに自分はバカ高校で親から期待されてなくて辛い。
・そう考えると友達は楽しそうなのに自分は素直に楽しめない。
・なんだか本当は自分は一人ぼっちのような気がして辛い。

・・・というもの。

初担任で燃えているのだろうと、「そうか、じゃあ落ち着いたらまた行こう」と返した。
部活の顧問を任されていなかったので、どうせ夏休みになったら会えるだろうと思っての返信だった。

ところが7月の下旬になっても、「家に一人でいるのが辛いらしくて、どこかに連れて行ってあげないといけない」と、ずっとAと一緒にいるとのこと。

そこで俺も「それって精神科に連れて行った方がいいよ。親に話すべきだと思う」とメールする。

返ってきた内容は・・・。

「親には言わないで欲しいって言われた。親の同意がないと精神病院行けない」

だからって、ずっと一緒にいることが全てじゃないし、親の発言が原因の鬱ならそれを正すべきだと思ったし、そして何より、俺をほったらかしにされているということが不快でもあった。

さすがに痺れを切らした俺は・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「なんでそんな肩入れすんの?いくら担任の生徒でも甘やかしすぎだよ」
(まぁこの内容は少し大人気なかったと思っている)

返ってきた内容は・・・。

「うーん、本当言うと結構可愛い系でちょっとタイプな感じで・・・、私が高校生だったら絶対好きになってると思う。不安らしいからずっと手を繋いであげてる」

俺のことどうでもいいと思ってるような内容に軽く頭に来たので・・・。

「じゃあ生徒の鬱を利用して、タイプのAと一緒に居たいだけなんだ?」と返信。

すぐメールが返ってくる。

「そういうわけじゃないけど・・・。落ち着いてから親に話すつもり!」

これ以上は話していても言い合いになるだけだと思い、その日はやり取り終了。

翌日から数日間仕事が忙しくなり、朝7時~深夜0時までの勤務が続き、連絡を取れなかった。
激務が終わり、平日に代休を貰い、彼女にメールをする。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「どう?親に話す目処はついた?」

3時間くらいしてからメールが返ってくる。

「Aの家に行ってた。親にはもう話してあるよ」

これで病院に行き、治療を受け、そうすればAに付きっきりにならなくて済む。
5月の終わりごろからずっと会えなかったので、久々に会えると思い、次に会う約束をつけようとメールをするが・・・。

「でも病院は予約がたくさん入ってて、まだ通院できないらしいからそれまで一緒にいてあげないといけない」

現実は結構非情だった。

翌日営業周りをしている夕方ごろメールが来た。

「今日もAの家に行ってきた。『先生きれいです』って言われた!嬉しい!可愛いって言われたことはあるけど、綺麗って言われたの初めてで声出して驚いちゃった!」

胸の中でモヤモヤが広がって行くのを感じた。

俺に言ってどうなる?

俺とAに何の関係がある?
俺じゃダメなのか?

頭の中がぐるぐる回って思考が定まらないまま、立て続けにメールが来る。

「あと好きって言われちゃった!嬉しかったw」

俺の気持ちも何も知ったこっちゃないと言わんばかりのメールに頭が痛くなってくる。

とりあえず、「好かれてるじゃん。惚れられてるね」と返信を送る。
すぐさま返ってくる。

「不安定な時につけ込まれると勘違いしちゃうんだろうね~」

それ本心じゃないだろと思った。

なんだかどうでもよくなってきて・・・。

「もうA君と付き合っちゃえば」と返信する。

「それはないよ、手を握ったり頭撫でてあげたりしてるけど、生徒とそんな関係にはならないよ」と返ってくる。

「でも嬉しかったんでしょ?羨ましいなーモテて」

「綺麗って言われたの初めてだからね!ほっぺにチューしちゃいそうになったw」

そこから先は嫌な気持ちで一杯になったので・・・。

「おいおいやめてよ。あ、ごめん、また忙しくなりそう」と返信して終了。

それから数日間、特に仕事が忙しいわけでもないが、こちらからメールを送ることは無かった。
またメールをしたところでAの話題ばかりになるのは分かっているし、会いたいと言ってもAに付きっきりと断られ、結局Aの話題になるのは目に見えていたからだ。

8月に入ったころふと冷静に気持ちを落ち着け、メールの内容を再確認してみた。
好意的に見れば、子供っぽい彼女の性格だから、冗談混じりなのかもしれない。
初担任で鬱の生徒がいるということで、心配している俺に気を使ったのかもしれない。

営業という仕事をやっているのでプラス思考に切り替えるのは得意だ。
(もっと早くそうしておくべきだったとは思うが)

あれから数日経つし、連絡を取ってみようとメールをする。

「少しだけでも時間無い?何か食べに行こうよ」

「明日の夜ならいいよ。何食べに行く?」

意外にもすんなり予定を入れてくれたので、やっぱりあのメールは冗談だったんだと安心した。

そして翌日、約束した時間の30分前に彼女のアパートに迎えに行く。
5分ほどすると彼女のアパートのドアが開き、背の低い少年と彼女が出てきた。

その少年はAだと悟った。

夜で他にも車がたくさん停まっているのもあり、二人とも会話に夢中で俺の車には気付かない。
Aは彼女の車に乗りアパートを後にし、15分程で彼女が戻ってきた。
今度は俺に気付いたようで話し掛けてきた。

「ごめんね。さっきまでAが来てたから送ってた。今から準備する」

準備を終え俺の車に乗り込んだ後、なぜAが来ていたのか聞いてみた。


・親に理解してもらえたとは言っても、家にいるのは辛い。
・今まではどこかに連れて行ってたけど、もう他人の顔を見るのも嫌。
・車の中だと暑くてガソリン食うから部屋に入れてあげた。
・部屋に呼ぶようになったのは前回俺とメールした2日後。
・上手く言葉が出てこないときなんか、見つめ合うことが多いからドキドキしちゃう。
・何度かキスしそうになったけど思いとどまった。

正直、もうAに関する話はやめて欲しかったが、他に話題もなかったので我慢して聞いていた。

その日、ホテルに行きセックスをした。
いつもより丁寧にやり、いつもは1回で終わるところを頑張って2回やった。
Aに取られるような気がしたので、「好き」とか「可愛い」とか言いまくった。
彼女は「凄く幸せだ」と言っていた。

あれだけ好きとか可愛いとか、愛情をアピールしたのだから間違いは起きないだろう。
そもそもAが来ていたことを隠す素振りも無かったし。
根拠の無い自信しか無かったが、そうしないと落ち着かなかったので無理矢理そう考えた。

盆が来て、俺は初盆だからという県外の親戚の家に行った。

さすがに盆の間はAも家にいたようだし、彼女も実家でに戻っていたのでAと会ってはいないようだった。
ただ、毎日朝から晩までずっとAとメールをしていたらしい。
盆休みの最終日の前日に実家に戻り、彼女にメールをしてみた。

「まだ実家にいる?時間があれば明日会えない?」

しかし返ってきた内容はNGで、まだ実家に居ないといけないのと、仕事があるとのこと。
それなら仕方ないと思い、また時間があったときにでも、と返信した。

それから会えない日が続いたが、毎日メールはしていた。
このときになるとAの話題は一切出てこなくなり、彼女もようやく気を使ってくれたかと安堵していた。
ときどき返信が2時間3時間遅れることがあったが、きっとAとのやりとりで忙しいのだろうと追求しなかった。

8月23、4日ごろ、ふと無性に会いたくなり、夜19時ごろまだ訪問先があるのにサボって彼女のアパートに行ってみた。
車があるので彼女がいることを確認部屋に入ろうとすると声が聞こえる。

なんだか呻くというか、苦しんでいるというか・・・。

違う、喘ぎ声だ。

まさかと思い、裏に回って窓から中の様子を窺う。
周りは薄暗くなってきていたが、中の様子は大体分かる。

彼女がAとやってた。

いつも俺が聞いていた喘ぎ声でAに突かれている彼女。

「A君、気持ちいい?」と会話も聞こえる。

胸の中のモヤモヤがまた現れ、暑さとは違う汗で全身がビッショリだった。
Aが一番奥までピストンをすると、彼女は大きく仰け反ってイク。

A「ユキちゃん、またイっちゃったね」

彼女「だってぇ・・・」

聞きたくないけど目が離せない。

彼女「入れられながら触られると弱いんだも・・・あっ!」

彼女が話しているのを遮るようにAが激しく腰を動かしているのが見える。

A「もう出したい」

彼女「うん!いいよ!出していいよ!」

数秒のうちに射精したのか、Aがぐったりと彼女に覆いかぶさって抱き合い始め、お互いにキスをし始めた。
この時点でもう俺の頭の中は真っ白で、ワイシャツは雨に打たれたように汗で濡れていた。

呆然と立ち尽くしていると・・・。

A「やば、また立ってきちゃった。もう一回いい?」

どうやら2回戦までやるつもりらしい。
彼女は拒まない。

どうする?
このまま見ている?
それとも逃げる?

呆然と目を見開いていた俺は、怒鳴り込むという選択肢はなぜか無かった。

帰ろうにも足が動こうとしない、見てしまう。
そのときアパートの表の駐車場の方から声が聞こえた。

「なー、マジでやってんの?」

「マジだって。成功したって言ってたし」

やばい、人だ。
こっちに向かって来ている。

いくら彼女の部屋とは言え、覗いているのがバレるとまずい。
駐車場に向かうと鉢合わせになると思い、アパートの裏にある土手に登ってやり過ごすことにした。
やってきたのは3人のDQNっぽい20歳くらいの若者。
彼らが通り過ぎるのを待つつもりだったが、彼らは彼女アパートの窓際に集まった。
そして彼女のアパートを覗き始めた。

は?え?なんで?覗きか?
なんでユキエの部屋を?


さっきのショッキングな出来事もあって、混乱が解けないまま彼らの様子を見ているとヒソヒソと話を始めた。

「うわ、まじだw」

「おお、すげーAの奴」

「ユキちゃんオッパイ小さいなー」

「めっちゃ喘いでるじゃん。エロすぎだろ」

ユキエのことを知ってる?
Aのことも知っている?
こいつら、ユキエの生徒か・・・?
それに、さっきの成功って・・・?

導き出された答えは一つだった。

Aが鬱を装ってユキエに近づき、セックスまで出来るかという賭けをしていたのだ。

怒りは無く、むしろ大きな悲しみがこみ上げてきた。
ユキエは、そして俺はこんな奴らにユキエを取られてしまったのか。
俺は声を押し殺して泣いていた。
殴りたくとも俺は運動センスなんてないし、ガリで筋力も無い。
彼らは鍛えてるのか、いわゆる細マッチョの体型で3人もいる。
悔しいし悲しいけどAが彼女とのセックスを終え、帰ってくれるのを待つしかない。
涙を流しながらもその光景を見続けていた。
DQN生徒どもはときどきヒソヒソ話をしている。

「あーユキちゃんとやりてぇ・・・混ざってきていい?」

「ばーかダメだろw」

もうそんな会話もやめて欲しかった。
もともと人通りなんてほとんどないアパートで、近くに小川が流れているだけなので彼らの声が嫌でも耳に入ってくる。


「いつごろできるかな?」

「明日あたりやるか?」

「んじゃこのあとAと打ち合わせするか」

できる?何を?
明日やる?何を?
まさか、ユキエとセックスするつもりか?

コイツらここで止めないとコイツらは本当にやる。
節操なんて微塵も無いバカ高校生だ。
ここで止めないといけない・・・。
止めてどうするんだ?

すでにAとは関係を持ってしまっている。
真実を告げたところで、立場的に不利なのは彼女の方だ。

それにまだ8月、担任である彼女はまだ7ヶ月もA達と顔を合わせなければならない。
そんな気まずくなることを知らせていいのか?

色々思考が巡っていると、DQN達がちょっと大きな声で話し始めた。

「終わったな、ユキちゃんシャワー行ったかな」

「おーい、A」

コンコンと窓を叩いてAを呼んでいる。

A「おう、マジだっただろw」

「お前さすがだな。俺らもやりたいから作戦立てようぜ」

A「オッケー、じゃあいつものとこで」


会話を終えるとDQN達は帰っていった。
Aと彼女が出てきたときに、俺の乗ってきた車が見つかるといけないので俺も帰った。

翌日、いつも通り仕事をこなしたが、全く身が入らない。
昨夜彼女とメールはしたが、彼女からは相変わらず他愛も無い話。
ここ最近Aについて触れなかった理由がやっと分かった。

Aについてこちらから話を切り出してみても・・・。

「最近調子いいみたいだから心配しなくていいよ」だけだった。

結局DQN達の作戦を伝えることはできなかった。

ボケっとしている俺を見て、上司が「なんか嫌なことあった?今日暇だし定時でいいぞ」と言ってくれた。

定時後の俺の行動は決まっていた。
家で軽く夕食を食べ、19時過ぎに彼女のアパートに着いた。
今度は近くの空き地に車を停め、歩いて彼女のアパートの裏の土手で待機した。
昨日はDQN達が取り囲んでいたので見えなかったが、土手からでも彼女の部屋の様子は少し窺えた。

DQN達は居ないが、Aは居る。

Aは彼女に寄りかかるように一緒にソファに座っていた。
最初は手を繋いでいただけだったが、次第にAが彼女に抱きつくような姿勢になる。
たぶん何か喋っているのだろうけど、ここからじゃ聞こえないので窓際に行くことにした。
しばらく見つめ合っている二人。

すると彼女からAにキスをし始めた。

A「ユキちゃんまたキスしちゃったね」

彼女「だってぇ・・・」

A「ねぇ、いい?」


彼女の返事を待たずAは彼女の服の中に手を入れ、胸を触り始めた。
拒む様子は全く無い。
Aがブラだけを脱がし、服の下で乳首を弄っているのが見える。
そのまま全て脱がすのだろうと思っていたが、Aは手を止めて彼女と話を始めた。
会話が始まって数分後、玄関のドアが開く音が聞こえた。

DQN達3人が入ってきた。

彼女は、「あんたらどうしたの?なんでうち知ってんの?」と驚いていた。


DQN1「Aが心配でさあ」

DQN2「Aに聞いたらユキちゃんちにいるって聞いて」

A「ごめん、こいつらは信用できるから教えちゃった」

そんなの全部嘘なのに、全部そいつらが仕組んだことなのに・・・。

彼女「そっか、でも来るなら来るって言えばいいのに」

DQN1「あれ、ユキちゃんノーブラ?誘ってる?」

DQN2「まさかAと・・・?」

彼女「え、違うって。洗濯してて」

A「ユキちゃん、こいつら信用できるから言っていいよ」

彼女「え、ちょ、ちょっと」

A「お前らだから言うけど、ユキちゃん俺のこと思ってやらせてくれたんだ」

彼女「ちょっとちょっと」


DQN1「まじで?A、羨ましー」

彼女「ちょっと、そんなんじゃないって」

A「え、大事に思ってくれなかったの・・・?」

彼女「いや大事に思ってるけど・・・」

A「じゃあ悪いことじゃないじゃん?だったら言ってもいいじゃん?」

彼女「それとこれとは違うでしょ」

A「違わないよ。だって俺、ユキちゃんのこと好きだもん。ユキちゃんも俺のこと好きって言ってくれたでしょ」

何が「だって」なんだ?
どう繋がるんだ、それ。

彼女「う、言ったけど・・・」

DQN1「俺もさ、ユキちゃんのこと好きなんだよ。マジで」

DQN2「俺だってそうだよ。先生としてじゃなくて、一人の女性としてさ」

DQN3「俺らまだガキだけど、ユキちゃん綺麗だし、やりたいって思うのは間違いじゃないでしょ」

DQN1「いいでしょ?ユキちゃん。一回だけにするからさ」

彼女「でも、そんなのって」

A「ユキちゃん、俺のこと思ってくれる友達だから、いいでしょ?」

Aがそう言い終わった直後、彼女にキスをした。
今度は多少抵抗していたが、次第に無くなり、「ンッ」と呻くような声を出し始めた。
DQNはここぞとばかりに彼女に群がり、胸を股間を触り始めた。


彼女「ちょっと、あんたたち、誰がいいって言・・・ンンッ」

Aがキスで口を塞ぎ、DQNどもが乳首や股間を触って徹底的に攻めている。
徐々に彼女の服が脱がされ、DQN達も服を脱いでいた。

股間を弄っていたDQNが指の動きを早くすると、彼女はあっけなくイってしまった。

DQN1「すげ、ユキちゃんエロすぎ」

彼女「エロくない・・・だってあんたたちが・・・」

肩で息をしている彼女にまたキスをするA。
股間を弄っていたDQNはまた指の動きを早くし、またイク彼女。
次にAが彼女から離れ、DQNが彼女とキスをする体勢になった。
Aじゃないのに拒もうとしない彼女。
完全に受け入れる体勢なのだと俺は理解した。

Aがゴムをつけ挿入。

「ああっ!」という彼女の声と「おお」というDQNの声が聞こえた。

彼女は一番奥をグリグリされるのに弱く、それだけでイクことも多い。
Aもそうしているのだろう、一番奥まで挿入した体勢で小刻みに腰を打ちつけている。

彼女「や、だめ、そんな奥、恥ずかしい、あっ」

DQNは我慢できなくなったのか、彼女の口元にチンコを近づける。
彼女も理解しているのか自ら口に含み、うめき声を上げながら口の中で舌を使っているようだった。

残り二人のDQNは、「ずりぃよ。ねぇ手でしてよ、ユキちゃん」と言うと、彼女は自ら両脇のDQNのチンコをしごき始めた。

フェラをしてもらっていたDQNは、「うお、ユキちゃんとできるなんてマジ興奮する。出そう」と言うと、グッという食いしばるような声と同時に小さく痙攣した。
恐らく射精したのだろう。
射精をしても頭を抑えて離させないDQNが、「ねぇ、飲んで」と言っている。


彼女は少し躊躇ったように見えたが、口をすぼめて尿道にも残る精液を全部飲んだようだった。
Aも限界が来たのか・・・。

A「そろそろ、いい?ユキちゃん」

彼女「うん、出して、いいよ」

小刻みなピストン運動の後Aは射精し、余韻を楽しむ間もなくチンコを抜き、手コキをしてもらっていた。
DQNと交代したAはゴムを外したチンコを彼女の口元に持っていくと、彼女はそれを咥えてしゃぶった。

交代したDQNは「俺、バックがいい」と言い、ソファに彼女の上体を寝かせる格好でバックから挿入した。

DQN「すげ、ユキちゃんを犯してるみたい」

彼女「大丈夫、いいよ、して」

DQN「マジエロいわユキちゃんw最高~」

その後DQNたちは終わったころ、彼女は足腰立たないような感じで、ボーっとしていた。

やっと終わった、そう思った途中から完全に暗くなって中の様子が分からなくなったが、俺は途中で帰れなかった。
悲しくて苦しい気持ちで一杯だったけど、なぜか涙が出なかった。
途中で飛び込んでいく勇気も当然無かった。
なにより自分の彼女がDQNどもに犯されているというのに興奮してしまった。

そして、暗くなって中の様子が見えないとき、DQNと彼女のやりとり。

DQN「なぁユキちゃん、彼氏とどっちが気持ちいい?」

彼女「え、そんな、どっちって」

DQN「俺らの方がいいだろ?連続でできるしさw」

彼女「うん、こっちの方がいい」

・・・って会話で全てが失われた気がした。
その後帰宅し、彼女にメールを送ったが相変わらず他愛も無い話だった。
結局このことを告げることは無く、連絡を取るのもやめ、彼女とは自然消滅した。

彼女とDQNがその後どうなったかは知らない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 高校の女教師とDQNの生徒

盗み聴きした小学生カップルの会話に驚愕
画像はイメージです

駅の改札口を出たところで小学校四年生、五年生くらいの男女二人組がいた。

ちょうど彼女からメールが来たこともあって、そのままケータイを操作しているフリして盗み聞きしてしまった。

男「マンコしゃぶりてえ」

女「何言ってんのw」

男「◯◯(女の名前だと思われる)のマンコしゃぶりたい」

女「ダーメw」

男「なんで?」

女「何でって、まだ早いよー」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

男「またマンコ見せてよ」

女「うーん・・・」

男「毛生えてなかったね」

女「生えてるよ。大人みたいにじゃないけど」

男「ホント?見せてよ」

女「えーw」

男「××(駅前にある量販店)の車椅子用のトイレがあるじゃん」

女「そこで?」

男「うん。そこで見せ合いして、舐めあいだよ」

女「しょうがないなぁw」

男「行こう!」

尾行しましたが、女の腕を引っ張って、本当に車椅子用のトイレに二人で入っていきました。

こっちも何だかムラムラして、興奮冷めやらぬって感じで彼女の家に行って抱きました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 盗み聴きした小学生カップルの会話に驚愕

不倫がバレて私の命令に逆らえなくなった妻
画像はイメージです

5年前、私は妻と結婚した。

私30歳、妻25歳で友人の紹介で知り合った。
妻は育ちも良く、有名大学を卒業する位のお嬢様。
若い時には、キャンギャルの仕事をしていた位、スタイルは抜群だった。

結婚1年後には、子供も授かり私も出世し何不自由に無い生活を送っていた。

子供が5歳を迎える頃でしょうか?
妻が夜の行為を拒む様に・・・。
週1回程度で行われていた夫婦生活、それが半年も拒まれたんです。
妻の浮気を疑いました。

私は会社、子供は幼稚園と専業主婦の妻は9時~14時の間はフリーな時間でした。
確かに最近の妻は服装も派手目で、下着も・・・。
元々お洒落だった事もあり、気づくのが遅かったと思います。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は探偵を雇い、妻の浮気調査を依頼、1ヶ月程度で報告書が提出され愕然としました。

相手は、妻が以前働いていた会社の役員でした。
勿論、相手には奥さんも子供(13歳・10歳)も居て、年齢は40歳。
私は、いつも妻が相手と会うと言う火曜日の10時に彼らが待ち合わせをする場所で待ち伏せしました。
時間5分前には2人は、待ち合わせ場所に・・・。
妻は笑顔で、会うと同時に手を組みイチャイチャしていました。

もう心の底から怒りが込み上げ、その場に出て行き、相手を殴りました。

相手「何だよお前!!!誰だよ!!」

私「こいつの夫だ!」

その言葉に相手は硬直し、妻の顔を見ている。

もう一発殴ろうと胸ぐらを掴むと「ここじゃなんですから、向こうで・・・」と言うのです。

確かに辺りには多くの人が驚いた顔で見ていました。
手を放し、3人で近くの公園に向かい、話し合いました。

結局、男は家族が大事だと言い、妻も必死に謝ってきました。
男からは家族に言わないと言う条件で、手切れ金(100万)を頂き別れました。
妻は、別れを恐れ、必死に私に謝り続けましたが、暫く口も聞かず反省させました。

そんな時です。
妻の実家で事業を失敗し、多額の借金を負うことになったんです。

妻が頭を下げ、「貯金を少しでも実家の借金に当ててくれませんか?」と聞いてきました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

私は、無視!!!
妻は愕然とした表情で目から涙を流していました。

翌日、私は自分の実家に行き、妻の実家の事情を話し、借金の肩代わりをお願いしました。
両親は何も言わず全額支払ってくれました。
(実家は地主で、区画整備と宅地開発で結構大金を手に入れていました)

家に戻ると、妻が抱きついてきて「パパありがとう」と涙を流し、「パパの為なら何でもします。だから別れないで」と言われ、欲求不満な私は、心の中に眠る感情がフスフスと湧き上がり、興奮でいっぱいになりました。

その夜、子供が寝ると私は何か月ぶりに妻を抱いた。

ベッドで妻に「全裸になって身体を見せろ!」と指示した。

妻「電気消して」

私「このままでいい。早くしろ」

妻「分かったわ」

妻は、諦めた様に服を脱いだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

久々に見る妻の身体は相変わらず綺麗で、スタイルも良くムラムラする。
妻を仰向けに寝せ、足を開かせM字にする。
ちょっと盛り上がった陰部には、一筋の縦線が見え、その先端にはちょっと膨れ上がるクリトリスが見える。
薄く生える毛は下地の肌の白さに黒々とハッキリ見えた。
指で軽く縦筋に沿って撫でると、透明な液がジワジワと溢れて来た。

私「エッチだな!もう濡れてるのか?」

妻「だって・・・久々だから」

私「あいつに変えられたか?」

妻「違うわ」

私は、チンポを妻の口の前に差出し・・・。

「さぁ、イヤらしく舐めるんだ」

そう言うと妻は口に咥えこみ、舌でペロペロ舐め出した。
以前は、決して口でしてくれた事も無く、浮気相手のチンポを咥えさせられていたんだと思う。

だからかなり上手で、直ぐにでも逝きそうだった。

「もう、逝くぞ!」

そう言って妻の口の中いっぱいに放出した。

妻が吐き出そうとしたので、「そのまま呑み込め」と命令した。

はじめは嫌がったが、妻は堪忍したようにゴクリと飲み込んでいた。
もう一度、チンポを咥えさせると直ぐにギンギンに復帰、妻を四つん這いにし、バックから濡れるマンコに挿入した。
久々のマンコは温かく、締め付け具合も非常に良く最高に気持ち良かった。
ゆっくりと腰を動かすと妻は今まで聞いた事無いくらい、喘ぎ声をあげていた。
こんなにエッチだったとは思わなかった。

自分から腰を動かし始めると、「もっと・・もっと激しく・・・」と言い始める始末だった。

私も激しく腰を動かし、色々な体位で妻の身体を突きまくると、妻は激しく乱れ、そして2人は逝った。

翌日も、翌々日も私は妻を抱いた。
妻は拒む事も無く私の欲求に答えてくれていたが、1週間も過ぎると妻自身が求めて来る様になった。

道具も使い、妻を逝かせ捲る毎日。
妻はドンドン逝きやすくなり、私の汚い言葉に良く反応する完全なドM女になっている。
もう、私の言葉に逆らう事は無く、何でも従う娼婦の様だった。
私は綺麗で人も羨む妻を完全に支配出来ている事が誇りでもあり、満足だった。

ただ・・・。

“人前でも妻は私に従うのか?”

そんな疑問を私は確認したくなっていた。

翌日、私はネットに書き込みを行った。

『30歳の人妻です。5月10日9時12分、◯◯行きの◯◯電車1両目に、黒いフレアスカートにブラウス姿で、痴漢を待ってます』

その日、私は妻を連れ9時12分発の電車に乗り込んだ。
通勤時間で混雑している中に、書き込みを見た変態男性が居るハズ。
見る人見る人が妻を狙っている様に感じる。

妻に「何があっても他人のフリをしろ!話し掛けるな!」と言い、反対側のドア付近に妻を立たせ、私は斜め後ろに立って待った。


電車のドアが閉まり、電車が走り出した。
妻の周りのも多くの男が立っていたが、まだ妻に触れる者は居なかった。
次の駅に到着し、ドアが開くとまた多くの人が入って来てギュウギュウ状態になった。
妻は後ろ向きでドアの隅に押し付けられているのが分かった。

そんな中、人の間をすり抜けながら妻に近寄る男性が数人見受けられた。

(間違いない・・)

私は確信した。

電車が走り出すと、妻がキョロキョロし顔を赤らめ始めた。

(痴漢だ!)

妻は俯いたまま動かない。
私も妻の足元を見ると、妻のお尻辺りに触れる手が見えていた。
確実にさする感じで、2人の手が・・・。

その手は、スカートの裾から入り込み生のお尻を触っている。
今日の妻は生足にTバックのレースパンティを履かせていたので、痴漢にとっては最高の触り心地だと思う。
妻が私の方を振り向き、助けを乞うような顔を見せるが、首を横に振ると諦めたのか、また俯いた。
妻の下半身を見ていると、太股の辺りにパンティが下ろされて見えている。
もう、生のお尻とマンコを触られているのだろう。

妻は感じているのか、喘ぎ声を我慢するかのように、手を口に近づけ爪を噛んでいた。
そんな時、妻の胸を鷲掴みする者も現れ、妻の顔も最高潮に赤らめていた。
辺りに気づかれないか心配だったんだと思うが、辺りをキョロキョロ見渡し、確認している様だった。

男は、妻のブラウスのボタンを1個外し、中に手を押し込んでいた。
胸の隙間から水色のブラが見え、その中に手は入り込んでいた。
妻はもう、目を瞑り最高潮に感じている顔をしていた。
そして、ガクガクと膝を動かしている。
やがて絶頂を迎えたらしく、ドアの手すりに寄りかかる様に、倒れ込むのが分かった。
男達はニヤニヤしながら妻を見つめ、満足げな表情を見せていた。

やがて、駅に到着するとドアが開き一斉に出る人に紛れ、私は妻の手を引き外に出た。
人気の無い通路で、私は妻を確認すると、パンティは下ろされ、ボタンの空いたブラウスからはブラが見え、まだ余韻漂うマンコからは汁が垂れ流れ太股に伝っていた。

私「気持ち良かったか?逝ったんだろう?」

妻「ハァハァ、逝きました」

そんな妻に口づけをし、そのまま帰りの電車に乗り込んで家に向かい、家で妻を抱きました。

書き込みって怖いもので、本当に来るんです。
その後も数回、同じ事をしましたが、毎回数人の男が現れ、妻に痴漢行為をしてくれます。
妻も興奮するのか、決行の日は、エロい格好を自ら選び、ノーパン・ノーブラで向かいます。
子供や知り合いの前では、良き夫婦を演じていますが、2人きりの時はご主人様と奴隷メイドの関係です。

でも、最近は知り合いの前でも、妻への恥行為をする事に興奮と満足を味わう様になっています。
むしろ、その方が興奮するんです。
もちろん妻もそうらしいですが・・・。

幼稚園の運動会が開かれ、夫婦で参加しました。
運動会だと言うのに、妻にはワンピース姿で下着を付けさせず、ストッキングだけを履かせました。

友人「おはようございます」

私「あっおはよう!天気よくって良かったですよ」

友人「本当に・・・」

妻は、ちょっと赤らめた顔で、相手の奥さんと話している。
地べたにシートを張り、そこに友人一家と一緒に座った。
妻は終始、スカートの裾を押え気にしている感じだった。

演目も進み、子供と親の障害物競争というのがある様で、先生が親御さんを招いていた。

私「お前行けよ!」

妻「えっ、私!!!ちょっと困るわ」

小さな声で言って来た。

私「お前が行くんだよ」

ちょっと強張った命令形。

妻「分かったわ」

妻が立つのを確認し、友人宅も奥さんが行く事になった様だった。
2人が子供の居る場所に向かう。

スタート地点に親子が並び、“バン”と言う合図で走り出す。
はじめは親子で縄跳びをして平均台の上を走る。
そして、子供をおんぶしてバックで走ると、マットの上に網が引かれた中を四つん這いで抜け出す。
ここはたぶんスカートの妻は注目の的だろう!
そして、ぶら下がるパンを咥えゴールだった。

幼稚園だけあって、親は皆若く、奥さん達はスカート姿も数人見られた。
もちろん、友人宅の奥さんもスカート姿だった。
我が家の子供と友人の所は、同じ組だった様で、スタート地点に立った。

“バ~ン”

一斉に走り出す。
子供は真剣な面持ちで親は恥ずかしそうに苦笑している。
トップは、お父さんコンビの男の子!

妻と子供は後ろの方だった。
辺りを見ると、スカート姿の2人の親に男の視線が集中している。
そして、遂に友人の奥さんが網の中へ入った。
私達の位置からは後ろ姿だったが、屈んだ瞬間バッチリパンチラが見えた。
その後を追う様に妻が網に入った。
四つん這いになると、スカートは捲れ上がり、際どい所まで見える。
ヒラヒラ裾が動き、明らかに陰部が見え隠れしている。
ベージュのストッキングが誤魔化しているが、私にはハッキリと見える感じがした。
まぁ数メートル離れていれば気づかないかも知れない。

そんな時だった。

一番最後を走っていた親子が網の中へ入った。
子供の相手は、ちょっと年配のお父さんだった。
妻のすぐ後ろを追う様に網の中に入ると、顔を前に向けた。
一瞬動きが止まった。
妻の陰部が見えたんだろう!
しかもワンピース姿と言う事は、その奥の胸まで全てが彼にはハッキリ煮えたに違いない。
直ぐ後を直に見ようとしたのか?
男の動きが早まった。

妻のすぐ後ろに近づいて行く。

“バンバン”

妻と子供がゴールし、結局後ろから2番目だった。

男は、その後も妻をジロジロ見ていた。
小走りに妻達が席に戻って来た。

妻「疲れた~」

友人「ご苦労さん、いい走りでしたよ」

妻「そう?」

友妻「もう、見えちゃったかな?」

友人「まぁいいじゃないか?他の奥さんのも見ちゃったし(笑)」

私「そうですよね」


私は妻の耳元で「後ろを走ってたお父さんにはバッチリ見られてたよ」と言うと、顔を赤らめ「知ってた」と答えた。

帰り、友人と別れ子供を連れ歩いていると、例のお父さんとすれ違った。
明らかに妻を意識した感じで頭を下げて来た。
妻も頭を下げると、一瞬ニヤッとした様に見えたのは私の勘違いか?

7月後半猛暑の中、私は数日ではあるが夏休みを取った。
(この時期は皆取得している)
余りの暑さに、家族でプールに出掛けようと考えていたが、それと同時にまた書き込みを行った。

『◯◯プールに遊びに行きます。黄色いビキニ姿です。年齢30歳身長163cm(88・62・90)痴漢に興奮する私をエッチな方、満足させてくださ~い』

プールは、車で1時間ほど離れた場所の結構大きなプールで、流れるプールやウォータースライダーが完備された所だ。
子供は小さいので、そこまでは遊べないが・・・。


プールに着くと、多くの人で賑わっていた。
更衣室で着替え場所をキープする。
妻は黄色いビキニに身を包み、流石元キャンギャルの素晴らしい姿をしていた。
行き交う男達が振り向くのを感じながら妻の手と子供の手を引いて小さなプールへ向かった。
膝までしかないプールで座りながら辺りを見渡す。

色々な水着があり、黄色いビキニが他に居ないか見渡す。
数人同じ色のビキニ姿が見られたが、10代後半や、40代か?

(これなら分かるか?)

そう感じながら、妻の姿を監視する。
もちろん妻も自分を狙う男が居る事も知っている。
アソコはもう濡れているのかも知れない。

もう、遊び始めて1時間が過ぎた。
半分諦めながら興奮が冷めるのを感じていた。
子供がトイレと言うので、一緒に向かう事にした。
トイレから出るなり、近くにある店でちょっと腹ごしらえ・・・。
元のプールに戻ると妻の姿が無い。
トイレ?と思い待っていたが、一向に戻る気配がしない。

(もしや!!!)

そう思い、近くを見渡す。
流れるプールの奥の方に妻らしき姿が見える。
辺りには男が数人取り囲んでいた。

(来たぁー)

そう思い、子供と近くに行く事にした。

子供を浮き輪に乗せ反対向きにすると、急いで妻の近くに近寄る。

間違いなかった。
妻は目を瞑り、感じている様子だった。
男は、30代後半2人と50代が1人、そして10代か?
明らかに妻に何かしている。

子供に「パパ潜水するね」と言って潜ってみると、妻のビキニパンツが足元に下げられている。

男達の手がもう、マンコに差し込まれグイグイ出し入れされている。
胸も乳首がはみ出し、指でコリコリ弄られている。
妻は浮き輪に入って辺りに男が掴まり、片手でお触り。
最高の獲物と言わんばかりに彼らは笑顔を振りまく。
一瞬、妻のビキニパンツが男の手にあり取られたのが分かった。
子供は妻がすぐ後ろに居る事など知らない。
子供のすぐ近くで妻は男に弄ばれ、感じ逝くのだ!
ワザとらしく後ろ向きで進み、男達の群れに突っ込む!

男「何だよ!気を付けろよ!」

妻「あっパパ」

その言葉に男達が焦り、その場から逃げるように散らばる。
妻のビキニパンツが虚しく浮き上がる。

妻に手渡し、「感じたのか?」と聞くと「はい」と答えた。

子供も妻に気づき、抱きつきながら一緒に流れ始めた。
私は、妻のマンコを確認する様に手で触るともう、ヌルヌル状態でクリトリスも膨れていた。
少し離れた所で、男達が様子を窺っている。

妻に「もっと遊ばれたいか?」と聞くと、「あなたに任せる」と一言だった。

子供も居る手前、激しい事が出来ず、その日はそこまでで終わりにする事にした。
今度は、子供を実家に預け妻と2人で来る事を決意し、施設を後にしました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 不倫がバレて私の命令に逆らえなくなった妻

思い出のクラブハウスとエッチ教室
画像はイメージです

家の近くにテニスのクラブハウス兼物置があった。

いくつかの部屋に区切られていて、トイレも中にあり、テーブルが1つとパイプ椅子が6つあった。
ここはいつも鍵が掛かってなくて、誰でも入れるようになっていた。

小学校の近くでもあったので放課後は男子児童1~6年までの小学生の溜まり場になっていた時もあった。
誰かが捨てられていたエロ本を拾ってきてそこに置いていたりもした。

当時、自分も5年生で女の子の体に興味もあった。
学校の帰りにそこにあった本を皆で見ていたりする事もよくあった。

ある日、「本物が見たい」と言い出した奴がいた。

その中に妹が居る奴がいて、「今度見せてやる」と言い出した。

次の日、その時いた皆が集まりだした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

前日言った通り、そいつが1つ下の妹をクラブハウスへ連れて来た。
そいつは中にあったテーブルに妹を寝かせた。
ワンピースのスカートを捲くりあげ、妹のパンツを膝まで下げた。
そいつの妹は「恥ずかしいから嫌だ」と言ったけど、パンツを下げて小さなワレメをそこに居た皆に公開した。

皆、学校のジャージを着ていたので彼女のワレメを見て全員勃起しているのが誰にでもわかった。
彼女の兄は「変な匂いがするから嗅いでみて」と言ったので、皆で交代で彼女のワレメに鼻を近づけ嗅いでみた。

・・・酸っぱいような変なチーズの匂い。
そんな匂いだった。

彼女の兄は、「こんな風になってるんだぜ」と、妹のツルツルのワレメを広げて自慢気に見せてくれた。

それで更に興味を持った自分たちは『エッチ教室』を結成した。

翌日からクラブハウスの近くで遊んでいる女の子に「良い物見せるからちょっと来て」と言いながらクラブハウスに連れて行った。

「ちょっとテーブルに寝てみて」と言ってから、皆で両手両脚を掴んで逃げられないようにした。

それで最初に見た子は2年生の女の子だった。
テーブルに寝かせ、誰かがジャージのズボンとパンツを一緒に下げた。
その子のワレメは友人の妹と違い、土手がもっとふっくらしていた。

それで、4年生の女の子はどうなんだろうと?いうことになった。

その翌日4年生だという女の子を連れてきて、その子を同じようにテーブルに寝かせた。

「なにするの?」と言ったその子に、誰かが「お医者さんごっこ」と言った。

「嫌だやめてよ、先生に言うよ!」とその子は言ったが、やはりパンツとジャージを膝まで下げられた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


その子のワレメの匂いも皆で嗅いでみた。
誰かが「うわっ、くっせ~」と言ったら、その子は泣き出してしまった。

後日、また違う子を連れて行った。

今度は5年生のワレメを見てみようという事になったので、同級生で1番大人しい貴子を連れて行った。
貴子に「テーブルに寝てみて」と言ったら、何の疑いもなくそうしてくれた。
何時ものように両手両脚を掴んだら、目に涙を一杯浮かべ怯えていた。

僕らの間では交代制になっていた『パンツ下げ係』の奴が貴子のスカートを捲りパンツを下げた。
貴子のワレメも皆で匂いを嗅いでみたが、やはりチーズ臭い変な匂いがした。
土手の膨らみはそんなに無くぺタッとしていた。

お姉ちゃんも妹も居ないという奴に「触ってみろよ」と言ったら、貴子のワレメをおっかなびっくり触り始めた。

撫でたり揉んだり、クニュクニュ動く貴子のワレメがかなり卑猥だった。

もちろん6年生の女の子のワレメも見たくなった。
でもすぐ来てくれるような女の子が居なかった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しかし、それでも連れて来た奴がいた。

その女の子は気が強い子で、児童会の副会長もしていて何時もジーパンを履いていた。
名前は早百合といった。

年上気取りで彼女はこう言った。

「あんた達こんな所で何やってんの?」と、先輩とはいえムカつく女だった。

でも誰もが“この子のワレメを見る”という気になっていた。
その内の1人が彼女の左手を掴んで、「みんな押さえろ~!」と言ったら、両手両脚を掴んで早百合をテーブルに乗せた。
それでも暴れている早百合のジーンズのボタンを外した。

「やだっ!馬鹿スケベ!何すんのよ馬鹿どもやめてよっ!」

更にファスナーを下ろす。

そしてテーブルの反対側に居た奴と協力して、早百合のジーパンとパンツを下ろした。
早百合は『パンツ』と言うより『パンティ』と言う物を穿いていた。
あきらかに少女用の下着とは違っていた。


「うっ?!毛が生えてる」誰かが言った。

彼女の土手には薄っすらと産毛のような陰毛が生えていた。

早百合はとうとうすすり泣くような感じで泣き始めた。
ジーパンのせいで思ったより開脚させることが出来なかったので、下はすっかり脱がせた。
ワレメを隠すように脚を閉じる早百合だったが、『脚を押さえる係』がまた脚を広げさせた。

早百合は靴下以外着けていない下半身を露出され、4人に手足を押さえられテーブルに仰向けにされていた。
この格好だと他の子の時よりワレメが良く見える。

そのうち1人が早百合のワレメを触りだした。
手足を押さえている以外の皆が全員早百合の下半身に集まる。
ワレメを開いたり閉じたりと、皆思い思いに触り始めた。

「女って何処からオシッコ出るんだ?」ということになって、早百合のワレメを更に大きく広げた。

するとそれらしい穴があった。

暫く広げれたままだった早百合の陰部は乾燥し、手を離すとシワシワになった。
早百合のワレメを飽きるまで皆で匂いを嗅いだり弄りまくってからそれぞれ家に帰った。
彼女は中々クラブハウスから出て来なかった。
1人で泣いていたのかも知れない。

その時に集まっていて早百合の生えかけの陰毛を見た男子児童からは、その日以降彼女は“毛生え女”と言われ続け、僕等は早百合に無視されるようになった。

何時も彼女には下級生という事もあり、馬鹿なことばっかりしてたから見下されたような感じだった。
早百合の泣き顔みて僕達は勝ち誇ったような気持ちになれた。
彼女にとっては屈辱的だったろう。

それから何日かして、今度は「中学生のワレメはどうなんろう?」という話になった。

しかし、この辺で遊んでる中学生の女は殆どいなかった。
でもたまに来る中2の女が1人だけ居た。
小さい子や自分たちと一緒に遊んでくれる優しくて面倒見の良いお姉さんという感じの人だった。

「お姉ちゃんちょっと来て」と、言ったら何の疑いもなく付いて来てくれた。

お姉ちゃんは「ダメダメ、今日はお姉ちゃん見せられないの」と言ってきた。


「お姉ちゃん一生のお願いだからアソコ見せて?」と言っても、勿論見せる気はなかったようだった。

「お姉ちゃんね、もう帰らないとダメだから」と言ってお姉ちゃんは出入り口向かった。

いつもエッチな事するときは自分たち以外入って来れないように内側から鍵をかけている。
出入り口は2つあったが1つは外側から鍵をかけられる扉で、もう1つは内側からしか鍵を掛けられないネジ式の扉だった。
お姉ちゃんはそのネジ式の鍵を開けて外に出ようとしていた。

しかし、早百合の時と同じようにお姉ちゃんを数人で捕まえて、テーブルのある部屋に連れていった。

お姉ちゃんの名前は芳江と言った。

「え?何々?ちょっとやめて」

「アソコ見せてよ~」

「ダメだってば今度見せてあげるから」

もちろんそんなつもりは無かったろう。


そして芳江はテーブルに乗せられ、両手両足を押さえられた。
彼女は上下中学校のジャージを着ていた。

今回、お姉ちゃんの『パンツ下げ係』は僕だった。
いつも皆で『手足を押さえる係』と交代でしていた。

ジャージのズボンに手を掛けると、

「やだ!やめて!待ってやめてよ」

しかし「いやー!」と言う芳江お姉ちゃんの声と一緒に、ジャージと下着は脱がされてしまった。

数人で押さえ付けて皆始めてみる女子中学生の性器。
濃くはなかったが早百合よりしっかりと黒く色付いた陰毛が生えていた。

「もう見たでしょ?もう離して!」と、お姉ちゃんは泣くこともなく言った。

もちろん見るだけで終わるはずはなかった。
他の子にしているように、芳江のワレメの匂いを皆で嗅ぎ始めた。


「やっ!」

腰をよじらせ、匂いを嗅がれないよう抵抗をしていた。

その後すぐに僕が芳江のワレメを触り始めた。
他の子より土手が高くて、プニプニしていて肉付きも良かった。

芳江は唇を噛んで涙を流していた。

僕は「もう終わりにしよう?」と皆に言ったが、「え~、何で?」と言われ、止めようとする奴は自分しか居なかった。

実は僕は芳江お姉ちゃんが好きだった。
芳江の涙を見たら可哀想になった。

でも皆が止めないならと、僕はそれに乗ってしまった。
僕だって好きな芳江お姉ちゃんのワレメを誰よりもいっぱい触りたかった。

芳江のワレメを一番最初に広げたのは僕だった。
芳江はジャージのズボンとパンティを足首まで下げられ、両膝の辺りを押さえられガニ股状態にされていた。

それでも芳江のワレメはピッタリと引っ付き口を閉じていた。
僕が人差し指と親指で左右に広げると芳江のピンク色の淫穴は口を開けた。
芳江は鼻をすするようにして声を出さずに泣いていた。

土手の方から肛門の方へ向かって、どこまで割れているのか確かめながら広げていった。
尿道は早百合の時に見たが、肛門の数センチ上にも小さい穴のようなものがあった。
僕はそこを指先で触ってみた。

芳江は腰を引いた。
何度か触ると同じように腰を引いていた。

「やめて!」

指が入るほどの穴では無かった。
でもその反応が面白くなり指先で今までより強く突いた時だった。
ヌリュッという感触と共に指2本がそこに入ってしまい、芳江は腰を引き上半身を仰け反らせた。

「いたっ!・・・痛い」

皆キョトンとしていた。

保健の授業で習ってはいたが、その穴がここだったのかも知れない。

「あっ・・・あっ・・・痛い」

すぐさま指を抜くと血液が着いていた。
芳江のワレメにも血が滲んでいた。
皆怖くなったらしく一目散に逃げてしまった。

クラブハウスに残った僕と芳江。

「ごめんね、僕もチンチン見せるから・・・」と、言って見せたが、芳江は一瞥しただけで目を逸らした。

「うっ・・・ひっく・・・ううっ」

テーブルに横になったまま膝を立て、自分のワレメを押さえ泣いている芳江。

僕もどうして良いか分からずに、逃げるようにして家に帰った。
それ以降、芳江お姉ちゃんは僕達と遊んでくれる事はなかったし、ここに来ることもなかった。

その後も近くで遊んでいた下級生の女の子のワレメを何度か見た。
同じ女の子のワレメを数回見たこともあった。

思い出のクラブハウスは数ヶ月後に取り壊され、テニスコートは整地され今は別の建物が立っている。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 思い出のクラブハウスとエッチ教室

続・今まで見てきた女性の裸で一番綺麗
画像はイメージです

そんな訳でアメリカ人のアンが私の部屋に住んでいるのだが、正直未だにこの状況が信じられないと言うか、突然過ぎて身体は理解しても頭が追いついていないと言う感じ。

でも彼女は実に元気良くニコニコと家事もするし、2月までしかいられないと言う事もあり、精一杯無理にでも楽しもうとしているのが私的にはいじらしく可愛く思えてしまう。
ただ一つ彼女の料理はアメリカ人だからかわからないが、ケチャップを多用するのが困ると言うか何と言うか・・・不味い。
アメリカ人と言うのは皆ケチャップをやたらと使うのだろうか?
ちなみにカゴメではなくハインツを使う所がこれまたアメリカっぽい。


私は親がもういないのだが、一人っ子であった為、財産として2LDKのマンションを遺してくれて、1人暮らしには十分過ぎる広さで、正直リビング以外はあまり使っていなかったと言うのが現状だった。
だからアンが我が家に来ても全く問題ないし、明かりが点いている部屋が多くなり雰囲気が変わり、私としても嬉しかった。

相模湖のホテルで身体を合わせたとは言え、恋人なのか?と言われるとちょっと迷ってしまう関係だったから、我が家に来た当初はアンと私は別々に寝ていた。

SEXも毎日する訳ではなく、お互いの気が向いたらと言う感じだったけど、ここでもアメリカ人の積極さか、アンが私の布団に入って来る事が多かった。
外国人のコミュニティーに入っていく訳でもないし、普段も観光以外特にする事が無いみたいだし淋しいのかなぁと思いつつ、布団に入ってきたアンを抱いていていると、やはり私も男だ欲望の象徴に力が入ってしまうのである。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そうなるとアンはいつもの笑顔で私を見ながら始めてくれるのだ。
なんか私が身体を求めるばかりでは無い事も嬉しいらしい。
本当は毎日でも私はしたいんだけど、どうしても遠慮しちゃうんだよね。
パジャマの上から私のアレを触る手つきは実に慣れていて滅茶苦茶気持ち良い。

直接触るより良いかもなんて思っていると、アンはパジャマを下ろし直接触る。
直接の段階になるとこれまた気持ちよくて最高!なんて思うから私は馬鹿だ。
サワサワ~っと微妙にお尻の穴に触れたり、太腿を触ったりで、この段階でこんな気持ちよくて良いのか!と言いたい位気持ちよい。

そこら辺まで来れば私も勿論反撃する。
アンは寝る時いつも何でかしらないがバスローブを着るのだ。
バスローブの下にはパンツだけだし、私にはありがたいけどね。
そのガウン買ってあげたのは私だから、もしかしたら嬉しかったのかも。

無印良品の4000円位しかしないものなんだけどさ。
アメリカ人が皆そうなのか知らないけど、彼女はやたらとアチコチ軽く噛むのだ。
私も対抗してアチコチ噛むのだけど、それが物凄く気持ちよいらしい。
胸とかお尻とかじゃなく、脇とか首とか耳たぶとかでビクッと反応するとこっちも面白くなってふくらはぎとか足までも噛んだりする。

噛んでいるだけでかなり濡れてくるし、今までの私の性生活では無かったプレイだったから非常に新鮮で楽しいのだ。
濡れ始めたらパンツの上からあそこを攻める。
前作にも書いたが、アンは英語で台詞を言ったりしない。
ただ呻くだけで、身体も顔もピンクに染まるのが美しい。
首筋を噛みながらあそこを下着の上から触り、湿り気を確認しながら髪を撫でてあげると、もう我慢できないのか抱きついてくる。

この段階になるとキスの嵐だ!呻きながら私の上半身や顔にキスキスキスである。
濡れ具合も凄い事になってきたらパンツを脱がし、私も全部脱ぎドンドン盛り上がっていくのだ。
相模湖で知った感じるポイントあそことお尻の穴の間をツツツ~となぞる攻撃でビクンビクンと感じながら私のアレを離さないアン。

少し余裕が出来ると繊細な攻撃で私のアレを舐め、刺激し続ける。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

外国人のAVで見たような激しさは無いが、物凄く気持ちよい。
私もアンのピンク色したあそこを舐め、触り、見て楽しむ。
美しいピンク色のあそことお尻は何度見ても飽きる事が無く興奮できる。

ピンク色のお尻の穴は特にそっち方面のプレイに興味が無くても気になって気になって仕方の無いくらいで、私は思わずちょっと力を入れて人差し指をお尻の穴に入れてみた。
その途端アンが仰け反りいってしまったのだ。

余りにもあっけなくいってしまったアンを見て驚いたが、相模湖で知った感じるポイントの事も考えると、実はアンの性感ポイントはお尻の穴にあるのでは?と思い始めた。

そうなれば話は早い。
そこからの攻撃はお尻中心に指入れ、舐めたりしていた。
汚いと思わないのかって?汚いと思う方が無理さ。

こんな良い子で肌が真っ白であそこもお尻の穴もピンクなら誰だって少し位汚れたって全然何とも思わないはずだ。
とにかく指をお尻に入れると直ぐにいってしまうアン。
これならもしかするとお尻に入れてもいいんじゃないかとも私は思い始めたのだ。
しかし私はお尻での体験など0で、やり方が判らなかった為、思い切ってアンに聞いてみると、アンもした事が無いと言う。
でも恥ずかしがりながら気持ちよいとも言っていたから、お尻でしても良いか?って聞くと、ちょっと迷ってからコクリと頷いた。

うおおおお、私はなんという幸せモノなのだ!
キュートな外国人とHできただけではなく、一緒に住み、何とお尻の処女までもらえると言うのだから!
まぁでもやり方がわからないからその場は普通のHで燃えた。
アンを責める時はバックが一番である。

白い肌、形の良いお尻を見下ろしながら可愛い声を聞いているのが最高だ。
たまに手を繋ぎたいらしく呻きながら手を伸ばしてくるのもいじらしい。
とにかく一度始めると体力の限界までHをし、死んだように眠る為、何度か遅刻しそうになったが、それはそれで構わないと思っている。
だって2月までしか時間は無いし、こんな事って2度と無いだろうから。

いやぁ長くなってしまうものだ。
本当はお尻でのHを書きたかったのだけど、ココで止めておく。
また書くと思うから、その時は宜しくお願いします。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 続・今まで見てきた女性の裸で一番綺麗

子供会の集まりで上と下の口を犯された妻
画像はイメージです

妻は人に頼まれると嫌と言えない性格です。
人の面倒見がいいとかではなくて、本来小心者で断れないのです。
子供会の役員を頼まれた時もそうです。
嫌とは言えず、結局引き受けていました。


私は、仕事のこともあるので時間が不規則で何も出来ません。
こういう役員というのは何かと集まりが多くて、夜遅くまでワイワイやっています。
そういう事が好きな人が中心になっているということもあるでしょう。

ある日のことです。
お祭りの打ち上げだとかいうことで、出掛けて行きました。
その時は役員と協力した保護者だけでの打ち上げだということで、子供は家にいました。
打ち上げは役員の家で行われたようです。

妻はお酒が嫌いな方ではありませんが、たくさんは飲めません。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

最初は楽しく勧めたり勧められたりで飲んでいたようですが、急に酔い潰れてしまったようです。
そのうち、一人帰り二人帰りで、最後には一組の夫婦と数人の男だけが残っていたようです。
この状態は最初から仕組まれていたようで、たぶん酒の中に睡眠薬のようなものが混入していたのでしょう。
妻は夢遊病者のような感じで、「大丈夫?」と抱えられて隣の和室に連れて行かれました。

「大丈夫?」というのは、妻が本当に昏睡したようになっているかどうかの確認なのでしょう。

和室に横たえられた妻のトレーナーが捲れ上がってブラジャーが見えています。
突然、一人の男(T)が妻のトレナーを捲り上げて、ブラジャーの上から揉み始めました。
妻は気怠い感じで、「う、う~~ん」と声を出しますが目を覚ますことはありません。
もう一人の男は(S)はパンティーの上からクンニを始めました。
妻は少し太めですが可愛い顔で男心をそそります。

Tはすっかり妻のオッパイを露出させて、チューチュー吸いついています。
Sはパンティーを横にずらして舐めています。
一組だけいた夫婦の妻(M)は写真を撮ったり、ビデオムービーを回したりしています。
カメラを構えるMにもMの夫(H)が後ろから抱きついて首筋にキスしています。
もう一人の男は妻にキスしています。
まるでハイエナが肉に群がっているかのような光景です。

そのうち妻が濡れてきたのでしょう、「入れるぜ」と言ったかと思ったら、妻を四つん這いにして、二の腕ほどもあろうかと思うような巨大な男根を突き立てました。
妻も夢遊病者のようにハ~ハ~言いながら、口からは涎を流しています。
その口には、さっきまで妻の胸に吸いついていたTの陰茎が咥えさえられていました。
妻はグェ~~グェ~~とえづきながら、チンポを入れられていました。
Sがバックから突き立てて腰を振るので、Tの陰茎が自然と妻の口でピストンしていました。

しばらくして妻にピストンしていたSが、「出る出る~」と言って果てたようでした。

ビデオムービーは妻のヴァギナから流れ出る乳白色の液体を映していました。
妻の口に咥えさせていたTの陰茎からも同じように男の液体が放出されたようでした。

妻は、こうしたビデオや写真で脅されたと言うのではなく、結局、妻自身がその快感から離れられなくなったようで、今まで以上に熱心に子供会の活動に参加しています。

「来年は新しい父兄が増えるし大変だわ」と、今から楽しみにしています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 子供会の集まりで上と下の口を犯された妻

一緒に寝てた兄に電マで襲われた
画像はイメージです

私が16歳の時の話です。

兄は当時35歳で1人暮らし。
仲が良い兄妹でした。

ある日、兄が実家に帰ってきた時、「お前が欲しがってたゲーム買ったんやけど、うちくるか?」って言ってくれたので、兄の家に行きました。

兄の家に初めて行ったのですが、6畳の1Kで、ベッドの上しか座る所がないので、2人並んで仲良くゲーム。
そしてゲームに集中してたらもう22時。

「泊まってけば?明日、日曜やし」と兄が言ってくれたので泊まる事に。

0時過ぎまでゲームしてたけど、さすがに眠くなってきたので、寝る前にお風呂借りて上がったら、寝間着を持ってきてない事に気付きました。

私「お兄ちゃん、何か服ないー?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

兄「ちょっと待っとけー」

持ってきてくれた服が、黒のキャミソールのミニのネグリジェ。

ちょっと背伸びしたり屈んだりしたらパンツと胸が見えそうなやつ・・・。
兄は背が高くて熊みたいだけど、エロからは程遠いイメージなので何でこんなの持ってんだとビックリしました。
着てきたパーカーがあったので、それを羽織ってみましたが恥ずかしかった。

兄「おっ!お前おっぱいデカいな。それしか女物なかってんけど、似合ってるな~。元カノのやつや。俺も眠たいから寝るわ。ここおいで」

兄が腕枕をして一緒に寝ました。
兄が後ろから抱っこの形で覆い被さってきてたので暑い・・・。

私「ちょっとお兄ちゃん、暑いし酒臭い・・・退いて」

兄「あーごめんごめん。元カノの寝間着やったから、つい思い出して。暑かったらパーカー脱ぎ?」

脱ぐのは恥ずかしかったけど、暑さには耐えれず脱いで横になり、また腕枕で寝ました。
相変わらず後ろから抱きつかれた状態でウトウトし始めた時、お尻に硬い物が当たってきた・・・。

(このネグリジェで元カノの事思い出してるのかな?)

なんて思いつつ、内心、兄の男の部分を見てしまい嫌悪感も抱いてしまいました。
嫌だなぁと思いながら寝ようとしてたら・・・。

(?!)

お尻をモゾモゾ触られてる・・・怖い。
とにかく寝たふりしようと決め込みました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

でも兄は、私の耳元で、「キャミソール似合ってるで。ちんこ勃ってしもたわ」と言いながら胸も触ってきました。

兄「ハァ・・・おっぱい大きいな。16歳やのにEカップくらいあるか?・・・ごめんな。お兄ちゃん、最近お前の事エロい目で見ててん・・・起きてるやろ?今日は許してくれ」

そう言いながら、酒臭い口でキスしてきました。

私はと言うと、怖くて声が出なかった。
キャミソールでノーブラなので、後ろからおっぱい揉まれたり、馬乗りになられて乳首を舌先で何十回も舐められました・・・。

兄は凄く興奮してるようで・・・。

兄「ハァハァ・・・おっぱい気持ちいいか?おっぱいほんま大きいな。こんなやらしい身体してたんやな。乳首硬くなってんで?ハァハァ・・・」

ちょっと感じてしまったけど、やっぱりいつものお兄ちゃんじゃないから怖かった。
下の方も触られて濡れてきてしまった時に、電マを押し当てられて・・・。

私「んっ・・・あ」

声が出てしまいました。

兄はそれにまた興奮したようで、電マを押し当てつつ乳首をペロペロしてきました。
もう恥ずかしくて逃げたいのに、気持ち良くなってしまってる自分が情けなかった・・・。

電マをやめた兄は、ピチャピチャ音を立てながらあそこを舐めてきました。
手は伸ばしておっぱいも揉んできました。
私もついに我慢出来なくなって・・・。

私「あっ・・・お兄ちゃんもうやめて・・・!」

兄に舐められてイッてしまいました・・・。
兄はおちんちんを入れてこようとしましたが、私が泣いてしまったので入れる事はなく、私の胸に出しました・・・。

この後、正気に戻ったのか、土下座して謝られました。

今は年数も経って仲良し兄妹ですが、この時の事を思い出すと怖く感じます・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 一緒に寝てた兄に電マで襲われた

彼女は想像以上に大きな声で喘ぐ
画像はイメージです

自宅から出て一人暮らしをし、学生時代から始めたスロット。
少ないながらも年間100万円以上の収支を出していた。
ある事情から自宅に戻る事になり、地元のスロット店へ通いだす。

2年前の冬。
通うパチ屋にコヒーレディーが派遣されるようになった。
自動販売機で買えば120円で済むのに、1杯15枚のコイン(300円)もする。
当然、そんな高いのは勿体無いから、何人かいるコーヒーレディ-が回ってきて「お飲み物はいかがですか?」と言われても「いらない」と答える。


120円の缶ジュースも頼めるので、缶ジュースは頼んだ事はある。
しかし、美人とは言えないが、とても声が可愛いコーヒーレディ-がいた。
高い飲み物は頼みにくいので、120円の缶ジュースとタバコを頼むようになった。
(売り上げには関係ないようだが、缶ジュースとタバコも頼める)少しは売り上げにも貢献してあげようと思い、それからは勝っている時には1杯だけ頼む事にした。
当然自分は沢山いる客の1人に過ぎない。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

でも特別になりたかった。
そこでインパクトを与えようと思い「クリープと砂糖は?」といつも聞かれていたが、「いつもの」と言い、持ってきてもらえるか試してみた。
すると、タバコの銘柄、コーヒーは砂糖少なめと覚えていた。

さらにインパクトを与える事にした。
コーヒーを頼むときに「おしぼりもちょうだい」と言う。
すると次からコーヒーとおしぼりを持ってきてくれるようになった。
この時点でもただのわがままな客の一人に過ぎない。

コーヒーレディーは時期ごとに違う征服を着ている。
クリスマスのサンタクロースはやばかった。
身体も大きいが胸も大きい。
こぼれおちてきそうな大きな胸。

「お飲み物はどうですか?」と聞くときに若干しゃがみ、胸の谷間がたまらなくエロい。
自分の所を通り過ぎた後も後ろ姿をずっと眺める。
ストーカーみたいに。
自分のいるスロットの場所から隣のスロットの場所に行くときに軽く頭を下げる。
気になりいなくなるまで、ずっと見ていた。

そして、もう一つの楽しみ。
その店はちょっとした段差があり、中二階の所にもスロットがある。
そこで注文を取る時には短いスカートからパンツが見える。
(実際にはパンツではなく、ブルマのような物を履いている)

わかってはいるが、ついつい見てしまう。
そして、カド台からコヒーレディーのいる場所を眺めるのも楽しみの一つだった。

違う子の時にはがっかり。
お気に入りの子の時は心の中でガッツポーズをしていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

何ヶ月も通っているうちに世間話もするようになった。
ますます惹かれ、恋心のようなものが芽生えてきた時、コーヒーカウンターの所に彼女の携帯がおいてあった。
携帯には男との2ショット写真が待ち受けになっていた。
当然ここで、芽生えてきた恋心は砕け散る。
自暴自棄になった。

そんな時、その子が今月で店をやめると教えてくれた。
パチンコ屋でのコーヒーレディーと一人の客としての関係はこれで終わる。
とても寂しい気持ちになる。
どうしようか何日も悩んだが、勇気を出してデートに誘う事を決心した。
数日後、ようやく店で会うことができ、声をかける。

「もうじき辞めるね。そしたら逢えなくなるね・・・」

デートに誘おうと決心していたが、言葉が続かなかった・・・。
どうしてもデートに誘う一言が言えない。
すると彼女からまさかの一言が。

「デートにでも誘ってくれるの?」と何が何だか一瞬訳が判らなかった。
これはOKという事なのか?

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「ん?!まーねー」

こんな言葉しかでてこなかった。
彼女は軽く笑顔になり、自分の所を去って他の客の所にいってしまった。

どういう事なんだろうとスロットそっちのけで考えた。
次に回ってきたら聞いてみようと決めた。
隣のスロットの島から近づいてくる。
ドキドキしながら彼女が自分の所に回ってくるのを自分は待っている。
そして、自分の所に来た。

「さっきの話だけど・・・デート・・・してくれるの?」

さらにドキドキしながら聞く。
すると彼女は

「デートしてくれますか?」

????????????


まさかのお誘いを受けた。

「今度メルアド教えて下さい」と言い、彼女は自分の元を離れる。
それから仕事が立て込みなかなか店に行けない日が続く。
そして、彼女が仕事を辞める2日前の日。
今日しか行くチャンスがない。
自宅から30分かかる店まで、仕事終わりに駆けつけた。
その日は諸事情でスロットを打つ時間は無い。
彼女にメルアドを教えに行く為だけに店に向かった。
もしかしたら休みでいないかもしれない。

だけど今日しか行く事が出来ない。
頼む店にいてくれ!!
そう願い、店に向かった。
店に着き、あたりを必死に見渡す。
時計は彼女の仕事終わりの10分前。
いない。
どこにもいない。

ダメだったか・・・と思い、トイレに行って帰ろうとした。
トイレから出ると奇跡的に彼女がいた。
心の中ではガッツポーズ。
さっそく彼女の元に行き、紙切れを一枚渡し「ありがとう」と笑顔の彼女の元を離れ、家に帰る。
帰宅途中、携帯がなった。
彼女からのメールだった。

「さっきはありがとう。◯◯◯店でコーヒーレディをやっているサチです」と言った内容のメールだった。
本当にここまで来た事は信じられない奇跡だ。
ただのコーヒーレディーと客の関係だったはずなのに。

それから幾度となくメールをする。
しかし不思議な事に小さい街なのにプライベートで遭うことはない。
別に付き合いたいとは思ってはいない。
ただ、彼女と店外で少し話をしたかっただけ。
彼氏がいるだろうという事も携帯の待ち受けで確信を持っていたからである。
他の人と会うのはまずいと思い、勇気を出して、

「誰もいない所で逢いたい。カラオケボックスかラブホテルで」

さすがに引かれるかなと思ったが、私も人前で逢うことが出来ない身だった。

彼女とは11時にラブホテルで逢うことになった。
私は諸事情があり、パチンコ屋の開店時間の30分前に家を出る。
ドキドキだ。
店だけではなく、プライベートで逢える。
色々と話をしたいと。
もちろん下心がまったくない訳ではないが、普通に話がしたかっただけ。

「彼女にも手は出さないから。色々話をしたい」と伝えた。
待ち合わせ場所は映画館の駐車場。
ここなら、車を置いていっても問題がないから。
彼女が来るまで時間があったので、コンビニで漫画本を買い、車で待った。
約束の時間が近づくにつれ、ドキドキしてくる。
本当に来てくれるのか不安だった。
とうとう約束の時間。
しかし、彼女が来る気配はなかった。
やっぱり、逢えないのか?だまされたのか?
不安が頭をよぎる。
10分後携帯が鳴る。


「ごめん。・・・シャワー浴びてた。急いで行きます」

わたしはすでに2時間車にこもっていたが苦ではなかった。
それから30分後彼女が現れた。

そして、彼女の車でホテルへ向かう。
ドキドキだ。
ホテルに着き、色々と話をしたのだが、お互い疑問に思っていることを聞くことにした。
それは・・・。

私の疑問は彼氏がいるのか?という事である。
携帯電話の待ち受けの人が彼氏ならばホテルに来た事も不思議だから。
すると彼女は答えた。
22歳のサチは結婚していた。
これで携帯電話の待ち受けの謎、左薬指の指輪の謎は解けた。
一時的に恋心のようなものが芽生えていたが、私も彼女と付き合うつもりはなかった。

それは、23歳だった私も結婚をしていたからである。
彼女の疑問も私の薬指の指輪だったので、素直に答えた。

今日は色々と話せたので、満足だった。
ホテルでも1時間が過ぎていた。
実は、もう一つの楽しみがあった。
それは仕事で来ていた、サンタのコスプレをしてくれるという事だった。
最後の思い出にサンタのコスプレを見せてもらえる事になった。

ホテルで見るサンタのコスプレは店で見るコスプレの何倍もエロかった。
手を出さないと誓ったからには手を出さないように抑えるのに必死だった。
なのに彼女は胸を寄せ、谷間をちらつかせる。
まるで誘っているかのように・・・。

「私の胸、やわらかいんだ」と言い、胸を寄せ、プルプルとFカップの胸が揺れる。
我慢の限界に達していたので、もうやばいと思った。

「今日はありがとう。本当に逢ってくれるとは思わなかったし、コスプレまで見せてくれるなんて夢のようだった。もう逢わないでおこうね。帰ろう」と私は言った。
すると「ほんとに?」と言ってくる。

「ほんとだよ」と私が言う。
すると彼女は

「やだ・・・」

抱きついてきた。
大きな胸があたり手を出さないと言ったが、もう無理である。
長いキスをし、彼女の胸に貪りついた。
彼女は想像以上に大きな声で喘ぐ。
自然と彼女のあそこに手が伸びる。
今にも愛液がたれてきそうなほど彼女のあそこは濡れていた。

彼女は我慢できずに私のものを口に咥える。
上手とは言えないが必死に舐めている。
そして、我慢できずに彼女の愛液の溢れる所に私の固くなったものを入れる。
すんなりと大きく膨らんだ私のものが入り、彼女は喘ぐ。
大きな胸を揺らしながら、大きな声で喘ぎ、彼女は5分とたたずにいってしまった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 彼女は想像以上に大きな声で喘ぐ

あまりに気持ちよすぎて声が大きくでちゃうくらい
画像はイメージです

去年の夏。
彼に急に家においでよと誘われ、行きました。
最初はテレビを見ながら2人でごはんを食べました。
ごはんを食べ終わって彼が洗い物をしてくれてて、私は机の上においてあった雑誌を眺めてました。

そしたら、彼が、「なにしてんの?」って言いながら後ろから抱きついてきました。


急だったのでびっくりして「ちょっと・・・」って言ったら、「なんで?こんなにここが硬くなっちゃってるよ?」と言いながら私の手をカレの方へもっていかれました。

そのまま、彼は私のおっぱいを舐めたりして、「こんな濡らしちゃって・・・」と言われながらそのままかき回されました。
私もカレのを手で動かしたり、口に入れたり。
そうするうちに、彼も私も裸になりそのままお風呂へ。
シャワーを浴びながら、フェラをしてあげました。

「気持ちいいよー、もっと奥まで口にいれてごらん?」といわれながら・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


袋を口に入れたり、裏を舐めたり、カリをペロペロしてみたり・・・。

「あー、イキそう・・・」と彼が言うので、「簡単にいっちゃイヤだよう」と言い、オフロから上がり、そのままベッドへ。

部屋の明かりは真っ暗で、ベッドの枕もとに薄暗く明かりがついてました。

「これじゃ、明るいよ・・・」と言うと、「顔みたいから」と言われ、そのままキスされました。

「さっき、洗ったばっかなのにこんなにグチョグチョだよ」なんて言われながらそのまましばらくクリを触られて・・・。

「あ・・・いっちゃいそうだよ」って言うと、「いっていいんだよ?それとも一緒がいい?」と言われ、もっと濡れてしまいました。

「じゃあ、いれちゃうね」といわれそのまま彼が覆い被さってきました。

「あん、ダメ・・・」と言うと、「じゃあ、抜いちゃう?いや?」と言われ「抜かないで」と答えました。
その時に彼が、「これ、お前のHな愛液だよ」と言いながら、指を舐めて・・・。

そのしぐさがよけい感じてしまいました。
彼が、どんどん腰を振ってきて、私も敏感になってしまい、「こんなに腰振っちゃって、Hだなあ」と言いながら、私の体を横向きに。
カレも、さらに激しくピストンしてきます。
あまりに気持ちよすぎて声が大きくでちゃうくらい。

「もう・・・もう、ダメ、いっちゃう」と言い、本当にピクンピクンしてしまい、いっちゃいました。

「もういっちゃったの?さっき、あんなにいじっちゃったから、敏感になっちゃった?」と言いながらも、まだピストンしてきます。

「じゃあ、バックしたいな」と言われ、そのままバックへ。
喘ぎっぱなしで、彼が「エッチな子だなあ」と言いながら、どんどん突いてきます。

「もう壊れちゃうよぅ・・・」と言うと、「もう、イクから・・・」と言われ、そのまま中へ・・・。
ドクンドクンと波打つように・・・。

「お前、エロ過ぎだよ。イクっていったら、ジワーってまた濡れちゃって・・・」と言われてしまいました。
そのままベッドに横になりキスをしました。

なんか、書いててムラムラしてきちゃいました。
濡れてるし・・・。
物足りないというか、つまらなかったかな?
でも、最後まで読んでくれてありがとうございました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! あまりに気持ちよすぎて声が大きくでちゃうくらい

独身男宅に着飾ってやって来る同じマンションの淫乱妻
画像はイメージです

先週、町内会のバーベキューで中出しさせてもらった同じマンションに住む由美さん(30歳、元cocoの三浦理恵子似)。
同じマンションの人妻さんとハメハメしてしまい、多少の罪悪感はあったものの、あまりの上物に性欲をそそられ、その後、奥さんの携帯に留守電を入れ、先週の日曜に私の自宅マンションへ遊びに来るよう伝言を入れておいたら、早速ご登場と相成った。



ピーンポーン♪

日曜日の昼下がり現れた奥さん!

「こんにちは、すみませんお邪魔します」と部屋へやって来ました。

普段着で登場かと思いきや奥さん、なんとヴィトンの黒と茶色の格子模様のミニスカスーツに淡いコロンを漂わせ、なにやら気合いが入っている様子。
ソファに腰掛て、「この前はスイマセン、私かなり酔ってしまって。この前のコトは主人に内緒にして下さいね」と長い脚を組み替えながら私に口封じトークです。

「いやぁ奥さん、ボクの方こそ奥さんの魅力に心を奪われてしまって申し訳ありませんでした」と持ち上げます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「でも奥さん、ホントに素敵なセックスでした。人生最高です」と呟くと、「イヤァンッ、二人だけの秘密ぅ」とコーヒーカップをカタカタと震わせています。

心の中で、(『旦那に内緒』と言いつつも、真っ昼間に独身男の部屋へ着飾って遊びに来るなんて、とんだドスケベ人妻め!)と思ってしまいましたけど(笑)
くびれたウエスト、ムッチリした太腿、長い脚をクネクネさせながら時々足を組み変える瞬間に豹柄のパンティがチラッと見え隠れします。

「奥さん、一人で寂しかったらいつでも遊びに来てくださいよ。ボクらもう普通のご近所さん以上の仲ですから」

「あんっ、恥ずかしいわん。もうあの事はお忘れになって下さい」

そうは行かぬと私、早速モロ出ししました。

「どうですか?ご主人のオチンチンと比べて。物足りないですか?」

そう言って奥さんの口元へ突き出します。

「アァッ、すっ凄いぃ大きいッ、主人の倍はあるわ」

「さぁ奥さん、大きいのを咥えてみてください」

「アッん、恥ずかしい」

そう言いながらも舌を使って、唾液でよく湿らせて、「んくっ、んんくっ、ゴクッ、ん、ピチャピチャッ」といやらしい音を立てながら、奥さんウットリした顔で舐め回します。
三浦理恵子似の人妻さんが今、私の膨張したイチモツを頬張っていると思うとますます興奮して、奥さんの口の動きに合わせて腰を振り、頭を押さえつけて喉元深くへ届くように手に圧力を加えます。

「グフッ、グエッッッグエッ」

むせるのも最初だけ。
慣れると喉チンコの奥深くまでオチンチンを咥えます。
やがて赤いルージュが取れてなくなるほど激しいフェラチオへと移行して行きます。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

奥さんの洋服上下を脱がせるといやらしい豹柄のTバックです。
ソファの上でシックスナインの体勢になり、パンティの隙間から指を入れてみると、もう滴り落ちるほど濡れ濡れのドスケベオマンコになっています。
クチュッ、クチュッとオマンコを刺激すると、フェラチオを中途半端にしながら、「ッアックッ!クゥゥゥゥッ、あっ、気ギボジィィィィィッハッ!」と綺麗に巻き髪された薄茶のロングヘアを振り乱して悦びます。

「あぁぁぁっ、こっ、こんな、ハァッ、感じるあぁっ、感じるわ、ンングァァァッ!」

奥さん、淫乱雌猫丸出しですよ。

「奥さん、さぁ思い切り感じなさい」
「あぁ、お願いお願いぃぃぃっ、もう来てっ、大きいの入れてっ」

「奥さん、大きいのをどこに入れるの?さぁ大きい声で言いなさい」
「ンクハッ、はっ恥ずかしいぃぃぃ。オ、オマンコにぃぃぃぃ」

奥さん、もう狂ってます。

「よしよし奥さん、さぁお尻を!奥さんの大きくていやらしいお尻を向けなさい」

促すと体の線が細い割りにムッチリとした肉塊をこちらへ向け、愛液でギラギラ滴るオマンコがヒクヒクッと痙攣するのが確認できました。
亀頭をオマンコにギュッとねじ込むと、「ンンンンンッ、あぁイイィィィ、クハッ、クハッ、もうイキそうぅぅぅッ」と腰を激しくスライドさせます。

「奥さんまだまだ、じっくり楽しませてあげますから。スぺシャルサービスですよ」と激しく高速ハイパワーピストン攻撃です。

パンパンパンッパンパンッパンパンパンパンパンパンパン。

三三七拍子のリズムでハイパワーピストンすると、奥さんたちまち潮を噴出して、「イーッ、イグゥゥゥゥゥッ!んっグワァァッぁぁぁ!」とイッてしまいました。

その後は駅弁スタイルでパンパンパンパン、ソファーで奥さんを上にしてパンパンパンパン。
2時間のロングなセックスに奥さん、数回は絶頂を迎え、やがて白目になり気を失ってしまったので思い切り極奥大量中出し!
ドッピュピュピュピュッと止まることなく精子を注ぎ込みました。

普段は町内会活動などでしか知らない清楚な奥さん。
でも実際はこんな淫乱人妻なのです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 独身男宅に着飾ってやって来る同じマンションの淫乱妻

同じ研究室の女の子
画像はイメージです

研究室に仮眠部屋があって授業行くのが面倒になって仮眠してたら、隣のパソコンのある部屋で物音がして目が覚めた。



泥棒かと思ってそっと覗いたら同じ研究室のJ子がパソコンでエロ動画見ながらオナってた。



ほとんど話したことない大人しそうなJ子なので、見てるだけで物凄くエロかった。で、逝くまでずっと観察した。



「うっ・・・くっ・・」って言いながら一人で果てたのを確認してからそっと近づくと、気が付いたJ子はあわててスカートを戻した。



何か言いかけたので肩に手を置いて「大丈夫誰にも言わないから」とJ子の顔を見ると真っ赤になって下を向いた。



スカートから見える足には、上げる暇のなかったパンツが膝下あたりにあった。



太ももの内側からスカートの中に手を入れるとJ子は一瞬だけ抵抗したけど、内股から中心に届く頃にはされるがままになってました。



J子はこれでもかと言わんばかりにびちゃびちゃで、触った途端「あっ」と小さく声を出し指でまさぐるたびにビクンと体が反応した。



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ひとしきり触ってから今度は顔を近づけると「だめっ・・」っと小声で言うので無視して薄い目の茂みに顔をうずめた。



J子は椅子から落ちそうなくらい反応して感じていたようだけど声を我慢していたので、余計にお互い興奮させられてそのままJ子を床に押し倒してしまった。



今思うと授業の無い他の人が来るかもしれないからと焦っていたのか興奮しすぎてたのか、押し倒してすぐにJ子に生で挿入してしまい、不覚にも中で果ててしまいました。



終わってから中である事の重大さにお互い気が付いて慌てましたがどうする事もできず、他の人には内緒にしようという事に。気まずいのかJ子は帰りました。



それからJ子は1週間くらい学校に来ず来るようになっても気まずい雰囲気で、ほとんど話す事はありませんでした。



それから1か月くらい後にあった飲み会でベロベロに酔ってしまい、目が覚めるとホテルでJ子と全裸で寝てました。



どうやら酔ってJ子に強引に迫ったらしくそのままホテルへGOだったそうです。



さすがにお互い居辛かったのですが研究室をやめるわけにもいかず、また付き合う訳でもなく卒業までほとんど会話せずに終わりました。



今思うと2回も中出しして良く助かったもんです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 同じ研究室の女の子

還暦女子ですがイケメン大学生の舐め犬に出会えました・・・・・・・

投稿者:美代子 さん(女性・60代以上) 体験談タイトル:還暦、20代食べました 50を過ぎて性欲が鰻登りになったおばちゃんですが旦那は使い物にならず不満な日々が続き、一人でやるにも限界を感じてました。 しかし太ったの還 […]

The post 還暦女子ですがイケメン大学生の舐め犬に出会えました・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 還暦女子ですがイケメン大学生の舐め犬に出会えました・・・・・・・

知香が起きちゃいますよ
画像はイメージです

嫁の知香が妊娠、予定日が近づいてきたら嫁の母親(お義母さん)がうちに泊まりにきてサポートしてくれるようになった。

知香はお義母さんが若いときに産んだ子で、お義母さん自身も若く(40歳代)て美人。
お義母さんがもし知香の年齢だったらきっと知香よりも美人で可愛いと思う。

お義母さんはよく「早く孫の顔が見たいわぁ」と言っていて、知香のお腹の中の子はもう男の子だと分かっているので尚嬉しく思っている。

嫁の出産予定日の月になり、妊娠が分かって以来ずっと嫁とセックスしていない欲求不満の僕は、お義母さんとカラダの関係を持ってしまった。


お義母さんと言っても一人の女性。
その女性と同じ家、鍵のしていない隣の部屋で夜は寝ている。

嫁が体調があまり良くないと早く寝てしまった夜にお義母さんが寝ている部屋(寝室のとなりの部屋)で・・・。

お義母さんはルームライトの豆球(オレンジ灯)を点けて寝ていて辺りはよく見えていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


お義母さんに覆いかぶさるとびっくりして

「わっ!!ちょっと何!!??圭くん??」

「静かに!!知香が起きちゃいますよ!!」

「やめて!!圭くん!!何するの!!」

力づくで押さえ込み唇を奪う。

「うぐっ、うぐっ、圭くんやめてぇ・・・」

パジャマをバッと左右に引っ張ると上のボタンが飛んでお義母さんの大きなブラが見えた。
ブチ、ブチ、ブチィーとボタンを飛ばしながら引き裂くようにパジャマを脱がす。

「いやあぁぁぁーっ!!やめてぇぇー!!」

ブラを剥ぎ取り、嫌がるお義母さんの大きな胸に顔をうずめたり、乳首を愛撫する。

豆球なのでハッキリと乳輪・乳首の色は分からないが、肌との色の差は大きく、茶色めと思われる。
乳輪は大きく乳首もぷっくらとしていた。
初めて見る憧れのお義母さんの胸は最高に興奮した。

少しオッパイは垂れていてヘチマのような形のオッパイを揉むと感触は極上で柔らかくて何回も揉みまくっていた。
お義母さんのパンツに手をかけてこれも強引に破るように脱がす。

お義母さんのオマンコを愛撫し始めたころ、お義母さんはあまり抵抗しなくなってきて喘ぎ声を出し始めた。
ふっさふさの剛毛のマ◯毛を手で押しのけながらクリトリスを激しく攻め立てる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「あぁっ!!・・・いぃっ!!・・・圭くん、あっ・・・すっ、すごぉいぃ!!・・・いぃっ!!・・・あっああっ!!だめっ!!私、いっちゃうっ・・・んっくっ・・いっくう!!」

お義母さんはビクっとカラダをさせてイッてしまった。

「お義母さん、初めて会った時から好きでした」

「ありがとう。嬉しいわ。でもこんなこと良くないよ・・・」

お義母さんを四つん這いにさせて巨尻を揉む。
腰幅・尻幅も広く、お尻がとにかくデカイ。

尻肉を両側に押し拡げる。

「恥ずかしいからあんまり拡げないでぇ・・・」

お義母さんのお尻のセンターの茶色い穴に舌を這わして臭いを嗅ぐ。

その奥の臭いに興奮しながらお尻の穴のシワごと舐めまくっていた。

臭いに満足したところで正常位の体勢にもっていき挿入をこころみる。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「ダメっ!!入れるのはだめっ!!」と抵抗されたが、力づくで押し込み、お義母さんの膣に深く挿入して腰を動かし始める。
柔道の縦四方固めのように体重をかけてお義母さんが逃げられないように押さえ込む。

「お義母さん、すごい締まるっ、知香のマンコよりも気持ちいい!!僕、知香を妊娠させてもうすぐ子供が産まれるけど、お義母さんのお腹にも自分の子供作りたいっ、お義母さんに僕の赤ちゃん産んでもらいたいっ!!」

「い、いやぁっ!!ダメっ!!そんなのダメに決まってるでしょ!!あなたには知香がいるでしょ!!私は知香の母親よ!!私の娘の知香を妊娠させておいて、私も妊娠させたいなんて何考えてるの!!娘と私を同時に妊娠させたいだなんて!!」

隣の部屋で今月出産予定(臨月)のお腹の大きい嫁が寝ているのに、お義母さんの肩口をギュッと押さえ込んでさらに僕は腰を激しく振り、お義母さんのオマンコが壊れるくらい突きまくる。

「お義母さんっ・・・俊子さん!!好きなんです!!オレ、俊子さんの中に出したいっ!!」

さらに腰のストロークを深く、深く押し込むように膣奥に挿入していってお義母さんの妊娠を狙う。

「いやあぁぁっ!!やめてっ!!出さないでぇっ!!デキちゃうっーデキちゃうぅー!!圭の赤ちゃんデキちゃうっ!!娘婿の赤ちゃんなんて私、産みたくないっ!!」

さらに僕は激しく腰を動かし、お義母さんのカラダが激しく揺れる。

「あっ、イクよ!!愛してる、で、出るっ!!俊子っ、俊子っ、俊子ぉっ!!」

快感がペニスに走り、嫁の妊娠中に溜まりに溜まった精液を大量にお義母さんに流し込むことに成功。
旦那さんのお義父さんに無許可で思いっきりの中出しでした。

ペニスを抜くとドバッと精液が出てきてしまったのですぐに回復したペニスをお義母さんに押し込み、バックで挿入。
バックでお義母さんの大きなオッパイを後ろから揉みながら再度、中出しして確実な妊娠を狙う。

よく考えるとお義母さんは嫁の知香を産んでいて、その母親の俊子さんを妊娠させて僕の子供を作るとすると、知香と同格のものを作るような感じがして不思議な感覚でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 知香が起きちゃいますよ

初風俗でレンタル彼女ってやつを利用してみた童貞の記録・・・・・・・

投稿者:K さん(男性・30代) 体験談タイトル:風俗で初の体験 俺(30半ば)、生きてて初めて風俗に行ってきました。 簡単なレポをしたいと思います。 現在彼女なし、付き合ってた経験は一度だけ、それも2か月で振られて終わ […]

The post 初風俗でレンタル彼女ってやつを利用してみた童貞の記録・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 初風俗でレンタル彼女ってやつを利用してみた童貞の記録・・・・・・・

彼女の口から妙な匂いが・・・?
画像はイメージです

俺の彼女(22才の大学生)が、家庭教師のバイトで生徒(中3)をフェラしてた。

事実が発覚したのは昨日の夜。
たまたま彼女のバイト先へ迎えに行ったときのこと。

助手席に座った彼女に「おつかれー」ってキスしようとしたら、妙な匂いがしたから聞いてみた。

俺「なんか食べてきた?」

彼女「べつに」

俺「なんか変な臭いするよ」

彼女「・・・」

彼女の様子がおかしい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そういえばこの臭いって・・・と思い、問いつめたら彼女は正直に「ごめん」と一言。
まあなんでこうなったのか全部話してみな・・・ということでそのとき聞いた話。

事の始まりはなんと半年前。
特別エッチが好きなわけでもない彼女は、普通に家庭教師をしていた。
ところがある日、彼女は教え子(のぞむ君)の視線が自分の胸元に向いていることに気がついた。

彼女「こら、変なとこ見るな」

のぞむ「しょうがないじゃん、俺男だもん」

彼女「そんなんじゃ勉強すすまないでしょ」

のぞむ「一回でいいから全部見せてよ。そしたら気が済むから」

このとき彼女は下着だけならいいかと思い、シャツを捲りあげた。
ブラを丸見えの状態が数秒間続くと、のぞむ君は突然彼女をベッドに押し倒して胸に顔を押し付けた。
彼女は押しのけようとしたが、中3男子の力は意外に強かったこともあり、まあこれぐらいならいいやとそのままにさせといた。
と、油断していたらのぞむ君はさらにブラの隙間から舌を入れ、彼女の乳首を舐めだした。
これはさすがにまずいと思った彼女はなんとか粘ってのぞむ君の顔を胸から引き離した。

彼女「こらっ、そこまでする約束じゃなかったでしょ」

のぞむ「ごめん、でも今から勉強がんばるから」

・・・という言葉の通り、その後1時間は一言もしゃべらずにその日の勉強を終えた。
そんなことがあってからいつの間にか彼女が家庭教師に行くと、机に向かって座っているのぞむ君の横に立ち、生乳を出してペロペロさせてから勉強が始まるようになったらしい。
で、ここまできたらもっと先へ進みたくなるのが男というわけで。
いつものように乳首を舐めていたのぞむ君がある日・・・。

のぞむ「なあ先生、俺、今すぐ出したいんだけど」

彼女「は?」

と、彼女が視線を下ろしたその先では、のぞむ君のジャージがテントを張っていた。

このとき彼女は実は乳首を舐められて感じていたらしく、ついついのぞむ君のズボンとパンツを下ろして手でシコシコしてあげたらしい。
そしてそれが今ではフェラ→口内発射という形へ発展していったということだ。

俺がこの話を彼女から聞いた日は彼女がのぞむ君の部屋へ入ってから、乳首舐められ→フェラ→口内発射(ゴックン)→勉強という流れでやってきたらしい。
ちなみに来週は顔射させると約束してきたらしい。

「約束したからにはやらせてあげろ」と、興奮しているのを悟られないように落ち着いた様子で俺は彼女に言った。

さて、彼女がのぞむ君にバックでやられる日は近いだろうな・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 彼女の口から妙な匂いが・・・?

よく記憶が飛ぶという女友達の家に泊まりに行った結果・・・・・・・

投稿者:カネなし さん(男性・20代) 体験談タイトル:記憶が飛ぶという女友達の家に泊った結果・・・ バイトが終わると終電を逃してしまいました・・・・・。 漫画喫茶にでも泊まればいいのですが・・・・・今日に限って(いやい […]

The post よく記憶が飛ぶという女友達の家に泊まりに行った結果・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 よく記憶が飛ぶという女友達の家に泊まりに行った結果・・・・・・・

性行為を覗き見て興奮してしまうリケジョの私の性癖・・・・・・・

投稿者:千真理 さん(女性・30代) 体験談タイトル:私の目覚めた性癖と愛の形 前回のお話: ①【黒歴史】リケジョの私が隣のカップルのギシアン声を聞いて我慢できずに・・・・・・・ ②【オナニー】カップルのセックスを盗み聞 […]

The post 性行為を覗き見て興奮してしまうリケジョの私の性癖・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 性行為を覗き見て興奮してしまうリケジョの私の性癖・・・・・・・

お風呂で始めて姉の裸を見ました
画像はイメージです

その時姉は高一、俺は中一でした。
その年の夏休み、両親が一週間田舎に帰ったとき、俺と姉は部活があるため田舎には行かずに家で留守番をしていました。
俺の部活は5時頃に終わり6時には家に着いていました。
それにくらべて、姉の部活は何時に終わっていたか分からないけど、11頃家に帰ってきます。
俺は姉が帰ってくるまでの時間は友だちに借りたエロ本などを見て抜いていました。

その日俺は、疲れていたから早く寝てしまいました。
そうしたらその夜、早く寝すぎたから一時ごろ目覚めると隣の部屋(隣が俺の部屋で間はふすま一枚)から変な音が聞こえてきました。


最初は何か分からなかったけど、声を聞いてて分かりました。
姉がオナッてました。
その時はのぞく勇気がなくて声を聞いて俺もオナリました。
そして、射精してティッシュで処理し寝ました。
(臭かった!!)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

次の日、その日は姉と一緒にご飯を食べました。
そして、姉がお風呂に入ってる間に確かめに入ったら、やっぱりシミがありました。
その夜俺は、姉が寝たのを確認し、姉の部屋に侵入しました。

侵入したときすでにビンビンでした。
俺は携帯の光を頼りに姉の元へ行きました。
姉はベッドで上はノーブラでTシャツを着、下はパンツでした。

まず、姉のおっぱいを触りました。
最初はTシャツの上から揉みました。
しばらく揉んでいると、姉が声を出し始めました。
そして、ちょくせつ触り、乳首を舐めました。
寝ながらでも感じるんだと思いながらアンコをはわりました。
そしたら、姉が目を覚ましてしまったので、急いで自分のヘアに逃げました。

その日は、抜くひまもなく寝ました。
次の日の朝、俺はメッチャこわかったです。

朝、一緒に朝ごはん食べていると、姉が

姉「昨日の夜何してたの?」

と聞いて着ました。

俺「別に!!何もしてないよ!どうしたの?」

バレバレだけど誤魔化すことにしました。

姉「触ってたでしょ!言わないとお父さんと、お母さんに言うよ!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

そう言われたので、言ってしまいました。

姉「・・・」

俺「・・・」

無言でした。
その時メッチャ怖くて泣きそうでした。

姉「ぁん・・ぁっ」

姉がいきなり、オナリ始めたんです。
俺はどうしたらいいか分からず、ずっと見てました。
そして俺が、触ろうとすると、姉は・。

姉「お風呂で」と言いました。

お風呂で始めて姉の裸を見ました。
立っちゃったから、タオルで隠そうしたけど、姉に見られて、

姉「すごいね!」

と言われ、人に立ったところ見られんの始めてだからメッチャ恥ずかしかったです。

そうすると姉は、俺のチンコをしごき始めたんです。
そして、すごく上手いでした。
すぐ出てしまい、顔にかかってしまいました。
姉は、ブツブツ言いながら顔を洗ってました。
洗ってる、後ろからオッパイを揉むみました。

そして、乳首を愛撫し、手ではアンコを弄っていました。
クリトリスを弄ると、姉は普段聞いたことのない声を出し、すごく感じてました。
しばらくすると姉は姉「入れて」と言ったので、立ちバックで入れました。
姉のアンコはグチョグチョでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! お風呂で始めて姉の裸を見ました

PC修理を頼まれた同級生女子の閲覧履歴を見てみたら・・・・・・・

投稿者:名も無き大学生 さん(男性・20代) 体験談タイトル:パソコン修理 家電量販店でアルバイトしてます。 売り場がパソコンとパソコンソフト。 先日、同じゼミの華奈から「家電量販店でバイトしてるなら下宿先で使っているパ […]

The post PC修理を頼まれた同級生女子の閲覧履歴を見てみたら・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 PC修理を頼まれた同級生女子の閲覧履歴を見てみたら・・・・・・・

M男ですが調教日記をつけてみた・・・・・・・

タイトル:【舐め犬として躾けられたM男の調教日記Vol.1】 世の中にはいろんな性癖がありますが僕は実はずっとノーマルでした。 ノーマル…と言っても本当はノーマルなのではなく、自分の本当の性癖を知らなかっただけなのかもし […]

The post M男ですが調教日記をつけてみた・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 M男ですが調教日記をつけてみた・・・・・・・

不良女のハイソックスを使って
画像はイメージです

中二のとき、クラスにわかりやすい不良女がいた。
髪はクラス中そいつだけ茶髪だし、普通に化粧してたり制服を着崩すのは当たり前。
平気で授業もサボる。

だが、正直不良というのを差し置いても、そいつは可愛かったし、カラダも中二とは思えない程に発育が良かった。

スラッと伸びた長く、そして丁度良い肉付きの太ももがエロい上に、夏場では目を凝らせば普通に透けブラもしているし、ボタンを二つ位外しているので、胸元も大きく開いていた(まあ、正面から見るなんてことはできなかったが)。


ある日、不良女は珍しく体育の授業に出ていた。
数ヶ月に一回あるかないかだ。

授業終わりにちょっと体操服姿を拝んだが、やっぱりクラスの他の女子とは違うな、と思わされる。
結局、休み時間に他のクラスの不良と小一時間電話した後、必要な小物だけ小さなカバンに持って早退してしまったようだ。
その日の放課後、俺は一人教室に残っていた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「夕日に染まる教室が好き」という、学年そのままの厨二病男子だったからだww
ふと、後ろの棚を見てみたら、不良女の置いていったカバンがある。

いくら不良と言えど、女子である。
それどころか、凄く可愛い女子なのだから、やはり私物が気になってしまう。
気配のないことを確認し、おそるおそるカバンを開ける。

その中に袋が入っている。

これはまさか・・・ゆっくりと紐解いていくと、そこには体操服が入っていた。

今日がマラソンの日だということは授業終わりの女子との会話を盗み聴いていたことで知っていた。
汗でじんわり湿っている体操服は鼻を近づけずとも酸っぱい匂いがした。

そして靴下。
普段の彼女からは想像できない清楚っぽい白ハイソックスである。
土で少し汚れていた。

さらにスポーツブラも発見。
無論これ以前に見たことはなかったが、パットの大きさからも彼女の巨乳ぶりがうかがえる。

それだけではなく、なんとパンツまで見つかった。
意外と神経質な子なのかもしれない。

そこから先はもう、人が来るかもしれないという警戒心は無くなっていた。
たくさん汗を吸ったであろう体操服に顔面全体を擦りつけ、パンティのクロッチ部分を口に含みチュウチュウペロペロしながら、ハイソックスにチンポコを挿入して俺は猿のごとくオナニーした。

今までのどんなオナニーより、興奮したし幸福感があった。
出も凄まじく、ザーメンが染みこんだハイソックスはずっしりと重たくなっていた。

彼女が毎日学校に来ないことを考えても、流石にこれはまずい。

ハイソックスだけ持ち帰り、念入りに洗濯し、翌日バレないように「落し物」として置いておいた。

それから卒業まで、彼女でオナニーするのが日課になった。
彼女がよそでヤンキーと何をしていようが、あのハイソックスを汚したのはおそらく、俺だけなんだろうからな。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 不良女のハイソックスを使って

満員電車でムラムラしたので痴漢風俗に行ってみた結果・・・・・・・・

投稿者:けいご さん(男性・30代) 体験談タイトル:満員電車のムラムラを痴漢風俗で発散 たまに東京に出張に行くのだが、通勤電車の混み具合は本当にやばい。 やばいときは本当に身動きが取れない。 よくもまぁみんな毎日毎日耐 […]

The post 満員電車でムラムラしたので痴漢風俗に行ってみた結果・・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 満員電車でムラムラしたので痴漢風俗に行ってみた結果・・・・・・・・

背は小さいけど発育が良かった私が電車内で集団に・・・・・・・

投稿者:もりこ さん(女性・30代) 体験談タイトル:電車の中で集団で… 私は私立の学校に通っていました。 毎日、電車通学です。 背は小さいのに胸はDカップありました。 男子からからかわれるし、こっそり先生に触られること […]

The post 背は小さいけど発育が良かった私が電車内で集団に・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 背は小さいけど発育が良かった私が電車内で集団に・・・・・・・

これも仕事の内だから
画像はイメージです

今回パートの面接に来たのが、森公美子体型の45歳の主婦と、中肉中背の39歳の主婦二人。
豊満なエロさの奥さんを採用。

小さな食堂&飲み屋の為、10時~15時までパートをお願いしてる。

仕事も馴れた頃、昼の部終了の札を出し、「奥さん、今日!もう少し良いかな?」と声を掛けると「構いませんよ」と。

奥さんを奥の六畳に連れ込み「奥さんを見た時から良いと思ってたんだよな~」と押し倒した。

「駄目です止めて下さい・・・」
「これも仕事の内だから・・・」

・・・と、強引に唇を奪う。
抵抗する奥さんもオッパイを舐め吸われるうちに抵抗も弱まり、下着を脱がす時は流石に抵抗したが、オマンコは濡れていた。

すでに勃起してるペニスを突き入れると・・・

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「ウッ、駄目許して・・・」

突きながらオッパイを揉んだりしてると、奥さんも抵抗を止め、歓喜の声まで上げる始末だ。
私はそのまま奥さんの中に射精すると、奥さんも身体を痙攣させ昇天!

奥さんから離れると、不様に開いた股から精液を滴らせるオマンコが覗いてる。
奥さんは暫くして身繕いし、何も言わず帰って行った。

次の日から来ないかと思ったが・・・
なんといつもより胸元が大きく開き、スカートも短目(流石にミニでは無いが)でやって来て!

「おはよう御座います」と、すれ違いざまに私の股間を撫でて、六畳の休憩室に着替えに入り、私の見える位置で着替えを始めた。

最初、下着を着けて無いのかと思ったら、小さなパンティがお腹の肉で見え無かったのだ。
昨日はヘソまでのパンツを穿いてたのに、それを見て私のペニスは勃起状態。

店の入り口に『本日臨時休業』の札を掛け、店のロックしたのは言うまでも無い。

今では夜の仕込みを済ませ掃除を終えると、私のペニスと精巣の掃除もさせている。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! これも仕事の内だから

合コンで元バイト先の子がイケメンに持ち帰られて実況中継された・・・・・・・

投稿者:カズマ さん(男性・20代) 体験談タイトル:合コンに一歳年下の元バイト先の子が来た結果… 大学の時に合コンやることになった。 相手は近くの女子大の女の子、四対四。 ちょうど20歳でアホだった俺らは、「もしお持ち […]

The post 合コンで元バイト先の子がイケメンに持ち帰られて実況中継された・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 合コンで元バイト先の子がイケメンに持ち帰られて実況中継された・・・・・・・

夜行バスで隣で眠りこけてる女の子に悪戯してしまった結果・・・・・・・

投稿者:伊藤さん(男性・20代) 体験談タイトル: 夜行バスに乗っている時、隣の女で抜いてしまった事がある 前に夜行バスに乗ったんだけど、隣の女で抜いてしまった事がある。 当時俺は大学生で、地方に帰省してたのを東京まで戻 […]

The post 夜行バスで隣で眠りこけてる女の子に悪戯してしまった結果・・・・・・・ first appeared on エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話.

[紹介元] エロばなちゃんねる – エロ体験談・エッチな話 夜行バスで隣で眠りこけてる女の子に悪戯してしまった結果・・・・・・・

初挿入は他校の女の子にナマで
画像はイメージです

中高一貫の男子校育ちだった僕は、文化祭で来てた他校の女の子に声をかけられ、その後ちょいちょい遊ぶようになり付き合うことに。



(今思うとその女の子はビッチっぽい)そっからふと僕がバイト終わって家まで帰るのだりーとか言ってたら、「ならうち泊まってく?誰もいないし」的な事を言われ、内心すげードキドキしながらも



「サンキューそーしていい?助かるわー」などと精一杯クールを装うw当時僕高2、ビッチ高1で、僕は童貞どころか女の子と付き合うのすら初めてのことでしたww全ての事柄が新鮮に感じられて、二人で歩いている途中人気のないとこで突然チューとかされてびっくりしたり…



んでビッチの部屋入って宿題見てあげたりしながら飯食ったりテレビ見たりして、寝よう!って二人でベッドに入るわけですまぁ当然わくわくして寝られるはずない僕は、とりあえずひたすらベロチューから入りました。



そのまま当時愛読してたエロマンガ雑誌の知識を思いだしながらパジャマを脱がして、ひたすら胸→乳首を愛撫し続けていたら、「もっと強く吸って…」とか。



こんのクソビッチとか一瞬思いつつも、言われた通りチューチューする俺、従順ww右乳もみつつ左乳首なめ→左乳もみつつ右乳首なめ→のムーヴを繰り返すこと約20分、いい加減、目の前の貧乳をいじることに飽きてきた僕は、頃合いだろうと思いパジャマの下を脱がしましたパンツの上から割れ目のあるであろう位置を10分くらいひたすら触り続けました。



クリみたいな部分をコロコロしてみたりしながら割れ目の部分を必死に舐める僕、そしてやたら声を押さえたいのか枕に顔を押し付けるビッチ声に萌えまくりながらクンニし続けるそこから一時間くらいクンニ+指入れを繰り返し、充分濡れただろうと思って正常位にて挿入を試みますしかも 生仕方がないゴムがなかったんだと自分に言い聞かせ挿れようとするも、電気が薄暗かった故にお約束通り、穴の場所がわからないwwビッチが僕の息子を優しく穴に向かってナビしてくれて初挿入、「あったけぇぇぇ!!」と思わず感動してしまいましたそのまま正常位にてペコペコ突いた後、そのままビッチの体を起こして僕が寝そべる形の騎乗位に突入挿入時間約30分くらいだったでしょうか、ビッチが「もう疲れたから寝よっか…」などと言いだしました僕もしぶしぶ「そーだね…」とかいいながらその日は寝ました普段はとても耐久時間が短い我が息子、その日はエロ本知識の「セックスする前に一発抜いとくと長持ちする!」を思い出し勉強中にビッチ家のトイレで抜いてたわけですよ、しかも勢い余って二発もwwそれ故にセックス初体験では逝けないという醜態をさらしてしまったのです…



まぁ起きてから学校いく前に再び襲いかかってやればいい、とか思っていたのですが、当然寝坊してうまくはいきませんでしたまぁそのビッチとはその後一年ほどさんざんセックスして



if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

(なぜか毎回ナマ)、気付くと自然消滅的に別れた。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロばな!! 初挿入は他校の女の子にナマで